キャバ嬢やホステスは審査に通りにくいのでしょうか?

キャバ嬢や水商売OKのクレジットカードを教えてください。こんなご質問をよくいただきます。
水商売の人がクレジットカード審査に落ちないためには、ちょっとしたコツがあります。

このページでは、 そのちょっとしたコツについて解説しています。

【目 次】
  1. 水商売OKのカードはあるでしょうか。
  2. キャバ嬢やホステスがクレジットカードを持つべき理由とは?
  3. ホステスやキャバ嬢が審査に落ちる原因とは?
  4. どうしてもクレジットカードの審査に通らない場合はどうすればいい?
  5. 水商売の人でも審査に通った実績のあるクレジットカードとは?

水商売OKのカードはあるでしょうか。

クレジットカードの審査においてキャバクラ勤務の水商売でも問題ないでしょうか?というご質問をよくいただきます。クレジットカード会社では、キャバ嬢だからとかホステスだからという理由で審査に通りにくいということはありません。

キャバクラ等の水商売勤務の方だからといって、カード申込に影響はない。

所属している店の業務履歴や営業形態さらに本人の属性、個人信用情報の照会や在籍確認を行い「カードを発行するか。否か。」を判断しています。

例えば水商売と言っても大阪北新地の老舗クラブなのかやミナミのキャバクラなのかでも異なります。

また、所属している店が法人形態を取っているのに、お店の名前を記入するのと運営している会社名を記入するのとでは、信用もかなり変わってきます。

法人企業の給与所得者に見せることが重要

いわゆる風俗店や飲食店に勤務している人は、「法人企業」から「給与収入」がある。と見せることが重要です。見せると書きましたが、実際は自己申告となります。

収入証明の提出が必要な場合があるので、源泉徴収票、確定申告の書類、もしくは給与明細を残しておくことが重要。

万が一、収入証明書や所得証明書の提出が求められた場合、源泉徴収票や確定申告の提出が出来ればベストですが、勤続年数の短い人は給与の明細は提出できるように保管しておいてください。

また、本人の雇用形態も非常に重要です。

アルバイトとしてキャバ嬢やホステスとして勤務しているのか?いわゆるその道のプロとして何年も働いているのか?によって信用度もかなり変わります。当然、後者の方が有利です。

さらに消費者金融系のキャッシングやカードローン残高も審査に影響を与えます。

その際、カード会社が個人信用情報に照会をかけた際、過去の延滞や債務整理などの異動情報があると審査落ちの可能性が高いです。

その場合、異動情報が消える(完済日より5年)までカードの申込みを待つ必要があります。水商売の人がクレジットカードを取得する難易度としては、上述の通り本人の属性と申込み先のカード会社によってかなり難易度が変わります。

審査難易度の低いカードを選定することも重要

クレジットカードの審査難易度としては、銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となっており、消費者金融系が最も審査が柔軟です。

カード審査に不安な方は、キャッシングの利用分を「0」にすることで通る可能性も…

消費者金融系の唯一のカードとしては、こちらのクレジットカードがあります。

審査に不安な人でどうしてもクレカが欲しい人は、利用してみてはいかがでしょうか。

審査通過のコツは、キャッシング利用分を限りなく「0」にすることがポイントです。

なお、女性に人気のカードとしてセゾンカード、楽天カード、パルコカードなどが有名ですが、これらは消費者金融系以外に所属します。審査に不安な人には、ハードルの高いカードです。

インターネット上のお悩み解決サイトなどで、アリバイ会社を利用してクレジットカードの発行を行ったという書き込みが存在します。

カード利用にて、虚偽、不正の利用は強制退会、警察沙汰の可能性も…

中には生活費を工面するためやむを得ず利用してしまった。そんな人も多いと思いますがクレジットカード会社にバレた時のリスクを考えますとお勧めできません。

虚偽や不正利用による強制退会は当然のこと。場合によって詐欺容疑で逮捕される可能性があります。

水商売の人で審査に不安な人は、なぜ落ちる人が続出するのか?で解説してますので併せて参考にしてください。

キャバ嬢やホステスがクレジットカードを持つべき理由とは?

キャバ嬢やホステスとして働いている方は、水商売だからクレジットカードが作れないとあきらめている方も多いのですが、クレジットカードを作ることにはメリットが多くあります。

クレジットカードを持つことのメリットは現金の代わりに買い物で利用できるということだけではありません。クレジットカードを作ることのメリットを知っておきましょう。

利便性が高い

クレジットカードを所有していれば、ネットショッピングにも利用できて便利!

クレジットカードを持っていると、実際の店舗での買い物だけでなく、インターネットでの買い物の際にも利用することができます。

クレジットカードを持っていない方は代金引換(代引き)を利用する場合も多いと思ますが、手間がかかるだけでなく代引き手数料として余計なお金もかかります。

このような手間や手数料を節約するためにも、インターネットでの買い物の際はクレジットカードを利用することをおすすめします。

ポイントが貯まる

ポイントを貯めれるクレジットカードもあるのでお得!

クレジットカードを作るべき最も大きな理由のひとつが、現金払いの場合には貯まらないポイントが貯められるという点です。

ポイントがどれくらい貯まりやすいのかを表すポイント還元率はカードによって様々ですが、低いものは0.5%から高いものになると1.5%程度のものもあります。

1.5%というと100円の買い物をすると1.5円分のポイントが貯まることになるので、現金と比べると非常にお得です。

また、ポイントは実店舗やインターネットでの買い物の際だけではなく、携帯電話料金や公共料金の支払いなどをクレジットカード払いにした場合でも貯まります。

こういった毎月発生する費用をクレジットカード払いにするだけで、ポイントを効率的に貯めることができます。

保険が利用できる

クレジットカードには、旅行保険付きもある。

クレジットカードを持っている人でも知らない場合が多いのですが、クレジットカードには国内外旅行損害保険の機能が付いているものが多くあります。

国内外旅行損害保険とは、国内外への旅行の際にけがや病気によって医療費がかかった場合などに、あらかじめ決められた限度額までのお金をもらえる制度です。

保険の内容や保険が適用される条件などはカードによって異なるため、保険を利用したい場合は事前に保険の内容や適用条件をチェックしておく必要があります。

水商売の人がクレジットカードの審査に通りやすくなる条件とは?

クレジットカードの審査は、「水商売だから」という理由だけで落ちることはありません。

一口に水商売の方と言っても、小さなスナックで働いている方からチェーン展開している大規模なお店で働いている方まで様々です。

同じ水商売でも、クレジットカードの審査に通りやすくなる条件をチェックしておきましょう。

規模の大きなお店で働いている

大きい会社に勤めていると、審査が有利に運ぶことも。

クレジットカードの審査では、働いている会社が大きいほど収入が安定していると判断されるため、審査に有利になります。

そのため、小さなお店で働いている人よりも、チェーン展開しているような大規模なお店で働いている人の方が審査に通りやすくなります。

クレジットカードの申し込みの際に、勤務先の従業員の人数や設立年月・資本金の額などを申告する項目があるため、ここで従業員が多い・設立から年月が経過している・資本金の金額が多いなどの条件がそろうほど審査には有利です。

勤続年数が長い

クレジットカードの審査では、勤続年数が長いほど収入が安定していると判断されるため、審査に有利になります。

そのため、キャバクラでアルバイトを始めたばかりの人よりも何年も同じお店で働いている人の方が審査には有利です。

特にアルバイトを始めて1年未満の場合には審査に通りにくくなるので注意しましょう。

水商売の人が審査に通るためのコツとは?

上記でも解説した通り、水商売だからという理由だけでクレジットカードの審査に落ちることはありませんが、アルバイトとしてキャバクラなどで働いている方は、正社員として一般企業で働いている人よりも審査に通る可能性は低くなります。

そこで、少しでもクレジットカードの審査に通る可能性を上げたい水商売の方は、以下の審査に通るためのコツを実践して申し込んでみてください。

嘘の申告をしない

水商売だからといって、申込内容に嘘をつくことは許されない。

水商売の方は、水商売というだけでクレジットカードの審査に通らないと思い込んでいる場合が多いため、勤務先情報を偽って申告しようとする場合も多いと思います。

しかし、水商売というだけでクレジットカードの審査に落ちることはありませんし、申し込み内容に偽りがあることで反対にカード会社にマイナスの印象を与えることになってしまいます。

勤務先情報は信用情報機関の登録項目のため、申し込みの際に申告する情報の中でも特に嘘がばれやすい項目です。

嘘をついて申し込みをしたことがばれると、不審な申し込みだと判断されてクレジットカードの審査に落ちる可能性があるだけではなく、悪質な虚偽とみなされた場合はカード会社のデータベースに社内ブラックとして登録されて、二度とそのカード会社の審査に通ることができなくなるリスクもあります。

このようなリスクを避けるためにも、たとえ水商売であっても勤務先情報は正直な内容を申告しましょう。

キャッシング枠は0円を希望する

クレジットカードには買い物の際に現金の代わりに利用するショッピング機能の他にも、カードを使ってお金を借りることができるキャッシング機能が付いています。

ほとんどのクレジットカードでは、申し込み時に希望するキャッシングの金額を申告する項目がありますが、どのカード会社の審査でも、次のうちいずれかの条件に当てはまる場合には給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類を必ず提出しなければなりません。

  • キャッシングの希望額が50万円を超える場合
  • キャッシングの希望額と他社からの借入金額の合計が100万円を超える場合

上記のいずれかの条件に該当する場合は収入証明書類を提出する必要があるため、書類をそろえる手間がかかるうえ、審査にも時間がかかります。

水商売の方は収入証明書が発行されていない場合や、発行されていても本名ではなく源氏名の書類しか発行されていない場合があるため、収入証明書類の提出が必要になるキャッシングの金額を希望することはおすすめしません。

また、収入証明書類の提出が必要ない金額でも、キャッシングを希望することによってカード会社側の処理手続きが煩雑になるため、審査に時間がかかったり、場合によってはキャッシングを希望したことが原因で審査に落ちてしまう可能性もあります。

そのため、カードを使ってお金を借りる予定のない方は、キャッシング希望金額の項目は0円を選択して申し込みましょう。

若いうちにクレジットカードを作る

若い方が、クレジットカード審査が有利になる。

クレジットカードの審査は、年齢が若い方が有利です。

クレジットカードの審査では、カードやローンの利用履歴であるクレジットヒストリー(クレヒス)や年収が審査項目になりますが、年齢が若い方はクレヒスがない場合や年収が低い場合でもそれが当たり前なので、クレヒスや年収が原因で審査に落ちる可能性が低くなります。

そのため、キャバ嬢やホステスの方で審査に自信のない方でも、年齢が若ければ審査に通る可能性は上がります。

若いうちにクレジットカードを作っておくと、作ったクレジットカードを使ってクレヒスを育てることができるため、その後の審査でも有利です。

クレジットカードの利用代金を期日までにきちんと支払った月は、信用情報機関に「$」マークが残ります。

毎月の支払い状況に$マークが並んでいる状態が最も審査に通りやすいクレヒスのため、$マークが並ぶようにクレヒスを育てておきましょう。

審査難易度の高いカードを作りたい場合でも、良好なクレヒスを育てておくと属性が多少悪い場合でも審査通過の可能性が上がります。

在籍確認の準備をしておく

カード審査にて、申込者が勤務先に本当に勤めているのか、在籍確認が行われる。

クレジットカードの審査では、申込者が申告した勤務先に本当に勤務しているのかを確認するために、カード会社が勤務先に電話をして在籍確認が行われる場合があります。

在籍確認は必ず行われるわけではありませんが、もしも在籍確認の対象になっているにもかかわらず在籍確認が取れない場合は審査に落ちてしまいます。

在籍確認は通常9時から17時までの時間帯に行われるため、夜にしかあいていないお店で働いている水商売の方は、事前に昼間にお店にかかってきた電話をとれるように調整しておく必要があります。

また、職場の人に本名を教えておらず、源氏名しか知られていない場合も多いと思いますが、在籍確認の電話は本名宛てにかかってきます。

そのため、電話に出る可能性のある職場の人に、本名宛てにかかってきた電話についても対応してもらえるように事前にお願いしておく必要があります。

なお、在籍確認はあくまで申込者がその勤務先に在籍していることを確認するものなので、本人が電話に出られない場合でも在籍が確認できた時点でほとんどのカード会社では在籍確認が完了します。

例えば在籍確認の電話がかかってきた際に「○○は本日は出勤していません」と職場の人に伝えてもらえれば、在籍確認完了となるケースがほとんどです。

正式な会社名を申告する

キャバ嬢、ホステスなどの場合、勤務先のお店ではなく会社名を申告すること。

キャバ嬢やホステスとしてお店で働いている場合、クレジットカードの申し込みの際に申告する勤務先情報はお店の名前ではなく正式な会社名にしましょう。

水商売の場合、勤務先の店の名前とその店を経営している会社の名前が異なる場合も多いと思います。

この場合、すぐに夜の店とわかる店名を申告するよりも、きちんとした会社の名前を申告する方がクレジットカードの審査には有利です。

短期間に何枚もカードの申し込みをしない

短い期間中に、複数のカードを申し込むことはNG.

すぐにクレジットカードが欲しいからといって短期間にクレジットカードを複数枚申し込むと、いわゆる「申し込みブラック」という状態になってしまいます。

多重申し込みによる申し込みブラックは、信用情報機関に短期間に複数のクレジットカードの申し込み記録である申込情報が登録されている状態で、このような状態になっているとクレジットカードの審査担当者にお金に困っている人・クレジットカードの審査になかなか通らない人という印象を与えてしまうため、審査に通りにくくなります。

申込情報は信用情報機関に6カ月間保存されるため、申し込みブラックになると信用情報機関から情報が消えるまでの6カ月の間はクレジットカードやローンの審査に通りにくくなります。

今すぐにクレジットカードが必要だという場面も多いと思いますが、近年はスピード発行や即日発行ができるカード会社も増えてきているため、同時に何枚も申し込みをせずに1枚ずつ申し込みましょう。

万が一申し込みブラック状態になってしまったら、直近の申し込みが完了してから半年間あけて、もう一度申し込んでみましょう。

既婚の場合は主婦として申し込む

アルバイトで無理な場合、専業主婦として申し込めば審査通過の可能性も。

すでに結婚されているキャバ嬢やホステスの方の場合、少しでも収入がある方がクレジットカードに通りやすいと考える方も多いと思いますが、「アルバイト」として申し込んで審査に通らない場合でも、「専業主婦」として申し込むと審査に通ることがあります。

勤務先の規模や年収にもよりますが、収入の安定しないアルバイトよりも、本人に収入はないけれども配偶者に安定した収入がある専業主婦の方が、返済能力が高いとみなされる場合があります。

もし既婚の方で「アルバイト」として申し込んでもなかなか審査に通らないという方は専業主婦として申し込んでみることをおすすめします。

審査に通りやすいクレジットカードを選ぶ

クレジットカードの審査はカード会社やカードの種類によって難易度やステータスが異なります。

通常、年会費が高いカードは取得難易度やステータスが高く、年会費が安いカードや年会費が永年無料のカードは取得難易度やステータスが低い傾向があります。

カード会社と取得難易度・ステータスの高さの関係は以下の通りです。

カード会社の系統 クレジットカードの例 取得難易度
およびステータスの
高さ
銀行系カード 三井住友VISAカード
JCBカード
高い
信販系カード ジャックスカード
オリコカード
やや高い
流通系カード エポスカード
イオンカード
やや低い
消費者金融系
カード
アコムAC
マスターカード
低い

上の表の通り、カード会社の系統によって審査難易度やステータスが異なります。

また、同じカード会社が発行しているクレジットカードでも、カードの種類によって審査難易度やステータスが異なります。

どのカード会社も一般カードは最もスタンダードな審査難易度ですが、ゴールドカードはそれに比べて審査難易度やステータスがやや高く、ブラックカードやプラチナカードのようなステータスカードは審査難易度やステータスが非常に高くなります。

審査に自信のないキャバ嬢やホステスの方は、審査難易度やステータスが高いカードを避けることをおすすめします。

通常は年会費無料のカードが最も審査難易度が低いので、属性に自信のない方は年会費無料のカードへの申し込みをおすすめします。

 ホステスやキャバ嬢が審査に落ちる原因とは?

ホステスやキャバ嬢が審査に通るためのコツについて解説しましたが、それでも審査に落ちることはあります。

上記のコツを実行しているにもかかわらず審査に落ちてしまった場合に、考えられる原因について解説します。

信用情報に問題がある

信用情報に、延滞や債務整理などの情報がある場合は審査落ちは確定といえる。

信用情報機関に延滞情報や債務整理情報などの金融事故情報が登録されている場合は、何をしても審査に通ることはできないため注意しましょう。

信用情報に問題があるいわゆる「ブラック」という状態の場合は、たとえ年収が高くても審査に通ることはできません。

もしブラックになってしまった場合は、信用情報機関からブラック情報が削除されるのを待ってから、再度クレジットカードに申し込むしかありません。

ブラック情報は延滞情報の場合は最長5年、債務整理情報の場合は最長10年の間信用情報機関に登録されるため、金融事故は絶対に起こさないように気を付けましょう。

キャバ嬢やホステスの方がクレジットカードの審査に落ちてしまう原因で多いのが、過去に滞納した携帯電話料金です。

近年、スマホなどの本体価格が高額になってきているため、分割払いを選択して毎月の携帯電話の利用料金と一緒に本体代金を支払っている方も多くなっています。

携帯電話本体の支払いを滞納することで、ブラックという状態になる。

しかしご存知ない方も多いのですが、携帯電話の本体代金を分割払いにして支払っている場合、携帯電話の利用料金の支払いを滞納すると信用情報機関に延滞情報というブラック情報が登録され、いわゆる「ブラック」という状態になってしまいます。

信用情報機関とは関係がないと考えている方の多い携帯電話の利用料金ですが、一度でも滞納するとそれ以降クレジットカードやローンの契約ができなくなるので、遅れないように毎月確実に支払っていく必要があります。

なお、携帯電話本体の代金について分割払いではなく一括払いを選択した場合や、分割払いを選択した後にすでに本体代金の支払いが完了している場合は、万が一携帯電話の利用料金を滞納しても信用情報機関にネガティブ情報が登録されることはありません。

もし自分の信用情報にブラック情報がのっているかどうかわからないという方がいれば、信用情報機関に対して信用情報の開示請求をすることによって、自分の信用情報を見ることができます。

過去に延滞をしてしまい、ブラック情報が登録されている可能性がる場合は一度開示請求してみることをおすすめします。

クレヒスがない

クレヒスが悪い、もしくはない場合の審査通過は難しい…。

上記でクレヒスはクレジットカードの審査項目であり、クレヒスを育てることで審査通過の可能性が上がることについて解説しましたが、クレヒスが悪い場合はもちろん、クレヒスが全くない場合も審査通過の可能性は低くなります。

クレヒスが全くない状態をスーパーホワイトと呼び、年齢が30代以上でスーパーホワイトの場合はクレジットカードの審査に通る可能性が下がります。

そのため、クレジットカードは20代のうちに1枚作っておくことをおすすめします。

30代以上でスーパーホワイトになってしまっているという場合は、まずアコムACマスターカードなどの審査難易度が低いカードを1枚作り、そのカードでクレヒスを育ててから他のクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

申告内容に誤りや虚偽がある

申込した内容に虚偽があると、カード会社が正しい情報を把握するために発行に時間がかかる。

申し込みの際に記入した内容に間違いがある場合、カード会社では正しい情報がわかるまでカードを発行することができません。

そのため、審査をするのに時間がかかったり、間違いのない情報が確認できない場合は審査に落ちてしまう可能性があります。

特に、住所やメールアドレス、固定・携帯電話番号など、連絡先に関する情報が間違っている場合は、カードの審査手続き中に確認事項が発生した場合にカード会社から申込者に連絡がとれず、審査が進まなくなってしまう可能性があるため、こういった情報は必ず間違いのない正しい内容を記入するように気を付ける必要があります。

また、嘘の内容を記入した場合、審査担当者に不審な申込者だと思われてしまい、クレジットカード審査に通らない可能性があります。

クレジットカード審査に通る可能性を上げるために嘘を書いて申し込んでも、審査中には在籍確認や信用情報機関の利用などを行うため、この過程でほとんどの場合は嘘がばれてしまいます。

上記でも解説しましたが、嘘がばれると審査に落ちるリスクだけではなく、社内ブラックになって二度とそのカード会社の審査に通過することができなくなるリスクもあるため、申し込み内容を偽って申し込むことはおすすめしません。

 アリバイ会社は利用しない

水商売で使われがちな、アリバイ会社は虚偽申告として扱われる。

インターネットで、キャバ嬢やホステスなど、一般的にクレジットカードやローンの審査に通りにくいとされている勤務先に勤めている人のための「アリバイ会社」というものの広告を見たことがある方も多いと思います。

アリバイ会社とは、実際には勤務していない架空の勤務先を用意し、利用者がこの架空の勤務先で正社員として働いているように見せかけるための書類作成や在籍確認の対応などを行う会社です。

アリバイ会社の広告では、アリバイ会社を使ってクレジットカードやローンの審査に通ることができたという体験談などが載っていますが、アリバイ会社を利用することは上記でも解説した虚偽申告に当たります。

虚偽申告がばれずにクレジットカードの審査に通る可能性もありますが、万が一ばれた場合はカード会社を騙してカードに入会したことになるので強制退会になる可能性が高いのはもちろん、最悪の場合は詐欺罪で逮捕される可能性もあります。

このようなリスクを避けるためにも、アリバイ会社を利用してクレジットカードに申し込むことはやめておきましょう。

どうしてもクレジットカードの審査に通らない場合はどうすればいい?

いろいろ試して無理だった場合は、「デビットカード」「家族カード」をおすすめる。

上記で審査に通るためのコツについて解説しましたが、これらを実践しても審査になかなか通らないという方は、家族カードやデビットカードへの申し込みをおすすめします。

家族カードとは、クレジットカードの契約者本人の家族に対して発行されるクレジットカードです。

家族カードの利用代金は契約者本人のカード(本カード)から引き落とされるため、審査も契約者本人に対して行われます。

そのため、万が一家族カードの利用者の信用情報にブラック情報が登録されている場合でも、本カードの契約者の信用情報にブラック情報が登録されていなければ審査に通過することが可能です。

クレジットカードの審査になかなか通らずに困っているキャバ嬢やホステスの方で、家族がクレジットカードを保有している場合は、家族カードに申し込んでみましょう。

同じようにどのような属性の方でも発行できるカードにデビットカードがあります。デビットカードは契約者本人に対する審査が行われる家族カードとは異なり、全く審査なしで作ることができるカードです。

そのため、信用情報や属性にかかわりなく、どんな人でも作ることができます。審査がない理由は、デビットカードの利用代金は登録している銀行口座からカードを利用した瞬間に引き落とされるからです。

クレジットカードの場合はショッピング代金をカード会社が一時的に立て替えて、利用者はその代金を後払いするという仕組みのため、カード会社にとっては利用者が代金を支払えない場合に立て替えた金額を返してもらえないリスクがあります。

このようなリスクを最小限にするためにクレジットカードの場合は審査が行われますが、貸し倒れのリスクのないデビットカードは審査をせずに作ることができるのです。

デビットカードの利用限度額は銀行口座の残高になりますが、クレジットカードと同じように実店舗やインターネットでの買い物で決済手段として使えますし、クレジットカードのようにポイントも貯めることができるため、クレジットカードの審査に通らずに困っている水商売の方はデビットカードへの申し込みも検討してみてください。

水商売の人でも審査に通った実績のあるクレジットカードとは?

上記で審査通過のためには審査難易度の高いクレジットカードを避けることも大切だと説明しましたが、実際にキャバ嬢やホステスの方が審査に通った実績のあるクレジットカードをご紹介します。

楽天カード

楽天市場を利用する方におすすめの「楽天カード」

楽天カードは楽天カード株式会社が発行している、楽天グループでお得に使えるクレジットカードです。

楽天カードは審査に通りやすいカードとして有名で、キャバ嬢やホステスの方にもおすすめのカードです。

また、ポイントが非常に貯まりやすく、基本的なポイント還元率が1.0%と比較的高い水準です。

さらに楽天市場や楽天ブックスで利用するとポイント4倍、楽天ダイニングでの利用でポイント2倍などのサービスがあり、楽天グループをよく利用する方にはポイントがお得に貯められるためおすすめです。

申し込み条件 18歳以上(高校生不可)
年会費 年会費無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
旅行損害保険 最高2,000万円

エポスカードVisa

マルイユーザーにはありがたい「エポスカード」

エポスカードVisaは株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードで、マルイはもちろん、全国7000店舗以上の提携店でお得に使えるため、幅広い年齢層の方に人気があり、特に若い女性から支持を集めているカードです。

若い女性でも審査に通りやすいので、審査に自信のないキャバ嬢やホステスの方におすすめです。

年会費無料にもかかわらず国内外旅行損害保険が自動付帯しているので、海外によく行く方にもおすすめのカードです。

申し込み条件 18歳以上(高校生不可)
年会費 年会費無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
国内外旅行
損害保険
最高2,000万円

ルミネカード

ルミネで買い物する方におすすめの「ルミネカード」

ルミネカードはJR東日本グループの株式会社ビューカードが発行している、ルミネやJR東日本でお得に使えるクレジットカードです。

ルミネでいつでも5%の割引が受けられるため、若い女性の方に人気のあるカードです。

また、Suicaへのオートチャージができるうえに、SuicaへのチャージやJR東日本の定期券購入の際にポイントが貯まりやすいため、JR東日本をよく利用する方にも人気があります。

年収が100万円に満たない方でも審査に通ることができ、実際にキャバ嬢の方でも審査に通った実績のあるカードなので、水商売の方にもおすすめです。

申し込み条件 18歳以上(高校生不可)
年会費 初年度年会費無料
2年目以降953円(税別)
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
国内外旅行
損害保険
最高1,000万円

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ