審査における退職者(無職、年金受給者、転職先決まっている人)の扱いとは?

「クレジットカードの審査に通過しません。もしかして、前の会社を退職したからなのでしょうか?」最近こんな相談をいただきました。このページは退職がクレジットカード審査にどう影響するのか?を徹底解説。

最近、退職した人でどうしてもクレカが欲しい人は必見です。

【目 次】
  1. 日雇い労働でもクレジットカードは作れますか?
  2. 虚偽の申込みを行うとどうなるのでしょうか?

審査基準において会社の退職者はどういう扱いになるのでしょうか?

クレジットカード会社が審査する際の退職者の扱いは以下の3つとなります。

  1. まだ、転職先が決まっていない無職の人。
  2. 既に転職先が決まっていて今後再就職する可能性が高い人
  3. 定年退職によって年金受給者となり退職所得としては年金生活になる人

この3通りが考えられます。

1.まだ、転職先が決まっていない無職の人

無職の人はまず、審査に100%通らない。

まず1のいわゆる無職の人は、ほぼ100%審査に通過しないと考えてください。

例えば、新規でクレジットカードを申込みして審査を受けたとします。

その際、この申込履歴があってもクレジットカードの契約情報がなければ、クレジットカード会社は審査落ちの人だと判断します。

もし、この情報を現在のクレジットカード会社が照会時に発見すれば、無職になったことが判明するため最悪強制解約になる可能性があります。カードの申込みは、転職活動後がベストです。

また、申込書に虚偽転職先や電話番号を記載しても在籍確認の電話で必ずバレますので下手な小細工は無駄です。

転職先の内定や収入など確定していて、かつ収入証明書があれば発行可能なカードは必ず見つかる。

2については、転職先の内定通知書や年俸制ですでに転職後の収入が決まっているのであれば見込み収入を示す書類さらに雇用契約書などがあれば、発行可能なクレジットカード会社が必ずあるはずです。

この場合、なるべく郵送でのクレジットカード申込みをお勧めします。

これは、どういうことかと言いますと、例えばイオンなどの商業施設で店頭受付を利用しますと自動審査(自動審査)を行った際、最悪審査落ちする可能性があります。

なるべく申込書などで人の手を介在させるのがベターです。審査に不安な人は、落ちた理由を考えてみるで解説しています。参考にしてください。

3.定年退職によって年金受給者となり退職所得としては年金生活になる人

3については、年金生活の老人だからクレジットカードの審査に落ちるということはありません。新規でクレジットカードを申し込む際は、年金受給者であることを証明する書類(年金証書や年金振込通知書)の提出を要求している会社であれば申込みは可能です。

私が知る限りで年金収入を本人確認書類として認めている会社は以下となります。

  • JCBカード
  • NTTグループカード
  • イオンカード

ただし、年金生活者の場合、年金生活だけで十分なのか?や高齢者の場合、死亡した際、相続人等がいなければ回収が難しい。などの理由から発行に躊躇する会社が多いのも事実です。

しかし、年金受給者でも発行可能なカードがありますので、各カード会社のホームページにて申込み規準などを確認してみてください。

上述の通り、高齢の年金生活者には、リスクもありますが、年金収入を安定した継続収入と見なしているクレジットカード会社もありますので、そういった会社のクレジットカードを申し込むべきです。

なお先程、ご紹介したクレジットカード会社は、審査が厳しいですから、どうしてもクレジットカードが欲しい人は、消費者金融系カードが狙い目です。

定職についていないと更新はしてもらえないのでしょうか?

定年退職後、年金生活と申告することで、その後カードが使えなくなるのか心配…

以前、会社を定年退職して年金生活になったと申告すればクレジットカードの利用契約や使用停止などの強制退会さらに更新を拒否されますか?というご相談を受けました。

この方は公共料金などをクレジットカードで決済していたためどうしても継続したいとのことでした。

通常は、クレジットカードの会員規約に「定職に就いていないとカード更新はしない。」という記載があれば更新されない可能性が高いですが、私は今だかつてそのような規約を見たことがありません。

現役時代と違って年収がダウンすることで、ショッピング利用枠やキャッシング利用枠の限度額が引き下げられる可能性があります。

以前、私の父親が定年退職を迎えるにあたって、60歳退職で65歳年金受給となりましたので、その間、無職で無収入となりますがクレジットカードの任意継続ならびに更新は可能ですか?と利用しているカード会社へ照会したことがあります。

その際、カードのグレードダウン(ゴールド⇒一般)や更新不可ということはありませんでした。心配なら一度カード会社へ問い合せされることをお勧めいたします。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ