三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査難易度とは?

日本のメガバンクのうちの一行である三菱東京UFJ銀行が発行しているクレジットカードを持ちたいけれども、審査のハードルが高いイメージがあって不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、三菱東京UFJ銀行が発行している三菱東京UFJ-VISAカードと三菱東京UFJ-VISAゴールドカードの審査について詳しく解説します。

【目 次】
  1. 三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査のポイント
  2. 三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査難易度とは?
  3. 三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査に落ちる人の特徴とは?
  4. 三菱東京UFJ-VISAカードは審査期間が長いので注意
  5. 三菱東京UFJ銀行のクレジットカードはどんなカード?

三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査のポイント

まず、三菱東京UFJ銀行のクレジットカードはどのような観点から審査が行われているのかを確認しておきましょう。

三菱東京UFJ-VISAの審査は信用情報が大切

銀行系の三菱東京UFJ-VISAで行われる審査は信用情報が重要。

銀行系クレジットカードである三菱東京UFJ-VISAの審査では、過去のクレジットカードやローンの利用履歴である信用情報が非常に重視されます。

そのため、信用情報機関に過去のクレジットカードなどの支払い延滞による延滞情報や、自己破産などの債務整理情報が記録されているいわゆるブラックの場合は即審査落ちになります。

自分はクレジットカードもローンも延滞したことがないから審査に通るはずだと思っていたのに審査に落ちてしまったという方に多いのが、携帯電話料金の延滞によってブラックになっているパターンです。

携帯電話本体の代金を分割払いにして毎月の携帯電話利用料金と一緒に支払っている場合は、携帯電話料金を延滞すると信用情報機関に延滞情報が登録されてブラックになってしまうため、注意が必要です。

スコアリング審査のハードルは高め

審査は、申込内容の年収や勤務先などを点数化する「スコアリング審査」が行われる。

三菱東京UFJ-VISAの審査では、勤務先情報や年収など申し込み時に申告した情報を点数化してカード発行の可否を判断するスコアリングという手法が用いられます。

スコアリングで審査通過の基準となる点数はカード会社によって異なっており、銀行系カードである三菱東京UFJ-VISAはスコアリング審査のハードルが高めです。

年収や勤続年数、雇用形態などのスコアリング対象項目で低い評価をされるものが多ければ審査に落ちてしまいます。

三菱東京UFJ-VISAの審査は総合的な判断によって通過可否が決まるため、年収が低いからといって必ずしも審査に落ちるわけではありません。

どれか一つの点数が低くても他の項目で返済能力があると判断されれば審査に通過することは可能です。

例えば、年収が低い場合でも勤続年数が長い・持ち家で住宅ローンの支払いがない・扶養家族がいないなどの条件があれば、返済能力があると判断されて審査に通過することが可能です。

三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査難易度とは?

ここまで審査のポイントについて解説してきましたが、三菱東京UFJ-VISAカードの審査難易度についても確認していきましょう。

審査のハードルは高め

上記でも触れましたが、三菱東京UFJ-VISAカードは銀行系のクレジットカードです。

一般的には、銀行系カード>信販系カード>流通系カード>消費者金融系カードの順にスコアリング審査で求められる点数は高く、銀行系カードは最も審査難易度が高いとされます。三菱東京UFJ-VISAカードも例に漏れず、審査のハードルは高めです。

流通系カードであれば問題なく審査に通過することができる属性の方でも、審査に落ちる可能性があります。

三菱東京UFJ-VISAゴールドはさらにハードルが高い

審査難易度が高いといわれる「三菱東京UFJ-VISAゴールド」

三菱東京UFJ-VISAカードには一般カードである三菱東京UFJ-VISAとゴールドカードである三菱東京UFJ-VISAゴールドがあります。

上述した通りどちらも審査のハードルは高めですが、三菱東京UFJ-VISAゴールドは特に審査難易度が高くなります。

パートやアルバイトの方は審査に落ちている例が多いため、ゴールドカードではなく一般カードに申し込むことをおすすめします。

どうしても三菱東京UFJ-VISAゴールドを持ちたいという方は、直接ゴールドカードに申し込むのではなく、一度三菱東京UFJ-VISAを作って利用実績を作ってから三菱東京UFJ-VISAゴールドに申し込むと、審査難易度が下がります。

三菱東京UFJ銀行のクレジットカードの審査に落ちる人の特徴とは?

上記の通り三菱東京UFJ-VISAカードは審査難易度が高めですが、具体的にどのような場合に審査に落ちてしまうのでしょうか。ここからは審査に落ちる人の特徴について解説します。

クレヒスがない

銀行系カードである三菱東京UFJ-VISAカードの審査では、信用情報機関に登録されている信用情報、つまりクレジットヒストリー(クレヒス)を重視しています。

ブラックやクレヒスがない方は、審査落ちの可能性が高い。

そのため、ブラックの場合はもちろん、クレヒスが全くないいわゆるスーパーホワイトと呼ばれる状態の場合も審査に落ちる可能性が高くなります。

20代の若い方であれば初めてクレジットカードを作る場合も多いため問題ないことがほとんどですが、30代以降でクレヒスがない場合は過去に信用情報機関にブラック情報が登録されていた人なのではないか、ということが疑われるため、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

30代以上でクレヒスがない方は、審査難易度の低いカードを作って利用実績を積んでから三菱東京UFJ-VISAカードに申し込みましょう。

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ

短い時間に、沢山のカードを申し込むことでブラック状態になる。

信用情報機関にブラック情報が登録されておらず、クレヒスもきちんと積んでいるにもかかわらず三菱東京UFJ-VISAカードの審査に落ちてしまった場合に考えられる原因が、短期間に複数のクレジットカードに申し込んでしまい、申し込みブラック状態になっていることです。

申し込みブラックとは短期間に複数のクレジットカードの申込情報が信用情報機関に登録されている状態のことです。

この場合、審査担当者に「お金に困っている人なのではないか」「他社のカード審査に通らない人なのではないか」などとネガティブな印象を持たれてしまい、審査に落ちる可能性が高くなります。

三菱東京UFJ-VISAカードの審査に通るためには、他社のクレジットカードへの申し込みは1カ月に1~2件程度にしておきましょう。

借金が多い

銀行ローン審査において、返済比率が35%~45%と高いケースの場合お金は借りれない。

銀行のローンの審査では、年収に対する年間借金返済金額の割合である返済比率が35%~45%と高い場合、お金を貸してもらうことができません。

銀行系カードである三菱東京UFJ-VISAカードの審査でも、ローンと同じように借入金額が多い場合はクレジットカードの返済に充てるお金がないとみなされて、審査に落ちる可能性が高くなります。

借金返済でお金に余裕がない場合は三菱東京UFJ-VISAカードの審査に通ることは難しくなるため注意しましょう。

なお、キャッシング機能付きのクレジットカードの審査は借入金額が年収の3分の1を超えていないかという「総量規制」の観点から行われるのが一般的ですが、これは貸金業者が守らなければならない「貸金業法」という法律で定められている規制です。

銀行は貸金業者ではなく、貸金業法の規制対象にならないため、総量規制の観点から審査が行われることはありません。

在籍確認がとれない

申込者が勤務先に在籍しているか確認する「在籍確認」が行われる場合がある。

クレジットカードの審査では、申込者が申し込みの際に申告した勤務先の会社に本当に所属しているのかということを確認するために、カード発行元から職場に電話をかけて在籍確認を行う場合があります。

三菱東京UFJ-VISAカードの場合、在籍確認が行われる可能性は高くありませんが、在籍確認が必要だと判断された場合に確認がとれなければ審査に落ちてしまいます。

在籍確認が確実に行われるように、自分につながりやすい電話番号を間違えずに申告しておくようにしましょう。

三菱東京UFJ-VISAカードは審査期間が長いので注意

近年クレジットカードのスピード発行競争が激しくなっており、申し込みから1週間以内で手に入るカードや即日発行が可能なカードも増えています。

審査時間が長いといわれる「三菱東京UFJ-VISAカード」

しかし、三菱東京UFJ-VISAカードは審査期間が長く、申込書の郵送による申し込みの場合だけではなく、インターネット申し込みの場合でも申し込みからカード到着まで3週間かかると公式サイトに記載されています。

審査がスムーズに進んだ場合は2週間以内に届くこともありますが、スピード発行に対応しているクレジットカードと比較すると審査期間は長めです。

カードを利用する予定がある場合は、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

三菱東京UFJ銀行のクレジットカードはどんなカード?

審査難易度が高めの三菱東京UFJ-VISAカードですが、持っていることでどのようなメリットがあるのでしょうか。三菱東京UFJ-VISAカードがどのようなクレジットカードなのかを解説します。

三菱東京UFJ銀行のATM手数料が無料になる

スーパー普通預金利用者は、クレカを月一に利用することで、三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料が無料になる。

三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金を利用している場合、クレジットカードを月に1回でも利用すると、三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料が何回でも無料になります。

また、提携先のコンビニATMの利用手数料も、月に3回まで無料になります。

三菱東京UFJ銀行をメインバンクとして利用していて、ATM利用手数料が無料の時間帯になかなか銀行に行けないという方にはうれしいサービスですね。

なお、この優遇を受けるためには残高確認や振り込みなどをインターネットで行うことができるサービスである「三菱東京UFJダイレクト」に登録していることが条件になります。

三菱東京UFJダイレクトへの登録は無料で、登録手続きも約3分で完了するため、ATM利用手数料無料の優遇を受けたい方は忘れずに登録しておくようにしましょう。

三菱東京UFJポイントが貯まりやすい

三菱東京UFJ-VISAカードを使うと、1000円=1ポイントのポイントが貯まる。

三菱東京UFJ-VISAカードを利用すると、1,000円の利用につき1ポイントの三菱東京UFJポイントが貯まります。

三菱東京UFJポイントは1ポイント=5円相当で商品と交換したりキャッシュバックを受けることができるため、基本的なポイント還元率は0.5%です。

このままだと一般的なポイント還元率ですが、年間のショッピング利用金額が多ければ翌年度のポイント還元率が優遇されます。

ゴールドカードの場合は年間50万円以上の利用で翌年度の基本ポイントが20%アップし、一般カードの場合は年間50万円以上の利用で翌年度の基本ポイントが10%アップ、さらに年間100万円以上の利用で20%アップします。

銀行系カードはポイント還元率が低いものが多いのですが、年間利用金額が多く、ポイント優遇を受けられる場合は三菱東京UFJ-VISAカードで効率的にポイントを貯めることが可能です。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ