主婦のカード審査に注意点はありますか?

「専業主婦なのですが…こんな私でもクレジットカードが持てますか?」こんなご相談をいただきます。基本的に専業主婦であってもクレジットカードの審査に通過されている人はたくさんいますので、安心いただきたいです。

しかし、審査落ちの人も少なからず存在しますので、ぜひこのページで対策を練った上でチャレンジし てください。

【目 次】
  1. 主婦へのカード発行は厳しいのでしょうか?
  2. 主婦が審査に通過しないケースとは?

主婦へのカード発行は厳しいのでしょうか?

クレジットカード審査について不安を抱える主婦の皆さんから、下記の相談を受けたことがあります。

  • 「消費者金融系のACマスターカード主婦は職業どうしたら?」
  • 「主婦という職業でも、カードを作れますか?」
  • 「結婚を機に仕事を辞めて主婦になった私でも、カードを作れるのでしょうか?」
  • 「主婦のカード審査は、注意点があるのでしょうか?」
  • 「主婦クレジットカードに、お勧めの種類はありますか?

多くの女性が気になっている「主婦でもカードを作れるのか?」という質問の答えですが、属性や個人信用情報機関の記載内容に不審点がなければ、殆どのケースで発行されると言えるでしょう。

「自分は主婦です!」と言う人には、下記の2つのパターンがあります。

  1. パートやアルバイトによって収入を得ている主婦(=兼業主婦)
  2.  配偶者の収入だけで家計のやりくりをしている主婦(=専業主婦)

私の経験では、専業主婦の皆さんは、ご主人のクレジットカードの家族カードを持っているか、婚前から使っているカードを利用している確率が高いようですが・・。

利用頻度の高い流通系店舗のカードもお勧め

主婦の利用率が高い商業施設でカードを作る際に、職業が「無職」でも旦那に安定した属性があれば申し込める事も。

利用頻度の高い近所のスーパーやショッピングセンター、商業施設などでクレジットカードを作る際にも、「職業=無職」と書き、旦那さんの属性(安定収入)や信用を借りることによって、問題なく申し込めるカードも存在しているのです。

この他に、「18歳以上の女性」に限定した種類であれば、「職業=無職」と同じ扱いになってしまう専業主婦でも申し込み可能となっています。

1.と2.を比較した場合、専業主婦の方がカード発行までのハードルが高まるのは、明らかだと言えますし・・。

パート主婦やアルバイトであっても、主婦の大半は年収属性が低い傾向があるため、 「年収が低い分だけ、利用限度額(利用可能枠)も下がってしまう・・」ということを知っておいた方が良いと思います。

収入の無い専業主婦はキャッシング枠0円が妥当

低年収の主婦は、キャッシング枠を0円にする、もしくは低めの額を希望することで審査通過の可能性も…

特にキャッシング枠については、貸金業法の総量規制という法律によって「年収の3分の1以下・・」と定められていますので、年収が低い主婦の場合は、「キャッシング枠を0円に設定する」か「低めのキャッシング希望額」にした方が、クレジットカード審査に通りやすくなることでしょう。

「現在パートタイマーの私は、もっと利用限度額の高いカードが欲しい」と考える際には、アルバイトやパートよりもスコアリングで有利となる、契約社員や派遣社員への道を検討するのもお勧めです。

2.の場合は、在籍確認電話用の「勤務先企業」がありませんので、「本人確認電話が自宅にかかってくるかも・・」という心の準備をして、自宅電話番号を正しく申込用紙に記入してください。

このケースでは、「勤続年数=0」と書いても問題ありませんし、本人の年収証明書を求められることは「ない」と言えるでしょう。

主婦が審査に通過しないケースとは?

「主婦がクレジットカード審査に通らないケース(=審査通過率が低いケース)」として考えられるのは、大きく2つになります。

  1. 主婦本人が過去にクレジットカードの支払い延滞や債務整理などを行っている
  2. 配偶者(旦那さん)が過去に金融事故を起こし、ブラック情報が記載されている

収入の有無によってカード手続きを変えた方が良い主婦ですが、1.の場合は「自分の属性では審査に通らない・・」と考えた方が良いでしょう。

旦那の名義を借りて申し込んだとしても、本人に事故歴があれば落ちるのは必然。

いくら旦那さんの信用を借りるとしても、カード名義人が「事故歴のある主婦本人」である以上、希望カードが発行に至ることはありません。

この場合は、旦那さんが持っているクレジットカードの家族カードに申し込みをして、「旦那さん名義のカードを利用させてもらう・・」というスタンスにすべきだと思います。

2.の場合は、主婦にパートやアルバイトの収入があったとしても、「同居の家族」という括りで旦那さんの個人信用情報もチェックされ、「旦那が自己破産をしてお金が借りられないから、妻が代わりにカードを得ようとしているのでは?」という悪印象に繋がってしまうのです。

稀に「旦那がブラックでも、主婦の私はカードを持つことができた!」という体験談を見掛けますが、あまり期待をしない方が良いと言えるでしょう。

詳しくは、家族が自己破産しているとカードが持てないって本当?で解説しています。

デビットカードが無難

この状況でお勧めするのは、デビットカード。

自己破産している人でも作れる可能性が高いデビットカードで、クレヒス修行を積むことをお勧め。

デビットカードは分割払いやリボ払いができないデメリットもありますが、自己破産をしている人であれば、「デビットカードを利用しながら、収支のバランスに合った買い物や生活をする・・」という訓練をするのが理想的です。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な考えで、手当たり次第にクレジットカードの申し込みをしている主婦もいますが、基本的に「半年(6ヵ月間)に1社まで・・」と考えるべきでしょう。

それ以上の複数社の申し込みは、個人信用情報を見れば「一目瞭然」という状況ですので、これから申し込み手続きを進めるクレジットカード会社の心証を悪くしないためにも、「何度も再申込を繰り返す・・」という行動はやめるべきだと思います。

申込み方法やカード選定、「誰の信用を使うのか?」という部分で結果が別れる主婦ですが、自分の属性を把握した上で適したところで手続きを進めれば、「殆どの確率でカード審査に通る・・」と考えられるようです。

主婦にお勧めのクレジットカードとは?

当サイトでお勧めする主婦にお勧めのクレジットカードは、下記の3種類です。

年会費 特典・特徴
セゾンカードインターナショナル 無料 ・永久不滅ポイント(有効期限ナシ)
・毎月5日と20日、セゾン系ショッピングモールなどで買い物利用時に5%割引
イオンカード(WAON一体型) 無料 ・イオン系列店舗で、カウンセリング化粧品10%割引
・WAON利用でポイントが貯まる(キャッシュレス)
・イオンジャスコ系列店舗の買い物で、毎月20日と30日に5%割引
JCB LINDA 無料 ・女性の「キレイ」を応援する様々なサービス
・化粧品のサンプルプレゼント
・Oki Dokiポイントプログラム for LINDA

ここでご紹介した3つのカードの共通点は「ポイントが貯まる/年会費無料」ということ。

主婦の皆さんは毎日の買い出しなどでショッピング利用をする機会も多いため、上手にクレジットカードを利用していけば、スピーディーにポイント特典を受けられる層なのです。

JCBのLINDAカードは家事、育児に忙しい主婦の女性らしさをバックアップしてくれる。

3番目に紹介した「JCB LINDA」は、毎日子育てや家事に忙しい主婦の皆さんの「女性らしさ」を応援してくれる特殊なサービス内容となっています。

「私は化粧品に疎いので、新製品が全くわからない・・」と悩む女性でも、JCB LINDAを持つことで化粧品や美容などに目覚め、利用実績を積み上げながら、美しくあり続ける皆さんも多いようです。

「主婦のクレジットカード=ポイント還元率とショッピング時の割引」と考えられがちですが、JCB LINDAのように「女性をターゲットにしたクレジットカード」を使っても、良い形でイキイキとした毎日を過ごせると思います。

それでも審査に落ちた人は、2回落ちました。どうすればカード持てますか?でも解説しています。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ