クレジットカードブランド変更は簡単なの?審査落ちすればカードを失うので要注意!

手持ちのクレジットカードの国際ブランドを変更することは可能です。ブランドによって利用できる店舗や地域は異なりますので、国際ブランドを変更したいと考えている人もいることでしょう。 しかし、クレジットカードの国際ブランドを変更するにも審査があります。

一度審査に通っているからと言って簡単に変更できるわけではありません。下手すればカードを失ってしまうリスクもあるものなのです。
今回はクレジットカードの国際ブランド変更について解説していきます。

そもそも国際ブランドとは?

クレジットカードには国際ブランドがあります。

国際ブランドとは、海外でもクレジットカードで決済できる仕組みを提供している会社のことを言います。店舗によって対応している国際ブランドが異なります。

国際ブランドは7種類

クレジットカードの国際ブランドは全部で7種類あり、それぞれの特徴は次のとおりです。

VISA(ビザ) 世界で最も会員数が多い。加盟店がたくさんあるので世界中で使える。国内だけでなく海外でもクレカを使いたい人向け。
JCB(ジェーシービー) VISAに次いで加盟店が多い。特に欧州ではVISAよりも使える店が多い。国内や欧州でクレカを使用したい方向け。
MasterCard(マスターカード) 国内で利用可能な加盟店が多い。逆に海外では利用できる加盟店が少ない。国内中心に利用したい方におすすめ。
American Express(アメリカン・エキスプレス) 高いステータスと充実した付帯サービスが魅力。海外旅行系のサポートが手厚いので旅行好きな方におすすめ。
Diners(ダイナース) アメックス同様にステータスが高いこと、優待サービスが充実している。高級店での利用できる率が高く、逆に小売店では使えない場合が多い。ステータスを重視する方向け。
銀聯(ぎんれん) 中国で便利に使える。
Discover(ディスカバー) アメリカのブランドだが特に使用する場面はない。

各々の国際ブランドは、利用者が商品やサービスを購入するお店と契約を結んでいます。

そのため、利用するお店が国際ブランドの加盟店になっているかどうかで使えるカードが変わってきます。

たとえば、VISAのみ加盟している店舗なら、利用できるのはVISAだけです。通常は、複数のカード会社と契約しているので、こういったケースは少ないですがあります。

VISA、JCB、MasterCardはメインブランドですので、多くの店舗が加盟店となっているのであまり気にする必要はありません。

中には、いずれかのブランドが使用できない店舗もあるので、それぞれの国際ブランドのクレジットカードを持っていると便利です。

普段利用しているクレジットカードは不便だと感じる場合は、他の国際ブランドに変更するか、別のクレジットカードへ入会することを検討しましょう。

国際ブランドと発行会社の違い

VISA、JCB、MasterCardが、よく見かける国際ブランド。

たとえば、ライフカードはライフカード株式会社が発行しています。これが発行会社です。

しかし、申し込みする場合は、VISA・JCB・MasterCardの3つの国際ブランドから選ぶことができます。

国際ブランドと発行会社を混同してしまう方が意外と多いですが、両者は全く別物です。

国際ブランドは決済システムを提供している

すでに説明したとおり、国際ブランドとは世界中でクレジットカードを使用できるようにする決済システムを提供している会社です。

海外では発行会社と提携していないところもたくさんありますが、それでもクレジットカードを使えるのは決済サービスを提供してくれる国際ブランドのおかげです。

発行会社は顧客サービスを提供している

発行会社とは、実際にカードを発行したり、特典やサービスを提供する会社のことです。オリコカード、三井住友VISAカード、UCカード、セゾンカードなどです。

発行会社自身が発行するクレジットカードをプロパーカード、提携先と組んで発行する霊系カードの2種類あります。

提携カードとは、たとえば、パルコがクレジットカードを発行したいと考えたとき、小売店ではクレジットカードを発行することができないので、発行会社であるセゾンカードに委託してカード発行してもらいます。

決済サービスもお願いします。この場合、提携先がパルコで、カード発行会社がセゾンカードです。

発行会社が違えばサービスは異なる

国際ブランドが同じでも発行会社が違うと提供するサービスは違ってきます。決済はできても、ポイント還元率や保険などサービス内容は違うのです。

たとえば、

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・セゾンカード

どちらも国際ブランドはアメリカン・エキスプレスですが、ステータス、サービス、特典は違ってきます。自分が欲しているサービスを見極めて発行会社は選ばなければいけません。

国際ブランドの特徴と選び方

ここでは国際ブランドの特徴について解説していきます。

VISAは決済業務でナンバーワン

VISAは、世界1位の国際決済業務。

VISAとは「Value Issuer Service Area」の頭文字をとったもので、1958年に創業されました。

国際決済業務は世界1位となっており、世界で最も使用されているクレジットカードです。

使っている人が多いなら、販売機会を増やしたい店舗は当然のように導入します。そのため加盟店や利用可能な地域の広さがVISAはナンバーワンなのです。

一番便利なクレジットカードですから、どの国際ブランドにするか迷っているならVISAを選んでおけば間違いなしでしょう。

VISAはクレカ発行しない

VISAは決済業務を担当しており、クレジットカード発行は行っていません。発行しているのは銀行や百貨店、家電量販店などです。

あくまでもVISAがシステムの使用を認めた企業だけがVISAカードを発行できるのです。

VISAカードと聞いて真っ先に三井住友カードを思い浮かべる方は多いでしょう。三井住友カードもVISAからシステムのライセンスを受けた会社の一つです。

MasterCardはVISAと並ぶ国際ブランド

MasterCardはドイツのEuroCardと提携していたこともあり、ヨーロッパに強いです。

ヨーロッパを旅行するならMasterCardが使いやすいと言われたこともあり、ヨーロッパ中心の国際ブランドでしたが、今ではVISAに次ぐ使いやすさで世界のどこでも使いやすい国際ブランドです。

MasterCardもVISA同様に決済業務だけです。ライセンシングした企業だけがCard発行しています。

たとえば、消費者金融のアコムが発行する「ACマスターカード」はMasterCardからライセンスを受けています。

VISAとMasterCardはどっちが良いの?

VISAとMasterCardどっちの国際ブランドが良いのか、迷う方は多いです。

使用可能な店舗やエリアに大差はありませんので、個別カードのサービス内容や還元率で決めるのが良いでしょう。

どちらもカード発行はしていませんので、カード発行会社独自のサービス等を比較して検討しましょう。

VISA、MasterCardどちらも各クレジットカードに特典やサービスがついていて、中身が違いますので自分に適するものを選べば良いわけです。

同じカードでVISAもMasterCardも選べるという場合は、わずかに有利なVISAを選べばよいかと思います。

JCBは日本初の国際ブランド

日本初・日本唯一の国際ブランドがJCBです。

主に日本国内で利用可能で、日本での加盟店舗数やポイント還元率は一番高いです。日本だけでなくハワイやグアム、韓国、台湾などでも利用可能な地域が多いです。

VISAやMasterCardと比べるとJCBを利用できる店舗は少ないですが、国内で様々なキャンペーンやサービスを提供しているので日本人にとって利用価値が非常に高いのが魅力です。JCBではカード発行も行っており、充実したサポートとサービスが特徴です。

アメックスと提携している?

JCBはAmerican Expressと加盟店舗を相互開放について提携しています。そのため、JCBとAmerican Expressはお互いの加盟店で利用することができます。

JCBはカード発行している

VISAとMasterCardはカード発行業務をしていませんが、JCBは決済業務だけでなくカード発行業務も行っています。国際ブランド自ら発行するカードをプロパーカードと言いますが、

プロパーカードは、

  • ステータスが高い
  • サービス、保証が充実している
  • ポイント、マイルが貯まる

といった大きなメリットがあります。

プロパーカードは提携カードとは違ってカード会社の中間マージンがないので、JCBは利用者が払う利息や手数料を全部持っていくことができます。

そのため、JCBにとってプロパーカードが増えるのはありがたいことですから、提携カードよりもサービスなどが充実しているのです。

American Express(アメックス)はステータスの象徴

American Expressはアメリカ発の国際ブランドです。ステータスの高いクレジットカードとしておなじみです。

レストランやホテルの優待、空港ラウンジの利用などワンランク上のサービスを受けることができるステータスの高さが魅力です。

VISAやMasterCardは誰でもお得に使いこなせて、American Expressはクレカ上級者が使いこなせる国際ブランドといったところです。

American Expressの一般カードであるアメックスグリーンでも年会費は12,000円(税抜き)ですから、決して安くないですね。

ステータス、質の高い優待・サービスを受けたい人向けの国際ブランドです。

Diners(ダイナースクラブ)もステータスが高い

American Expressと肩を並べる富裕層向けの国際ブランドです。

一般人には手が届かない憧れのブラントと言わしめるほどです。事実、入会条件は厳しく高い年収と社会的地位が必要とされます。

最高級のおもてなしと高いステータスを求めている方におすすめです。

クレジットカードのブランドを変更する方法。審査はあるの?

現在使用しているカードの国際ブランドは変更可能。

今持っているクレジットカードの国際ブランドを変更することは可能です。

たとえば、JCBだけど海外に行くことになったからVISAに変更したいといった場合は、ブランド変更すればいいでしょう。

ただし、国際ブランドを変更するのは正直面倒だということは念頭に置いておいてください。

それを踏まえた上で、クレジットカードの国際ブランドの変更方法について解説していきます。

国際ブランドの変更は面倒・・・

クレジットカードの国際ブランドを変更するのは面倒です。その理由は簡単で、国際ブランドを変更すると、クレジットカードの番号も変更されてしまうからです。

カード番号が変更になると、登録している電気料金や携帯電話の支払いも変更手続きしなければいけません。

またネットショッピングなどで登録しているカード番号も当然ながら変更しなければいけません。

場合によっては変更手続きをネットではなく紙の用紙で行わければいけないケースもあります。とにかく手間と労力がかかる可能性が高いです。

このような理由があるので、安易に国際ブランドを変更すべきではありません。思いもよらぬトラブルが発生するかもしれませんので注意してください。

国際ブランの変更は審査をクリアしないとダメ!

国際ブランドの変更が面倒なのにはもう一つ理由があります。

それは「審査がある」ということです。

これは保有しているクレジットカードによりますが、国際ブランドの変更には新規入会審査に準ずる審査を行う可能性が高いです。

VISA、MasterCard、JCBではそれぞれ入会の基準が異なるからです。

そのため、基本的には今まで保有していたクレジットカードを解約してから、変更したい国際ブランドのカードを作ることになります。

仮に審査落ちしても、解約を取り消すことはできませんので、持っているクレジットカードは没収・・・なんて可能性もあるのです。

他社からの借り入れが増えている、支払い遅延があるなどが無い限り審査落ちすることはありませんが、自分の属性や信用力に自信がないならばブランド変更はすべきではありません。

ブランド変更の申込み方法は簡単

国際ブランドの変更申し込みは、カード裏面に記載されている問い合わせ先に連絡して「国際ブランドを変更したい」旨を伝えるだけです。あとはカード会社の方で処理してくれます。

ただし、カード会社によっては国際ブランドの変更を受け付けてくれないこともあります。対応はカード会社によって異なりますので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

そもそも保有しているクレジットカードが国際ブランド1種類のみという場合は変更辞退できません。

たとえば、エポスカードは国際ブランドがVISAのみです。MasterCardやJCBに変更したいと思ってもできません。また、JCB発行のプロパーカードは国際ブランドがJCBのみです。

新たにクレジットカードを作る方がブランド変更で審査を受けるよりも楽!

新規に違う国際ブランドのカードを取得するのも手。

クレジットカード保有者側からすれば「国際ブランドの変更なんて簡単でしょ」と思うかもしれませんが、

実際にはブランド変更は大変なもの。

ハードルが高いので、特に理由がないなら安易にブランド変更はしないほうが良いです。

そうはいっても「VISAのクレカが必要なんだ」というのであれば、手持ちのクレジットカードのブランドを変更するのではなく、新たに別のクレジットカードを申し込めばOKです。

一時的にクレジットカードの枚数は増えてしまいますが、新たにクレジットカードを取得すれば、携帯電話や税金の支払いに登録していたカード番号を変更する必要もありません。

同じカード会社で複数の国際ブランドを持てる場合も

カード会社によりますが、国際ブランドが異なるクレジットカードを複数枚持てる場合もあります。

この場合、審査は1回で済みますし、ポイントが合算されるので便利です。

たとえば、三井住友カードのデュアル発行サービスを利用すれば、MasterCardとVISAの2種類の国際ブランドのカード発行が可能です。

別のカード会社でもう1枚の国際ブランドのクレカを取得する

カード会社によって会員向けのサービス内容は違いますので、別の国際ブランドのクレジットカードをもう1枚欲しいなら違うカード会社で取得したほうが便利です。

国際ブランド変更でクレジットカードの審査難易度は違う!?

どの国際ブランドも、審査難易度は変わらない。

手持ちのクレジットカードの国際ブランドを変更するときや、新たに別の国際ブランドのクレジットカードを作るとき気になるのが「国際ブランドごとに審査難易は違うのか」ということではないでしょうか。

「VISAよりもMasterCardのほうが審査は厳しかったりするの?」
「JCBは審査が甘い」

国際ブランドごとに審査難易度が違うなら、できるだけ審査が甘いとされるブランドでカード申し込みを検討することでしょう。

しかし、結論を言えば国際ブランドごとに審査難易度が変わることはありません。

国際ブランドは審査をしない

クレジットカードに記載される国際ブランドは、申し込み者が選んだものですが、これはあくまでも使用可能な加盟店を表しているだけです。

VISAマークがついているお店ならば、VISAカードが使えるということです。

クレジットカードの審査は国際ブランドではなくカード発行会社が行います。同じクレジットカードで国際ブランドごとに審査基準が異なることはありません。

カード発行期間が多少変わることはある

国際ブランドごとに審査基準が変わることはないですが、カード発行までの期間が変わることはあります。

たとえば、三菱UFJニコス発行のMUFGカードはVISA・MasterCardブランドのカードは発行まで最短3日ですが、JCBだとさいた4日となっています。

このようにカード会社によっては国際ブランドごとにカード発行にかかる期間が変わってくることもあります。

少しでも早くクレジットカードを手に入れたい場合は、国際ブランごとのカード発行期間を確認するようにしましょう。

プロパーカードと提携カードはどっちが審査通過しやすい?

プロパーカードは国際ブランド自ら発行するクレジットカードのことです。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • ダイナースクラブカード
  • JCBカード

上記3つはプロパーカードです。国際ブランドが発行するクレジットカードは特に旅行保険が充実しています。

倒産のリスクも低いので安心感とステータスがあります。そのため、審査難易度は厳し目です。

たとえばJCBカードは海外旅行傷害保険や空港ラウンジなど特典内容が豪華であるため、年収が高く延滞が一切ないなど申し込み者に高い信用力が求められます。

条件をクリアできていなければ即審査落ちすると言っても過言ではありません。

一方でカード会社と提携して発行する提携カードは、利用者を増やすことでカード発行会社の履歴につながるのでできるだけ多くカード発行したいと考えています。

たとえば、流通系カードであるイオンカードは、カードを多く発行することでイオンの利用者を増やすことができますのでその分審査にとおりやすいように基準を下げています。

VISAがブラックになったからVISAカードは作れない!は間違い

ブラック状態では、VISAは取得できない?

「VISAがついてクレジットカードでブラックになったからVISAカードは一生作れない」こんな勘違いをされている方は意外と多いですが、これは間違いです。

国際ブランドごとにブラックリストを用意しているわけではありません。

ブラックリストというのは、個人信用情報機関に事故情報が登録されている状態を指します。

61日以上の延滞や債務整理など支払いで大きなトラブルを起こすと、個人信用情報機関に事故情報が登録されるのです。

カード会社は、審査時に加盟する個人信用情報機関に申し込み者の信用情報を照会します。

そこで信用情報に問題なしと判断すればカード発行されますし、事故情報があれば問題ありと判断してカード発行しません。

基本的にブラックリスト入りしている間は、どのクレジットカードの審査もとおりません。

VISAだけが審査に通らないわけではなく、国際ブランドに関係なくほぼすべてのクレジットカードの審査に通らないのです。

ただし、事故情報は5年~10年経つと消えますので、それ以降は新たにクレジットカードを作ることも可能です。

もちろんVISAであろうとMasterCardであろうとどの国際ブランドでも問題なく作れます。

ページのトップへ