ゆうちょ銀行クレカ(JPBANKカード)の審査難易度は?

ゆうちょ銀行をメインバンクで使用されている方は、ゆうちょが発行するクレジットカードJPBANKカードは取得しておきたい1枚だと思います。

このページでは郵便局が発行するクレカの審査難易度について徹底解説しています。必見です。

【目 次】
  1. ゆうちょ銀行のクレジッカードは取得が難しいですか?
  2. ゆうちょ銀行のクレジットカードを持つメリット
  3. ゆうちょのクレジットカード審査に落ちる理由とは
  4. ゆうちょ銀行の学生向けのクレジットカードは審査が厳しいですか?
  5. ゆうちょの学生向けクレジットカードの特徴・メリット

ゆうちょ銀行のクレジッカードは取得が難しいですか?

ゆうちょ銀行(郵便局)が発行するクレジットカード(JPBANKカード)は、

  • JPBANKマスターカード
  • JPBANKVISAカード
  • JPBANKJCBカード

の3種類があります。

また、それぞれにJPBANKマスターゴールドカード、JPBANKVISAゴールドカード、JPBANKJCBゴールドカードがあり、空港ラウンジや各種割引などの特典が利用付与されます。

これらのJPBANKカードは、カード利用した金額に応じて還元されるOki Dokiポイント(JPバンクカードポイント)をnanacoポイントやニッセンギフトカード、VJAギフトカード、じゃらんパックなどに交換できるサービスがあり、コンビニやデパート、旅行などで気軽にショッピング利用をする方には便利なクレジットカードです。

このクレジットカードは、 JPBANKマスターカード、JPBANKVISAカードについては、三井住友カードが審査と発行業務を行います。

JPBANKJCBカードはJCBカードが審査と発行業務を行います。

審査の難易度としては、銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系の順番で言うと銀行系・独立系に該当し厳しい部類に入ります。

難易度的には銀行系とほぼ同等

クレジットカードの審査としては、銀行系カードと同様に難易度が非常に高いです。

ゆうちょ銀行のクレジットカードは敷居が高く、パートやアルバイトが突然申し込んでも、即審査落ちすることが目に見えています、

そのため近くに郵便局があるから便利という理由だけでアルバイトで生計を立てている人がいきなり申込んでも審査落ちするでしょう。

また、郵貯のキャッシュカードを持っているだけや口座残高に貯金があるからと言って審査が有利になることもありません。

理由は、審査・発行業務を三井住友VISAカードとJCBカードに委託している関係上、ゆうちょ銀行はタッチしていないからです。

属性が不安な人は避けた方が無難

従って、審査に不安(勤続1年以内、アルバイト、低年収、自己破産歴有り)な人は避けた方が無難です。

また、ゆうちょ銀行のクレジットカード審査に落ちたと言ってもイオンが審査・発行するVISAカードやJCB一般カードの審査には影響しません。

審査落ちの方は、個人信用情報機関に申込履歴が残るので、まずは消えるまで待ちましょう…

なお、審査に落ちた人は、個人信用情報機関に申込情報が6ヶ月残りますので、履歴が抹消されてから他のクレジットカードの申込みをお勧めします。

なぜなら、クレジットカード会社によっては、直近で他カード(提携カード含む)の申込み履歴があった段階で自動的に審査に落とす会社もあるからです。ご注意ください。

残念ながらゆうちょの審査に落ちてしまった人は、再申し込みをするタイミングは?を読むと効果的です。

ゆうちょ銀行のクレジットカードを持つメリット

個人的には、ゆうちょ銀行のクレジットカード(JPBANKカード)については、何の魅力も感じないカードだと考えてます。

ですが一応メリットと思われる内容を挙げます。個人的には、審査の無いVISAデビットカードの方が良いです。

  • 年会費は初年度無料だが、翌年以降は普通のカードでも1350円かかる。
    公共料金の支払い方法などをカード払いにすると翌年以降の年会費が優遇(無料)されます
  • 1000円で1ポイントといたって普通。買い物や電気、水道、ガスなどの公共料金の支払などの身近な生活シーンで利用するとお得。
    とうたっていますがポイント還元率があまりにも普通過ぎるのが気になります。
  • 一応、普通のカードでも海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯されます(補償金額や補償内容は公式サイトを参照ください)。
  • 電子マネーEdy、iDにも対応しています。
  • ショッピング利用枠(20~100万円)※普通カード
  • キャッシング利用枠(0~50万円)※普通カード

上記といったところでしょうか。

また、知人がクレジットカードの発行まで3ヶ月かかったと言っていましたので、今すぐクレジットカードが欲しい人にはおすすめしません。

申し込み自体は、JP BANKカードWEBという公式サイトから、新規や追加カード、更新カードなどを24時間受け付けています。

なお、このサイトはクレジットカード審査に関する専門サイトです。なので、少なくともこのページを見ている人は、「審査に不安」な人だと思います。

上述の通り、ゆうちょ銀行のクレジットカード審査は、厳しい割には魅力の少ないカードです。そんな人には、最短即日発行で柔軟な審査で定評の消費者金融系カードを勧めたいです。

ゆうちょのクレジットカード審査に落ちる理由とは

ゆうちょのクレジットカード審査に落ちてしまった場合に考えられる理由にはどのようなものがあるのか確認しておきましょう。

信用情報に問題がある

信用情報機関にて、延滞・自己破産などの情報が掲載されている場合、審査は確実に落ちる。

ゆうちょ銀行のクレジットカード審査では、信用情報機関に延滞情報や自己破産情報などの金融事故情報が載っているブラックの場合は審査に落ちます。

ゆうちょ銀行のクレジットカード審査を受託している三井住友カードとJCBカードはCICとJICCの2つの信用情報機関に加盟しており、いずれかに登録されている信用情報に問題がある場合は審査に通ることが難しくなります。

一度ブラック情報が登録されると、延滞情報の場合は最長5年、債務整理情報の場合は最長10年の間は審査に通ることができなくなるため、注意しましょう。

申し込みブラックになっている

短期間にクレジットカードを何枚も申し込む多重申し込みをすると、「申し込みブラック」という状態になり、対象になってしまうとゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に通りづらくなります。

申し込みブラックとは信用情報機関に短期間に複数の申込情報が登録されている状態で、このような状態の場合、カード会社側に返済能力が低いと判断されてしまいます。

一度申し込みブラックになると、信用情報機関から申込情報が削除される半年間はゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に通ることが難しくなります。

申込書に不備がある

申込書に記入漏れ、不備がある場合は審査落ちの可能性も。

申し込みの際に申告した内容に漏れや誤りがある場合、ゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に落ちる可能性があります。

ゆうちょ銀行のクレジットカードは、インターネットによる申し込みではなく、紙の申込書に記入して郵送で申し込む必要があります。

そのため、字が不鮮明なためにカード会社側で読み取れないという不備や、必須項目の記入が漏れているという不備が発生する可能性が高いです。

不備が発生したら、確認のためにカード発行に時間がかかる場合や、確認が取れずに審査に落ちてしまう場合があります。

特に電話番号やメールアドレスなどの連絡先の漏れや誤りがあった場合、カード会社側から連絡がとれないため審査が進まず、審査に落ちる可能性が高くなります。

申込書は丁寧な字で、正確な内容を記入するように心がけましょう。

嘘の内容で申し込んだ

申し込みの際、嘘の内容が発覚した場合は審査落ちとなる。

嘘の内容で申し込んだ場合、不審な申し込みだと判断されてゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に落ちる可能性が高くなります。

できるだけ審査通過の可能性を上げようと嘘の内容で申し込みをしても、在籍確認や信用情報機関の情報参照などによって、嘘がばれる可能性が高いです。

嘘がばれると、審査に落ちるリスクだけではなく、悪質な虚偽とみなされた場合はカード会社のデータベースに社内ブラックとして登録されて、二度とそのカード会社の審査に通ることができなくなるリスクもあります。

申し込みの際は、虚偽内容を申告しないようにしましょう。

在籍確認がとれない

ゆうちょ銀行は、申込時に申告した勤務先に在籍確認を必ずとる。

ゆうちょ銀行のクレジットカードでは、申し込みの際に申告した勤務先やアルバイト先に本当に申込者が勤務しているのかを確認するために、勤務先の会社の電話番号に電話をかけて在籍確認をすることがあります。

このときに在籍確認がとれなければ、ゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に通ることはできません。

勤務先名称や勤務先電話番号などの情報は正確に記入するようにしましょう。

ゆうちょ銀行クレジットカードの発行基準に達していない

ゆうちょ銀行のクレジットカードの審査では、スコアリングによる自動審査が行われています。

そのため、申込者の属性がカードの発行基準に達していなければ、機械的に審査落ちになってしまいます。

ゆうちょ銀行のクレジットカード審査を受託している三井住友カードとJCBカードは銀行系カード会社のため、スコアリングのカード発行基準は高めです。

勤務先や年収などの属性に自信がない場合は、発行基準の低い流通系カードや消費者金融系カードをおすすめします。

ゆうちょのクレジットカードの審査にかかる期間

ゆうちょ銀行のクレジットカードは、インターネットによる申し込みを受け付けておらず、申し込みをするためには、申込書を入手して記入し、郵送する必要があります。

そのため、発行までにかかる期間は長く、申し込みからカード到着まで3~4週間程度かかります。

審査に時間がかかると、1カ月以上かかることもあるため、利用予定がある場合は早めに申し込みをする必要があります。

ゆうちょ銀行の学生向けのクレジットカードは審査が厳しいですか?

ハードルが高くない、学生に向けてのゆうちょ銀行のクレジットカード。

ゆうちょ銀行のクレジットカードは審査のハードルが高めだとご説明しましたが、学生向けクレジットカードの場合は社会人の場合とは審査基準が異なり、審査のハードルは高くありません。

一般的には銀行系カードは良好なクレヒスやそれなりの年収がなければ審査に通ることは難しいですが、学生の場合は初めてクレジットカードを作る方が多いためクレヒスがなくても審査通過が可能で、収入もなくて当たり前なので年収がゼロの場合も審査に通ることができます。

そのため、学生の場合はアルバイトによる収入がない場合でも、ゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に落ちることはほとんどありません。

ゆうちょ銀行のクレジットカードを作りたい方は、厳しく審査される社会人になる前に作っておくことをおすすめします。

 ゆうちょ銀行のクレジットカード審査に学生が落ちる原因

学生の場合はほとんどゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に落ちることはないとはいえ、誰でも審査に通るわけではありません。

学生がゆうちょ銀行のクレジットカードの審査に落ちてしまう場合に考えられる原因について説明していきます。

携帯電話料金を滞納した

学生でありがちな、審査落ちの原因が携帯料金の滞納と言える。

学生がクレジットカードの審査に落ちてしまう原因で多いのが、携帯電話料金の滞納です。

スマホなどの携帯電話本体の料金を分割払いにして月々の携帯電話料金とあわせて支払っている場合、携帯電話料金の支払いを延滞すると信用情報機関に延滞情報が登録され、ブラックになってしまいます。

信用情報とは無縁に思われるために軽視しがちな携帯電話料金ですが、延滞するとクレジットカードが作れなくなるので、必ず毎月遅れないように支払うようにしましょう。

なお、携帯電話本体の代金を一括で支払った場合や、分割払いで支払い終わっている場合は、携帯料金を延滞しても信用情報機関に金融事故情報は登録されません。

学生証に不備がある

ゆうちょ銀行の学生向けクレジットカードのうち、JCBカードが発行しているJP BANK JCBカード EXTAGEは、学生証の提出が必須です。

そのため、学生証を提出できない場合や、有効期限が切れている場合など、何らかの不備があった場合はカードが発行されません。

JP BANK JCBカード EXTAGEに申し込む場合は、顔写真と学長印があり、有効期限内の学生証を提出するようにしましょう。

本人確認ができない

学生に向けてのカード審査には、必ず本人確認書類の提示が必要。

ゆうちょ銀行の学生向けクレジットカードの審査では、本人確認書類が必要です。

申し込んだ氏名・住所・生年月日が提出した本人確認書類に記載されている内容と異なっている場合、審査に通ることができません。

学生の方の場合に本人確認ができない原因で多いのが、一人暮らしをしている場所の住所で申し込んでいるけれども、本人確認書類の住所は実家の住所のままなので、申し込み内容と書類の内容が一致しないケースです。

この場合、現住所が記載されている公共料金の領収書などをあわせて提出する必要がありますが、公共料金の契約者が申込者本人以外の場合は有効な書類と認められないことがあります。

どうしても現住所が記載されている書類を提出できない場合は、実家の住所で申し込みをして、カードが届いたらすぐに現住所に住所変更をすることをおすすめします。

親権者の同意確認ができない

学生用のクレカは、未成年である場合、親の同意が必要となる。

ゆうちょ銀行の学生向けクレジットカードは、未成年者による申し込みの場合、親権者の同意確認が必要です。

ここで同意が得られなければ審査に落ちてしまいます。親権者の同意確認は、書面または電話で行われます。

書面の場合、自分で書いて提出すれば親権者の同意がなくても申し込めるのではないかと考える方もいると思いますが、同意がないまま入会したことがカード会社側にばれた場合、カードの利用停止や強制解約になる可能性があります。

このようなことにならないためにも、必ず事前に親権者の同意を得ておきましょう。

ゆうちょの学生向けクレジットカードの特徴・メリット

ゆうちょ銀行の学生向けクレジットカードには、JP BANK VISA/マスターカード ALenteとJP BANK JCBカード EXTAGEの2種類があります。

それぞれの特徴やメリットを確認しておきましょう。

JP BANK VISA/マスターカード ALente

JP BANK VISA/マスターカード ALenteは、三井住友カードが審査およびカードの発行を受託しています。

年会費 初年度年会費無料
2年目以降1,350円(税込み)
※年1回以上の利用で翌年度無料
申し込み資格 18歳~29歳(高校生不可)
ポイント還元率 0.5%
ETCカード
年会費
年会費無料
家族カード
年会費
初年度年会費無料
2年目以降432円(税込み)
海外旅行
損害保険
最高2,000万円

年会費は2年目以降1,350円ですが、年に1回以上利用すれば年会費無料のため、実質無料です。JP BANK VISAカードALenteには次の特典やメリットがあります。

  • ① 新規入会後3カ月間はポイント還元率が3倍になる
  • ② 海外で利用するとポイント還元率が3倍になる
  • ③ ファミリーマートやイオングループなどのポイント交換優遇店で利用するとポイント還元率が3倍になる

ちなみに、JP BANKカードWAONの一般カードやゴールドカードを申し込むには、このJP BANK VISAカードALenteが必要になります。

JP BAMK JCBカード EXTAGE

他のJCBブランドカードと同様にJP BAMK JCBカード EXTAGEはJCBカードが審査およびカードの発行を受託しています。

年会費 初回更新までの5年間は年会費無料
6年目以降1,350円(税込み)
申し込み資格 18歳~29歳(高校生不可)
ポイント還元率 0.5%
ETCカード
年会費
年会費無料
家族カード
年会費
初回更新までの5年間は年会費無料
6年目以降432円(税込み)
海外旅行
損害保険
最高2,000万円

年会費はJP BANK VISA/マスターカード ALenteとは異なり、初回更新までの5年間は無料ですが、6年目以降は必ず1,350円かかります(初回更新時(5年後)までに退会した場合、カード発行手数料2,160円/税込み(本人及び家族会員1人あたり)がかかります)。EXTAGEカードには次の特典やメリットがあります。

  • ① 新規入会後3カ月間はポイント還元率が3倍になる
  • ② 年間20万円以上の利用金額に達するといつでもポイント還元率が3倍になる
  • ③ 海外で利用するとポイント還元率が2倍になる
  • ④ セブンイレブンやスターバックスなどのポイント優遇店で利用するとボーナスポイントがもらえる

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ