クレジットカード会社からの在籍確認を突破する方法

クレジットカード会社からの在籍確認が「ある人」と「無い人」その違いは何 でしょうか?

在籍確認は人的コストをわざわざかけて実施している以上、カード審査においては重要な位置付けです。このページでしっかり対策してください。

【目 次】
  1. 在籍確認を行わないカード会社とは?
  2. 在籍確認はどのタイミングで実施されるの?
  3. 在籍確認されない人の傾向とは?
  4. 在籍確認の無いクレジットカードとは?
  5. 在籍確認の電話内容とは?

在籍確認がクレジットカード発行に与える影響とは?

「在籍確認はクレジットカード審査においてどんな影響を与えますか?」「勤務先への在籍確認なしのクレジットカードはありますか?」

こんな質問をよくいただきます。まずこの質問にお答えさせていただくと「在籍確認電話の有無はクレジットカード会社」次第です。

なぜかと言いますとカード発行会社にとって、在籍確認の目的が会社によって異なるからです。

  • A社・・・審査過程において在籍確認を行うプロセスを置いている。
  • B社・・・個人信用情報機関の事故情報等で申込者の属性に問題や疑問点があるため、その解消を行うため勤務先企業へ本人確認を含めた在籍確認を実施した。

審査プロセスに在籍確認を置いているケースとは

A社の場合は、審査過程に在籍確認というプロセスを置いています。

実務上は、全てのカード申込者を対象にしているわけではなく、ランダム(無作為)に抽出した申込者の個人名を元に職場へ本人確認を含めた在籍確認を行います。

従って、このケースでは勤務先への確認電話の有無はある種の「運任せ」となります。

なお、在籍確認なしでも審査申込時に携帯電話などの連絡先に、本人確認を行うための確認電話が入る場合があります。

与信上の疑義を解消するため在籍確認を実施するケース

B社の場合は、審査担当者が「本当に申告した会社名で勤務しているか?」といった意図で電話しているため…

「在籍確認のプロセスをクリアできない限り、カード発行されることはありません」

インターネット上のQ&Aサイト等を見ていると「自分はクレジットカードを4枚所持しているが、在籍確認が1度も無かった。」という人や。

「現在所有している5枚のカードのうち、5社全てから在籍確認の電話がかかってきた。」

というように、意見が異なるのは、カード会社によって在籍確認の目的が異なるからです。なお、架電には、2パターンあります。

「〇〇カード会社(もしくは個人名)のAと申しますが、Bさんはご在席でしょうか?」と会社名を名乗って、本人に取り次がれるまで何度も電話連絡を実施するケース(①)。

「Bは現在出張に出ております。」という本人不在の返答だけで、申込者本人と直接会話ができなくても「Bさんはこの会社で働いている=在籍確認終了」と判断する(②)

の2パターンです。

在籍確認の際に社名を名乗るケースも

JCBカードなど、銀行系カードローンや独立系カードローンなどの審査難易度が高く、ステータス性の高いカードを申込みすると銀行名やカード会社名を名乗って、電話を行う会社があります。

私の経験上、いわゆる一般的なカードでしたら、個人名での在籍確認がほとんどです。

なお、余談になりますが、クレジットカードの在籍確認とカードローンの在籍確認は考え方が同じです。

ですが、無担保で融資するカードローン会社の方が審査基準に占める在籍確認のウェイトが高いです。

消費者金融系カード、銀行カードローンに関係なく在籍確認は必ずあると考えてください。カードローン申込の審査過程において在籍確認が省略されている金融機関を私は知りません。

在籍確認なしのカードローン会社は存在するのでしょうか?

クレジットカードを会社に電話されずに作りたいという人は多いかと思います。最近は個人情報保護の関係で、電話の取り次ぎを行わない会社も少なくありません。

それでは、在籍確認なしのクレジット会社は、存在するのでしょうか?この質問に対する答えはNoで、在籍確認を100%実施しない会社はありません。

例え大手消費者金融会社で消費者金融系カードを申し込んだとしても、審査通過するには、必ず在籍確認が必要になります。

よく「楽天カードは在籍確認なしだと聞いたのですが本当でしょうか?」などのご質問をいただくことがあります。

確かに以前、楽天カードの取得で相談に来られた方の90%は勤務先や本人確認を含めた電話連絡はありませんでした。

しかし、10%の方はアルバイト先などの職場へ審査担当者からの電話連絡があります。

その10%に入らなければ、良いのです。

在籍確認を実施する理由

それではなぜ、在籍確認をするのでしょうか?

カード会社にとっては、在籍確認を行うプロセスは、人的なコストや電話代なども含めて実施したくないのが本音です。

実際、以前は在籍確認を審査基準の重要な位置に置いていた会社も、在籍確認が不要な人には、実施しない方針になった会社もあります。

しかし、100%無くなったわけではありません。

クレジットカードは、ショッピングやキャッシングなどの利用目的に関係なくカード会社が利用者の代わりに決済分を立て替え払いしています。

従って、カード会社がクレジットカードを発行するということは、利用可能額の範囲で会員にお金を貸すサービスに他なりません。

支払い能力を確認するために、在籍の裏をとる必要があることはご理解いただけるかと思います。

例えば、以前私の元に相談に来られた方で、審査に不安なので以下の属性で申し込みしたいと思いますが、どうでしょうか?といった連絡が来ました。

カード申込書には
  • 勤続年数2年(実際は3ヶ月)
  • 年収400万円(実際は派遣2ヶ月分の給与のみ。)
  • ローン残債70万円(実際は90万円))

この属性でカード申込みしたら可決するでしょうか?といったご相談です。前述の通り、カード会社にとってカードを発行するということは、お金を貸すことに他ならないため

  • 無職が嘘の勤務先を申告したり
  • 年齢に見合わない給与収入を申告したり

これらの虚偽申告を見破り、カード発行による貸し倒れを未然に防ぐためにも、カード審査において在籍確認や本人確認といったプロセスを置いています。

在籍確認に自信が無い人にお勧めの1枚

アコムACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!

在籍確認を回避する方法

それでは、前置きが長くなりましたが、在籍確認があるかもしれない10%に入らないためには、どうすればいいのでしょうか?

  • ①属性を上げる(年収、勤続年数)。
  • ②クレジットヒストリーを蓄積する。
  • ③在籍確認のプロセスを省略化しつつあるカードを選択する。

この中のうち、どれか1つでも満たしていれば在籍確認を避けることが可能になります。

それでは、順番に解説します。

①についてですが、年収アップについては、非正規雇用の方も多いので難しいかも知れませんが、勤続年数については可能だと思います。

1つの勤務先に長く勤めることで、審査の際、スコアリングの点数を上げることにも繋がります。

②については、個人信用情報機関にクレジットカード、カードローン、ショッピングローン、携帯電話の分割購入、住宅ローン、自動車ローンなどの契約情報が記録されており、延滞などもなく期日までに返済されていればクレジットヒストリーが良好だと言えるでしょう。

③については、自動審査を行っておりカード申込受付後、数分以内で審査結果が出るクレジットカードであれば、在籍確認のプロセスを省略している可能性が高いです。

つまり、スピードを重視したカード審査を実施しているカードローン会社を選択することが重要となります。

在籍確認なしでクレジットカードを作りたいのであれば、上記3つを意識しましょう。

参考までにスピード審査を実施しているカードは以下の通りです。

  • Amazon MasterCard(アマゾンマスターカード)
  • 楽天カード
  • Yahoo! JAPANカード

在籍確認なしでも瞬殺の可能性があります

ただし、スピード審査を売りにしているクレジットカード会社であっても信用情報機関に延滞等の異動情報(事故情報)があると自動審査の段階で審査落ちとなるケースもあります。

また、当落線上属性の申込者本人には担当者による審査に切り替わり、審査過程において在籍確認が実施される可能性があります。

特にCMやキャンペーン告知をしているカード会社だと審査通過しやすいと思われる方も多いと思います。

確かにその通りなのですが、カード会社も「誰にでもカードを発行している(カードをばら撒いている)」わけではありませんので、ご注意いただきたいと思います。

※なお、上記3銘柄は事故情報があると瞬殺となる可能性が高いためご注意ください。

クレジットカードの在籍確認はどのタイミングで実施されるのでしょうか?

在籍確認は、クレジットカード審査においては、面接で言うところの最終面接に近い位置づけです。

  1. 審査申込(インターネット・自動契約機・郵送など)
  2. コンピュータへの申込情報入力
  3. 申込者属性のスコアリング・レベル分け
  4. 個人信用情報機関への問い合わせ
  5. 在籍確認電話
  6. 本人確認資料(本人確認書類)の送付依頼(※必要があれば)
  7. クレジットカード発行

上記はカード発行までの流れとなりますが、在籍確認が取れればカード発行を行っている会社がほとんどですので、申し込み時に記載する勤務先欄には細心の注意を払うようにしてください。

派遣社員は、派遣元を勤務先として申告

特に派遣会社の社員として勤務されている方は、申込情報を申告する際に、「派遣先を記載するのではなく、リクルートスタッフやテンプスタッフなどの派遣元(派遣会社)」を記載するようにしてください。

理由は、就業者数の多い企業の場合、派遣社員だと、就業者として認識されていないケースが多く…。

「電話に出た人が、Cという者は弊社に在籍していません。」と言われるアクシデント(=在籍確認が取れないため審査落ち)を避けるためです。

出向の場合も同様に、勤務先の会社情報書類には「出向元」の会社を記載するようにしてください。

正社員でも特に大企業の場合、会社の代表番号を記述する人が多いですが、勤務先欄を申告する際は、所属部署の方が確実です。

クレジットカード会社から必ず在籍確認されてしまう人は、どんな属性?

前述の通り、在籍確認を実施するか?否かはカード会社次第なのですが、現役時代の経験から「在籍確認が必須(あるいはされる可能性が高い)となる属性」について解説したいと思います。

まず、「あまりにも短い勤続年数の人」や「数年以内に転職を繰り返している人」の場合は、個人信用情報機関に記録されている勤務先情報と現在の勤務先が異なります。

その確認の意味を込めて在籍確認される可能性が高いです。

※転職が審査及ぼす影響については、こちらのページをも併せて参照してください。

貸し倒れリスクの高い人は在籍確認の可能性が高い

次に重視されるポイントとしては、「個人信用情報機関に記録されている登録情報(クレジットヒストリー)の中で、過去の異動情報(事故情報)が存在する人」となります。

カード会社から見れば、「クレジットカードでのショッピングやキャッシングを利用者に代わって立て替え払いを行っているため、貸倒れリスクが常にあります。

従って、「勤続年数が短い人や転就職を繰り返している人」や「延滞等の事故歴がある人」には、どうしても在籍確認という審査過程(確認事項)を経る必要があります。

申込者からみれば「勤務先企業に知られたくない」や「在籍確認というとあまりいいイメージを持っていない。」方も多いと思います。

ですが、カード会社側にとれば「貸倒れ」というリスクがある以上、どうしても慎重に審査せざるを得ない事情があります。

場合によっては、在籍確認をしたとしても、審査落ちになる可能性もあるので注意が必要です。

また、事故情報がある人は、スピード審査を売りにしているカードは瞬殺の可能性が高いため、こちら消費者金融会社のアコムが発行するACマスターカードを申し込むようにしてください。このカードは審査スピードが速く、最短即日発行です。

※信用情報については、こちらのページで詳しく解説しています。

クレジットカード会社からの在籍確認なしの人の特徴とは?

それでは、私がカード会社勤務の現役時代に在籍確認なしでもよいと判断していたケースを紹介します。

例えば、一般企業勤務のAさんが5年前にCクレジットカードを取得したとします。

現在も同じ勤務先にに勤めているAさんが、今度はBクレジットカードを申し込みしたとします。

この場合、私が現役時代に審査過程において何を見ていたかと言いますと①属性②クレジットヒストリー。

主にこの2つを目視確認していました。

  • ①については、本人が申告した申込内容と信用情報に記録されている勤務先情報、住所、免許証等を照合して不自然な点がないかを確認。
  • ②については、その後、既存借入等の契約状況や入金状況等を確認してクレジットヒストリーが良好であれば、在籍確認なしでした。

クレジッカード会社側からすれば、在籍確認を取るだけでも、電話代や人件費等のコストがかかります。

わざわざ、在籍確認を行う必要の無い人に実施しても意味が無いわけです。

それでも在籍確認を避けたい場合の対処法とは?

私はお付き合いで作ったカードを含めますと数十枚保有していますし、各カード別の取得難易度を解説したコンテンツ作成のために、新規でカードを申込みしたりもしますので、在籍確認の電話が勤務先に頻繁にかかってきます。

私が現役時代の時は、必ず本人へ取り次がれるまで在籍確認を電話で行っていましたが、近年の在籍確認は本人が不在であっても、在籍していることさえ確認できれば、それで終了としている会社もあります。

仮に在籍確認の電話がかかってきたとしても、本人であることを確認するため生年月日や電話番号を聞かれる程度で、どうってことないのですが、中には新入社員や転職間もない人は、事情を知られたくない。そんな人も多いと思います。

どうしても避けたい場合の対処法

残念ながら絶対にかかってこない方法があるわけではありませんので、自分の勤務先の会社の人事総務部などに「在職証明書(在籍証明書)」などの確認書類を発行してもらい、早い段階で提出する。

あるいは、前述の在籍確認の電話を回避するための施策を、どれか1つでも良いので実施するしかありません。

  • ①属性を上げる(年収、勤続年数)。
  • ②クレジットヒストリーを蓄積する。
  • ③在籍確認のプロセスを省略化しつつあるカードを選択する。

在籍確認なしの可能性が高いクレジットカードとは?

上記でもご説明しましたが、100%在籍確認なしのクレジットカードはありません。

しかし、在籍確認を行う基準はカード会社によって異なるため、クレジットカードの中でも比較的在籍確認がある可能性が低いカードは存在します。

元カード会社勤務の私が各社を比較し、在籍確認の可能性が低いクレジットカード発行会社を紹介します。

楽天カード発行のクレジットカードは在籍確認の可能性が低い

楽天発行のカードは在籍の確認をする可能性が低い。

楽天カードが発行しているクレジットカードは在籍確認される可能性が低いカードとして有名です。

CMがよく流れているためご存知の方も多いと思いますが、楽天カードはスピード審査を売りにしており、確認作業に時間のかかる在籍確認が電話で行われる確率は2割以下とクレジットカードの中でも低い水準です。

実際に楽天カード利用者の中で、在籍確認をされなかったという口コミも多いです。

ただし、楽天カードでも、すでに保有しているクレジットカードで登録されている勤務先情報と申し込みの際に申告した勤務先情報が異なる場合や、信用情報機関にクレジットヒストリー(クレヒス)が全く登録されていない、いわゆるスーパーホワイトの場合などは、在籍確認が行われる可能性が高くなるため注意しましょう。

なお、楽天カードの在籍確認はカード会社名ではなく個人名で行われるため、万が一職場に電話がかかってきても、周りの人に楽天カードに申し込んだことがばれる心配はありません。

オリコカード発行のクレジットカードは在籍確認の可能性が低い

楽天カードと並び、在籍確認される可能性が低い「オリコカード」

オリエントコーポレーション(オリコカード)が発行するクレジットカードも、楽天カードと同様に在籍確認が行われる可能性が低いカードです。

オリコカードでは審査が最短3分、長くても原則24時間以内に完了するとホームページに明記しており、スピード審査を売りにしています。

楽天カードと同様に、すでに持っているクレジットカードで登録している勤務先情報と申し込みの際に申告した勤務先情報が異なる場合や、スーパーホワイトの場合などは在籍確認が行われる可能性が高くなるため注意しましょう。

また、オリコカードの在籍確認は個人名ではなくカード会社名でかかってくるため、クレジットカードに申し込んだことを周囲に知られたくないという場合は注意が必要です。

クレジットカードの在籍確認の電話の内容とは?

在籍確認とは、申込者が本当に申込情内容の勤務先に在籍しているか確認する行為。

クレジットカードの在籍確認は、申込者が申告した勤務先に所属していることを確認するのが目的です。

そのため、たとえ申込者本人と話ができなくても、在籍していることさえ確認できれば在籍確認完了とするクレジットカード会社がほとんどです。

例えば、在籍確認の電話に申込者本人以外の人が出て、「本人はただいま席をはずしております」と答えた場合、電話に出ることはできないけれども在籍していることは確認できるので、この時点で在籍確認が終了します。

また、本人と話をする場合も、本人確認のための簡単な質問をいくつか受ける程度で、難しいことは聞かれません。

なお、一部のクレジットカード会社では、申込者本人が電話に出られるまで在籍確認が完了しません。

この場合にタイミングが合わずになかなか電話に出られないときは、カードローン会社に連絡し、確実に電話に出られる時間帯を指定しておきましょう。

勤務先情報の変更をした場合はクレジットカードの在籍確認は行われるのか?

転職をした場合、すでに保有しているクレジットカードの登録勤務先情報を変更する必要があります。

勤務先情報の変更の手続きをした場合に新しい勤務先に在籍確認の電話があるのではないかと不安に思われている方もいるかもしれませんが、勤務先情報の変更の場合は、在籍確認は行われません。

ほとんどのクレジットカード会社では、インターネットで簡単に勤務先変更の手続きができるため、転職をした場合はすぐに変更手続きを行っておきましょう。

 アルバイトの場合もクレジットカードの在籍確認は行われるのか?

在籍確認が行われる基準はカード会社によって異なりますが、パートやアルバイトだからという理由で在籍確認が行われないとは限りません。

パート・アルバイトの場合もカード会社の基準に該当する場合は在籍確認が行われるため、フリーターの方やパートをしている主婦の方の申し込みでも在籍確認が行われる可能性はあります。

なお、チェーン店で働いている場合は、本社の電話番号ではなく、自分が働いている店舗の電話番号を申告しておく方が、在籍確認がスムーズに行われます。

(参考)在籍確認もしくは本人宛への電話確認を実施しているクレジットカード会社

クレジットカード会社名 在籍確認もしくは本人宛への電話確認がある 特徴
セディナ セディナは無料の提携カードでも在籍確認の連絡あり
クレディセゾン 既にセゾン系のカードを保有していても新規発行のたびに連絡あり。クレジットヒストリーがあれば、職場への在籍確認は省略される可能性は高いが本人確認の電話は有り。店頭申込みの場合は無し。
イオンカード イオンカード審査では申込時に記載した電話番号へ本人確認の連絡あり。
NTTグループカード 職場への在籍確認の連絡あり。VISAの場合は、三井住友カードのため在籍確認が無い場合もあるが、MasterCardの場合は、UC(セゾン)のため在籍確認の可能性が高い。
JCBカード 有、無 在籍確認や本人確認が無いケースもあるが、当落線上の申込者には在籍確認もしくは本人確認の連絡が実施されている。電話の際、懸念事項が解消されれば、審査通過の可能性が高い。JCBは、証拠の書類(営業年数や収入等)提出を要求される可能性あり。在籍確認無し。もしくは本人確認の無い場合の特徴。①クレジットヒストリーが良好、②信用情報に目立った懸念情報が無い(転職歴無し)、③与信枠が多くない、④多重申込みを行っていない。などが挙げられる。
三井住友カード
ライフカード
オリコカード
ジャックス
アプラス
三菱UFJニコスカード
シティカード

※勤務先への在籍確認ならびに本人確認の電話ですが、「無」とあっても、必ず実施されないわけではありません。

審査担当者によっては、当落線上の申込者や疑問点、懸念事項をクリアにするため本人への電話確認を敢えて実施する担当者も存在します。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ