新社会人や新入社員への審査難易度やおすすめのクレジットカードとは?

新卒や新社会人がクレジットカード審査を受ける際の注意点を解説します。まだ初任給ももらっていない人も多いと思いますが、新社会人として注意しておきたいポイントがあります。最後まで必見ですよ。
【目 次】
  1. 新社会人や新入社員は取得が難しいのでしょうか?
  2. 「新社会人・新入社員」のクレジットカード選びのポイントとは?

新社会人や新入社員は取得が難しいのでしょうか?

新社会人で初めてのカード申し込みは、だいたい審査を通過する。

多くの人が懸念している新卒者や新社会人におけるクレジットカードの申し込みですが、これは「ほぼ問題なく発行に至る・・」といっても過言ではありません。

これは、学生に関する記事でも書かせていただきましたが、「新社会人として企業に就職をしてから、初めてカードを持つ」という人も多い実情があるからです。

そんなクレジットカード業界では、何十年にも渡るデータによって証明された不動の定説があり、その内容は下記の通りです。

「人生で初めて持ったクレジットカードが、解約に至るケースは殆どない」

将来の優良顧客という位置づけのため審査は柔軟

カード会社にとって、新社会人は将来有望な顧客なので対応が良い。

新規ユーザを求めているカード会社では、このような層を「将来的な優良顧客」と捉えているため、新卒者や新入社員のクレジットカード発行に対しては、一般の申込者よりも柔軟に対応してくれるケースが多いです。

新入社員の中には、クレジットカードを発行している企業の取引先や、銀行や金融機関などの関連企業や子会社に入社した時に、「グループ会社が発行している銀行系カードに申し込みをさせられた・・」という方もいらっしゃることでしょう。

この他に、「給与振込み用の銀行口座を開設したタイミングで、銀行系クレジットカードの申し込みをさせられた・・」という事例もあります。

ちなみに私が最初に入社した会社が、当時芙蓉グループの一員でしたから、給与振込の口座が富士銀行(今のみずほ銀行)でクレジットカードは、富士銀クレジット(現在のUCカード)を作らされ20年近く経過した現在も愛用しています。

学生の人は内定先の社名で申し込みしても良い

就職前でも、内定が出ていれば勤務予定の会社名で申し込むことも…。

まだ就職していない学生の場合は、内定が出た段階で勤務予定の会社名を記載して申込むことも可能です。

この段階ではまだ社員証も発行されていないと思いますが、本人確認書類として「内定承諾書」等の提出を求められる場合があります。

一般的には、企業に就職してから申し込んだ方が、遥かにクレジットカード発行に至る可能性は高いです。

なお、申込者が新入社員である場合、勤続3か月程度の短い勤続年数であったとしても、クレジットカード審査への影響が殆どないといっても過言ではないでしょう。

一般の人がカードの申込みをする際には、申込書に記載している本人属性(年収欄、居住年数、勤続年数、同居家族、勤務先企業)などの項目だけでなく、CICなどの個人信用情報機関に登録されている支払いや延滞の履歴(クレジットヒストリー)も確認します。

しかし新社会人という就職して間もない層に対しては、各カード会社でも、「カードの利用履歴がないことは、仕方がないことである・・」と捉えざるを得ない事情があるため、「新入社員のうちに、信頼性や知名度の高いカードへの申込みをした方が良い・・」と解説しているサイトもあるようです。

ずっと使い続けられるカードがお勧め

新入社員、新社会人は特別な属性なので、今後使え続けられるカードを選択することが重要。

クレジットカード審査関連サイトの中には、「銀行系や信販系は審査難易度が高く、消費者金融系であればカード発行に至りやすい・・」と述べている記事も多いようですが、新入社員や新社会人というひと達は「特殊な属性である」ということを頭に入れて、将来的にずっと使い続けられる便利なカードを選ぶことが理想的だと言えるのではないでしょうか。

新入社員の審査であっても、一般のひと達と同じように、在籍確認のステップが存在しますので、「自分は新社会人だから、電話がかかってくることはない・・」という勝手な推測で動くのではなく、平常心で連絡を待った方がカード発行に至る時間も短縮できるでしょう。

それでも、過去に携帯端末を滞納したしたなどの理由で審査に不安な人は、なぜ、落ちてしまうのか?で解説してますので参考にしてください。

「新社会人・新入社員」のクレジットカード選びのポイントとは?

新社会人にお勧めなのが「三井住友VISAデビュープラス」

新入社員でも審査に通りやすいクレジットカードとしてオススメなのは、三井住友VISAカードで発行している「三井住友VISAデビュープラス」です。

このカードは、その名のとおり「デビューカード(ファーストカード)」として適しており、18~25歳までという若い世代ならではの審査基準にすることによって、学生や新入社員という「初めてのカード選びに悩んでいる層」でも、容易にカード発行に至る配慮をしているのです。

新社会人などはまだ年収も少なく、様々な点で節約生活を強いられると思いますが、デビュープラスでは、年会費を無料にすることによって、利用者の負担を減らすサービスを提供しています。

「会社員として就職したから、最初のクレジットカードを作ろう!」

こんなことを考えている新社会人は、銀行や関連企業からのクレジットカード入会勧誘も多いため、複数枚のカード申込みをしてしまうケースもあるようですが・・。

新社会人でも、カード申込を複数し過ぎると、カード会社から怪しまれるので注意。

しかし実際は申込みをし過ぎたことで、カード会社側から「怪しい申込者だ・・」と思われてしまった事例もありますので、新入社員になったばかりの時期は、1本のカードに絞って申し込みをすることが理想的だと言えるのではないでしょうか。

インターネットショッピング等の利用で効率良くポイントが貯まっていく、流通系のYahooジャパンJCBカード、楽天カード、ファミマTカードもお勧めだと言われていますが、「カードを使って買い物をする機会がない・・」という人の場合は、スマートフォンや携帯電話、光熱費の支払いや、ETCカードの利用などをしながら、クレジットカードの利用実績を積み上げ、徐々に利用枠を大きくしていくというスタイルも良いでしょう。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ