NTTカードの審査難易度とは?

インフラ系カードの代表格NTTグループカードの審査難易度について解説します。インフラ系はいかに多くのカードを発行するか?が会社としての役割ですので比較的審査は柔軟です。

しかし、審査落ちの人も確実に存在します。ぜひ、このページで対策法をマスター した上でチャレンジしてください。

【目 次】
  1. NTTカードは取得難易度が高いですか?
  2. NTTグループカードの「おまとめキャッシュバックコース」って何?
  3. 出光の利用者にもおすすめです!

NTTカードは取得難易度が高いですか?

NTTグループカードも非常に問い合わせが多く今まで以下の質問を受けました。

  • 「NTTカード審査難易度は、どんな感じなのでしょうか?」
  • 「NTTクレジットカードは、審査に配偶者の職業を使っても大丈夫でしょうか?」
  • 「NTTファイナンスカード審査について、詳細を教えてください!」

NTTグループのカードは銀行系や信販系よりも審査の柔軟性が高い。

NTTファイナンスが発行するNTTグループカードの申込み基準は、「満18歳以上、電話連絡可能な方、本人または配偶者に安定した継続収入のある方、または学生の方(高校生を除く)」という条件となります。

インフラ系は審査基準が柔軟

インフラ系カードの場合、「如何にして、多くのカードを発行するか?」を重要視していますので、銀行系や独立系、信販系クレジットカードよりも審査のハードルは低く、NTTグループカードの場合は、同じくインフラ系のDCMXカードよりも柔軟性の高い審査を行っていると話題になっています。

NTTグループカードでは、「カードの選択肢が少ない」とされるアルバイトやパートタイマー、フリーターなどでも申し込める条件にしていますので、その点も注目度の高い理由のひとつです。

一般的にフリーターなどの非正規雇用は、「クレジットカード審査に通りにくい・・」と言われていますが、NTTグループカードなら、勤続年数や居住年数で「安定性」が確認され、スコアリングの最低ラインとなる年収200万円前後の収入を得ていれば、「属性として問題がない」と言えるでしょう。

ブラックの人は審査落ちを覚悟すべし

NTTのカードは個人信用情報機関を照会するので事故情報をお持ちの方は審査落ちの可能性が高い。

もちろんNTTグループカードでも、個人信用情報機関に照会をしますので、過去に支払いの滞納や自己破産などの「事故情報」が存在している人は、審査落ちの覚悟をすべきです。

「金融事故などは起こしていない。でも審査に不安が・・。」という場合は、希望の利用限度額(与信枠)の欄に「ショッピング枠の金額だけを書き、キャッシング枠を0円設定する・・」という方法でも、クレジットカード発行される確率がアップする秘訣となります。

NTTグループカードでも在籍確認や本人確認の電話がありますので、携帯電話や固定電話の番号は正しく見やすく書くのも大事なことだと思います。

年会費無料という点も、年収の低い皆さんにとって嬉しい要素と言えるでしょう。

海外旅行、海外出張で利用したい方でも国際ブランドが付属しているので便利。

VISAとMASTERの国際ブランド付きとなりますので、海外旅行や海外出張でクレジットカードを活用したい皆さんでも問題ありません。

NTTグループカードは、現在もキャッシュバックなどの新規入会キャンペーンを開催しており、このような形で新規顧客の勧誘をしている会社は、「クレジット審査が柔軟である・・」と捉えて良いと思います。

クレジットカード審査関連サイトで話題の出にくいNTTグループカードですが、もし申込カードを決めてない段階でしたら、検討してみてください。

それでも審査に不安な人は、通る人・落ちる人その違いは何でしょうか?で解説しています。

NTTグループカードの「おまとめキャッシュバックコース」って何?

比較的柔軟な申込み基準のNTTグループカードですが、「おまとめキャッシュバックコース」というサービスが有名です。

このサービスは、 「毎月かかる対象の通信料金に応じて、キャッシュバックが行われる・・」というもので、家計の管理をしている主婦の皆さんや、1人暮らしで光熱費の節約をしている学生やサラリーマンには、とても嬉しいサービス内容だと思います。

キャッシュバック対象になる会社は、下記のとおり。

  • NTT東日本
  • NTT西日本
  • NTTコミュニケーションズ
  • NTTドコモ
  • NTT-MEのプロバイダー料金(WAKWAK)
  • NTTぷららのプロバイダー料金
  • NTTぷららののひかりTV料金
  • @niftyのプロバイダー料金
  • BIGLOBEのプロバイダー料金
  • NTTファイナンスのおまとめ請求

対象企業やサービスは順次拡大予定ですので、定期的に加盟企業をチェックすれば、更にお得にキャッシュバックを受けられると思います。

キャッシュバックの対象料金は、15,000円。

この金額を超過した時には、「15,000(対象料金)円にキャッシュバック率を乗じた金額」の計算となりますので、NTT関連の通信費が15,000円以上あり、クレジットカード払いが多い人にはお得なカードとなるでしょう。

具体例としては・・。

  • NTT東日本の固定電話
  • NTTドコモのスマートフォン
  • NTTぷららのプロバイダーとひかりTV

この3つを利用しているAさんは、月々15,000円~16,000円のお金をNTTファイナンスに払っていると仮定します。

Aさんは毎日の昼食代や光熱費、ガソリン代などもクレジット払いにしているので、月々平均10万円のクレジットカード利用。

この場合・・

  • 15,000円(キャッシュバック対象料金の上限額)×6.0%(月間カード利用金額10万円のキャッシュバック率)→月々900円のキャッシュバック・・となり、
    年間換算すると、900円×12か月→10,800円ものお得になるのです。

キャッシュバック率は月々のカード利用額によって変動しますので、「海外旅行先でブランド品のお土産を買ったら、60万円以上カード決済してしまった・・」という場合は、60%もの高キャッシュバック率になるのです。

毎月の利用金額は変動すると思いますが、NTT関連の利用料金は「ほぼ定額・・」という人が殆どでしょう。

節約に最も適しているのは、「固定費を減らす・・」ということ。

特に安いとは言えないインフラ料金をキャッシュバックしてくれるNTTグループカードは、他社にはないサービスによって、たくさんの利用者を獲得しているようです。

出光の利用者にもおすすめです!

出光SSでNTTグループカードを利用することで、割引の特典がありお得。

インフラ系とキャッシュバックコースで知られるNTTグループカードですが、実は「出光SS」で利用すれば、ガソリンカードとして割引特典を受けることが可能です。

このサービスには難しい条件があり、「出光SSのガソリンカードとして利用する際には、おまとめキャッシュバックコースの適用にならない・・」という規約があるようですが・・。

  • 以前1人暮らしだったが、今は家族と同居になった・・
  • 最近結婚したので、自分が光熱費を払う必要がなくなった・・

こんな皆さんには、 「これまではキャッシュバックコース利用だったが、今後は出光SSでの給油を中心に・・」というライフイベントに合わせたクレジットカードの利用変更も良いと思うのです。

NTTグループカードは、「出光まいどプラスよりもお得・・」と紹介しているサイトもありますので、ガソリンカードを検討している人にも、ぜひお勧めしたい1枚です。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ