CICにおけるクレジットカードの利用履歴だけがクレヒスではありません。

クレジットカード審査においてクレヒス(クレジットヒストリー)は非常に重要です。
年収、勤続年数、勤務先などの属性がどんなに良くてもクレヒスで否決なんてこともあります。

このページでは、ACマスターカードを使ったクレヒスの作り方や信用情報にはクレヒスがどのように記録されるのか?等、幅広く解説しています。必見です。

【目 次】
  1. CICに記録されるクレヒスを作る方法
  2. クレヒスが記録されないクレジットカードとは?
  3. PやAがある状態で審査に通過しますか。
  4. PやAなどのクレヒスに傷が付いた時に最短で回復する方法
  5. アコムACマスターカードはクレヒス作成に有効なのでしょうか?

CICに記録されるクレヒスを作る方法

個人信用情報機関であるCICなどで、クレジットヒストリーは登録されている。

クレヒスとはクレジットヒストリーの略で、CICなどの個人信用情報機関に記録されている内容を指します。

クレジットカード、キャッシング、住宅ローンなどの契約内容や毎月の支払状況等が記録されるわけですが、この情報は契約中と解約後5年間は記録として残ります。

支払状況については、直近2年分の支払状況が残ります。

人によっては、この支払状況をクレヒスと理解している人が多いです。

クレヒスを徹底解説

このクレヒスですが、クレジットヒストリーの略ということもあって、「クレジットカードの返済実績が無いとクレヒスとは言わない。」と勘違いされている人がいるので、今日はクレヒスについて深く掘り下げたいと思います。

冒頭にクレヒスとは直近2年分の支払状況を指しますので、CICに記録される入金スタイルであれば、クレヒスを作ることが可能になります。

このクレヒスを作るためには、以下の契約を行うとCICの支払状況に記録されクレヒスを作ることが可能になります。

  • ①クレジットカードの契約…毎月の支払が発生するクレジットカード契約
  • ②個品割賦契約…商品代金を分割払いで支払う契約
  • ③リース契約…リース代金を支払う契約
  • ④保証契約…顧客が返済できなくなれば、保証会社が顧客の代わりに返済することを約定した契約
  • ⑤無保証融資…保証契約が付いていないキャッシング
  • ⑥保証融資…保証契約の付いたキャッシング
  • ⑦住宅ローン…住宅を購入するために借り入れたローン
  • ⑧移管債権…複数のクレジット契約を一本化したもの。クレジットカード会社が合弁して一本化した場合も移管債権に該当します。

このページをご覧の人は、クレジットカードの審査に不安な人が多いでしょうから、最も簡単なクレヒスの作り方としては、②の個品割賦契約をお勧めします。

意外と知らないのが携帯電話本体の分割払いがクレジットヒストリーになります。

今はガラケーよりは、スマートフォンが主流ですので、このスマートフォン本体(タブレットも可)の分割払いによってクレジットヒストリーを積み上げるのが最も簡単です。

機種変更のタイミングがおすすめ

大抵の人は、携帯電話を持っていると思いますので、機種変更のタイミングが最も審査に通りやすいでしょう。以下、私の信用情報開示報告書になりますが、この時、スマートフォンを初めて購入した時のクレヒスです。

機種代金が57,000円24回の分割払いとなります。入金状況に入金済みの「$」マークが付いているのがわかると思います。

 ※クリックで画像が拡大します。

さらに、クレヒスを作る方法としては、家電量販店で家電製品をローンで購入する際にも有効です。この時、ジャックスやオリコなどの信販会社のローンで購入することになります。

家電量販店で商品を購入する際に、ローンで買うことでクレヒスを作ることも。

ショッピングローンの良いところは審査に落ちてしまった場合、最悪、保証人を付けることができるので、審査に受かる可能性が高まることです。

ただし、ジャックスやオリコなどの信販会社のショッピングローンは、申込書に記載されている但し書きをよく読んでから申し込んでください。

勤続1年以上などの一定の要件を満たす必要があります。

また、後述しますが、どうしてもクレジットカードでのクレヒスを作りたい人は審査が比較的柔軟なアコムACマスターカードあたりがお勧めです。ただし、過去にアコムからの債務について免責を受けた人は取得できませんので注意が必要です。

クレヒスが記録されないクレジットカードとは?

アメリカンエキスプレス、ダイナース、JCB本体カードは入金状況の更新がされないカードとして有名です。

延滞なども無く毎月全額入金されていれば、「$」マークが付くのですが、「空欄」になっており情報が更新されません。

なお「$」マークの登録はカード会社の任意です。この$マークが無いことが、クレヒスにならないかと言うとそんなことはありません。

ネガティブ情報を記録させないことが重要

PやAなどのネガティブ情報を表示させない為に、支払い期限を守ることが重要です。

既にカードを持っている人で重要なことは、期日までにちゃんと入金されていることが重要ですので、「P」や「A」マークなどのネガティブ情報が無いことの方がより重要です。

このネガティブ情報があると「次回カードが更新されない。あるいは、利用限度額が減枠される。」などの可能性があります。

なお、クレヒスは本来、これからクレジットカードを持ちたい人のための審査の際に重要な指針となります。

クレヒスが無い人は、スーパーホワイトと言って審査で極めて不利になります。詳しくは、スーパーホワイトへの審査とは?で解説しています。

PやAがある状態で審査に通過しますか。

以前、こんな相談をいただきました。

  • お恥ずかしいのですが、個人信用情報機関のCICで情報開示してきました。いわゆるブラックと言われている異動情報は無かったのですが、入金状況欄にはH26年6月A、H25年1月A、2月~7月まで6ヶ月連続でP、H24年10月A、11月Pと未入金マークが付いています。いわゆる「ブラック」ではないと思いますので、イオンカードが欲しいのですが、可決しますか?

このようなご相談をいただきました。

▲相談者から送ってもらった実際の入金状況(クリックで画像が拡大します。)

まず、開示請求書の指定期日までに遅れた場合は、PやAが付くことを指しPとAの違いは以下となります。

  • P・・・請求額の一部が入金された。
  • A・・・お客様の事情でお約束の日に入金がなかった

Pは延滞による利息を遅延した日数で再計算しないで、元々の請求金額だけ入金すると一部入金とされるPが表示されます。この相談者の支払い状況を見ますと6ヶ月連続で一部入金となっています。

入金を示す$マークは付いていて当然

つまり、カード発行を行う金融機関側見ればこのクレジット情報を見ると、「請求額の一部は入金があったものの6ヶ月連続で延滞している。」と見なされるため、立派なネガティブ情報となります。

通常は、請求額通りの入金を示す$マークが付いて当たり前なのです。

PやAが羅列されている=お金にルーズと思われる可能性が高い。

例えば契約後に始めての引き落としで「うっかり入金するのを忘れていた。」ですとか「数年に一度の引き落としができなかった。」場合、再請求された期日までに入金すれば、$マークを付けるクレジットカード会社がほとんどです。

従って、異動情報が無くとも「P」や「A」マークの入金情報が並んでいると「お金にルーズな人」だと見なされ審査上、好ましくありません。

さて、本題のイオンカードですが、こちらのイオンカードの審査の特徴とは?でも解説していますが、積極的に会員数を増やしている傾向にありますが、クレヒスが汚い(PやAが連続)と瞬殺の可能性が高いため、綺麗にされることをお勧めします。

PやAなどのクレヒスに傷が付いた時に最短で回復する方法

ここで良く誤解されるのが、PやAが付いたクレジットカード会社との契約を解約すれば、PやAなどのネガティブ情報が消える(無かったことになる)と誤解されている方が多いですが、そんなことはありません。

信用情報機関では、クレジットカード会社などとの契約情報は契約終了後5年間記録されることとなります。これによって、解約時の延滞情報等も含めて、契約終了から5年の保有期限まで記録が残ります。

PやAマークを押し出すことも有効

しかし、契約途中にPやAマークが記録されていても、直近2年は$マークが付けば、審査をする側にとって直近2年分のみの入金状況しか表示されません。

情報機関に延滞や事故情報が無い場合、カード会社はこの人は「5年間きちんと支払いをした」と判断します。

これによって、延滞や異動などの事故情報が無ければ、「5年きちんと支払ったんだな。」と見なされます。

解約する際は、直近2年分のPやAが表示されなくなる(押し出す)まで、待つことをお勧めします。

ただ、PやAが押し出されるまで、待っていられない。

今すぐカードが欲しい人は、ぜひ、最後までこのページをご覧ください。

アコムACマスターカードはクレヒス作成に有効なのでしょうか?

私の古くからの友人で、6年前に自己破産をし、免責を受けた人がいます。

この人は、CICに他社からの借入記録が残っている状態でACマスターカードの審査に通過したという非常に珍しい方です。

この友人は、免責を受けており一切の借金が無い状態(負債が0円)ですから、CICの異動情報がある状態でも審査に通過したのでしょう。

なお、属性は、一部上場企業の正社員、勤続7年、年収については平均よりも高いです。

信用履歴を除けば受からないことが不思議なくらいの属性です。本人の属性が高く評価されたのがよくわかります。

まずはACマスターカードでクレヒス修行

この友人は、

  • 審査基準が比較的柔軟なACマスターカードでコツコツとクレヒスを積み上げることで、ゆくゆくは一般的なカードが欲しいのですが、「いつ何系のカードに申し込めば通過できる可能性が高いのか?」

という相談です。

確実な審査通過を望むには、免責後5年以上経った借入情報を削除する必要がある。

今の状態で一般カードの申込みをしても審査落ちする可能性が高いので、免責後5年以上経過した情報(借入記録)を削除する必要があります。

その際、裁判所で証明書の申請を行い借入れ記録を残している業者へ信用情報を訂正するよう依頼します。

信用情報の訂正によって免責を受けた後の5年以上前の情報が削除されます。また、今回作ったACマスターカードのクレヒスも登録されますので正常な状態に戻ったということを意味します。

正直、何系のクレジットカードがいいか?ですが、現在のクレヒスがACマスターカードの1枚というのを、審査を行うカード会社がどう判断するか?だと思います。

他のページでも解説していますが、審査難易度としては、銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となっていますので、確実性を狙うのであれば流通系カードから選定されてみてはいかがでしょうか。

破産免責の場合は銀行系は避けた方が無難

破産免責の場合は、全銀協は官報情報が10年掲載されますので、全銀協を照会する銀行系カードは避けるべきです。

また、申込みを予定しているクレジットカード会社はどの信用情報機関に加入しているか?は必ず記載されていますので、確認を怠ることがないようご注意ください。

現在、CIC,JICC,全銀協はCRINで情報交流されていますが、官報情報は対象外です。従って、加入している信用情報機関がCICとJICCのみであれば問題ありません。

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ