ブラックや元自己破産者はどんなカードを申込めばいいの?

「ブラックでも作れるカードはありますか?」個別で最も多くご相談をいただく内容です。ブラックにクレジットカードを発行してはならないという法律はありませんが・・・厳しいのが現実です。

しかし、ブラックがカードを取得できないことは無く、ブラックでも作れるクレジットカード会社は少なからず存在しているのは事実です。ぜひ、このページを最後までご覧いただき最初の一歩を踏み出してください。

【目 次】
  1. ブラックでも作れるクレジットカードはあるのでしょうか?
  2. ではどういったカードを申込めば良いのでしょうか?
  3. 自己破産し、10年間「ブラック」と呼ばれた男性の体験談

ブラックでも作れるクレジットカードはあるのでしょうか?

最初に断言しておきますが、「ブラックリストという名の「リスト」は、世の中のどこにも存在していない事実があります。

世の中に、ブラックリストは存在していない…

以前このサイト内の別の記事でCICやJICCといった「個人信用情報機関」に異動の情報(延滞や貸倒れ等の金融事故情報)が登録されてしまった状況を…

金融業界における「ブラック(ブラックリスト・金融ブラック)」 と呼称する場合がある内容をお話したかと思います。

異動情報(支払いの延滞や滞納・保証履行等)は、延滞(申込者が支払いから逃げている状態)が解消した時期から数えて5年間(JICCは1年)。

ブラックになるとカード取得が難しくなります

自己破産については5年~10年という長期間、各信用情報機関(CIC情報やJICC情報)に、事故延滞情報が登録されます。

ですので「その期間中は、「基本的にどのカード会社に申込みをしても、「審査が通ることはない」と考えてください」と記載しました。

カード事故を起こし、ブラックの履歴を持ち、そしてカード解約という流れになった人は、まず審査に通らない…

このような内容から総合して考えても、カード事故を起こしてブラック履歴を持ち、カード解約という状態に陥ってしまった人が、「確実に通る」クレジットカードは、公式には存在しません。

ブラックでも作れるカード・・と考えた時に、選択肢のひとつとして挙げられるのは、「デビットカード(VISAデビットカード・スルガVISAデビットカードなど)」と言われていますが・・。

このカードは口座に残高がないと利用ができませんので、クレジットカードが欲しいと思っているひと達が希望する「立替払い(後払い)」というメリットを享受することができません。

この他に2つ目の選択肢として、個人信用情報機関に照会をかけ、「信用情報開示報告書で自分の状況を把握した上で、クレジットカードに申し込む・・」という方法もあるようですが・・。

金融事故を起こしてからの数年間は「ブラックだから、クレジットカードが作れない・・」

という状態になっていますので、信用情報開示報告書を見て、更にショックを受ける方々も多い実情があると言われています。

各カード会社では「信用できない人には、利用してもらいたくない・・」と考えています。

なので、「ブラックでもクレジットカードが作れます!」・「ブラックでもカードを持てます!」というような、いい加減な勧誘はできません。

しかし金融の事故情報が消える時期が訪れ、多少属性が低くても申し込めるクレジットカードを選ぶことができれば、審査通過を諦めていたひと達でも、カード発行に至るようです。

信用情報については自分の信用情報を調べる方法で解説しています。

ではどういったカードを申込めば良いのでしょうか?

クレジットカード会社の種類を審査のハードルが高い順に並べると、下記の通りになります。

  • 銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系

消費者金融系のクレジットカードは、最もハードルが低いことに注目です。

この順番から見ていくと、消費者金融系のクレジットカードが最もハードルが低いというのが明確です。

ですので年収や勤務先企業規模などの「属性」が低い人でも、カード発行に至る可能性が高いと言えると思います。

しかし支払いの遅延や延滞、多重債務、債務整理などの金融事故により…

「ブラックになってしまった人」というのは、各クレジット会社の審査難易度とは無関係でカード発行が難しくなりますので、

「明日使う10万円がない・・」とか「どうしてもクレジットカードがないと・・」という困窮した状態に陥る傾向が高くなります。

「街金」や「金貸し」と呼ばれる金融系の営利企業が「不特定多数の弱者から法外な金利を取っている」…

という事実を知っていたとしても、そのような会社に申込みをして、「不利な条件」で金融サービスを受けざるを得なくなってしまうのです。

カードを作り、時間をかけて過去の情報を覆すぐらい支払い実績を作ることを念頭に…

このような状況は、「一度信用を失った人なので、仕方がないこと・・」と言えるかもしれませんが、ブラック情報が消える時期が訪れた時には…

「まずはカードを持ち、過去の情報を覆すぐらいの支払い実績を作ること・・」を念頭に置いて、優良なカード利用者となる道を歩むことが理想的だと言えるのではないでしょうか。

以前私がクレジットカード業界で働いていた時、相談者の方から、このような体験談を頂戴したことがありますので、ご紹介させていただきます。

自己破産し、10年間「ブラック」と呼ばれた男性の体験談

自己破産後、約10年間「ブラック」と呼ばれる状態になってしまった…

私は自己破産をして、約10年間「ブラック」と呼ばれる状態に陥っていました。

その間は仕方がないのでデビットカードを使っていましたが、このカードは後払い決済ができないので、「カードとしての利便性」を得られることもない。

そして利点として感じられたのは「キャッシュレス(現金を持ち歩かなくて良い)」という部分だけでした。

デビットカードに不満を抱えていた私にも、ブラック情報が消える日が訪れ、海外旅行に行くためにクレジットカードを作ろうと考えるようになりました。

でもそんな私は、元自己破産者。不安な気持ちでネット検索していたところ、口コミや体験談の中で「審査にも柔軟で、海外のMasterCard加盟店でも使えるから非常に便利・・」という形で紹介されていた、マスターカードの存在を知ったのです。

私が見たサイトの中には、「消費者金融系は審査に柔軟だから、ブラックだった人には適している・・」であるとか。

デビットカードはクレヒスにならない

「クレジットヒストリーと呼ばれる利用実績を積むには、最適なカード・・」というこちらの消費者金融系クレジットカードに関する良い記述が多かったので、自信のない私でも、安心して申し込みができたのでした。

口座残高の範囲内で利用するデビットカードは「使いすぎる」というアクシデントが起こらなくても、どんなに使ってもクレジットカードの利用履歴が積み上がることはありません。

消費者金融系のクレジットカードなら、ブラックでもカード発行ができる可能性も…

ですので、将来的に銀行系とかステータス性や審査ハードルの高いクレジットカードを持ちたいと考えるのであれば、最適な選択肢とは言えないと思います。

でも消費者金融系のクレジットカードなら、ブラックという状況に陥って自信を無くしている私達でも、カード発行に辿り着く可能性が高い存在になるのです。

最初から自分の理想とするクレジットカードに申し込みをしまくっても、そこで審査がダメになると、半年以上は申込みに通らなくなると聞いたことがありました。

そんな状態に陥ってしまっては、更に自信をなくして「もう自分はカードなんて持てないかもしれない・・」と絶望状態になってしまう。

なので最初のステップとなるカードは、とても大事な存在になると実感した私です。

(体験談ここで終了)


審査に通るためには、まずブラック情報を消すことが重要です。

審査に通らない状態に悩むひと達は、「ブラックでも問題がないクレジットカード」というキーワードに惹かれて様々なサイトを見る傾向があるようですが・・。

「ブラック情報が消えるまで、100%審査に通らない・・」

という自分が置かれた実情を受け入れた上で、他のクレジットカードよりも多少利便性が悪くても、「カードを持つ事」が命題であると捉えるべきだと言えるでしょう。

主婦層をターゲットとしている「流通系クレジットカード」や、「楽天カード」のように新規顧客を増やしている会社は「ブラックだった自分でも、カード発行できた!」

という体験談が書かれているようですが、その中でも、特に消費者金融系のクレジットカード審査に通った事例が高い傾向があるようです。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ