SBIカードの審査難易度とは?

SBIカードの審査基準を解説します。SBIグループと取引がある方は、グループ企業との決済にも活用できますので、サブカードとしても1枚取得しておきたいものです。

しかし、SBIカードの審査にも落ちてしまう人も少なからず存在します。このページでしっかりと対策 した上で申し込みしてください。

【目 次】
  1. SBIグループとの取引がある人は取得しておきたい1枚
  2. ステータスカードが取得しやすい1枚でもあります。

SBIグループとの取引がある人は取得しておきたい1枚

さて、今日はSBIカードの審査難易度について解説したいと思います。このカードは、SBI独自のポイントが貯まるため住信SBIネット銀行やSBI証券、SBI損保との取引がある人は、取得しておきたい1枚です。

住信SBIネット銀行など、ご利用の方にお勧めしたい「SBIカード」

さて、SBIカードの取得難易度としては2等級カードとなっていますので、取得は容易です。

なお、国際ブランドとしては、マスターカードのみとなっています。

SBIグループとの取引がある人は所持しておきたい1枚

個人的な感想としてはSBIカードを取得しておきたい人は、「SBIグループと何かしらの取引がある人」は無論のこと「他社カードの審査に不安がある人」もチャレンジして欲しい1枚
でもあります。

ただし、残念ながらCICの開示報告書に長期にわたる支払いの遅れを示す異動情報(ブラック情報)や直近2年以内の入金状況に「P」や「A」マークがある人は、残念ながら審査落ちになる可能性が高いため、まずはこのカードを取得してください。

さて、SBIをお勧めする理由としては、以下となります。

  • ①個人信用情報機関のCICしか照会しない。
  • ②温情発行される可能性が高い
  • ③クレヒスさえあれば高年齢、低属性でも可決実績あり。
  • ④再チャレンジでも可決実績があり。
  • ⑤与信審査時にキュービタスを採用していない。

それでは順番に解説したいと思います。

① につきましては、カード会社はカード審査時に信用情報機関へ照会をかけます。現在、日本ではCIC(シーアイシー)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3機関があります。

例えばアメリカン・エキスプレス(アメックス)の場合は、3機関全てに加入しているため、ほぼ全ての契約状況や入金状況が把握されます。

当然、加入している信用情報機関の数が少ない程、与信では有利になります。

SBIはCICだけしか加入していないので、JICCなど他の情報機関と繋がりはない。

その点、SBIはCICのみしか加入していないため、例えばJICCでは記録されている消費者金融との契約状況がCICでは表示されないことが多々あります。

これによって、3機関とも照会するカード会社よりも審査通過率が高くなります。(※信用情報機関については、こちらのカテゴリで詳しく解説しています。)

②の温情発行ですが、往年のSBIカードは限りなく枠が少ない範囲でショッピング枠(S枠)5万円というのがありました。

通常のカード会社でしたら、S枠5万円というのはあり得ないため、S枠5万円に値する属性は即審査落ちとなります。

③については、以前私の元へ相談に来られた方でSBIカードに可決された方が2名いらっしゃいました。その方の属性を例に紹介したいと思います。

クレヒス有りの無職、41歳、男性。
  • 現在求職中の方でプロバイダ料金をカード払いしたいため最適なクレジットカードが無いか?と相談を受けました。
    幸いなことにこの方は、カードローン利用によるクレヒスがあり、前職の給与振り込み先銀行口座が住信SBIネット銀行のため、「温情発行」を期待したところS枠10万円ながらも可決しました。
年収150万円、42歳、家族所有の持ち家
  • 1年前にビックカメラSuica、三井住友VISAカード、セゾンカード、セディナカードに立て続けに落選し私の元へ相談に来られました。
    この方の場合は、高年齢、低収入が落選の原因だと考えましたので、こちらのクレジットカードを取得いただき、「温情発行」されるまでクレヒス修行をしていただきました。
    結果、見事に可決しました。その後、ウォルマートセゾン、Yahoo Japanカード、楽天カード、ファミマTカードと立て続けに可決しました。

なお、ショッピング枠は申込者が限度額を指定することができないのですが、キャッシング枠については可能な限り利用限度額を0円で申し込みしてください。

次に④の「再チャレンジでも可決実績があり」とは、どういうことかと言いますと、カード会社によっては、

  • 1.一度否決した申込者からの再申し込みは自動的に落とす場合
  • 2.属性が大幅に改善されない(年収がアップした等)限り可決されない場合

の2パターンがあります。

ブラック情報さえ消えれば、SBIカードは再チャレンジできるカードの一つ。

しかし、SBIカードはブラック情報が消えただけで、再チャレンジ後、可決実績が高い貴重な1枚です。

勤続年数や収入がアップした。などの属性が改善されなくても取得可能です。

最後に⑤の「与信審査時にキュービタスを採用していない。」ですが、例えばUCカード、セゾンカード、オリコカード(VISAブランドのみ)、ポケットカード、ビュー・スイカカードなどは、カード会社ならびに銘柄等が全く異なりますが与信の際にキュービタス社の入会審査システムを利用しています。

これによって、カードの銘柄を変えて申し込みしても、同じ与信システムを採用しているため否決される可能性が高くなります。

ステータスカードが取得しやすい1枚でもあります。

SBIカードはゴールドもプラチナも取得しやすいクレジットカード。

SBIはゴールドカードが取得しやすい銘柄でもあります。さらに、プラチナカードへの昇格も比較的容易です。

私の情報では、月間100万円程度の決済でプラチナカードへのインビテーションが来たという情報をキャッチしています。

SBIカード自体、前述の通りSBIグループと何かしらの取引が無いと取得していても大したメリットが無いカードではありますが、ゴールドやプラチナに憧れている方はサブカードとして所持していても良いかも知れません。

SBI以外では、TS CUBIC CARD、NTTグループカード、楽天カードあたりが比較的ゴールドカードを取得しやすいです。

前述の通り、SBIカードは「温情発行」が認められる数少ない1枚ではありますが、漢方スタイルクラブカードのような改悪(年会費が無料だったのが有料になる)が多いため、SBIとの取引がある人は除いて、メインカードとしての利用はお勧めしません。

  • ① SBIとの取引用に使うか。
  • ②クレヒス修行用として割り切って利用するか。

あらかじめ、利用目的を決めてから申し込みされることをお勧めします。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ