カード更新の審査方法や更新拒否される理由とは?

クレジットカードの審査に通過し晴れてクレカ取得ができたとしても、更新拒否される人も少なからず存在します。
私の所にも「楽天 カードの更新審査に落ちたようです…どうすればいいでしょう か?」といったご相談をよくいただきます。

このページは更新時の審査や更新拒否される理由などを徹底解説しています。

【目 次】
  1. 更新時の審査とは、どのように行われるのでしょうか?
  2. クレジットカードが更新拒否される理由には、何が考えられますか?

更新時の審査とは、どのように行われるのでしょうか?

ネット上で話題になっている、こんな質問について解説していきたいと思います。

  • 「カード更新の審査は、どんな感じで進められるのでしょうか?」
  • 「クレジットカードの更新拒否は、どんな理由で行われるのでしょうか?」
  • 「クレジットカードの支払い延滞をすると、更新はできないのですか?」

クレジットカードの表面にはエンボス加工で有効期限が浮き彫りになっており、期限が切れる1ヵ月ぐらい前になると、次の有効期限まで使える「新しいクレジットカード(更新カード)」が届くと思います。

クレジット会社では、「途上与信」という形で、「クレジットカード利用者の信用情報を、利用期間中に確認するケース」もあり、この際に照会を行うのは、自社データベース(社内情報)と個人信用情報機関の登録内容です。

普通に使っていれば更新されないことはない

この他に信用調査(途上与信)が行われるケースとして考えられるのは、「利用枠(利用限度額)の増枠が希望された時」と「更新の時」と考えて良いでしょう。

クレジットカードを利用している本人が信用情報機関に照会する場合、1件1,000円前後の手数料が必要。

途上与信に関しては、「全てのカード会社が行っている」というわけではありませんので、支払いの滞納や遅延なく支払い続けていれば、殆どの確率で更新できると考えて良いと思います。

クレジットカード利用者個人が信用情報機関に「照会」を行うと、1件1,000円前後の手数料が発生します。

しかしクレジット会社の場合は年間契約していますので、「何度照会を行っても、かかる費用(コスト)は変わらない・・」という仕組みになっているのです。

途上与信を頻繁に実施しているカード会社もあり

属性の低い申込者の多いクレジット会社では、その分リスクも高くなりますので、頻繁に途上与信をしているようです。

低すぎる申込者属性やカードホルダー属性でクレジット審査に通った場合は、その後の支払い遅延や延滞、支払いから逃げられる危険性を想定されてしまうのは、仕方がないでしょう

今後もずっと低い属性のままで、「クレジットカードを持てたとしても、更新できるか不安・・」と感じる人には、様々な雇用形態や職業の皆さんでも審査に通っている、こちらのクレジットカードをお勧めします。

クレジットカードが更新拒否される理由には、何が考えられますか?

カード会社からクレジットカード更新が拒否される人には、3つの理由が考えられます。

【1】 利用実績のない年会費無料カード

年会費無料=カード会社による沢山利用してほしいという意向がある…

イオンやセゾンなどの流通系クレジットカードの多くは「年会費無料」となっており、その理由は「利用者の経済的負担を減らして、たくさん利用してもらいたい・・」という想いによるものです。

これは「流通系カードが学生や主婦でも審査に通りやすい・・」という側面からも考えられることであり、各カード会社では、「あまりにも利用がないなら、年会費をタダ(無料)にしている意味がない・・」と感じてしまうのです。

クレジットカードの年会費に対して、「どうして毎年1,000円以上も払っているのだろう?」と疑問に思う人もいるようですが・・。

カード発行手数料、サービスカウンターなどのサポート体制の設置、各種特典やサービスの充実・・と考えれば、毎年払っている年会費も「高いとは言えない・・」と感じる気がします。

「今は未使用。でも将来的に、利用目的がある・・」という理由でクレジットカードを所有している際には、公共料金や携帯電話料金などの定額支払いをカード払いにして、「毎月きちんと利用しています・・」というアピールをした方が良いでしょう。

「使っていないカードは、必要ないですよね?」と思われないことが、年会費無料を保持し続けるポイントです。

【2】 更新前、新たにクレジットカードを作っている人

更新の際には、必ず個人信用情報機関への「照会」が行われます。

カード会社では必ず、更新の際に個人信用情報機関の「照会」を行う。

ここでチェックするポイントはたくさんあるのですが、「カード発行から更新までの間に、他社カードの申込みをした・・」という点も、非常に重要です。

各カード会社では、「確実に支払いをしてもらうこと・・」を重視していますので、自社以外のカードを使っている人に対して、「お金を稼いでないのだろうか?」とか 「支払いが厳しい実情があるのだろうか?」という悪い推測をせざるを得ません。

稀に「たくさんカードを持っていた方が、何らかのトラブルがあった時に便利だから・・」という安易な考えの人もいるようですが・・。

総量規制という法律では 「借入枠は、年収の3分の1以下・・」 という規定がありますし、改正割賦販売法でも「各カード会社が、ショッピング枠における制限(支払可能見込額)を算出する仕組み」となっています。

このような法律の存在を知ることで、 「あまりにも多くのカードを所有することが、利用可能枠の減額、あるいは更新拒否の結果を招く場合もある。」ということを把握しておいた方が良いと言えるでしょう。

【3】 個人信用情報に何らかのネガティブな記載があった人

カード更新には「申込書の再提出」は求められませんので、クレジット会社側では個人信用情報機関で照会した内容(クレジットヒストリー)を確認し、 「更新の判断」を行っています。

クレジットカードが発行された時に何の問題もなかった人でも、更新までの数年の間に、他社クレジットの支払い遅延や滞納、債務整理などを行っていれば、「更新のタイミングで、その事実が発覚する・・」ということもあるのです。

ここで想定されるネガティブな異動情報(ネガティブ情報)とは、下記内容となります。

  • 多額のクレジット債務(リボ払い分も含む)
  • 事故情報(ブラックリスト)
  • 延滞情報
  • 任意整理や自己破産などの債務整理

稀に、「A社の支払いは滞っているが、B社のカードは毎月きちんと返済をしている・・」という人も存在します。

この場合、今回カード更新を予定しているB社の社内データベース上は何の問題もなく、「個人信用情報を見た段階で、他社カードのいい加減な利用が判明する・・」ということになるでしょう。

クレジットカード会社は「リスク回避」を一番に更新や審査の判断を行っている。

クレジットカードは「リスク回避」のために更新や審査の判断を行っていますので、 「他社借入の返済をしていない人だから、将来的にはウチの会社にも影響があるのでは?」という推測をします。

そこで本人がどんなに「絶対に支払いができます!」と頑張っても、個人信用情報から判断された「更新拒否」という結果が覆ることはありません。

クレジットカードに「有効期限」が存在するのは、 「あなたはこの5年間利用可能なクレジットカード審査に通りましたよ・・」という意味合いがあり、「長年使っていたカードの更新拒否に遭った!」という状態は中間審査落ちた。と考えていただければと思います。

途上与信については、こちらのページで詳しく解説しています。

更新拒否まとめ

更新拒否された場合、他社のカードって作れるの?

ネット上で、「更新拒否されたのですが、他社カードも作れないのでしょうか?」という質問を見掛けることがありますが・・。

更新拒否は、「更新カードは送られず、残債を支払った段階で契約終了・・」という流れになるため、個人信用情報機関にネガティブな記載は残りません。

これは自らカードの解約をした場合も同じですので、「更新拒否されたから、もうクレジットカードが作れない・・」というわけでもないのです。

しかし「「更新拒否になる」ということは、拒否されるだけの原因や理由がある」と考えるべきだと思います。

ここ数年間のクレジットカード利用や支払いなどを思い返して、信用を失う行為をしていた場合には、その行動を改めた上で、ネガティブな記載が個人信用情報から消える時期を待ちましょう。

「更新拒否の原因に繋がるような金融事故を起こしたのか、全く覚えていない・・」という場合は、CICやJICCなどの個人信用情報機関に情報開示請求を行い、自分の現状をしっかりと把握してみてください。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ