ルミネカードの審査難易度とは?

このページではルミネカードの審査難易度について解説します。
店舗内でのみ使用可能な仮カードであれば、即日取得できますので学生の方でも簡単に取得できます。

しかし、本カード発行の際には本審査があります。この本審査で落ちる方が後を絶ちませんので、ぜひこのページでしっかりと対策を立ててください。

【目 次】
  1. ルミネカードの取得は難しいのでしょうか?
  2. カード発行までの流れ

ルミネカードの取得は難しいのでしょうか?

まずは入会資格をチェック

「ルミネ カードの審査難易度はどうでしょうか?」
「ルミネカードが作れない理由を教えてください。」

先日このような質問をいただいたので、今日は、ルミネカードの審査について言及したいと思います。ちなみに私は新宿経由で通勤していますので、新宿のルミネにはよくいきます。

その際、平日の仕事が終わる時間帯に店頭勧誘をよくやっていますね。特に、ルミネという商業施設柄、女性の申込者が多いように思います。

このクレジットカードの入会資格として、18歳以上(高校生不可)で電話連絡の取れる人ですので、私の妻(専業主婦)でも問題無く取得できました。

審査に関する解説を続けます

私はこのカードを持っていませんので、機能面については、解説しません。ルミネカードの審査について言及しますと、このクレジットカードは株式会社ビューカードが審査・発行しているカードとなります。

ルミネの店内のみで利用できる仮カードが発行されて、本カードについては後日送られてきます。

ルミネカードの審査はクセあり!高属性でも落ちる

ルミネのカードはVISA、MasterCard、JCBの中から選択可能。

ルミネカードは、国際ブランドをVISA・MasterCard・JCBの3つから選ぶことができます。

基本的に国際ブランドによって審査基準が異なることはありませんが、ルミネカードではVISAとMasterCardはキュービタスが審査を行い、JCBは株式会社ビューカードが審査を行うこととなります。

そのため、VISA・MasterCardとJCBでは審査基準が違ってきます。

ご存知の人もいるかと思いますが、キュービタスは高属性でも審査落ちする謎審査で有名です。

一見すると簡単に審査通過できそうな高属性の人が審査落ちし、逆にクレカの取得が難しいような低属性の人が取得に成功しているケースが多々あります。

ルミネカードの審査に落ちた人の事例

実際にルミネカードに申し込みしたものの、審査落ちしたという人の事例を紹介します。

  • 年齢:30代
  • 職業:看護師
  • 勤続年数:5年
  • 年収:500万円以上
  • その他:クレカ初申し込み、クレヒスなし
  • 審査結果:否決
  • 年齢:40代
  • 職業:自営業
  • 勤続年数:11年
  • 年収:800万円以上
  • その他:クレカ5枚目、この他に半年以内に5社ほど申し込み内1社は可決
  • 審査結果:否決
  • 年齢:30代
  • 職業:会社員
  • 勤続年数:10年
  • 年収:600万円以上
  • その他:喪明け1ヶ月後に申し込み、1ヶ月に6社ほど申し込み
  • 審査結果:否決

いかがでしょうか?どれもクレカの審査を通過してもおかしくない属性だと言えます。ただし、その他の欄に注目してください。

1人目の方は、看護師という職業としては安定した収入が得られる部類にも関わらず審査落ちしています。

クレヒスが全くない場合でのカード申込みは大丈夫?

この方は、今までクレジットカードを持ったことがなく、ルミネをよく利用することから、今回カード入会に申し込みしたとのことですが、クレヒスは全くありません。

スマホも現金一括払いで購入するなどなかなか珍しい方なのですが、審査落ちの原因はクレヒスがまったくないことが推測できます。

2人目の申し込み者は、自営業で年収は高額な部類です。営業年数も長く、毎年の収入は安定的で、前年と比較しても大きな波はないようです。

クレジットカードは5枚ほど所有しており、延滞は一度もないとのことです。ただし、ここ半年以内で5社ほどクレカに申し込みしており、可決は1社のみです。多重申し込みが原因でルミネカードは否決になった可能性が高いです。

3人目は勤続年数10年以上の会社員の方です。この方は、過去にブラック入りの経験があり、今回は喪明け1ヶ月後に申し込みして審査落ちとなっています。

しかも1ヶ月で6社に申し込みしています。喪明けということはクレヒスが全くない状態ですから、これが原因の可能性が高いですが、加えて多重申し込みもしていますので、どう考えても取得できる状況ではないでしょう。

ルミネカード審査通過が厳しい人とは?

ルミネカードの審査に落ちた人の事例から推測するに、下記のような人は審査通過が厳しいと言えます。

  • これまでクレジットカードを持ったことがなくクレヒスゼロの人
  • 喪明けの人
  • 多重申し込みしている人

キュービタスはクレヒスがない人に対し厳しい審査をすると言われており、今回紹介した事例からもおおむね間違いではなさそうです。

20代であればクレヒスがなくてもそれほど問題ではないですが、30代でクレヒスがないとなるとクレジットカードの取得は難しくなります。

金融事故を起こした場合でも、問題解消してから一定期間経過すると、信用情報はまっさらな状態に戻ります。つまり上記のように、今までクレカを持ったことがなくローンも組んだことがない人と同じ状態です。

カード会社は金融事故を起こしていなくてもクレヒスがない人は「過去に何か問題を起こしているのでは?」と警戒してしまい、結果として審査落ちになることがあります。

沢山のカード申込がある場合でのキュービタス審査は厳しい…。

他のカード会社にも同じことが言えますが、キュービタスは特にクレヒスがない人に対し審査が厳しいのです。

またキュービタスは多重申し込みしている人にも厳しく審査を行います。信用情報には申し込み履歴も登録されます。

申し込み記録は半年間残りますので、期間内にいくつものクレジットカードに申し込みすれば、クレジットカード会社から警戒されてしまいます。

1ヶ月に3社以上申込むと「申し込みブラック」と判斷され、審査に通りにくくなると言われていますので、短期間に複数社へ申し込みするのは避けましょう。

クレヒスを作ってから申込むほうが無難

ルミネカードを申し込む場合は、クレヒスを積むことが重要。

クレヒスがない人、喪明けしたばかりの人は、まず取得しやすいクレジットカードに申し込みして、最低でも半年以上のクレヒスを積んでからルミネカードに申込むと良いでしょう。

消費者金融系のクレジットカード「アコムACマスターカード」ならクレジットカード会社とは審査基準が異なりますので、クレヒスがない方でも取得できる可能性が高いです。

もしクレジットカードが無理でも、カードローンとして取得することもできますので、クレヒス修行に最適な一枚です。

クレヒスがあるのとないのとでは審査の優位性は全然違ってきますので、まずはアコムACマスターカードでクレジットヒストリーを作りましょう。

ルミネカード審査期間

ルミネカード入会の審査期間はどれぐらいかかるのでしょうか?事前に申し込み方法や注意点を把握していれば、スムーズにカード取得できますが、実は申し込み方法によって審査期間が変わってくるので、申し込み前に確認されることをおすすめします。

申し込み方法は、インターネット・郵送・店頭の3種類から選べます。

申し込み方法 審査期間 必要なもの
インターネット 最短1週間 ・メールアドレス
郵送 最短2週間 ・本人確認書類
・口座振替依頼書
店頭 仮審査:最短30分
本審査:最短2週間
・本人確認書類
・口座振替依頼書

審査期間はいずれの方法で申し込みしても最低でも1週間近くかかります。店頭で申し込みした場合、仮審査は最短30分で完了しカード受け取りも可能ですが、発行されるのはルミネ内でしか使えない仮カードです。

仮カードでいいから即日で欲しいのであれば、店頭で申し込むのが良いでしょう。しかしルミネ以外でも使えるクレジットカードを急ぎで取得したいのであれば、ルミネカードは向いていません。

最短即日もしくは翌日に発行可能なクレジットカードもありますので、そちらで検討するほうが良いでしょう。

カード発行までの流れ

取得までの手続きはこうなるでも解説していますが、クレジットカードが発行されるまでの流れは以下となります。

  1. 申込(店頭勧誘)
  2. 申込者情報の入力
  3. 申込者属性のスコアリング・レベル分け
  4. 個人信用情報機関への照会
  5. 在籍確認
  6. 本人確認資料の送付
  7. クレジットカード発行

店頭でのカード発行は時間を短縮する為、仮カードとして発行され、その間はルミネの中でしか利用できません。

前述の通りこのルミネカードは、店頭ではクレジットカードが発行されることはありません。あくまでも仮カードですので、実際の本審査には落ちる可能性があります。

実際は、店頭では時間を短縮するための粗い審査(機械審査)を行い仮カードが発行されます。

また、仮カードはルミネ内でしか利用できなく利用限度額も少ないでしょう。

従って、仮カードは、本審査に入る前段階という位置づけですので、上記3以降をクリアする必要があります。

仮カードが発行されても本審査で落ちることも…

本審査にて、個人信用情報機関に事故情報がある、もしくは本人属性が悪い場合は審査落ちの可能性は大きい。

本審査の際に個人信用情報機関に事故情報(金融事故)があれば、審査落ちする可能性がありますし、本人属性が悪い(勤続年数短い、アルバイト、年収低い)場合は当然発行が見送られるでしょう。

また、仮に発行されたとしてもショッピング枠やキャッシング枠の限度額が少ないカードになるでしょう。

おそらくルミネで勧誘している人は、クレジットカード会社の人ではないので、「仮カードが発行されれば本カードは発行されますか?」と聞いても的外れな回答・・・

「本カードの審査は、VIEWが行いますが、記入いただいた個人情報が流出しないよう万全を期していますので・・」が返ってくるのが関の山ですので、ルミネカードが欲しい人は、このページでしっかりと予備知識を蓄えてから店頭申込みして欲しいと思います。

在籍確認を無視する行為はNG

本審査は、上記の3と4がクリアできていれば、ほぼ発行可能ですが、「在籍確認の電話を無視する。本人確認書類を送付しない。」などのいい加減な対応を取っていると審査落ちするので気をつけてください。

事故情報がなければ、主婦でも学生アルバイトでもカードを取得できる可能性高い。

専業主婦の妻でも取得できましたので、審査難易度はそれほど高くないと思います。

実際、パートやアルバイトの学生であれば、問題無く取得できると思いますが個人信用情報に事故情報がある方は、気を付けてください。

カードが持てるか?を簡単に確認する方法で詳しく解説しています。

ネット上のQ&Aサイトを見ていると審査に落ちた人の書き込みがかなり見られます。

審査難易度は高くないですが、決して審査に甘いわけではありませんので気をつけてください。

なお、ルミネカードは、銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系の中では、2番目に難易度が低い流通系に属します。

ルミネカードでも審査に不安な人は、最も難易度が低い消費者金融系カードをお勧めしたいです。

よくマルイのエポスカードやセゾンのパルコカードと並んで特に女性から熱い支持を得ている1枚ではありますが審査に落ちる人も確実に存在します。

自分は審査に通過する自身が無い人は、消費者金融系カードでスタートし、次の1枚で取得されても良いと思います。

ルミネカードの審査は必ず電話確認があるわけではない

カードを申し込むことで、職場に在籍の確認電話が…。

クレジットカードに申込むと勤務先に在籍確認の電話をされることがあります。

カードローンと違って、必ず勤務先に電話されるわけではありませんが、中には在籍確認に抵抗を感じる方も少なくないです。

ルミネカードの取得に成功している人達の口コミを見る限りでは、在籍確認なしで発行してもらったとの報告が多数あります。

在籍確認は返済能力をはかるために、勤務先にほんとうに勤めているかを確認することを目的としています。

そのため、良好なクレヒスで勤務先情報が同じ場合は、在籍確認はスルーされる可能性が大きいと言われています。

逆に、連続して返済が遅れていたり、勤務先が変わっている場合は在籍確認される可能性が高いです。

返済を遅延していると「お金に困っているのでは?」「転職して収入が不安定なのでは?」などと疑われ、確認のために勤務先に電話されることもあります。

在籍確認と言っても、今はクレジットカードは一人一枚持っているのが当たり前とも言われている時代ですから、さほど気にする必要はないでしょう。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ