ゴールドジムのクレジットカードの審査難易度とは?

ゴールドジムに入会する際には、クレジットカードの入会申込書を同時に記入することになりますが、このことを知らずに入会手続きをした場合は急にクレジットカードの審査を受けることになって不安になる方も多いと思います。
そこで、ゴールドジムのクレジットカードの審査難易度や審査に落ちる理由について詳しく解説します。

また、クレジットカードを作らずにゴールドジムに入会する方法についても解説します。

【目 次】
  1. ゴールドジムのクレジットカードの審査難易度とは?
  2. ゴールドジムの会費を月払いするにはクレジットカードの作成が必須
  3. ゴールドジムのクレジットカードに落ちる人の特徴とは?
  4. ゴールドジムを退会するとクレジットカードはどうなるのか?

ゴールドジムのクレジットカードの審査難易度とは?

ゴールドジムに入会する際に申し込みを勧められるクレジットカードですが、必ず審査に通るわけではありません。

ゴールドジムのクレジットカードの審査難易度を確認しておきましょう。

ゴールドジムのクレジットカードには2種類ある

ゴールドジムのクレジットカードは、2種類存在する。

ゴールドジムのクレジットカードには、三井住友カード発行のものとジャックスカード発行のものの2種類があります。

クレジットカードは主に銀行系カード・信販系カード・流通系カード・消費者金融系カードに分類できますが、このうち三井住友カード発行のものは銀行系カード、ジャックスカード発行のものは信販系カードに該当します。

2種類のクレジットカードのどちらに申し込むのかはゴールドジムへの入会の際に選択することができます。

2種類のゴールドジムのクレジットカードは審査難易度が異なる

ゴールドジムのカード審査は発行元で行われる。

ゴールドジムのクレジットカードの審査はゴールドジムではなくクレジットカードの発行元の会社で行われます。

三井住友カード発行のクレジットカードとジャックスカード発行のクレジットカードは、それぞれ発行元が異なるため審査難易度が異なります。

クレジットカードの取得難易度は、銀行系カード>信販系カード>流通系カード>消費者金融系カードの順に高いので、銀行系カードの三井住友カードの方が信販系カードのジャックスカードよりも審査難易度が高くなります。

具体的にはスコアリング審査で求められる属性の基準が三井住友カードの方が高いため、自分の属性(年収や勤務先情報など)に自信のない方はジャックスカードを選択することをおすすめします。

ゴールドジムのクレジットカードは学生の申し込みも多いのですが、学生の場合はどちらのカード会社を選択しても、ほとんどの場合は審査に落ちることはありません。

ただし、携帯電話の本体代金を分割払いにしている方は、過去の携帯電話利用料金の延滞が原因で審査に落ちる可能性があるため注意が必要です。

ゴールドジムの会費を月払いするにはクレジットカードの作成が必須

会費の支払いにて月払いの場合、クレカの申し込みが必要。

ゴールドジムの会費の支払い方法には、月払いと月会費6カ月または12カ月を一括で支払うおまとめ払いがありますが、月払いの場合はクレジットカードへの申し込みが必須です。

公式サイトにも、月会費のお支払いにはクレジットカードへのご登録が必要です、という旨が明記されています。

入会と同時にクレジットカードの申込書への記入が必要なため、ゴールドジムへの入会申し込みの際は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、通帳・印鑑を持参する必要があります。

クレジットカードを作らずにゴールドジムに入会する方法

すでに何枚もクレジットカードを持っている方は、ゴールドジムに入会するためだけに新たにクレジットカードを作ることに抵抗がある場合も多いと思います。

そのような場合は、以下の方法でクレジットカードを作らずにゴールドジムに入会することができます。

会費をおまとめ払いにする

会費をおまとめ払いにすることで、現金か、既にあるカードで決済が可能。

会費の支払い方法を月払いではなくおまとめ払いにすると、新たにクレジットカードを作らずに現金や手持ちのクレジットカードで決済することができます。

おまとめ払いは6カ月分または12カ月をまとめて支払う必要があり、入会登録料5,400円も同時に支払うことになります。

高額になってしまうためお金に余裕がなければできませんが、どうしてもクレジットカードを作らずにゴールドジムに入会したいという方は検討してみましょう。

クレジットカードの審査に落ちたら口座引き落としになる

会費を月払いにする事でカードの申し込みは必要だが、審査通過可能かはわからない。

ゴールドジムへの入会時に会費の月払いを選んだ際、クレジットカードの申し込みは必ず必要ですが、全員が審査に通るわけではありません。

審査に通った場合は作ったゴールドジムのクレジットカードで会費を支払うことになりますが、審査に落ちた場合は指定した銀行口座からの引き落としになります。

つまり、クレジットカードの審査に落ちた場合はゴールドジムのクレジットカードを持たずに月会費の支払いが可能ということになります。

クレジットカードの審査は落ちようと思って落ちることができるものではありませんが、このことを知っていると、もし落ちてしまった場合に不要なクレジットカードを持たずに済んで良かったとプラスに考えられるかもしれません。

なお、わざとクレジットカードの審査に落ちようとして、でたらめに申込書を記入したり虚偽の申告をすると、カード会社側に不審な申し込みとみなされてカード会社のデータベースに不審な申込者だと登録されてしまい、そのカード会社の審査に二度と通らなくなる可能性があります。

このような社内ブラック状態にならないためにも、申込書には必ず正直な内容を記入する必要があります。

ゴールドジムのクレジットカードに落ちる人の特徴とは?

ゴールドジムのクレジットカードは申し込んだからといって必ず手に入るわけではありません。ここからはゴールドジムのクレジットカードに落ちる人の特徴について解説します。

信用情報に問題がある人

信用情報に債務整理や、延滞情報があることで審査通過は望めない。

信用情報機関に過去の債務整理情報や延滞情報などの金融事故情報が載っている人は、ゴールドジムのクレジットカードの審査に通ることができません。

三井住友カードの場合もジャックスカードの場合も、信用情報機関にネガティブ情報が登録されているブラックの人を審査に通すことはありません。

ブラックになっている人は、債務整理情報の場合は最長10年、延滞情報の場合は最長5年の間はゴールドジムのクレジットカードの審査に通らないので注意しましょう。

なお、上記でも触れましたが携帯電話料金の延滞によって自分でも気付かないうちにブラックになっており、ゴールドジムのクレジットカード審査に落ちてしまった例があるため気を付けましょう。

もし自分がブラックかどうかわからないという方は、事前に信用情報機関に情報開示の請求をして、自分の信用情報を確認しておくと安心です。

クレジットカード審査の合格基準を下回っている人

ゴールドジムカードの審査はスコアリング審査にて行われる。

ゴールドジムのクレジットカード審査では、申込書に記入した内容を点数化してカード発行の可否を判断するスコアリング審査が行われています。

スコアリング審査では合格基準となる点数が決まっており、この点数を下回っている人は審査に通ることができません。

スコアリング審査に使われる項目は、年収・勤続年数・勤務先の規模(従業員数など)・家族構成・住居情報などです。

スコアリング審査で審査通過に求められる点数は、ジャックスカードよりも三井住友カードの方が高く設定されています。

そのため、上記の審査項目に自信のない方は、ジャックスカードを選択することをおすすめします。

また、申し込みの際は少しでもスコアリングの点数を増やすために、任意項目を含めて全ての項目を記入するように心がけましょう。

申し込み内容に不備や虚偽がある人

申込にて虚偽、記入漏れがあることで、審査がスムーズに行われない場合も。

申し込み内容に誤りや記入漏れがある場合、カード会社では正しい情報を確認するまでは審査を終えることができません。

正しい情報を確認できない場合は審査に落ちてしまうことになるため、申し込みの際は必ず誤りや記入漏れがないことを確認しましょう。

また、記入した文字がカード会社側で判読できずに不備となってしまうケースが多いため、申込書は丁寧に記入するようにしましょう。

審査に通る可能性を上げるために年収や勤務先情報について嘘の内容を記入する方がいますが、上記でも解説した通り、虚偽の申告をすることでカード会社のデータベースに登録されてしまい、二度とそのカード会社の審査に通らなくなるリスクがあります。

嘘の内容を記入しても、審査の過程で行われる信用情報の確認や在籍確認、

カード会社側のデータベースとの照合などにより、嘘がばれる可能性が高いため、申し込みの際は必ず正直な内容を記入するようにしましょう。

借金が多い人

カード申込において、他社借入がある場合は件数の記入が必要な場合も。

ゴールドジムのクレジットカードの申し込みでは、他社からの借入金額と借入件数を申込書に記入する必要があります。

この際、他社からの借入金額が年収の3分の1程度を占めている場合や、借入件数が3件以上ある場合は、スコアリング審査で非常に低い評価を受けてしまいます。

そのため、可能な場合は借金をできるだけ減らしてから審査を受けることをおすすめします。

また、キャッシングを申し込む場合、キャッシング枠は年収の3分の1を超えて付けることはできないと法律で定められているため、借金が多い場合はキャッシング枠を付けることができない点に注意が必要です。

短期間に何枚ものクレジットカードに申し込んでいる人

短い期間中に沢山カードを申込してしまうと、申込ブラックという扱いに…。

短期間に何枚もクレジットカードに申し込みをすると、「申し込みブラック」という状態になり、ゴールドジムのクレジットカードの審査に通る可能性が低くなります。

クレジットカードは申し込みの際に特典が付くことが多いためつい申し込んでしまいがちですが、短期間に何枚もクレジットカードに申し込みをすると信用情報機関に複数の申込情報が残ってしまい、クレジットカードの審査担当者にマイナスのイメージを与える可能性があるため注意が必要です。

このような多重申し込みは「何枚以上申し込みをしていると審査に通らない」といった明確な基準がなく、申込者の属性やカード会社によって審査の通過可否は異なります。

ゴールドジムの審査を行っている三井住友カードとジャックスカードでも多重申し込み者は審査に通りにくい傾向がありますが、すでにそれぞれのカード会社のカードを持っている場合は審査に通りやすくなる可能性があります。

もしも申し込みブラック状態になってしまった場合は、信用情報機関から申込情報が消える期間である半年間待ってから、再度クレジットカードの申し込みをすると審査に通る可能性が上がります。

ゴールドジムを退会するとクレジットカードはどうなるのか?

ゴールドジム退会後も、クレカの利用は今後も可能。

ゴールドジムを退会した場合、会費の支払いに利用しているゴールドジムのクレジットカードがどうなるのか気になる方も多いと思います。

ゴールドジムを退会後も、ゴールドジムのクレジットカードは継続して利用することが可能です。

ゴールドジムの利用契約とクレジットカードの契約は全く別のため、ゴールドジムの利用契約を終えたからといってクレジットカードの契約に影響することはありません。

そのため、もしゴールドジムのクレジットカードをゴールドジムの会費を支払うためにしか使わないという場合は、ゴールドジムを退会する際にクレジットカードも退会することを忘れないようにしましょう。

クレジットカードを退会するのを忘れてしまうと、ゴールドジムを退会してからもずっと、使っていないクレジットカードの年会費を支払い続けることになります。

クレジットカードの解約手続きは、三井住友カードの場合もジャックスカードの場合も電話連絡によって行うことができます。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ