カードローンやキャッシングの借入があると審査に影響しますか?

カードローンなどの無担保借入残高がある人は、要注意です。クレジットカード審査において、少なからず影響するからです。

この記事では元カード会社員であるクレカの専門家が、審査落ちする借入の種類や、借金があっても審査に通過する方法を解説。借金のある人は、ぜひこのページを最後まで熟読してください。

【目 次】
  1. カードローンを利用しているとクレジットカードが作れないって聞いたのですが…本当なのでしょうか?
  2. ではどんな時に落ちてしまうのでしょうか?

カードローンがあるとクレジットカードは作れない?

カードローンやキャッシング残高を多く抱える人は、「カードローンの残高について不安を抱える傾向」が高く、インターネット上の掲示板などで、下記のような質問を繰り返す傾向があるようです。

  • 「カードローンある人もクレジットカードは作れるの?」
  • 「カードローン残高ある場合他社カード作れる?」

カード申し込みをするタイミングで、洋服などの分割払い、自動車、消費者金融などのキャッシングというローン残高がある人の中で。

消費者金融の無担保ローン、クレジットカードでのキャッシング残高が一番審査への影響が大きい…

最も審査への影響度が高いと考えられるのは、「消費者金融での無担保ローンやクレジットカードでのキャッシング残高」です。

銀行や消費者金融の無担保ローンやクレジットカードにおけるキャッシング利用残高がある場合、カード会社では…。

「現在の収入の範囲内で生活ができないから、ローン利用の必要性がある」というお金に困窮した状態をイメージ・判断します。

これは借入残高によって異なりますが、たった1~20万円程度の借入れしかない申込者と、80万から100万円、それ以上の利用残高のある申込者の場合。

後者の方が「生活に困窮しているのではないか?(=返済能力が低い)」という推測から不利になってしまうのです。

信用力が不安な人に最適な1枚

ACマスターカード

  • 大手消費者金融のアコムが発行
  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!
  • 利用限度額はショッピング枠含め最大800万円
  • ゴールドカードへの昇格もあり
  • 最短30分の簡単審査!

信用情報で判明するため借入残高は正確に申告することが重要

借入利用金額を適当に記入する人は、カード会社の審査にて「自分の借り入れの状況を把握できない人間」と判断されてしまう…

申込書に借入額を正しく記入することは、常識ある社会人としても大事なことだと言われています。

しかし申込書に借入額を適当に書いてしまっている人は、「自分の借入れ状況すら把握できないいい加減な人・・」とみなされ、審査をする上でマイナス要素となってしまうのです。

クレジットカード会社では個人信用情報機関を通して、正確な借入金額をチェックできますので、「借入金額0円」と書いても、本来の金額がばれてしまうのは明確なことだと言えるでしょう。

個人信用情報には、

  • カード審査に関わるクレジットカードの利用履歴(クレジットカードヒストリー)や貸金業者名
  • 利用可能枠(借入可能額)
  • 融資金額などの残高照会
  • ローン返済率
  • 返済期間
  • 金融事故情報(自己破産などの債務整理・ブラック情報・ブラックリスト・破産情報)
  • 異動情報

など利用記録(申込情報・返済状況)やネガディブ情報(延滞情報・返済滞納)の有無を確認することができます。

時には信用情報を開示することも重要です。

個人信用情報の内容が不安と感じる場合、CIC、JICC等の個人信用情報機関に情報開示請求を行いよく確認する。登録情報に長期延滞による強制解約など、金融事故者とみられるような記録はないか。

あまりにも多くのキャッシングやローンの利用残高があり、「自分の個人信用情報の内容が不安だ・・」と感じる際に。

CICやJICCなどの指定信用情報機関に情報開示請求を行い、信用情報開示報告書をきちんと見た上で、自分の現状に合ったクレジットカード会社を選ぶのも大事なことだと思います。

現時点でキャッシング枠やローン利用者にとってデビットカードなどは「不必要」と思える存在かもしれませんが・・。

でも「これ以上キャッシング機能やクレジットカード利用をしたら、危険・・」という状態に陥っている場合。

一括返済をして借入額を激減させるか、借金ではないデビットカード利用で「使いすぎない訓練をすること」をお勧めします。

ショッピングの際にデビットカードを使えば、商品代金が瞬時に預金口座から引き落とされるので、残高以上に使ってしまう恐れがありません。

これについては、借入れがあると不利なのでしょうか?でも詳しく解説しています。

ではどんな時に落ちてしまうのでしょうか?

ここでは、クレジット利用審査に通る可能性が低い順にご紹介していきます。

中小規模の消費者金融会社を利用し借り入れをしている場合は、貸金業登録業者としJICCに登録を行う。

まず、「中小消費者金融を利用して、借入を行っている・・」というケースでは、これらの事業者が貸金業登録業者として個人信用情報機関のJICCに登録を行っています。

クレジットカード会社側では「消費者金融カードローンを必要とする人は、経済面の安定も低く、属性も弱いケースが多い・・」と判断します。

ですので一般の人たちが利用している銀行系カードローンや無担保ローン、クレジットカード会社のキャッシングサービスを利用しない時点で、何らかの悪い事情があるのではないか?」という判断ができるのです。

この具体的な根拠は、個人信用情報機関のJICC等を通せば金融機関からの借入残高や支払い状況もわかるということです。

なので、その内容が明らかになった段階で「この人はこれ以上の借入れが難しい」という判断から、クレカの新規登録ができないという回答になることも多いと考えられます。

カード発行が見送られたケースとは?

例えばですが・・。

  • 年齢53歳、大手企業正社員、勤続4年(ヘッドハンティングによる転職)、年収570万円、住宅ローン契約なし、教育ローンなし、消費者金融系5社・合計170万円・支払い遅延なし、自動車ローン・100万円・支払い遅延なし

この属性のAさんは、「大手企業正社員・年収570万円」という部分だけチェックすれば、クレジットカード審査に通りやすそうな属性に見えると思います。

しかし、そんなAさんには銀行カードローンなどではなく大手消費者金融会社ローンでの借入額が160万円もあり、貸金業法における総量規制の「年収の3分の1=約170万円」の限度額に達している。

まずは臨時返済するなど、消費者金融系、消費者金融で借り入れしている無担保の金額をきちんと減らすことが重要です。

そのため、どんなに属性が素晴らしくても、クレジットカード申込の審査では不利(与信できない)にならざるを得ません。

この場合は、まず消費者金融で借りている無担保の金額を減らすことが、クレジットカードの申し込みをする前に大事な取り組みになると思います。

Aさんも消費者金融系で借入をしていることが、クレジットカード審査に不利になるポイントだと言えますが・・。

消費者金融に次いで審査手続き上、不利になる確率が低い順で並べると、下記の通りになります。

信販系企業<クレジット会社<銀行で提供しているカードローン

クレジットカード会社では、現状の収入や貯金の中で生活費のやりくりができない、ローンカード利用者に対して、あまり良い印象を抱きません。

所有する現金預金の範囲内で生活ができなければ、約定返済が守られない可能性が高まり、貸し倒れを起こすおそれがあるからです。

その人が将来的に優良顧客になることが想定できたとしても、そこに「貸し倒れ」という推測ができる時点で、カード発行をする気がなくなってしまうのです。

数々のローンを抱えていて審査に不安と感じている人でも、今まで多くの人を救ってきた奇跡のカードであれば、カード発行に至った方々もたくさんいるのでお勧めです。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ