審査にまつわる疑問やお悩みをわかりやすく解説

カード審査に通らない人ほど、各社の審査基準や偏差値が気になるもの。元業界人の私が受けてきた質問数の多いQAを中心に、「この条件でもクレカ審査に通るのか?」という疑問解消に繋がるポイントを解かりやすくご紹介。ぜひ、次のクレカ審査のご参考に!

審査にまつわるQ&Aの記事一覧です。

審査なしで発行できるクレジットカードとは?

クレジットカードに申し込むと、カード会社は必ず審査を行いますが、なぜ必要なのかと疑問に思う方もいるでしょう。 なぜクレジットカードを発行するのに、審査が必要なのか解説します。 申し込み者の信用と返済能力担保にカード発行さ・・・

審査に通らない人必見!審査通過の裏ワザ

属性審査と信用情報の照会で、特に問題なければ本人確認書類を提出することになります。 希望するキャッシング枠が50万円以下の場合や、自営業・年金生活者など収入に不明点がある場合以外は収入証明書の提出は不要です。 本人確認書・・・

審査の甘い(ブラックOK、無職OK)カードとは?

「楽天カードやイオンカードは、審査が甘いと聞いたのですが、本当でしょうか?」 「一番甘いカードを教えてください。」 「16社申し込みましたが、どこもダメでした。ハウスカードが取得しやすいと聞きました。本当でしょうか?」 ・・・

クレジットカードとキャッシング審査の違いとは?

素人には甘いと捉えられている「クレカとキャッシング(審査)」ですが、これらは、全く異なる形で進められています。 まずこの両者(クレジットカードとキャッシング)の目的ですが、大きく分けて考えれば、下記のように表すことができ・・・

悪用や不正利用を予防するための4つのポイント

クレジットカードの悪用や不正利用が行われた場合には、そのアクシデント(カード不正利用被害)に対する補償内容は、各クレジット会社の規定によって異なります。 以前「私はクレジットカードを不正利用され、その対応に納得がいかなか・・・

転職前・転職活動中・転職後カードを作る時期として最適なのはいつ?

転職を考えている皆さんは、転職活動の一環として「クレジットカード」について考える傾向があり、ネット上の口コミや掲示板にはこのような投稿をする人が増加傾向にあります。 「退職する前にクレジットカードを検討した方が良いですか・・・

他人名義でカードを作成したりカードを貸すとどうなるの?

自分の属性や個人信用情報に問題があり、「自分の名義ではカードなんて持てない!」と自暴自棄になっているひと達が、ネット上で下記のような投稿をするようになりました。 「他人が自分名義でカードつくれるか?」 「他人の個人信用情・・・

クレジットカードと自動車ローンの審査に、違いはあるの?

クレジットカードの申し込みを検討している人の中には住宅や自動車などのローンを組んでいる人もいらっしゃいますので、下記の質問や問い合わせ対応をしたことがありました。 「クレジットカードの審査と住宅ローン審査の違いについて教・・・

対面申し込みで有利になるケースやその他の手続き方法とは?

クレジットカードのネット申し込みに不安を抱える人から以下のご相談を受けたことがあります。 アコムマスターカードの審査は窓口とネットどちら有利ですか? カード審査 はインターネットで通らないのですが・・・ VISAカード ・・・

クレジットカード会社に嘘の年収を申告しても大丈夫なの?

クレジットカード申込み時の「年収情報」については、各クレジットカード会社に安定継続収入を判断する尺度が存在しています。 ですので、申込者全ての勤務先企業から、年収の平均を調査することはありません。 各カード会社のコンピュ・・・

他社借入れがあると審査に影響しますか?発行可能な場合と不可の場合を解説

「クレジットカードを申し込むにあたってカードローン等の借入残高があると審査に影響しますか?」 「借入が複数ある場合、借入額だけでなく他社借り入れ件数も審査に影響しますか?」 「キャッシング等の借入残高はありませんが、利用・・・

30代、40代で初めてカード申込する人への注意点とは?

このような条件のひと達が、クレジットカード審査に通らないケースが存在します。 「これまでカードを、1回も持ったことも、使ったこともない」 「自動車や住宅などの、各種銀行ローンも組んだことがない」 この人達が審査に落ちる理・・・

カード更新の審査方法や更新拒否される理由とは?

まずはクレジットカード更新に関する基礎知識についてご紹介します。 クレジットカードは初回の審査を通過し取得できても永久的に使えるわけではありません。どのクレジットカードにも有効期限が必ず存在し、それ以降は使用不可となりま・・・

審査期間やクレジットカードの発行までの流れとは?

申込(インターネット・店頭・郵便・自動契約機) 店頭や郵便申し込みの場合は、コンピュータへ申込者の情報を入力 申込者属性のスコアリングやレベル分け 個人信用情報機関へ照会を行い事故情報や延滞情報が無いかを調査 勤務先への・・・

キャッシングしていると審査に影響しますか?

クレジットカードの主目的は「買い物をする際に現金を使う必要がない。そして、後日指定口座から「口座引き落とし」という形で支払い(決済)が行われる・・」 ショッピング機能が中心となりますが・・。 近年のクレジットカードの約9・・・

申込みや審査で大事なことを6つ紹介します

クレジットカードの申込みや審査で大事なことは、第一に「信用」です。 クレジットカードは「借金(現金の借入れ)」ではありませんが、「クレカ会社に立替払いしてもらい、ショッピング等に利用している・・」という仕組みとなりますの・・・

申込をキャンセルすると個人信用情報上の問題はありますか?

まず、冒頭で断言しておきますが、申込みをキャンセルするのであれば個人信用情報上の問題はありません。 しかし、該当のクレジットカード会社のシステム上、申込み後キャンセルという場合。 申込履歴がシステム上「フラグ」や「コメン・・・

審査におけるスーパーホワイトの位置づけと脱出方法とは?

「スーパーホワイトなのですが、クレジットカードを作ることができますか?」こういったご相談をよくいただきます。 そこで、今日は、カード審査におけるスーパーホワイトの位置づけと脱出方法について解説します。 スーパーホワイトと・・・

居住年数や引っ越しがカード審査に与える影響とは?

クレジット 申し込み 引っ越し クレジットカード ブラック 引越 クレジットカード 審査 引っ越し クレジットカード引越してすぐの審査は? 引っ越し クレジットカード 審査” これらのキーワードは、訪問者が実・・・

銀行系クレジットカードの審査基準とは?

クレジットカードの審査難易度は、カードを発行しているクレジットカード会社や銀行によって異なります。主なクレジットカード会社の審査難易度を比較してみましょう。 審査難易度 クレジットカード会社・銀行 高い 三井住友カード、・・・

「発行可」「発行不可」はどのくらいで結果がでますか?また主要各社の通知方法とは?

クレジットカードの審査結果については、「カード発行可」「カード発行不可」この2種類しか存在しません。 まずカード発行であれば、本人限定受取郵便や簡易書留郵便、あるいはセキュリティ便で届きます。 普通郵便は使いません。 「・・・

審査において過去の利用履歴や実績が与える影響とは?

当サイトの他記事個人信用情報機関の役割って何?でも解説していますが・・。 審査の前半で行われる「個人信用情報機関における「照会」」は非常に大事なステップとされており、過去のカード実績が審査結果の7割に影響します。 もちろ・・・

店頭での申し込みに「適した人」と「適さない人」とは?

マルイ、イオンやパルコなどの商業施設やヨドバシ、ビックカメラなどの家電量販店では、店頭キャンペーンとしてクレジットカードの勧誘を行っています。 勧誘文句として、即日発行可能や仮カードとしてショッピングに使える。などの謳い・・・

土日も審査を実施している会社はあるのでしょうか?

当ホームページの読者の方からカード審査は土日やっていますか?というご質問をいただきますが、回答としては「クレジットカード会社による」というのが正解です。 土日にクレカ審査を実施する会社もあればしない会社(銀行系)もありま・・・

カード申込み時の年齢制限や親権者の同意が必要になる場合とは?

楽天カード 年齢 クレジットカードの年齢制限 クレジット 年齢制限 クレジットカード 審査 年齢制限 クレジットカードを作るのに年齢制限がある? これらのキーワードはヤフーやGoogleなどの検索経由で当ホームページに訪・・・

本人確認書類の種類によっては審査に有利になるのでしょうか?

クレジットカードの申込みから発行までは以下の流れで行われます。 申込み(WEB、店頭、申込み書郵送) 申込み書の場合は、コンピュータへ申込者の情報を入力 申込者属性のスコアリングやレベル分け 個人信用情報機関へ照会を行い・・・

クレジットカードは利用限度額に応じて保証人が必要なの?

過去に住宅ローンなどを利用したことのある人は、クレジットカードと保証人の関係についても疑問や興味を持たれる傾向があり、下記の質問を受けたことがあります。 「クレジットカード保証人、保証会社の関係について、教えてください!・・・

この記事一覧ページを見てご質問が多かった内容についてお答えします。

父親名義車を、子供名義でマイカーローンを組むことはできるのでしょうか?

子供が成人していれば、「マイカーローンの名義人(契約者)を子供にする・・」ということが可能ですが、このケースでは、「車の名義人(所有者)も子供」となります。

特にディーラーローンの場合、「誰がローン契約しても、支払いが終了するまでローン会社の名義になる(支払い完了まで、車は信販会社の所有物)」というケースが多く、現在の名義人がローン会社の場合は、「ローンの完済」をしない限り、車の名義変更はできません。(※車の使用者は、誰でも構いません。)

これはバイクローンにも言えることですので、名義人の変更などを検討している場合には、ローンの契約前に名義関連について販売店に確認をしておいてください。

母子家庭でマイカーローンを組む時年収はどのくらいあれば審査とおるのでしょうか?

自動車購入時に利用するマイカーローンについては、「総量規制対象外」となりますので、「年収の3分の1以下・・」という法律(貸金業法の総量規制)が影響することはありません。

しかし一般的には、年収の35%以内が返済負担率(無理のない返済ができる割合)と考えられますので、年収とローン金額の割合を計算してから、保証会社への申し込み手続きに進むべきです。

ローンやクレジット会社では、「年収200万円=保証契約やスコアリングの最低ライン」と設定していますので、年間の収入合計が200万円に満たない場合には、審査に通らないケースもあるのです。

お母さんが世帯主である理由で「旦那さんを保証人にする(連帯保証人にする)」という契約ができないデメリットもありますが、「お母さんにそれなりの収入があれば、審査に落ちるとは言えない家族形態である・・」と断言できます。

教育費に充当できる銀行系ローンも存在していますので、安定収入を得ているお母さんであれば、自信を持って利用をしてください。

未成年がオートローンを組むのに親が保証人で親がブラックだと通らないのか

未成年者がオートローンを組む時には、原則として「親が保証人になること」が必要事項となっていますが・・。

親が過去に自己破産や債務整理などを行い「ブラック(個人信用情報機関に事故情報が登録されている状態)」の場合は、ネガティブな記録が消えるまで、保証人にはなれません。

「親に代わって、親族などでも可能・・」と書いているサイトもありますが、「保証人は原則として「親」であり、親戚などを保証人にする時点でローンが通らないケースも多い・・」という見解もあるのです。

自己破産などでブラックになってしまった情報は、5年~10年消えません。

この間に成人して社会人になれば、保証人なしでもローンを組める条件を満たすと思いますので、「自分が未成年で親がブラックである限り、数年間はオートローンを組めない・・」という現実を知っておいた方が良いと思います。

ブラック情報の対象はクレカや各種ローンだけでなく、携帯分割契約(携帯電話やスマートフォンの端末料金)の支払い遅延や滞納も含まれます。

「親が現金主義者で、クレジットやローンを利用したことがない・・」というクレヒスホワイトでも、保証会社側からすれば「ブラックなのか、ホワイトなのか判断できない・・」という状態になりますので、親が何でもキャッシュ(現金)で買っている場合は、注意が必要です。

保証人を依頼する親が「携帯電話料金の未納で、回線が止まることがある・・」というお金や支払いにいい加減な場合は、保証人になってもらう前に、個人信用情報の開示請求を行い「親の現状(クレジットヒストリーなど)」を把握した方が良いかもしれません。

ちなみに、親に対して在籍確認電話がかかってくることもありますので、勤務先の電話番号や携帯電話番号は正しく記入してください。

ローン組んでる時クレジットカード作成はできるのでしょうか?

各種ローンとクレジットカードは異なる法律で基準設定されていますので、「ローンを組んでいても、カードを作ることができる・・」と考えられています。

しかし既に複数枚のクレジットカードを持ち、「キャッシング枠の合計が、年収の3分の1を超えている・・」というケースでは、ローンの有無とは無関係で「カード発行不可!」という結果になることを覚えておきましょう。

稀に「自分は住宅ローンと自動車ローンがあるから、クレカ審査に落ちたのではないか?」と考える人がいますが、ローンの金額よりも、年収とキャッシング枠の合計について考えた方が良いと思います。

引越してまだ 3ヶ月ですが、クレジットカード 審査に通るのでしょうか?

クレジットカード審査では、「居住年数」という属性も大事な要素として考えられます。

しかし実際は「居住年数だけでなく、他の項目も含めて総合的に判断する・・」という方法となっていますので、「居住年数が3ヵ月だから、審査に通らない・・」ということはないのです。

クレジット会社では、持ち家に住んでいる人に対して「信用力が高い(=夜逃げなどの危険性が低い)」と考える傾向がありますので、新築マンションや一戸建てを購入して「引っ越したばかり・・」という状況の場合は、「少ない居住年数でも、審査に通りやすい」と言えます。

居住年数、居住形態、家族構成などの項目は、年収や仕事(勤務先関係)の補助的要素となりますので、「他の部分でスコアリングが高ければ、クレジットカード審査に通ることもある・・」ということを覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ