Mastercard(マスターカード)の審査難易度とは?

「amazonマスターカード(mastercard)の審査難易度を教えてください。」個別カードに関する取得難易度に関してご質問をいただくことがあります。

そこで、個別カード毎の難易度を一覧にまとめました。参考にしてください。

【目 次】
  1. MasterCardの審査難易度とは?
  2. みずほマイレージクラブカードの審査難易度とは?
  3. Amazonマスターカードの審査難易度とは?
  4. SBIカードの審査難易度とは?

MasterCardの審査難易度とは?

今日はMasterCard(マスターカード)の審査難易度について解説したいと思います。

クレジットカード業界では、国際ブランドとして

  • VISA
  • MasterCard
  • Diners
  • AmericanExpress
  • JCB

の5つがあります。

国際ブランドの中で自社でクレジットカードを発行しているのが、Diners、AmericanExpress、JCBの3社となり、VISA、MasterCardは自社ではカード発行を行っておらず国際ブランドとしての決済技術のみを各カード会社へ付与しています。

従って「MasterCardの審査は厳しいのでしょうか?」と質問されても取得難易度はカード会社によって異なります。

そこで今日は、カード会社別MasterCardの取得難易度について解説したいと思います。

個別カード別の取得難易度について

甘い 1等級
※番外編:クレヒス修行用・MasterCardとは関係ありません。
アコム
ニッセンマジカルカード(JCB)
コスモ・ザ・カード(ハウスカード)
ソフトバンク携帯割賦購入(分割購入)
ドコモ携帯割賦購入(分割購入)
AU携帯割賦購入(分割購入)
2等級 イオンカード
Yahoo!JAPAN カード
Jiyu!da!
セブンカード・プラス
UCSカード
楽天カード
SBIカード
ファミマTカード
ヨドバシゴールドポイント ・カードプラスカード
ローソンPontaカード
普通 3等級 セディナカード
NTTグループカード
エポスカード
DCMXカード
J-WESTカード
九州カード
JFRカード
TS CUBIC カード
日専連
4等級 三井住友VISAカード(クラシック)
UCカード
セゾンカード
DCカード
三菱UFJニコス
オリコカード
JALカード
ANAカード
りそなカード
ジャックスリーダーズカード
ジャックスエクストリームカード
漢方スタイルクラブカード
Amazonマスターカード
ヤマダLABIカード
東急カード
りそなカード
厳しい 6等級 三菱東京UFJカード(コンビタイプ)
みずほマイレージクラブカード
超厳しい 8等級 三井住友VISAプラチナカード

みずほマイレージクラブカードの審査難易度とは?

みずほ銀行のキャッシュ付のクレジットカードはみずほ銀行と関係なく、クレディセゾンが関係している。

みずほ銀行のクレジット機能付きカード(キャッシュカード一体型)の審査は、みずほ銀行本体が関与しておらず「クレディセゾン」が実施しています。

これによって、審査傾向が謎のベールに包まれており、一見、審査上、何の問題も無い属性「30歳前半、一部上場企業勤続10年、年収700~800万円の役職者あるいは公務員」といった属性でも瞬殺(審査落ち)となっています。

一方、フリーター、パート、契約社員、派遣社員、主婦をはじめ、個人事業主が可決しています。

キュービタスによって審査傾向が見えない

この違いは一体何なのでしょうか?実は、みずほの場合、他のメガバンクと違ってカード審査は、「クレディセゾン」が実施している関係上、キュービタス社の与信システムを採用しています。

このキュービタス社における自動審査装置の「OASIS」「Rhythm」によって、合否の判断が行われています。

これによる審査傾向が本当につかめないため、前述の通り、一般のカード会社であれば、問題ない属性でも審査に落ちる可能性が高くなります。

それでは、攻略法は存在しないのか?と言うとそんなことはありません。

光熱費や家賃の振り替えなどを、みずほ銀行の口座指定にすればカード取得の可能性も…

みずほ銀行を給与振込先として指定して、光熱費、家賃の振替、をみずほ経由で行えば取得できる可能性が格段に高くなります。

可決者の傾向とは?

この手法での可決実績としては、転職してすぐにみずほを給与支払い先として指定し約半年後に可決しました。

この方は、年齢が38歳で初めてのクレジットカードです。いわゆる高齢クレヒス無しです。

みずほの場合は、ネットバンクとしての機能もありますので、キャッシュカード一体型を申込む前にみずほダイレクトを利用していれば、ネット申込みが可能になります。

なお、みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を所有するメリットは、

  • 「ATM時間外手数料が無料」
  • 「コンビニATMであれば手数料と時間外手数料が4回まで無料」
  • 「みずほ宛本支店への振込手数料が無料」

みずほ銀行の口座が無いと所持していても何のメリットもありません。

そういった意味では、どうしてもこのカードが欲しい人は、みずほ銀行と何かしらの取引がある人であれば、所持しても問題無いと思います。

私は、給与振込は、「みずほ銀行」ですがこのカードが欲しいと思ったことがありません。所持していてもコンビニでは4回までしか時間外手数料が無料になりませんし、他行宛の振込も4回までしか無料になりません。

他にキュービタスを採用しているカード会社とは?

さて、みずほ銀行やセゾンカードのようにキュービタス社の与信システムを採用している会社としては、オリエントコーポレーション(オリコ)、ポケットカード、楽天、りそな銀行があります。

今回のようにみずほ銀行の審査に落ちたからと言って、他のカード会社の審査に影響するか?といいますと影響はしません。

もし、みずほのマイレージクラブカードが無理でも、オリコやポケットカードがあります。

これは、カード会社毎に審査基準が異なるためです。

このページで紹介しているみずほマイレージクラブカードは6等級(6等級)ですが、みずほがダメならオリコやポケットカードを申込みすれば良いだけです。

キュービタス社のシステム上、みずほの申込み履歴と否認歴は確かに残っていますが、その記録が他社の与信で使われることはありませんので安心してください。

ただし、3分でわかるCICの信用情報開示報告書の読み方でも解説の通りCICの申込情報は審査の際に重視します。

この申込情報は、半年間記録が残るため「A社でクレジットカードを申込みしたんだな。」というのが履歴でわかってしまいます。

審査に通過すると「成約情報」が記録されるため、「申込情報」のみの場合は、「審査に落ちたんだな。」という事実がわかってしまいますので注意が必要です。

Amazonマスターカードの審査難易度とは?

アマゾン利用者には、サブカードとして持っておきたい便利なAmazon MasterCard

それでは、4等級のAmazon MasterCardクラシックに関する審査について解説します。

私は個人的にアマゾンを非常に良く使うため、Amazonユーザーにとっては、サブカードとして手元に置いておきたい1枚です。

Amazonマスターカードクラシックの審査特徴としては、即時審査サービスを採用しているため、申込み~審査結果が即日で判明するという大変便利な特徴があります。

審査は決して甘くない

Amazonが発行しているカードだから「審査が甘い」とか「誰でも発行される」といったネット上の書き込みが見受けられますが、「決してそんなことはありません。」

なぜなら、Amazonマスターカードは、三井住友VISAカードが審査・発行を行っているため決して取得が容易なカードではありません。

ですが、審査難易度は、普通の4等級ですので、定職に就いていてカードやキャッシング等の延滞も無く普通に生活している人であれば、誰でも取得できる一枚です。

それでは、このカードの可決実績がある人の属性を見てみましょう。

  • このカードは在籍確認が無いため、職業をバイトとして申告したところ可決した。
  • クレジットヒストリーが無い年収が200万円に満たないアルバイトでも可決。

上記がAmazon MasterCardクラシックに可決した属性となりますが、私の印象としては、審査・発行は三井住友VISAカードでも本家のプロパーカード程、厳しくないという印象です。

Amazonとの提携カードですので、ネット通販の利用に長けている若年層を積極的に取り込みたい思惑が垣間見えます。

なお、三井住友カードの勤続年数のカウント方法は、同じ勤務先であれば勤続年数を通算して申告いただいて問題ありません。

例えば、アルバイトから正社員になった場合、勤続年数は0年で申告しなければいけませんか?というご質問をいただくことがありますが、そんな必要はありません。

SBIカードの審査難易度とは?

SBIカードは2等級カードですので、取得は容易です。

2等級カードの審査難易度については、VISAカードの審査難易度とは?JCBカードの審査難易度とは?でも解説していますので、詳細は省略しますが、このカード実は所持していると非常に便利な面白い1枚です。

こんな人にお勧めしたい1枚です。

  • 親類や家族以外の別性にも家族カードを発行したい。
  • ゴールドやプラチナを気軽に取得したい。

それでは、順番に解説していきたいと思います。通常、家族カードはその名の通り、カード名義人の家族向けに発行されるカードですので、「別居では認められない。」ケースや「生計が同一」あるいは「同姓のみ可」などの条件がないと発行されません。

SBIカードの家族カードは他人にも発行可能な特殊なカード。

しかし、SBIカードは、他人にも家族カードを発行することができます。

例えば、何かしらの事情で親族ではない人にどうしてもカードを持たせたいなら、SBIカードがイチ押しです。

他に他人でも発行可能なカードとしては、アメリカンエキスプレス(AMEX)となりますが、このカードは取得難易度が高いのと、年会費が6000円程度(緑カード)かかりますので、個人的にはSBIカードを推奨したいです。

また、SBIカードの面白いところがゴールドとプラチナが比較的取得しやすい点が挙げられます。SBIはカードで100万円程度決済するとプラチナカードへのインビテーションが来ます。

これと同じ傾向はエポスカードにも見られます。エポスもSBI同様、100万円程度の決済でプラチナカードを取得することが可能です。

プラチナの場合、年会費が31,500円とそれなりにしますが、どうしても「プラチナが欲しい。」人にはお勧めの1枚です。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ