東急カードの審査難易度とは?

自宅や通勤が東急線沿線の人や渋谷周辺にお出かけする人は東急カードはあると便利な1枚です。
そこで、東急カードの審査難易度 に関する特集ページをご用意しました。

実は東急カードは希望する国際ブランドによって発行会社が異なるのを知っていましたか?知らない人は、足元をすくわれるかも知れません。ぜひ最後までご覧ください 。

【目 次】
  1. 東急線沿線なので東急カードが欲しいですが?取得しにくかったりするのでしょうか。
  2. 本家の三井住友VISAカードを狙いたいのであれば、取得しておきたい1枚です。

東急カードの審査難易度とは?

東急の百貨店、東急線利用者にはお得なカード。

今日は東急カードの審査難易度について解説したいと思います。

東急線沿線の人や東急百貨店などを利用する人は、サブカードとしても1枚所持しておきたいものです。

さて、東急カードは希望する国際ブランドによって審査、発行を行う会社が異なります。

発行会社が変わると審査基準も異なる

マスターブランドを希望する場合は、三菱UFJニコス。VISAブランドを希望する場合は、三井住友カードがそれぞれ実際します。

当然、審査・発行を行う会社が異なりますので、審査難易度も異なります。

難易度としては銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となり銀行系・独立系が最も審査難易度が高くなります。

なお、VISAブランドを発行する三井住友カードは、銀行系。マスターブランドを発行する三菱UFJニコスは信販系となります。

ですので、審査に不安な人は、信販系を勧めたいところですが、現在、三井住友カードと三菱UFJニコスは、同程度の難易度です。

好きなブランドあるいは機能面の比較によってカードを選択すれば良いと思います。

提携カード数が最も多い三井住友カードについて解説

以下、東急カードを含めた提携カード発行が最も多い三井住友カードについて解説したいと思います。

前述の通り、三井住友カードは銀行系ですので入会基準が厳しいと言われていますが、「普通の会社員で普通のクレジットヒストリー」があれば問題なく発行されます。

ブラックは瞬殺の可能性が高いため注意

残念ながら個人信用情報機関に事故情報(いわゆるブラック)がある人は申し込みしても瞬殺の可能性が高いため注意してください。

普通にクレヒス(クレジットヒストリー)があって普通に会社員であれば発行されると解説しましたが、以前に私の元へ相談に来られた方で可決された人の属性等を紹介したいと思います。

  • 30代派遣社員、年収300万円、1年前にAmazonマスターカードを取得しアマゾンでの支払いをカード払いにしたり、公共料金の引き落としをカード払いに変更。毎月必ずクレヒスが蓄積されるようにしたところ、半年後には東急カードが可決。
  • アコム、レイク、プロミス、モビットを10年前に債務整理を実施。5年経過後も信販系のジャックス、オリコが否決。ハードルを下げるべく流通系の丸井のエポスや楽天を申し込みするもののことごとく否決。
    その後、私の元へ相談に訪れ唯一残っていたセゾンNEXTアメリカン・エキスプレスカードで日常の買い物や各種決済で活用しクレジットヒストリーを蓄積することを勧め、キャッシング枠0円で東急カードの申し込みを推奨したところ見事に可決。
    なお、カードの限度額は、S枠70万円、C枠、0円。

可決のポイントは、①クレジットヒストリーの蓄積です。

②個人の属性については、会社員であれば雇用形態は基本的には関係ないと考えていただいて結構です。ただし、年収は少なくとも200万円以上は欲しいところです。

カードローンによるクレヒス蓄積もお勧め

りそなクレジットカードの審査難易度とは?でも解説させていただいていますが、喪明けの人でクレジットカードの審査に不安な人は、カードローンという選択肢も視野に入れていただきたいです。

こちらの会社のカードローンは、当サイトからの申し込み&可決実績が最も多くお勧めします。

ポイントは、数万円の少額でも構いませんので借入~返済を繰り返すことで信用情報機関へクレジットヒストリーが蓄積されることでお目当てのカードが可決されやすくなります。

クレジットカードでの買い物、ショッピングローンの利用でクレヒスに。

時々、クレジットヒストリーの蓄積として、楽天やAmazonでの買い物やプロバイダー、携帯代の支払いでも有効ですか?という質問をいただきますが、買い物の場合は、クレジットカードでの決済やショッピングローンなどの割賦(分割)購入であればクレジットヒストリーになります。

次にプロバイダー、携帯代ですが、プロバイダーは買い物同様、引き落としがクレジットカードであれば、問題ありません。携帯は端末代金が割賦(分割)購入であればクレジットヒストリーとなります。

そもそも、このページを訪問されている人は、クレジットカードやショッピングローンの審査に不安な人も多いと思いますので、クレジットヒストリーの蓄積は、カードローンをお勧めします。

ポイントは、少額でも構わないので、利用し続けることで、立派なクレジットヒストリーの蓄積に繋がります。

否決された人たちの傾向とは?

それでは、次に東急カードが否決された人たちの属性などをご紹介します。

  • 年収170万円、キャッシング枠50万円のカードローンがあるが既に限度額を目一杯利用。
  • 年収250万円、現在、クレジットカードは所有しているものの支払いは全てリボ払いとし限度額目一杯まで枠を使っている(いわゆるリボ天井)。

前者のケースは、カードローンの限度額が目一杯とのことですので、総量規制(年収の3分に1)に引っかかり、発行が見送られたものと考えます。

後者は、限度額一杯までのリボ払いが原因です。可決したければ、リボ払い分を一括で返済すれば可決の可能性が高くなります。

また、カード払いの選択は、全て一括にするか回数指定分割にすることがポイントです。

会員獲得に積極的なカードもお勧め

会員制のポイントサイトや、駅内で勧誘しているカードがおすすめ。

なお、東急カードと関連性がありませんが、ポイントサイト等を活用して積極的な会員獲得を行っているカードや駅構内で必死に勧誘しているカードも狙い目です。

決して審査が甘いというわけではないのですが、属性的に問題なければ審査過程で行われる在籍確認が省略されることもあります。

加入者を積極的に増やしたいという思惑から、審査プロセスを簡略化している場合がありますので、意外と狙い目だったりもします。

しかし、年収200万円に満たない人やブラックなどの足切りにひっかかってしまう属性の人は、カードローンの利用をお勧めします。

本家の三井住友VISAカードを狙いたいのであれば、取得しておきたい1枚です。

実は、この東急カードは、本家三井住友VISAカードを狙っている方は、ステップアップ用(クレヒス修行用)としてもお勧めします。

以前、私の元へ相談に来られた方を例に取って解説します。

  • 30代前半、年収250万円の派遣社員をやっていまして、いわゆる底辺属性だと思うのですが、三井住友VISAカードが欲しいのですが銀行系ですので自信がありません。どうすればよいでしょうか?

このようなご相談をいただきました。

本人が仰る通り確かにこの方の属性では、本家三井住友VISAカードは当落スレスレだと思いましたので、確実性を狙うために提携カードである東急カードを取得して半年程度のクレヒス修行を行っていただいたところ、見事に可決しました。

東急線ユーザーには東急カードを。京王線ユーザーには京王パスポートがおすすめ。

この方の場合は、東急線をよく利用するとのことでしたので、東急カードを推奨しましたが、京王線の方は京王パスポートカードでも良いと思います。

ちなみに、私は京王線沿線に住んでいますが、週末になると駅構内で京王パスポートカードを必死に勧誘している光景をよく見ます。

「積極的に顧客を獲得したい。」という思惑がありますので、提携カードから入って本家プロパーカードを狙う手法も有効だと考えます。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ