外国人のクレジットカード選びには多少の工夫が必要です。

「外国人におすすめのクレジットカードはありますか?」外国人の方によくいただくご質問の一つです。
近年外国人留学生も増えてきていますので、外国人でも作れるクレジットカードを知りたい方も多いと思います。

そこで、このページではクレジットカード審査における外国人の扱いについて解説します。

【目 次】
  1. 外国人でも作れるクレジットカードは存在するのでしょうか
  2. 永住権があっても、落ちてしまうケースもあるのでしょうか?

外国人でも作れるクレジットカードは存在するのでしょうか?

あらゆる国の外国人や留学生の審査基準は、会社によって様々です。

アメリカ人、イギリス人、中国人、ブラジル人などの外国人や、留学生におけるクレジットカードの審査基準は、各会社によって差違があります。

外国人にカード発行しない企業側の理由として考えられるのは、 「支払いをしないまま帰国された時のリスク(=回収不能)」という懸念なのです。

その貸付金額が10万円程度であった場合、そのためだけに海外へ取り立てにいくというのは、費用対効果の側面をみただけでも 「発行に慎重」とならざるを得ないと思います。

申込ページを見て外国人NGのカードは避ける

このような側面やリスク回避したいという考えによって、「外国人は申込みNG!」と断言している企業もあるようです。

三井住友VISAデビュープラスやアコムACマスターカードなどは柔軟な視点で審査を行っていますので、日本人に限らず外国人の申込みも受け付けています。

必要書類とは?

必要書類として

  • 普通の本人確認書類や身分証明書の代わりに「在留外国人(在住外国人)であることを証明する書類(例・外国人登録証明書、外国人登録証明証、在留カードなど)

を求められますので、早めに準備しておいた方が良いでしょう。

また、外国人であっても定職に就いていることが条件ですし、短期滞在の人は、一般の日本人よりも審査が厳しくなります。

勤務先に在籍確認の電話がかかってくることも…

この他に「在職確認電話が勤務先にかかってきた!」という体験談も多く存在していますので、クレジットカード会社の審査部が架電しやすい電話番号を記載する配慮も必要です。

「学生カードが欲しい!」とか「学生ローンに通らないだろうか?」と外国人留学生に対応してくれる会社が存在していますが「学生」ということで収入面の属性は、少し優しい角度で審査が行われ、取得難易度としては比較的低いと捉えて良いでしょう。

外国人・学生という属性から利用可能枠が低めに設定されるケースも想定されますが、「クレジットカードを持つことが出来る!」と考えれば、VISAデビットカードなどよりもカード取得の喜びは大きいと言えるのではないでしょうか。

「外国人や留学生でも申込み可能で、審査に通った事例が多いクレジットカード・・」と考えれば、審査に不安なみんなのカードがおすすめだと思います。

永住権があっても、落ちてしまうケースもあるのでしょうか?

以前永住権のある外国人から、クレジットカード審査についての相談を受けたことがあります。

その外国人(Aさん)の属性は、

  • 45歳
  • 男性
  • 永住権あり(アメリカ国籍)
  • 大手企業で勤続10年
  • 年収1,000万円
  • 持ち家在住
  • 家族4人
  • 妻・専業主婦

という内容でした。

3923508583_6ae93f1d0d_o

エリートサラリーマンであるアメリカ人のAさんでも、自分が外国人という事で審査に不安を感じていた…

アメリカ人であっても「エリートサラリーマン」とも言えるAさんですが、「自分が外国人である・・」ということに自己評価の低さがあり、クレジットカード審査にも不安を抱えていらっしゃいました。

上記の属性条件で個人信用情報機関のクレジットヒストリーに事故情報等の問題がない日本人であれば、「ほぼ確実にクレジットカードを持つことが可能」といっても過言ではないでしょう。

しかしAさんの場合は「永住権があり、属性に問題がなくても外国人・・」という若干不利になる部分があるのです。

外国人はカード会社にとってリスクが高いことは事実

これはやはり、「Aさんが支払いをしないまま帰国してしまったら・・」というカード会社側のリスク回避からくるネガティブなイメージがあるので、クレジットカード選びにも多少の工夫をした方が良いとお伝えしました。

外資系のカードは日本国内のみで顧客を増やしている企業よりも「外国人」という層に理解があると考えられていますので、VISAやMasterの国際ブランドを選ぶことのできるシティカードもお勧めです。

この他にAさんのように会社員で、給与支払用の口座を持っている場合には、その銀行でクレジットカードを作ることも良いと言えるでしょう。定期預金があると更に良いでしょう。

「銀行系クレジットカードは、審査に厳しい・・」という意見もありますが、Aさんのように属性面で問題が殆どなければ、乗り越えるべきハードルは「外国人であることと日本でのクレジットカードの利用実績(クレジットヒストリー)」となります。

外資系や銀行系は可決の可能性が高い

外国人でも外資系、取引先の銀行系カードなどを選択することで審査通過の可能性も…

クレジットカード会社の中には、「外国人には利用を遠慮してもらいたい・・」というところもあると言われていますが、外資系や自分が取引している銀行系のクレジットカードを選べば、「外国人OK!」と判断されることも多く、カード発行への可能性も「確実」へと近づくのではないでしょうか。

※銀行系でも審査・発行がクレジットカード会社とは異なる場合もありますので、その際は預金残高等が審査へ影響を及ぼすことはありません。

メガバンクでは東京三菱銀行のみが自社でカード審査・発行をしていますが他行はこの限りではありません。

※属性には何の問題もなく利用実績(クレジットヒストリー)が無い場合は、携帯電話の割賦購入(割賦契約)などを利用し毎月しっかりと返済することで信用情報に実績を積み重ねてからカードを申し込んでみても良いと思います。

それでも審査に不安な人は、落ちる理由を教えてください!で解説していますので参考にしてください。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ