クレジットカード審査まとめ.com > クレジットカード別の取得難易度とは? > 【要注意】ソフマップクレジットカードは別のクレジットカードを持っていないと審査申し込みできない

ソフマップクレジットカードの審査ってどう?

ソフマップクレジットカードは、申し込み時に入会審査があります。これを通らない限り、カード発行されません。 どんなクレジットカードでも必ず審査がありますが、一体どんなことをしているのでしょうか?

ここではソフマップクレジットカードの審査内容や基準について解説していきたいと思います。

  1. 【要注意】ソフマップクレジットカードは別のクレジットカードを持っていないと審査申し込みできない
  2. ソフマップクレジットカード審査に通過するには信用が第一です
  3. ソフマップクレジットカード申し込み内容のスコアリング審査
  4. ソフマップクレジットカードの審査通過にはクレヒスが超重要!
  5. ソフマップクレジットカードの審査に通らない人とは?

【要注意】ソフマップクレジットカードは別のクレジットカードを持っていないと審査申し込みできない

大前提として、ソフマップクレジットカードはすでに別のクレジットカードを持っていることが審査申し込みの条件となります。

ソフマップクレジットカード公式サイトには次のように説明されています。

  • お申込時は、お手持ちのクレジットカードのご登録が必要です。

つまりクレジットカードを持っていないとソフマップクレジットカードに申込むことはできないということです。

初めてのクレジットカードがソフマップクレジットカードだという人は、残念ながらまず別のクレジットカードに入会してから申し込む形となります。

ソフマップクレジットカードの取得の流れは下記のとおりです。

  • ① 手持ちのクレジットカードを登録する
  • ② ソフマップクレジットカードの申し込み
  • ③ 審査完了後、クレジット会員版として利用可能
  • ④ 登録手続完了後、ノンクレジット版カードを郵送
  • ⑤ 審査完了後クレジット版カードを郵送

審査落ちの場合、クレジット版のカードは発行されず、ノンクレジット版のカードのみが発行となります。

国際ブランドによって審査基準が変わることはない

国際ブランドにより、審査に差はあるの?

ソフマップクレジットカードは国際ブランドを「VISA」「JCB」「MasterCard」の3種類から選ぶことができます。

「国際ブランドによって審査基準は違うの?」そんな疑問を持たれる方もいるかも知れませんが、どの国際ブランドでソフマップクレジットカードを作ろうが審査基準に違いはありません。

なぜなら国際ブランド側で審査しているわけではないからです。審査はあくまでもカード発行会社が行います。

審査基準が変わらないのであれば、どの国際ブランドにすれば良いのか迷うという方も多いでしょう。そのような場合は、国際ブランドはVISAもしくはMasterCardを選んでおけば間違いないでしょう。

というのも、VISAとMasterCardは世界シェア率が1,2位と国内はもちろん海外でも使える加盟店が多いので支払いで困ることはないからです。JCBは国内で使用できる加盟店が多いですが、海外では使えないお店が多いのです。

ソフマップクレジットカード審査に通過するには信用が第一です

ソフマップクレジットカードは、会員である皆さんの信用でお金を立て替えてくれています。

そのため、審査に通過するには申し込み者に「お金を貸してもいいと思えるだけの信用があるかどうか」で決まると言っていいでしょう。これが大前提です。

では、ソフマップクレジットカードでは、申し込み者の信用の度合いをどのように審査・判断するのでしょうか?

審査項目は大きくわけて3つあります。

  • 1. 申し込み内容のスコアリング審査
  • 2. 人的判断
  • 3. 個人信用情報の調査

では、ひとつずつ解説していきます。

ソフマップクレジットカード申し込み内容のスコアリング審査

申し込みした入力内容を元に、信用調査をします。

ソフマップクレジットカードでは、申込書に入力された内容をもとに、その人が信用できるかどうかを審査します。

返済能力はどれぐらいあるのか、信用力はどれぐらいの人物なのか、審査項目を読み取り判断します。

このスコアリング審査の段階では審査担当者が一つ一つ丁寧に確認して判断するわけではありません。大量の申し込みがあれば、到底間にあいません。

ソフマップクレジットカードはインターネットから24時間いつでも申し込みできてしまうからです。

コンピューターが自動で点数付けするシステム

スコアリングの意味は、点数を付けるという意味。

ソフマップクレジットカードの審査の第一段階ではコンピューターによる自動スコアリング審査が行われます。

スコアリングとは点数付けするという意味です。

たとえば、「〇〇なら△点」といったように、コンピューターが自動で処理しやすい方法で行ないます。年収200万円未満なら5点、年収500万円以上なら8点といった具合にです。

採点の基準はカード会社ごとに異なり、極秘データであるため具体的な基準というのは知ることができません。

申し込み者が申請した内容を、事前に用意した採点表をもとに点数付けしていきます。すべての項目に点数付けすると合計点数がはじき出され、その合計点数が合格点以上なら次の審査へと進められます。

後に人的審査が入りますが、このスコアリング審査だけで可否を判定されてしまう可能性が高いです。つまり、スコアリングの点数が合格点に達していないと人的審査は行われず審査落ちということになります。

スコアリング審査はコンピューターが処理するため、あっという間に結果がでます。人的審査とは違って間違いもありません。

スコアリング項目

では、具体的にスコアリングされる項目について見ていきましょう。先程説明したとおりスコアリングの基準は極秘情報なので詳細を知ることができません。

しかし、どのような条件だと得点が高い・低いというのは、どのクレジットカードでもほぼ同じです。

雇用形態

雇用形態は安定性が高いほど得点が高くつきます。

公務員

最も安定した仕事と言えるのが公務員です。一生食いっぱぐれがないと言っても過言ではないほどリストラの可能性が低い、福利厚生が大きいなど収入に対して自由に使えるお金が多いなどの理由から信用度は高いです。

過去に延滞がない限り、ソフマップクレジットカードの審査に落ちるということはまずないでしょう。

正社員

正社員の場合は、勤務先の規模により評価がわかれます。零細企業よりも上場企業の社員の方が信用度は高いです。もちろん零細企業の正社員でも、問題なくソフマップクレジットカードを作れる可能性が高いです。

自営業、自由業

自営業や自由業は所得が審査に影響する。

自営業、自由業の人は職種・経営年数・所得が大きく影響してきます。特に職種では弁護士や医者など国家資格を必要なものは信用度が高いです。

会社を経営していると信用が高そうに見えますが、経営年数が大きく影響してきます。経営1年目では大した信用に繋がりませんので低評価になりやすいです。

年収が高くなくても経営年数が長ければ信用されやすく、逆に短いと信用されにくくなります。

信用が低いとソフマップクレジットカードを作るのは難しいです。そのような人は外資系クレジットカードを選択したほうが審査通過の可能性があります。

派遣社員、契約社員、パート、アルバイト

派遣社員やパート・アルバイトなどの非正社員は上記3つと比べて評価が低いです。比較的クレジットカードを作りづらいとされており、アコムや楽天カードなどのほうが問題なく作れる可能性が高いです。

勤続年数

勤続年数の長さは審査に大きく影響する。

勤続年数は長いほど審査に有利です。基本的には1年以上の勤続年数があれば問題視されることはないです。

転職した場合、前の会社での勤続年数は引き継がれませんので注意してください。

たとえば、前職での勤続年数が10年でも転職先の会社での勤続年数が1年未満ならば、勤続年数は1年未満としてカウントされてしまうのです。

自営業や自由業の場合は、3年以上はほしいところです。事業は数年で潰れる可能性が高いため、1年程度では足らないのです。

年収

年収は金額よりも安定性が重要です。もちろん金額が多いほうが評価は高いのですが、毎月きちんと収入を得ていて月ごとに波がなければ、年収が問題視されることはないです。

ソフマップクレジットカードでは年収は自己申告制であり、収入証明書の提出が不要ですから年収は審査にさほど影響しないと考えて良いでしょう。

年齢

年齢とクレヒスの兼ね合いは審査に影響する。

年齢は後述するクレヒス(クレジットヒストリー)との兼ね合いも影響します。

たとえば、20代前半ではじめてのクレジットカードなら審査通過の可能性が高く、30代以降で初めてのクレジットカードだと審査通過しにくくなります。

30過ぎてもクレヒスが真っ白だと、過去にブラックリストいりして、それが解消されたからクレヒスが真っ白になったのではないか?と疑われてしまう可能性があります。

居住年数

居住年数は勤続年数同様に長いほど高得点を得やすいです。同じ場所に長く住んでいれば、突然夜逃げするリスクが低いと判断されます。賃貸ではなく持ち家ならなお得点は高く付きます。

同居家族

家族と同居しているかどうかもスコアリングで点数付けされます。加えて結婚の有無も見られます。

独身で家族と同居していると、可処分所得が多く自由に使えるお金が多く高得点を獲得しやすいです。これに対し、結婚して子供がいれば自由に使えるお金は少ないものの、社会的信用度は高いと見られます。

他社借入

他社借入は少ないほうが高得点につながりやすいです。

ただし、ソフマップクレジットカードではショッピングの利用手数料だけでなく、キャッシングやリボの手数料も利益となるので、きちんと返済できていればOKという判断をする可能性もあります。

他社借入があるから絶対に審査に通らないというわけではありません。

後述しますが、他社借入で嘘をつかないことです。個人信用情報機関に照会することで申し込み者の現在の借入状況は丸わかりだからです。嘘が発覚すれば審査落ちになりますので注意してください。

ソフマップクレジットカードの担当者による手動審査

自動審査だけでなく審査担当者が内容を確認する。

スコアリング審査はコンピューターにより自動審査でスピーディーに結果を出すことができます。

しかし、自動審査だけですべて正確に判断するのは難しいです。審査担当者が直接申し込み内容を確認する手動審査が行われます。

ここでは、主に申し込み内容に間違いがないかを確認します。

たとえば、申し込み者が勤務する会社に電話して本当に在籍しているかどうかを確認します。これを在籍確認と言います。

担当者が「○課の△さんはいらっしゃいますでしょうか?」と電話して、本当にその人が社内に入れば、△さんは在籍していると確認できます。

企業に勤務していない人の場合は、自宅に電話して確認します。個人事業主の場合は、どのような仕事をしているのか事業内容を聞かれます。

信用力が高いと判断されると、在籍確認の電話をしないこともあります。「わざわざ確認するまでもない」と判断した結果です。在籍確認無しでカード発行できたら信用力が高いと思っていいでしょう。

こんなとき在籍確認はどうなるの?

在籍確認で次のような場合はどうするのでしょうか?

  • 申し込み者本人が不在
  • 派遣社員
  • 誰も電話にでない

まず申し込み者本人が不在で応対できなくても問題ありません。在籍確認は本当にその職場で働いているのかを確認することが目的です。たとえば電話にでた別の従業員が「△は只今、席を外しております」などと在籍していることを前提とした返答をすれば、その会社に在籍しているんだなとわかります。

派遣社員の場合は、派遣元の電話番号を申請してください。派遣先だとスタッフが申し込み者のことを把握していない可能性が高いからです。

誰も電話にでなかった場合は、時間を変えて再び電話をかけます。何度かかけても連絡が取れない場合は、申し込み者本人の携帯電話に連絡が入り在籍確認について聞かれます。

ソフマップクレジットカードの審査通過にはクレヒスが超重要!

カード会社はクレジットヒストリーを重要視する。

クレヒスとは、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。私達のクレヒスは個人信用情報機関というところで管理・保持されています。

クレヒスを見ることで、クレジットカードを何枚契約しているか、延滞状況、過去2年間の支払い状況などがわかります。

つまり、これらの情報を参考にして申し込み者が信用できる人なのか判断しているのです。

ソフマップクレジットカードでは、審査で必ず個人信用情報機関に照会して申し込み者のクレヒスをチェックします。

では、どのようにしてクレヒスを利用して審査するのか見ていきましょう。

ブラックリスト入りしていないかチェック

ブラックリストに登録されているかチェックされる。

クレヒスで最もわかりやすく重要なのが、ブラックリスト入りしていないかどうかのチェックです。

ブラックリスト入りするとは、クレヒスに「異動情報」が登録されている状態を意味します。

「3ヶ月以上の延滞」自己破産・任意整理・個人再生などの「債務整理」、カード会社から強制的に解約される「強制解約」などを起こすと、異動情報が登録されます。

ブラックリスト入りすると致命的です。審査落ちはほぼ間違いありません。

異動情報が登録されていなくても油断してはいけません。クレヒスが全くない状態でも、過去に返済に関する大きなトラブルを起こしているかもしれないと警戒されてしまうこともあります。

異動情報は5年~10年で消えますが、期間経過後は異動情報だけでなく全ての情報が消えてしまうのです。20代前半であればクレヒスが真っ白でも疑われませんが、30代以降でクレヒスが真っ白だと審査が厳しくなります。

入金履歴もチェックされる

個人信用情報機関を通じ、クレヒスをチェックする。

ソフマップクレジットカードの審査では、CICという個人信用情報機関を通してクレヒスをチェックします。

CICには過去2年以内の入金履歴(支払い履歴)が登録されています。

入金履歴を見れば、申し込み者のお金に対する姿勢が一目瞭然です。期日までにきちんと支払いできているという情報が多ければ「この人は毎月ちゃんと返済している」と評価されます。

逆に未入金や一部入金など遅延が多い人は「この人はお金にルーズな人だ、延滞ばかりして危険だな」とマイナスになってしまいます。

基本的に3ヶ月以下の延滞では異動情報は登録されませんが、延滞しているという事実は2年間残ります。ちょっとぐらい遅れても大丈夫と油断していると、審査に悪影響を及ぼし否決になる可能性がありますので注意しましょう。

カード申込み件数

クレジットカードに申込むと、半年間は履歴が残ります。申し込み履歴が大量にあると、申し込みブラックとなりソフマップクレジットカードの審査に悪影響を与えてしまいます。

ソフマップクレジットカードの場合、過去半年以内に3社以上の申し込み履歴があると審査落ちする可能性があるので注意してください。

(参考)クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策

ソフマップクレジットカードの審査に通らない人とは?

申込資格をクリアしているのにソフマップクレジットカードの審査に通る人と通らない人にわかれます。審査落ちには必ず原因がありますので、ここでなぜ審査落ちするのか解説していきます。

ソフマップクレジットカード審査に通らない原因は3つ

ソフマップクレジットカードの審査に通らない原因は大きく3つ挙げられます。

申込書の入力が雑、空欄が多い、いい加減

審査落ちの理由は、申込者の入力ミスが多い。

意外にも審査に通らない原因で多いのが、申込書の入力に関するもの。入力ミスや漏れ、誤字脱字などです。

スコアリングで点数付けして審査するのに、空欄があっては点数のつけようがないですし、誤字脱字が多ければ申し込み者の性格を疑わざるを得ません。電話番号を間違えてしまえば、本人や勤務先と連絡をとることができません。

ソフマップクレジットカード審査で、申し込み者本人が申込んだかどうかは重要ポイントです。丁寧かつ正確に入力するだけで審査結果は変わってきます。

スコアリングが一定基準をクリアしていない

次に多いのがスコアリングによる合計点数が、ソフマップクレジットカードの一定基準をクリアしていないというものです。

ソフマップクレジットカードの審査は厳しくないので、よほど自分の属性が合っていない限り審査落ちすることはありません。

ソフマップクレジットカードの基準では、年収・勤続年数・居住年数の3つの属性のうちどれか一つでも極端に低いと、他の属性が高くてもスコアリング審査で落とされる可能性が高いです。

支払い延滞・多重債務

過去のクレジット利用やキャッシング利用の中で、支払い延滞があると審査に大きく影響します。

数日程度の延滞なら審査に影響しませんが、1ヶ月以上の支払い延滞があると個人信用情報機関に照会したときに判明するのでマイナス評価となります。

他社借入があり、それが返済能力の限界に達していると審査落ちになりやすいです。目安としては借入額が年収の50%を超えているとアウトです。

たとえば、年収500万円の人であれば借入額が250万円以上あると残念ながらソフマップクレジットカードの審査は通らない可能性が高いです。

ページのトップへ