「発行可」「発行不可」はどのくらいで結果がでますか?また主要各社の通知方法とは?

クレジットカードを申し込みすると、審査結果を待つことになります。
近年スピード審査を売りのカードが増えてきましたが、選定方法を誤ると審査落ち連絡を受け続けることになります。

合否が早いカードを申し込む際の注意点やカード会社の選定方法につい詳しく解説しています。

【目 次】
  1. 申し込み後の結果はどんな通知になっていますか?
  2. 結果はどれくらいの期間で本人
  3. 合否が早いカードを申し込む際の注意点
  4. 既にクレヒスがあるカード会社を狙ってみる
  5. 審査スピードが早いクレカにはデメリットも有る

申し込み後の結果はどんな通知になっていますか?

クレジットカードの審査結果は「発行可」「発行不可」の2種類だけです。

クレジットカードの審査結果については、「発行可」「発行不可」この2種類しか存在しません。

まず発行であれば、本人限定受取郵便や簡易書留郵便、あるいはセキュリティ便で届きます。

普通郵便は使いません。

「発行不可」の場合は、それぞれの申込み方法によって連絡方法も変わってきます。

インターネット経由の場合は、メールのみで連絡する会社もあれば郵送で通知する会社もあって、各社様々です。

結果はどれくらいの期間で本人に届くのでしょうか。

  1. クレジットカードの申込(勤務先情報、年収等の記入)
  2. 店頭申込み等の場合は端末へ申込み者情報の入力
  3. 申込者属性のスコアリングやレベル分け
  4. CICなどの個人信用情報機関へ照会を行い異動事故情報や返済情報等の確認
  5. 在籍確認
  6. 運転免許証などの本人確認資料の送付依頼
  7. クレジットカードの発行

という流れになっていますが、カードの審査結果としては、かなり初期の段階でわかります。

まず、ほぼ発行不可な人の特徴として、信用情報機関へ照会をかけた段階で延滞や事故情報などによって即座に否決となります。詳しくはブラックかどうかを信用情報から判断する方法とは?で解説しています。

申込み内容の不備や勤務先への在籍確認が取れていない場合は、どんなに時間がかかっても4週間で結果が出ます。なお、現在は、自動審査が主流ですので、発行不可の方が結果が早いです。

4週間以上たってもクレジットカードの審査結果が出ない場合は、カード会社へ問い合せしたほうが良いですが、現役時代の経験上「発行不可」のケースが多かったように記憶しています。

余談ですがクレジットカードの審査に受かるコツは、「キャッシング枠(C枠)」や「ショッピング枠(S枠)」を可能な限り低くする。(特にキャッシングは限りなく0が望ましいです。)

また、延滞歴があって審査に不安な人は、CICなどで自分の個人信用情報開示請求を行うと良いです。(郵送の場合は、1000円。窓口の場合は、500円。)
窓口の場合は、備え付けの信用情報開示申込書に記入して申請すれば10分以内で自分の信用情報を確認することができます。

審査に受かるコツはキャッシング枠(C枠)を0円とする

その際、クレジットカード会社への申込み情報は6ヶ月間登録されますので、1社目で審査に落ちた方は6ヶ月~1年は、次の申込みを控えたほうが良いでしょう。

問題は、異動情報(延滞・自己破産)です。

これは、5年間登録されますので、異動情報がある状態でクレジットカードの審査を受けても通らない可能性が高いです。

しかし、インターネット上の各種掲示板には、「破産した人でもクレジットカードの発行に至った。」という内容の書き込みが存在するのも事実ですので挑戦してみる価値はありそうですね。

その場合は、審査に柔軟なクレジットカード会社を選択すべきでしょう。審査の難易度としては、以下の順番になります。

銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系

消費者金融系が最も難易度が低いので、消費者金融系では唯一のこちらのクレジットカードあたりが良いでしょう。

審査が不安・・・でもクレカ欲しい

ACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!

合否が早いカードを申し込む際の注意点

このページをご覧の中には「既存カードの限度額が一杯」「預貯金額が足りないためカードで凌ぎたい」などの理由で発行日数が早い。あるいは即日発行のカードを探されている方も多いと思います。

近年、カード会社側のサービス向上からスピード発行を売りにしている会社があります。

例えば、楽天カードの場合、「CM上で運転免許証や印鑑は必要ありません。」などと謳いあたかも、「審査が簡単で甘い」印象を受けますが決して、そんなことはありません。

スピードを売りにしている会社は申込者を自動的に落とすため注意が必要

確かに楽天カードは2等級カードであるため比較的取得は容易です。

結果日数が早いということは、「人による裁量」が無くなりますので、審査基準のどれか1つでも満たしていなければ否決という結果になります。

具体的には上述の3.申込者属性のスコアリングやレベル分けの際に、年収、勤続年数などの各項目を点数化することで、カード会社が決める一定以上の点数を獲得するとカード発行されることになります。

特に発行スピードを売りにしている会社はスコアリングの獲得点数が低ければ、申込者を自動的に落とすシステムとなっています。

これによって、「受かる人は受かり続けますし、落ちる人は落ち続ける。」といった二極化が発生します。

金欠の人をターゲットにしているクレカを選ぼう

即日発行というと、セゾンカードとACマスターカードこの2枚が有名です。どちらも、即日発行を希望するなら、「セゾンカウンター」や「アコムの支店あるいは無人契約機」で受け取ることが条件になります。

審査難易度に関して言うとセゾンの方が難易度が高めです。詳しくは、セゾンカードの審査難易度とは?を参照してください。

金欠の人はACマスターカードがおすすめ

基本的にクレジットカード会社は、「お金に困っている人」にはカード発行しません。

理由は、カードの性質上(代金後払い)貸し倒れが最もリスクが高くなるため、「返済能力が低い」と見なされれば審査上不利となります。

しかし、今すぐカードが欲しい人は、「既存カードの限度額が一杯」「預貯金額が足りないためカードで凌ぎたい」など金欠の人も多いと思います。

その場合は、前述の消費者金融系カードをお勧めします。

理由は、消費者金融系は、主にキャッシングをメインに利用して欲しいため生活費目的の利用者へ積極的に発行しているからです。

生活費目的の中には、当然「金欠の人」も含まれているため本来であればスコアリングの段階で足切りになってもおかしくない人にもスピード発行されています。

発行スピードの比較

項目 比率 解説
通常発行 80% 申込みからカード到着まで3~4週間程度はかかり、「遅い」と思われる人も多いでしょう。

「海外旅行へ行くので早く発行して欲しい。」と言っても、まず無理でカード発行前に口座振替の手続きが必要であったりと、全てはカード会社側のスケジュールで進行します。

独立系、銀行系、信販系などは通常発行型が多いです。

スピード発行 20% WEB申込み完結型が該当します。前述の楽天カードYahoo!JAPAN カードさらに一部の信販系(MUFGカード)や銀行系(三井住友VISAカード)が該当します。

最短翌営業日や3営業日以内の発行も可能です。遅くとも1週間以内程度で到着します。

即日発行 数% 前述のセゾンカード消費者金融系(ACマスターカード)が該当します。即日発行を希望するなら店舗での受け取りを選択するしかありません。

現時点での即日発行系は、この2銘柄くらいです。エポスなどは丸井で仮カードでしたら当日発行可能ですが、本カードではありませんので店舗以外での利用はできません。

スピード発行系は増加傾向にあります

信販系のMUFGや銀行系の三井住友VISAカードあたりは、スピード発行もサービスの売りにしているようです。

今後は多くのカード会社もサービス向上の一環で追随してくる可能性があります。

理由は、与信における大部分が自動化されているからです。

通常発行(3~4週間)では、申し込み者から「必要ない!」とキャンセルされる可能性が高くなりますし、「4週間もかけて一体何を調査しているのか?」と不信感を持たれることにもなりかねません。

しかし、サービス向上のためにスピード発行を採用しても「審査が甘くなる」わけではありませんので注意が必要です。

人的審査(在籍確認や本人確認の連絡)が省略されると、与信が「杓子定規」となります。

これによって、個人信用情報機関に事故情報などのネガティブ情報がある人などは比較的返済力(収入や勤続年数)が高ければ審査担当者による「温情発行」を受けることができましたが、それが出来なくなることを意味します。

スピード発行向きの属性情報

自動審査向き 属性情報
ピード発行可能なカードを積極的に申し込むしてもOK
  • 国家公務員、地方公務員
  • 公務員に近い団体職員など
  • 上場企業、有名企業などの正社員
  • 医師や弁護士
スピード発行可能なカードの銘柄を選択して申し込むべき
  • フリーター、パート主婦
  • 中小企業の正社員
  • 派遣社員、契約社員
スピード発行可能なカードは選択せず通常発行カードを申し込むべき
  • 個人事業主
  • 中小企業経営者
  • 年金、家賃収入生活者
  • その他、収入が不安定な人

カード審査においては、「定職に就いており安定した収入がある」申込者が可決される傾向が高いです。

前述の返済力に該当するわけですが、例えば年収の場合、「低い」よりかは「高い」方がいいわけです。

しかし、収入が高くても個人事業主の場合は会社員よりも安定性に欠けるため、スピード発行ではスコアリングにおいて足切り(瞬殺)となる可能性が高いため、人的審査も行われる通常カードを選定された方が良いと思います。(※返済力についいては、3Cとスコアリングとはで詳しく解説しています。

ただし、通常カードの会社は、銀行系や信販系が多いため、審査は厳格です。信用情報にネガティブ情報がある人は、可決の可能性が低いため注意が必要です。

詳しくは、15分でわかるCICの信用情報開示報告書の読み方をご覧ください。

既にクレヒスがあるカード会社を狙ってみる

例えば、JCBカードを取得している人で取引実績(クレジットヒストリー)が既ある場合は、提携カードを申し込みしてみても良いでしょう。

以下は、東京メトロのTo Me CARDの申込ページとなります。希望する国際ブランドによって審査&発行会社が異なります。

JCBブランドをならジェーシービー、VISAブランドならクレディセゾン、Mastercard/VISAなら三菱UFJニコスとなります。

同じTo Me CARDでも発行会社が異なれば、審査基準が全く異なります。

残念ながらTo Me CARDはスピード発行系ではありませんが、カード銘柄の選定基準としては、「既に取引のあるカード会社」が発行している提携カードですと、十分な利用履歴(クレヒス)があるため可決される可能性が高くなります。

ただし、クレヒスがあっても延滞や滞納を行ってしまったため、強制解約となった人は、対象外ですのでご注意ください。

審査スピードが早いクレカにはデメリットも有る

審査が早いクレジットカードにはデメリットもありますので、ここで説明しておきたいと思います。

審査が早いクレカのデメリット

審査が早いカード会社は基本、スコアリング審査にて判断している。

審査スピードを重視しているクレジットカードは、機械によるスコアリング審査が行われます。

クレジットヒストリーのみで決まってしまいますので、当然ながらクレヒスが良好でない人は審査落ちします。

例えばセゾンカードは最短30分で審査完了とかなり早いですが、クレヒスが悪ければ即日発行とは言え審査落ちする可能性が高いです。

余裕のある審査を行っているクレジットカードなら、クレヒス以外の部分でも審査を行い判断してもらえます。

審査スピードが早いクレジットカードは、審査内容が単純という事になります。

つまり他のクレカなら審査に通ったかもしれないのに、審査スピードが早いカードは審査落ちする可能性が大きいということです。

審査落ちすればクレヒスは悪くなりますから、他のクレジットカードの審査も通らなくなる可能性が高いです。

またスピード審査やスピード発行をウリにしているクレジットカードは付帯サービスがイマイチなものが多いです。

ポイント還元率や海外旅行保険、優待サービス、ETCカード無料発行などの条件も重視したいという方は、公式サイトで詳細情報をよく確認してから申込むことです。

発行スピードが早いクレカはサブカードとして割り切るのが良いかも知れません。

少しでも早くクレジットカードを入手するポイント

早く審査を完了するには、属性や信用情報が重要なのは説明しました。ここでは、より早く審査をクリアするためのポイントを紹介します。

クレジットカードを早く入手するための3つのポイント

まず1つ目にカード申し込みする前に、住所情報に間違いがないかを確認しましょう。

クレカの申込では必ず現住所を申告しますが、本人確認書類に記載されている住所と今在住している住所が異なる場合は注意が必要です。

本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は、現住所を証明する書類を提出しなければいけませんので、その分時間がかかってしまいます。

2つ目にカード申込み方法です。

郵送で申し込みすることも出来ますが、申込書が到達するのに時間がかかってしまいます。
ですから申し込みは必ずインターネットから行いましょう。

ネット申し込みなら時間も気にせず申し込めるのも嬉しいところです。

3つ目にショッピングの希望限度額は控えめにするということです。

利用限度額はカード会社によって違いますが、希望限度額が高額ですと慎重に審査が行われ時間がかかってしまいます。

またキャッシング枠を付ける場合も時間がかかりますので、キャッシング枠は申し込まないことです。

早く利用するにはカード受取方法が重要

入会審査が早くてもカード発行に時間がかかれば利用するまでが遅くなってしまいます。できるだけ早くカードを利用するための受取方法を説明します。

来店発行なら即日利用が可能!

クレジットカードは基本的に郵送での受取となりますので発行日数がかかります。ですが中には店頭で発行可能なクレジットカードもあります。

受け取ったカードは即使うことができ、アコムACカードなら「むじんくん」にて利用も可能。

受け取ったカードは、その日から利用することが出来ますので、とにかく急いでいる人にオススメの方法です。

例えば、アコムACカードであれば「むじんくん」にて、当日中にカード受け取りが可能です。

他にはエポスカードやセゾンカードインターナショナルも、エポスカードセンターやセゾンカウンターにて即日受取できます。

但しエポスカードは当日中に発行受け取りできても、仮発行ですので本カードが発行されるまでは店舗専用カードとなり、店舗での支払いにしか利用できません。

スピード発行系の中には特定の利用に限られるものもあるので注意しましょう。

郵送ですと当日の営業日発行不可ですが、早ければ翌日に受け取り可能なクレジットカードもあります。MUFGカードゴールドカードや三菱UFJニコスのVIASOカードは郵送で最も早く手に入れることができます。

審査の早いクレジットカードでも、時期によってはカード発行手続きに時間がかかることもありますので注意が必要です。

夏季休暇中や繁忙期(4月)、年末年始の期間は審査や発行日数がかかる可能性が高いですから、該当する時期に申し込みする場合はできるだけ早めに済ませておくことです。

まとめ

スコアリングは、クレジットヒストリー重視で審査される。

審査スピードが早いクレジットカードは、スコアリングによる機械審査が行われることが殆どです。

審査内容が単純なために、直ぐに審査結果が分かりますが、クレヒスのみで利用可能かどうかが決まってしまいます。

その為、受かる人は受かり続けますし、落ちる人は落ち続けるということは覚えておきましょう。

永久不滅ポイントでお馴染みのセゾンカードやエポスカードは、審査も新規カードの発行期間も短いですが、流通系カードは審査内容が厳し目です。

これに対しアコムカードはカードローン会社ですから独自の審査基準となり、他のクレジットカード会社と審査内容が異なります。ですから他社で審査に通らなかった人でも審査通過の可能性が高いです。

また発行スピードが早く、店舗受け取りなら当日中に発行対応もしてくれます。とにかく直ぐにカード利用したい方、審査に自信が無いという方はスピード発行対応のアコムACマスターカードがオススメです。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ