職業・雇用形態別で通らないことはありますか?

クレカ審査の属性で、「職業、勤務先、勤続年数」も重要です。転職が多かったり、不安定な仕事の場合、「クレジットカード発行されるか?」の自己判断が難しくなるもの。ここでは、審査落ちしやすい職業や雇用形態について、発行へと繋がるコツを伝授します。

職業・雇用形態別の取得難易度に関する記事一覧です。

自由業はカード取得が難しいって本当

クレジットカードの申込みにおいての「自由業」ですが、これは「個人事業主」の記事でも記載しましたが、自営業の一部になりますし事業規模や事業内容によるとしか言い様がありません。 自由業といって単に「屋号」を持ってライターやカ・・・

失業者でも審査に通る可能性はあるのでしょうか?

「ブラック」については、他記事 で解説していますが、「失業者」は「無職と同じ」と捉えられることが多く、クレジットカード審査においても「発行不可!」とされるケースが殆どです。 厳密に例えるなら、「申込みは可能。審査に通る可・・・

日雇い労働者でもクレジットカードを持てますか?

働き方やワークスタイルの多様化によって日雇い労働で働くひと達も増え、下記の相談をいただいたこともありました。 「クレジットカード日雇いについて、審査関連の情報を教えてください!」 「日雇い労働者とクレジットカード審査につ・・・

母子家庭でもクレジットカードを作れますか?

母子家庭の皆さんはクレジットカード審査や生活全般に不安を抱えている傾向が多く、私も下記のような相談を受けたことがありました。 「水商売で母子家庭の私は、クレジットカード審査に通るのでしょうか?」 「母子家庭は、カードロー・・・

会社役員の審査過程や落ちてしまうケースとは?

「会社役員はクレジットカードの審査に通りやすいですか?」 「会社役員しか法人カードを作れませんか?」 「中小企業の役員はクレジットカード審査に通りにくいですか?」 以前、このようなご質問をいただきましたので、会社経営者や・・・

兼業の場合、自営業と会社員どちらの職業で申し込めば良いの?

ワークスタイルの多様化によって、本業だけに専念するのではなく、将来的な自立や起業を目指して、副業や兼業するひと達も増えており、「クレジットカード会社では副業についてはどのような審査が行われるの?」という質問もネット上で多・・・

アルバイトでも申し込みが可能なクレジットカードとは?

「アルバイトの身分でクレジットカードの審査は通るのでしょうか?」 「雇用形態や勤務先や勤務年数…どのように書けば審査に通るのでしょうか?」 「クレジットカードでないとできない支払いがありどうしてもカードをつくりたいです…・・・

無職の場合は、審査に通る可能性が低いのでしょうか?

「無職の私は、クレジットカード審査に通るのでしょうか?」 「無職なので、クレジットカード中間審査が心配です!」 「無職の自分でも、ルミネカードの審査に通りますか?」 こんな質問がネット上に増えていますが、「無職」の場合は・・・

パートにお勧めのクレジットカードとは?

別ページでは、アルバイトやフリーター等について解説していますが・・。(アルバイトやパートが通過する方法とは? ) 「パート・パートタイマー」の場合も、クレジット会社によって異なる判断が行われています。 主婦にハイクラスカ・・・

外国人のクレジットカード選びには多少の工夫が必要です。

アメリカ人、イギリス人、中国人、ブラジル人などの外国人や、留学生におけるクレジットカードの審査基準は、各会社によって差違があります。 外国人にカード発行しない企業側の理由として考えられるのは、 「支払いをしないまま帰国さ・・・

派遣契約や契約社員ですが審査に支障はありますか?

「visaやマスターカードに申込みたいのですが、契約社員ですが審査に支障はありますか?」 「雇用形態が派遣社員で勤続年数が短いです。審査は大丈夫でしょうか?」 現在の雇用形態や労働条件の変化から、最近は契約社員や派遣社員・・・

結局、学生の審査基準って何なの?あなたが学生カード審査に落ちた理由

「店頭カウンターで誘われて申し込んだのに、マルイの審査に落ちてしまいました。」 店頭で誘われたということは、審査に通りやすいはず。学生でも大丈夫だと言われたのに、落ちてしまった。 「2週間後に海外旅行が迫っているのにクレ・・・

個人事業主に適したクレジットカードとは?

個人事業主のクレジットカード申し込みや審査についての判断は、「事業内容や事業規模に依存する」としか言えません。 個人事業主や自営業には様々な種類があり、生命保険会社で歩合(コミッション)の営業をしていたり、「屋号」を設け・・・

公務員はカード発行の確率が高い職業なのでしょうか?

クレジット審査における「公務員」ですが、この層はカード発行の確率が非常に高い職業・雇用形態となります。 もちろん公務員であったとしても、 申込書の記入項目(勤続年数、居住年数、勤務形態、勤務会社(市役所や県庁など) 電話・・・

主婦のカード審査に注意点はありますか?

クレジットカード審査について不安を抱える主婦の皆さんから、下記の相談を受けたことがあります。 「消費者金融系のACマスターカード主婦は職業どうしたら?」 「主婦という職業でも、カードを作れますか?」 「結婚を機に仕事を辞・・・

新社会人や新入社員への審査難易度やおすすめのクレジットカードとは?

多くの人が懸念している新卒者や新社会人におけるクレジットカードの申し込みですが、これは「ほぼ問題なく発行に至る・・」といっても過言ではありません。 これは、学生に関する記事でも書かせていただきましたが、「新社会人として企・・・

キャバ嬢やホステスは審査に通りにくいのでしょうか?

クレジットカードの審査においてキャバクラ勤務の水商売でも問題ないでしょうか?というご質問をよくいただきます。クレジットカード会社では、キャバ嬢だからとかホステスだからという理由で審査に通りにくいということはありません。 ・・・

正社員がカード申込みをする際に気をつけるべきポイントとは?

正社員という「高属性」に値する雇用形態(勤務形態)の皆さんでもクレカ審査に不安を抱える方々も存在していて、過去に「topカードの審査は、正社員の私でも通りますか?」という具体的な質問を頂戴したことがありました。 正社員な・・・

生活保護でクレジットカードは作れるか

このサイトを運営しているとよくいただくご質問があります。 それは、「生活保護受給者でもクレジットカードを取得できますか?」というご質問を受けます。 そこで今日は、現在、生活保護法に基づく生活保護費を受けている人がクレジッ・・・

芸能人やタレントの審査方法や人気のカードとは

芸能人やタレントのクレジットカード審査について、大手芸能事務所などの場合、ほとんどの芸能人は、給与収入(歩合給・基本給)として収入を得ているかと思います。(一部、自分で芸能事務所を立ち上げており経営している人は除きます。・・・

この記事一覧ページを見てご質問が多かった内容についてお答えします。

クレジットカードを取得しやすい職業を教えてください!

世の中には様々な職業がありますので、その全てをここで紹介することはできませんが・・。

クレカ審査に通りやすい層は、医師、士業(弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士など)、大学教授、公務員などで、「安定性とステータス性、収入の高い職業に就いているひと達」です。

社会的に安定した地位を築いている皆さんは周囲から「先生!」と呼ばれる傾向があり、その信頼性はクレジットカード審査でも有利に働くことが多いのです。

医師や大学教授の場合、「非常勤」や「客員教授」という断片的な形で企業や団体、学校に籍を置くケースもありますが、前述の職業である限り、「社会的に信頼できる人だろう・・」という見解で審査が行われますので、雇用形態などもありのままで申告してください。

クレジットカードを取得しにくい職業を教えてください!

クレカを取得しにくいひと達は、「「安定収入が得られていない・・」と捉えられる職業」です。

クレカ業界では、社会的なイメージだけで審査を行うことはありませんが、「(職業に抱いた)想像通り、年収や勤続年数属性が低かった・・」となれば、在籍確認などが行われないまま「カード発行不可!」の判断が下されます。

私の経験則で閃く具体的な職業としては、個人経営で従業員の少ない飲食店勤務、日雇いのイベントスタッフや車両誘導、警備員、スナックやキャバクラなどの水商売、風俗嬢、自由業(個展やライブで生計を立てている芸術家やミュージシャン)などが挙げられます。

これらの職業に就いていても、「勤務先企業が大きく、勤続年数が長く、年収も高い・・(=クレカを持てるだけのキャリアがある!)」のであれば、偏見や固定概念は一掃され、普通の会社員などと同じように審査通過となります。

職業は審査結果に直結する大事な要素ではありますが、個人信用情報に問題がなく、それなりの実績や収入を得ている人であれば、前述の業界に属していても、不安を抱く必要はないでしょう。

クレジットカード審査に通りにくい雇用形態はあるの?

雇用形態を「クレカ審査に通りやすい順」に並べると、下記のとおりになりますが・・。

正社員>契約社員・派遣社員>パートタイマー・アルバイト・フリーター

最近ではアルバイトやフリーターでも申し込み可能なクレジットカードが増えていますので、「雇用形態が低くても、カードを持てないわけではない(=カードの選択肢が減るだけ)」とプラスに捉えてください。

社会的に知名度が高く、特典面も充実しているゴールドカードやプラチナカードは、確かに「アルバイトやフリーターでは、審査通過は難しい・・」と言えますが、普通に生活していれば、「一般カード」と呼ばれるもので十分でしょう。

自分の雇用形態に不安がある場合は、勤続年数、居住年数、年収などの他要素で、「自分を大きく見せるアピール」をしてください。

同じ雇用形態であっても、「個人経営の商店や飲食店で働いているフリーター」と「全国チェーンの居酒屋やファーストフード店で働くアルバイト」では、後者の方が「会社としての安定性が高い・・(倒産などのリスクが少ない)」という点で、クレカ審査が有利になります。

仕事をしていなくても、クレジットカードを作れるの?

殆どのクレカ会社では、「仕事によって安定収入を得ていない人には、カード利用は遠慮してもらいたい・・」という考え方で審査を行っていますので、下記に属するひと達は、「審査通過が厳しい属性・・」と捉えて良いと思います。

  • 年金受給者
  • 無職
  • 生活保護受給者
  • ニート

年金受給者の場合は「年金が安定収入・・」との判断でカード発行されるケースもありますが、無職、生活保護、ニートの場合は、「仕事をしていない時点で、支払い能力がないとみなされる」と考えるべきでしょう。

当サイトでも「クレカ審査に通るポイント」を多数紹介していますが、仕事をしていない時点で、カード審査に通らない可能性が高い現実を知り、「クレカを得るために、仕事を始める・・」という発想の転換にシフトすべきです。

どんな職種や雇用形態であっても、仕事をしている人には、「クレジットカード発行への良策」が出てきますので、まずは「仕事を始めて、安定収入を得る・・」ということを第一に考えてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ