オリコカードの審査難易度とは?オリコカードの審査難易度を徹底解説!とにかく信用第一のクレカです

オリコカードを作りたいけど審査が厳しいのでは?と申込を迷われている方は多いかもしれません。
クレジットカード審査基準は一般に公開されることはありませんので、正確な情報を知ることは難しいです。しかし、実際に申し込んだ人たちの合否情報を参考にすることで、ある程度の審査基準の傾向は見えてきます。

ここではオリコが発行するクレジットカードの審査難易度について解説します。

【目 次】
  1. オリコカードの審査難易度は?
  2. 審査落ちの傾向を知ることが大切です

オリコカードの審査難易度は?

どのような人がオリコカードを取得できるのか、他社発行のクレジットカードを基準に厳しいのか甘いのか見ていきましょう。

オリコカードの審査は甘い嘘

オリコカードは信販系のクレジットカードです。信販系の審査基準の立ち位置は下記の通りです。

順位 系統 詳細
1位 銀行系カード 三井住友VISA、MUFGカード、JCB一般カードなど
2位 独立系カード NTTカード、リクルートカード、dカードなど
3位 交通系カード ANAカード、JALカード、東京メトロToMeCARDなど
4位 信販系カード オリコカード、セディナカード、ライフカードなど
5位 流通系カード イオンカード、マルイカード、セブンカードなど
6位 ハウスカード 日産カード、コスモ・ザ・カード、エポスカード
7位 消費者金融系カード アコムACマスターカード

審査基準はカード会社毎に異なりますが、概ねこの順位だと思っていただければ良いでしょう。

オリコカードは信販系カードに属しますので、銀行系や独立系よりも審査難易度は甘く、流通系やハウスカードよりかは審査難易度が厳しいという位置にあります。

もちろん銀行系カードを持っているから必ず信販系カードを持てるとは限りませんし、その逆で流通系カードの審査に落ちたから信販系カードの審査に通らないというものでもありません。

属性よりも信用第一

カード審査は、属性だけで左右されるというわけではない。

クレジットカードの審査は、属性さえ良ければ審査に通るというわけではありません。

クレカの審査では、年齢や職業、収入、居住年数などそれぞれの属性項目を点数化し、総合点を元に審査をしていますが、それとは別に個人の信用情報も判断材料として用いられます。

実はクレカの審査では属性よりも、この個人信用情報を重視しているカード会社が多く、いくら属性が良くても信用情報に問題があれば審査落ちとするところも少なくありません。

そして実際にオリコカードの合否情報から分かるのは、オリコカードは属性よりも信用を重視する傾向にあるということです。

例えば、20代で年収500万円の人でも、信用情報に金融事故履歴があるような人は、オリコカードの審査を通過するのは難しいです。

対して、40代でパート・アルバイトの方でも信用情報が良好であれば、オリコの審査を通過できる可能性は高い傾向にあるのです。

クレヒスを積み上げるべし

属性を気にするよりも、まずはクレヒスを蓄積し信用を高める。

オリコカードは属性よりも信用を重視するということは、審査通過するためにはクレヒスを積み上げることがポイントと言えます。

パートやアルバイトなど属性が低い方でも、クレカなどの信用取引において、一度も延滞なく支払いができている人はオリコカードの審査に高い確率で通過できています。

中には喪明け後でも、クレヒスを1年ほど積み上げたことで審査に通ったという人もいるほどです。

クレヒスの重要性はオリコに限った話ではありませんが、特に信用を重視しているオリコでは、信用度が高い人にはカード発行する可能性が高いです。

まずはご自分の信用情報に事故情報がないか、クレヒスが積み上がっているか個人信用情報機関に開示請求して確認してみると良いでしょう。

低属性でも作れるが枠は少なめの傾向

低属性でもオリコカードを取得に成功している人は沢山いますが、残念ながら与信枠は少なめに設定される確率が高いです。

医師や弁護士、公務員など社会的地位の高い職業に就いている人ですと、ショッピング枠は100万円以上と高額設定されやすいです。

一方でパート・アルバイトや派遣社員、自営業の方は10万円~30万円と枠が低めです。

あくまでもオリエントコーポレーションの審査基準です

キュービタスとは関係なく、あくまで基準は「オリコ」となる。

オリコカードの審査はキュービタスが行っているから、審査に通りやすいと言われることが多いですが、これは正直言って間違いです。

キュービタスはあくまでも審査業務を委託されている立場であり、キュービタスは提携先つまりオリエントコーポレーションの基準を基に審査をします

キュービタスは他にセゾンやUCブランドの与信審査も受諾していますが、それらのカードを取得できているからオリコカードも取得できるとは限りません。

あくまでも審査基準はオリコカードにあるということは覚えておきましょう。

オリコの審査に自信が無い人にお勧めの1枚

ACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!

審査落ちの傾向を知ることが大切です

ここからオリコカードに審査落ちした人たちの情報を基に、審査落ちの原因について紐解いてみます。審査難易度は決して高くないオリコですが、具体的にどのような事がマイナス評価となるのでしょうか。

オリコは高齢だと審査落ちするって本当!?

高齢だからといって審査落ちするわけではない。

オリコカードは高齢の人にカード発行を渋ると言われることがありますが、そのような事は決してありません。

これはクレカ全般に言えるかもしれませんが、高齢という理由だけで審査落ちの直接の原因とはなり得ません。

事実、40代50代でもオリコカードの取得に成功している人はたくさんいらっしゃいますし、与信枠を100万円以上設定された人も少なくありません。

オリコの審査は社内ブラックに永遠に厳しい

オリコはとにかく「社内ブラック」に厳しいといわれている。

オリコの審査は社内ブラックにはかなり厳しいと言われています。これは合否情報を参照する限り正しいかもしれません。

個人信用情報機関では、異動情報は5年~最長10年で消えます。

ですから仮に自己破産など債務整理を行った人でも、異動情報が消えさえすればまた新たにクレジットカード取得に挑戦することができます。

しかし社内情報というのは基本的に一生消えないもの。オリコは、社内の異動情報に関してはかなり厳しい措置を取っており、今後の審査にも影響ありと見た方が良さそうです。

これは先にも説明した通り、信用を第一に考えているオリコならではの特色なのかもしれません。

過去にオリコで支払い延滞など迷惑をかけた経験がある方は、今後オリコに申込しても審査に通る可能性はゼロに近いと思った方が良いでしょう。

またクレジットカード業務だけでなく、その他のローンでも同様のことが言えます。

例えばオリコはオートローンも提供していますが、そのローンでも迷惑をかけていれば社内情報として一生残り、クレカの審査にも大きく影響すると推測できます。

保証会社としてオリコに迷惑をかけている場合もアウト

みずほ銀行の保証会社は「アリコ」とされている。

実は銀行ローンにもオリコは大きく関係しています。

ご存じの方もいるかもしれませんが、銀行カードローンで高い人気を誇るみずほ銀行カードローンの保証会社はオリコが請け負っています。

実際にみずほ銀行カードローンの利用条件にも、保証会社の保証が受けられる人と記載されています。

他にもオリコは、スルガ銀行のリザーブドプラン、みちのく銀行、広島銀行の保証会社もしています。

もし該当する商品にて、何かしらの問題を起こしたことがあるとなると、オリコカードの審査に影響する可能性は高いと推測できます。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ