利用限度額の増額(増枠)方法や増額に適したカードとは?

JCB、楽天カード、イオンカードなどの増枠審査を受ける際の注意点。カード発行から増額のタイミングを間違えるとカード自体が利用停止になることを知っていましたか?

特に楽天カードなどの温情発行カードの増枠を希望する人は要注意です。また、一時増額や増額が認められるタイミングや各社の対応についても解説。枠のことならこのページにお任せください。

【目 次】
  1. 利用限度額を増額(増枠)するにはどうすればいいの?
  2. ショッピング枠はどのように決まるのでしょうか?
  3. 増額が認められるタイミングや各社の対応について解説したいと思います。
  4. 自分の意思で増額申請をする際の注意点
  5. 増枠申請で不利になるのはどんな人なの?

利用限度額を増額(増枠)するにはどうすればいいの?

「クレジットカードの利用限度枠を増やしたいのですがどうすればよいのでしょうか?」

「現在所持しているクレジットカードのショッピング枠(S枠)を増やしたいのですが増枠審査の流れを教えてください。」

「ショッピング枠(S枠)とキャッシング枠(C枠)の利用限度額を同時に増やす方法を教えて下さい。」

最近、クレジットカードの与信枠に関するご質問を非常によくいただくので、今日はクレジットカードの利用限度額アップに関して解説したいと思います。

まず、皆様もご存知の通り、クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠の2つがあり、前者が貸金業法、後者が割賦販売法の異なる法律で規制されています。

まず、キャッシング枠ですが総量規制によって年収の3分の1までしか借入ができなくなりました。

従って、キャッシング枠については、自動的に年収の3分の1までが限度で設定されることになります。

さらに、自社の貸付残高が50万円以上(利用可能枠が50万円を超える場合も含む)あるいは他社を含めた貸付額が100万円を超える場合は、収入証明書(所得証明書)の提出が必須となります。

従って、カード利用枠が50万円を超える増額申請を行う場合は、収入証明の提出が必須になることを、まず理解しておいてください。

これは、JCB等の独立系、銀行系、オリコ等の信販系、楽天等の流通系、消費者金融系を含む全てのカード会社で同様の対応が取られます。

なお、C枠(キャッシングの可能枠)は、法律によってカード会社側が枠0万円で申し込みしているにも関わらず、枠を変更して付与することは禁止されています。

必ず、申込者から希望限度額の申込みがないとC枠が付けられません。

キャッシングメインならカードローンという選択肢もあります。

前述の通り、クレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠から成り立っています。

クレジットカードの利用可能枠は後述いたしますショッピング枠のことを指す場合が、多いため「お金を借りたい=融資目的」の人は、利用限度枠の多いカードローンがお勧めです。

特に銀行系は、総量規制対象外ですので、限度枠が800万円まで付与される金融機関もあります。

また希望する利用限度額が300万円までなら収入証明書の提出も不要です。クレカよりも枠が大きいため当面、増枠の必要もないはずです。

後述のショッピング枠で詳しく解説しますが、与信枠5万円のクレジットカードを所持していても、カードの恩恵をほとんど受けることができないため、法律の規制が緩いカードローンをお勧めします。

審査が甘いわけではありませんので要注意

キャッシング目的や枠が少ないクレジットカードを持つくらいなら法律の規制が緩い銀行系カードローンは確かにお勧めです。

しかし、「法律の規制が緩い=審査が甘い。」わけではありません。

3機関分(CIC、JICC、KSC)の信用情報は、しっかりと照会します。

当然、ネガティブ情報(異動、未入金)が記録されていますと、審査に落ちる可能性が高いです。

特に、ブラックの人は、異動情報が消えたのを確認してから申し込みされることをお勧めします。

現在、異動情報が記録されているものの、既に返済が完了し後は消えるのを待つだけという人は、プロミスやアコムのカードローンでしたら可決の可能性は十分あります。

ただし、銀行系ではありませんので、前述の総量規制の影響は受けますが銀行ほど審査が厳格ではありませんので、与信枠5万円などで増枠審査に受かる自信が無い人には、お勧めしたいです。

定職に就いているんだけど職業がバイト等の場合は、最初はC枠10万円からスタートして、数万円でいいので何度か利用し、都度利用分は完済して、半年程度経過した頃を見計らって増枠申請するのが賢い使い方です。

なお、カードローンは、枠(限度額)の範囲内であれば、自由に使えますので、「今月1万、来月9万」や「今日10万、1週間後に10万返済して、また10万」などのように臨機応変な使い方ができるのがありがたいです。

※クレカと違い今月10万の枠を全て使い果たしたため来月まで待つ必要ありません。

キャッシングメインの場合は、クレジットカードの増額よりも枚数を増やした方が良い

結論から言いますと、増枠の際にショッピング枠が不要であれば、カード枚数を増やした方がお得です。特にキャッシングがメインという方は、カードローンを推奨します。

理由としては、

  • クレカの増額よりも審査スピードは圧倒的に早い。
  • 30日間の無利息期間あり。
  • 土日祝日でもカード発行可能。
  • 夜中の申込みでも翌朝にはカード発行可能。
  • 資金使途は自由。

クレカの限度額を増やすよりも簡単で審査スピードが早いのが特徴です。詳しくは、クレジットカードの増額よりもカード枚数を増やした方が良い理由をご覧ください。

ショッピング枠はどのように決まるのでしょうか?

さて、次にショッピング枠ですが、割賦販売法によって割賦枠等を増枠審査する際に、利用者の年収、生活維持費、クレジットカードの債務に基づき「支払可能見込額」を算定することによって枠が決まります。

この支払可能見込額はどうやって計算されるかと言いますと

年収-法律で定められた生活維持費-1年間のクレジットカードの支払予定額=支払可能見込額

原則として支払可能見込額に0.9を乗じた金額を超える枠を設定したクレジットカードの更新や発行はできません。

具体的に計算したいと思います。

年収 300万円
居住地 東京都内23区
住まい 賃貸
世帯人数 1人
生活維持費 116万円
クレジットカード債務 年間60万円

(支払可能見込額:300万円-116万円-60万円)×0.9=111万円

この方の場合、カードの新規発行や更新を行う際は、111万円を超える増枠サービスを実施してはならないことを指します。

例えばすでにショッピング枠で50万円あるのであれば、増額可能枠として60万円までしか設定してはならないことを意味します。

なお、与信枠について詳しく知りたい人は、このページで詳しく解説しています。

ショッピング枠はクレジットカード独特

クレジットードのサイトで、クレヒスが悪いと限度額が下げられると解説しているサイトを見かけます。

こちらは、少々言葉足らずなので補足させていただきますと、前述の支払可能見込額から算出されることになります。

当然のことながら、年収(返済能力)に対して余裕がある場合は、1~2枚がリボ天井であったとしても問題ありません。

審査側としては、破たんが見えるライン(キャッシングの借入残高が総量規制ギリギリ、リボ天過多、一括支払いでも露骨に現金化)ですと、属性的に問題が無くとも枠(利用額)を判断する段階で審査に落とされる可能性が高くなります。

契約済みの場合は途上与信といって、カード会社が定期的に契約者の信用情報を照会します。

その際、明らかに過剰与信であれば、新規での利用が停止となる可能性が高くなります。

本当の与信枠はリボ枠を見ればわかります

あまり知られていないのですが、カード会社側から見た、契約者の信用力というのがあります。

以下を見ていただきたいのですが、私はこのコンテンツを執筆するために、Yahoo!JAPANカードという年会費無料のクレジットカードを申し込みました。

私はキャッシングは利用しないため可能額を0円で申込みしたところ、利用限度額(ショッピング)が50万円のカードが発行されました。

ご覧いただいた通り、1回払い、1回払い以外のものも含めて全ての限度額が50万円であることがわかります。

ショッピングは、1回払い、分割払いに関係なく全て枠が同じ

次に以下をご覧ください。こちらは、楽天カードの限度額となります。利用可能額が5万円となっており、1回払いの5万円でショッピングのみです。

リボ枠は付与されておりません。

ショッピングは、1回払いのみに枠が付与されており、分割払いには付与されていない

ちなみに、リボ枠(割賦枠)を見れば契約者に対するカード会社側の信用力がわかります。このカード保持者は、今のところカード会社側の信用はゼロです。

おそらく、属性が大幅に改善するなどの特段の事情が無い限り増額は期待できいないでしょう。

通常は、以下のように限度額=一括=分割(割賦枠)と、それぞれが同額ですが、特に限度額30万円以下のカードは支払可能見込額を調査せずに発行が可能となることから「温情発行」と呼ばれています。

同じ楽天カードの限度額。全ての枠が同一。これが本来あるべき姿。

温情発行の理由としては、否決するにもクレジットカード会社は営利会社ですから、「顧客数は増やしたい。」

しかし、信用力に欠けるため、「最低枠でとりあえず発行しておこう。」といった考えです。

温情発行カード増額時の注意点

なお、後述しますが通常、半年から1年以上利用実績を積めば増額審査に通過するカードであっても、「温情発行組」へはシステム上対象外としているカード会社があります。

従って、ショッピング枠が30万円以下の場合は、自分から増枠引き上げの申請はしない方が良いです。

そもそも、温情発行は、与信ギリギリのラインで通過していますので、カード会社に対する利用実績も無い状態で申請したところで、否決されるのがオチです。

枠が少ないから上限変更の申請をするわけですが、初回発行枠が30万円以下の場合は、カード会社から見ると「属性が低い」顧客と見なされているため、定期的に利用して、約定日通りに返済することで、枠が増えるのを地道に待った方が良いでしょう。

利用状況も良くしっかりと約定日通りに返済していれば、時間の経過ともに利用限度額も上がります。ただし、この限度額がいつ上がるのか?については、カード会社次第です。

温情発行の場合は、通常よりも増額までの「期間、日数、時間」が異なることを、ぜひ認識いただけたらと思います。

また、クレジットカードの限度額については、各社それぞれ考え方が異なりますので、主要各社の規約を例に取りまして解説したいと思います。

増額が認められるタイミングや各社の対応について解説したいと思います。

前述の通り、クレジットカードの増枠サービスと言っても、キャッシング枠、ショッピング枠、それぞれの法律で規制されている関係上、利用実績があって増枠勧誘があったとしても、増枠が認められないケースがあるため注意が必要です。

「増枠のタイミングはいつ申請すれば良いのでしょうか?」これも良くいただくご質問ですので、イオンカードとセディナカードを例にとって解説したいと思います。

※両社とも利用者からの申請が無くとも、増枠されることが規約を読めばご理解いただけると思います。

「よく勝手に増額されましたが何かあるのでしょうか?」とありますが、規約を読めば各社の利用枠に対する扱いが記載されていますので、気になる方は一度確認されてみることをお勧めいたします。

増額完了の連絡方法としては、

  • 別途ハガキ等の別便で記載があるタイプ
  • 利用明細に増額しました。と記載があるタイプ

この2パターンが主流です。

各クレジットカード会社の増枠対応は、アコムACマスターカード、楽天カード、セゾンカード、ルミネカード、パルコカードについては、コールセンターを通して自己申請となっており、三井住友VISAカードに関しては、ネットから申請可能です。

楽天カード増枠審査時間は「1週間程度」とされており、これは、他のクレジットカードであっても殆ど同じ状況となります。

楽天カードを例に解説します。

楽天カードは、前述の温情発行枠(30万円以下)の状態にも関わらず、早い段階で増枠を申請するとエラーコード2(通称:エラコ2)となり、返済専用カードとなるため新規利用ができないことがあります。

エラーコード2(通称:エラコ2)の状況。新規利用は不可となり返済専用となる。

以下、楽天カードの会員規約となりますが、「楽天の判断において必要に応じて増枠または減枠できる」とあります。

特に楽天は途上与信の頻度が他よりも高めですから、増枠可能状態であれば、黙っていても上がります。

裏を返すと楽天カードの判断で限度額が引き上げられないのであれば、「利用者側から頼んでも難しい。」ことが考えられます。

特に、前述の枠5万円の状態で申請しても、エラーコード2(新規利用停止)となるのがオチですから注意したいものです。

楽天は2等級カードであるため、比較的容易に取得できますが、「取得後も気が抜けない。」カードとしても有名です。

エラーコード2になる可能性が高い取引形態

取得後にエラーコード2になる理由としては、何も「限度額を上げる申請」だけではありません。

  1. 取得後に複数社のカードローンを利用していた。特に総量規制に抵触寸前の場合は注意が必要です。
  2. 限度額ギリギリまで使っており、全てリボ枠。リボ返済は、カード会社にとって金利収入が得られるため「おいしい顧客」ではありますが、度を超える場合は警戒されます。
  3. S枠換金目的?(ノートパソコン、液晶TV、新幹線回数券など現金化しやすい物品の大量購入。)
  4. 住所=就労先(新聞販売店、旅館)となっており、いつでも逃げることが可能。

このように貸し倒れの可能性が高い契約者は、エラーコード2となる場合があるため注意が必要です。

個人的には、温情発行カードを持つくらいなら、ショッピング枠を規制する割賦販売法の影響を受けないカードローンを活用されることをお勧めしたいです。

自分の意思で増額申請をする際の注意点

「増額が認められない場合、信用情報に傷がつきますか?」よくこの手のご相談を受けますが、これは心配ありません。

増枠の場合は、途上与信の一環で行うケースが多いため、増枠審査を行ったという事実が新規での申込みの際の参照履歴として残るわけではありません。

従って、仮に増枠が認められなかった場合でも申込みブラック(短い期間での多重申込み)にはなりません。

審査の結果、増枠が認められると信用情報機関上の契約情報の極度額が変更になります。

また、増枠申請のタイミングですが、最低半年から1年以上は利用してから申請するようにしてください。

また、恒久的な増枠については、前回契約から半年以上の期間が経過しないと受付してくれないのが一般的です。

いくら、信用情報に傷がつかないと言っても、何度行うとカード会社から見ると…。

「よっぽどお金に困っている人」と見なされ増枠どころかカード停止の措置を受ける可能性もあります。くれぐれもご注意ください。

一時的に枠が必要であれば、利用目的(結婚式、旅行)が決まっているのであれば、後述の一時増枠を利用されることをお勧めします。

増枠申請で不利になるのはどんな人なの?

増額申請で不利な人は、大きく分けて2パターンあります。

1.限度額80万円あるにも関わらず月に10万円程度の枠しか使っておらず今回恒久的な増枠を申請した。

2.現在、限度額10万円のカードを持っているが、40万円前後の買い物を行う予定があるため今回恒久的な増枠を申請した。

まず、1のケースですが、現在利用可能枠として80万円あり、月の利用額が10万円程度のケースです。

一見、問題無いようにも思いますが、クレジットカード側としては「なぜ、この人は月に10万円しか使用していないのに増額の必要があるのだろう?」という疑問を抱きます。

例えば、「結婚式の費用をカード決済にしたい。」や「高額な旅行費用を捻出したい。」場合は…。

一時増額を検討すれば良いのですが、利用額が10万円程度の人が、今後も「ずっと80万円以上の枠を使い続ける。」理由や意図を考えます。

現在、日本の労働者の平均年収が400万円を切る時代になっており、額面から税金等の控除を差し引いた手取りを計算すると、月々25万円程の収入になります。

平均年収や常識から勘案すると、日本国内で生活をするにあたって、大多数の人は、せいぜい1~2枚程度のクレジットカードがあって、限度額が50万円程度あれば十分な生活が送れると審査担当者は考えるからです。

この方の場合は、枠を増やす目的を明確に答えられることができれば増枠の可能性が高いでしょう。

2のケースについて回答しますと、限度額10万円は、初期与信として非常に低い状態です。

カード発行時から属性(勤務先、勤続年数、年収)が大幅に変わったのであれば増枠の可能性が高いでしょうが、現時点では難しいでしょう。

さらに与信について詳しく知りたい人は、クレジットカードの途上与信や法定途上与信とは?で詳しく解説しています。

急な出費には一時増枠がお勧めです。

さて、ここまで恒久的な増枠について解説してきましたが、急な出費には一時増枠をお勧めします。

一時増枠については、あまり知られていませんが、「旅行に行くので一時的に枠を上げて欲しい。」と連絡すると増額されます。

カード会社へ連絡すれば2~3日で承認の連絡きますので、旅行の場合であれば、行き先・日程・旅行会社名等をヒアリングされますので、答えられるようにしておいてください。

また事前の承認がなくても数千円~数万円ほど余計にショッピング決済ができてしまい、利用限度額を超えるケースがあります。

店舗決済の際には、カード会社に確認をとらなくても決済が行える「余裕」が設けられています。この場合、一時的な超過であればカードの継続利用や信用情報には影響ありません。

リボ決済も現状「ショッピング枠」として与信されていますので、利用限度額を超過する場合があります。この場合も口座振替や口座振込によって借入額を減らせば、元通り使えるようになります。

利用枠の増額体験談

ここからは、クレジットカードの上限額を増枠した方からの体験談を紹介したいと思います。

・Aさん

45歳、クレジットヒストリーの無いスーパーホワイト(無職)。

某地方銀行で1000万円の金融商品を契約したことで、キャッシュカード一体型の発行に成功。利用可能枠は、ショッピング枠40万、キャッシング枠30万。

(成功の秘訣)

無職の方でもクレジットカードを発行可能な会社はありますが、ほとんどの場合、キャッシングの利用限度額は限りなく0です。

おまけにこの方の場合、45歳無職でクレジットヒストリーが無いスーパーホワイトにも関わらず発行されています。

カード発行の理由は、銀行本体が審査、発行しているカードを選択したこと。

さらに、1000万の金融商品(定期預金でも可)を契約したこと。この2つが大きいです。

特に前者の場合、銀行系クレジットカードを申し込んでも発行、審査が別会社の場合、金融資産(預金残高等)が考慮されることはありません。

その他、クレヒス無し、無職の属性で銀行本体が発行、審査しているカードが取得できたという報告があります。

ただし、スーパー定期などに1千万以上の残高がある場合となります。

※銀行残高と審査との関係はこちらのページで詳しく解説しています。

・Bさん

1枚のカードを使い続けて10年。臨時の増枠キャンペーンがあれば増枠申請を実施。

カード会社の株式を取得することで株主優待がショッピング枠100万円だったため申込みを行う。

利用限度枠の申請は電話連絡が有効と聞いたので、利用枠が足りないと丁重に依頼。

他の割引やポイント還元も含めて他カードも作ったりもしたが、あくまでもメインはこの1枚に絞って10年間愛用。ブ

ルーだったカードフェイスもいつの間にか、シルバーのカードフェイス(プラチナカード)になった。

ブルーカード(C枠20万、S枠20万)⇒プラチナ(枠500万)

(成功の秘訣)

利用目的が非常に明確です。この方は、プラチナカードを持つことが夢だったようです。

プラチナカードを持つためには、「定期的に安定した収入があって、枠が大きくなっても約定日には必ず返済を行っており。

滞納歴は一切無し。1枚のカードを10年もの間コツコツ使い続けた。」ことが功を奏したのでしょう。

クレジットカードでも継続は力なり。が言えます。

・Cさん

障害基礎年金2級の受給者の方。

「私の所に年金受給者でも取得できるカードがありますか?」との相談が有り。

今までデビットカードを利用していたが、デビットカードでは支払できない利用料金があり相談を受ける。

月12万の年金収入であれば、発行されたとしても枠は少ないので、「C枠は0で申し込んで欲しい。」ことと銀行の預貯金が数百万あるので正直に申告していだだく。

結果、S枠10万のカードが発行された。

(成功の秘訣)

年金受給者の方でも発行可能なカードを選択したことが大きいです。

年金受給者でもカード会社によっては、「安定した収入がある顧客」と見なされる可能性が高いため最初の1枚を厳選したことが大きいです。

あとは収入が少ない方は、とにかくC枠(キャッシング)を0で申込むことが重要です。

年金受給者のためS枠(ショッピング)が非常に少ないですが、この方のカードは一時増枠が可能でしたので、必要な場合は都度申請して枠を増やすことも可能です。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ