兼業の場合、自営業と会社員どちらの職業で申し込めば良いの?

クレジット審査を受けるとき、意外に申告の仕方に迷うのが職業欄です。 会社員や専業主婦でも今や副業を持っている人ならなおさら!

そんな副業がある場合にどのように申告すれば有利なのか、 どのクレジットカードがおすすめなのか、について詳しく解説しています。

【目 次】
  1. 本業との掛け持ちの場合どうするのが理想的ですか?
  2. 「専業主婦で副業!」の私に合っているクレジットカードはあるの?

本業との掛け持ちの場合どうするのが理想的ですか?

ワークスタイルの多様化によって、本業だけに専念するのではなく、将来的な自立や起業を目指して、副業や兼業するひと達も増えており、「クレジットカード会社では副業についてはどのような審査が行われるの?」という質問もネット上で多く見受けられるようになりました。

自営業と会社員、どちらの職業でクレジット審査に挑むべきか?

兼業している方が申し込む場合、本業の収入生計を提示すれば審査に通りやすい。

兼業している人は、「自営業と会社員、どちらの職業で申し込めば良いのか?」という部分で悩むようですが、このケースでは、「本業の勤務先や会社員収入で生計を立てています!」という内容で、申込みを行いましょう。

ここで用意する収入証明は、もちろん「本業の会社から発行されたもの」です。※これは確定申告していないことが前提です。

クレジット会社が副業(個人)に対して持つ印象

クレジットカード会社では兼業や副業に対して、「途中で廃業などをして、収入がなくなってしまうのではないか?」という推測をします。

副業で多くの収入を得ている人が「アフィリエイトなどの広告収入で、月々20万円稼いでいるから・・」とアピールしても、安定性が低いとみなされる時点で、クレジットカードの発行は難しくなるのです。

アフィリエイト事業を主とする法人であれば、見方も変わりますが、個人の場合は「安定性と継続的な年収属性」が大事になりますので、毎月の変動の高い副業をしている時点で「不安定」とみなされてしまいます。

クレジット会社が本業(法人)に対して持つ印象

法人の場合、企業の規模と年収が重要視される。

法人では、企業規模や年収は重要視されますので、「従業員数60人の会社で月収25万円あります!」という申告内容であれば、カード会社側でも「審査を通したい属性」と考えることができるでしょう。

副業はあくまでも「サブ・副収入」ですので、自分が不利になる内容を書くのではなく、メインとも言える会社員で審査を通すことが理想的だと言えるのではないでしょうか。

本業であれば「在籍確認電話も早く出られる・・」と思いますので、カード発行までの時間を短縮するためにも、「本業での申し込み」が良いでしょう。

信用情報や職業面で不安があるなら

もし過去に何らかのクレジットカード事故(事故情報)が存在していたり、「本業・副業どちらにも不安がある・・」という懸念事項がある場合には、柔軟な視点で審査を行っているこちらのクレジットカードをおすすめします。

「専業主婦で副業!」の私に合っているクレジットカードはあるの?

ネットの普及で、パソコンを使用した在宅ワークをする主婦が増加した。

インターネットの普及によって、近年では子育て中の専業主婦でも、パソコンを使ったネットショップやアフィリエイト、在宅ワークという形で、「自宅で働く奥様・副業収入を得る主婦」が急増中です。

飲食店や企業で働くアルバイトやパートタイマーなどの雇用形態では、「子供のお迎えの時間に合わない・・」などという理由で、専業主婦の採用や就職に厳しい実情があるようですが・・。

在宅副業や内職という就業形態であれば、専業主婦のひと達でも、仕事や社会復帰ができる時代となっているのです。

このように副業収入を得ている主婦の場合、あくまでも「家事や子育ての合間に仕事を・・」というスタイルが多くなりますので、月々の収入は5万円から10万円前後が平均的となり、「どんなに頑張ってもサラリーマンとして働く旦那さんより、高い年収を得ることが難しい・・」という実情もあるようです。

しかし「私は配偶者だから、家族カードしか選択肢がないのだろうか・・」と卑屈な気持ちになることはありません。

専業主婦や副業を持つ主婦におすすめのクレジットカード

主婦には、イオンなどショッピングセンターが発行するカードがおすすめ。

専業主婦の皆さんには、イオンやセゾンなどのショッピングセンターで発行している、流通系カードがお勧め。

流通系クレジットカードの多くは、「提携企業であるショッピングモールで、買い物目的のカード利用をしてもらいたい・・」という想いがありますので、毎日の食材購入などをしている主婦は、比較的審査に通りやすい傾向があるのです。

主婦が流通系カードを持つメリット

流通系カードの多くは、主婦にとって有難い「ショッピングの際に利用できる割引特典」を設けています。

殆どの企業は「毎月○日は割引デー!」という形でサービスを提供していますので、子供の洋服や玩具、季節用品などのように「金額が高いもの」を買う時には、流通系クレジットカードを使えば、メリットとしてお得感を得られることでしょう。

主婦だからこそ、持てばお得な「流通系カード」

副業収入を得ている主婦のひと達は、「私はお小遣いレベルでしか稼いでいないので・・」とクレジットカード申込みを諦める傾向がありますが、「私は主婦だからこそ、流通系カードに適している・・」とわかれば、それだけでも前向きになれると思います。

副業であっても、立派な収入源。

頑張って得ている金額を申込書に記入し、発行されたクレジットカードを活用して、「家計管理の上手い主婦・節約が得意な主婦」を目指すのは素敵なことだと思います。

たくさんの副業収入を得ている専業主婦の皆さんは、便利に使えるだけの利用限度額も手に入れていますので、ぜひ流通系クレジットカードに挑戦してみてください。

それでも残念ながら落ちてしまった人は、再申込みすれば持てそうなクレカはどれですか?で詳しく解説しています。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ