デビットカードとクレジットカードの違いとは?

クレジットカードと同じような見た目のデビットカードですが、中身はまったく違います。
クレジットカードは難しいからデビットカードを作ろうと考えているなら当ページをご覧ください。

2つのカードの違いやデビットカードのメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。

【目 次】
  1. デビットカードとクレジットカードの違いとは?
  2. デビットカードのメリット&デメリット
  3. 注目度の高いデビットカード
  4. デビットカードでも審査に落ちる場合がある

デビットカードとクレジットカードの違いとは?

支払う時期が違う

デビットカードは使用した瞬間に登録口座から購入代金が引き落としされる。

デビットカードとクレジットカードは同じようにカード提示をすれば支払いができますが、お金を払う時期が違います。

デビットカードの場合、カードを提示した時点で登録口座から引き落としとなります。

一方、クレジットカードの場合は、後日来る支払日に口座から引き落としとなります。

イメージとしては、デビットカードは現金払いに近く、クレジットカードの場合は借入に近いと言えるでしょう。

デビットカードとクレジットカードは審査に大きな違いがあります。

デビットカードを利用しても、利用者の口座引き落としなので発行会社にリスクはない。

デビットカードは口座内のお金から即座に引落しとなるため、発行会社側のリスクはありません。

そのため、デビットカード発行に当たってそこまで厳密に審査をする必要がありません。

引落しができなければ、品物やサービスを利用者が購入できないだけだからです。

一方、クレジットカードは買い物やサービスを受けても利用者はすぐにお金を払う必要がなく、発行会社側に一時的に借りている状態になります。

そのため、お金を貸すに値する人かどうかという点を発行会社は細かく審査する必要があります。引落しができなければ、発行会社側の負債となってしまうためです。

デビットカードとクレジットカードは持っている人に対する金融上の評価が異なります。

デビットカードは残念ながらクレジットヒストリーにはならない。

デビットカードは現金払いをしているのと同じであるため、使い続けてもそれは信用の積み重ねにはなりません。

つまり、クレジットヒストリーにはならないのです。

一方、クレジットカードは「借りたものは返す」という行為ができる人と見なされるため、使い続けるごとに信用度は上がります。

つまり、クレジットヒストリーになるのです。

おおまかにではありますが、このようにデビットカードはクレジットカードとはシステムが異なります。デビットカードは、「本質的に審査のないカード」と考えて良いでしょう。

クレジットカード利用者の懸念には「使いすぎてしまう・・」という難点がありますが、デビットカードは「自分が持っているお金の中で決済されるだけ・・

(口座残高がショッピング枠になる=デビット機能)」の仕組みとなりますので、 「使いすぎどころか、支払いや返済の遅延や滞納も発生しない、便利な即時決済システム・・」と言えると思います。

デビットカードのメリット&デメリット

デビットカードのメリット

  • 「使いすぎ」がない
  • 現金要らず、手数料もかからない、キャッシュレス
  • 基本的に審査なし(金融ブラックやブラック情報があっても申込可能)
  • 国際ブランドVISA加盟店で利用可能

デビットカードのデメリット

  • ポイント還元がない
  • 特定銀行しか発行を行っていない
  • 年会費がかかる場合もある
  • クレジットヒストリー(クレヒス)の積み上げ用には使えない
  • 家族カードがないので、本人しか使えない
  • 公共料金などの定額支払いには使えない
  • ETCカードがない

デビットカードでクレカのトラウマを解消できる場合も

デビットカード利用者の中には、「過去に支払いの遅延や債務整理を起こしたことで、クレジットカード利用への自信を失ってしまった・・」という人もいるようです。

自己破産などでカードはもう作れないとトラウマに…

「個人信用情報機関に登録されているネガティブな情報が消えたら、クレジットカードを作れる・・」と知っていても、クレカ会社からの督促や自己破産手続きがトラウマになっていて、「自分はもう、カードなんて持たない方が良い・・」と卑屈になっている人も存在しているのです。

しかしそんな人でも、デビットカードならリスクがありません。

「デビットカードを使いながら、やりくりの方法を覚えた!」という人もいますので、クレジットカードを作る前の、リハビリ・トレーニング用としても便利なものだと思います。

注目度の高いデビットカード

申込年齢 年会費 特徴
SURUGAVISAデビットカード 15歳以上 無料 ・お買い物安心サービス(保険料無料)
・利用限度額設定
・盗難などによる被害補償
楽天銀行デビットカード 16歳以上 1,029円 ・発行手数料無料
・ご利用1,000円毎に2ポイント付与
あおぞらキャッシュカードプラス 満15歳以上 無料 ・0.25%のキャッシュバック
・1日の利用限度額設定可能
・不正利用金額補償
ゆうちょ銀行デビットカード 年齢制限なし 無料 ・他銀行とは異なるJ-Debitのカード

デビットカードでも審査に落ちる場合がある

デビットカードの中では「スルガ銀行VISAデビットカード」がもっとも審査に通りやすいと言われていますが、あまりに過去の信用情報が悪いと落とされることもあります。

スルガ銀行のサイトでは「当社の総合判断により」という記載がありますので、「審査や判断が全くない・・つまり100%審査に通過する」というわけではないようです。

デビットカードの審査に通らなかったら

デビットカードでも審査落ちになった場合、個人信用情報を確認すること。

デビットカードもクレジットカード同様、発行会社に問い合わせをしても、「審査落ちした理由(審査に影響のあったポイント)」は教えてくれませんので、もしカード発行に至らなかった場合は、CICやJICC、全銀協などの個人信用情報機関に情報開示請求を行い、「信用情報にネガティブな記載がないか?」をチェックしてみてください。

「自分が健全なカード利用者になれるかわからない・・」と更なる不安を抱えている人には、アコムの前にデビットカードというステップを入れて、自信を培ってからクレジットカードへの挑戦をしても良いと思います。信用情報については、こちらのページで詳しく解説しています。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ