審査が不安…でも今日中にカードが欲しい。

最短30分!そんなあなたに頼れる1枚
ACマスターカード

  • 当サイトからの申込みNo1
  • 最短、今日中に取得可能
  • 年会費永久無料
  • 通常のクレカとは別の審査基準
  • 国際ブランドのマスターカードだから世界中で使える

カード発行可能か3秒診断できます。

※公式サイトへ移動します

アコムACマスターカードの審査にまつわるQ&Aに回答します。

最近では、アコムACマスターカードに関する審査について多くの質問をいただきますので、解説したいと思います。

【目 次】
  1. Q1.アコムACマスターカードに落ちない方法はありますか?
  2. Q2.ACマスターカードはどんな審査基準ですか?
  3. Q3.ACマスターカードの審査難易度は?
  4. Q4.ACマスターカードは学生やフリーターでも作れますか?
  5. Q5.ACマスターカードの審査に必要な書類は何ですか?
  6. Q6.ACマスターカードの審査では在籍確認はありますか?


【相談1.】

アコムACマスターカードに落ちない方法はありますか?

【回答1.】

アコムACマスターカードを申し込むとキャッシング枠として1万~800万までが付与されます。

その際、キャッシング枠が50万円を超えると、貸金業法の 改正によって収入証明の提出が必要になります。

ですので、50万円までは自己申告の収入で審査されますので、審査に不安な人は、キャッシング枠を限りなく ゼロにすることが重要です。


【相談2.】

ACマスターカードはどんな審査基準ですか?

【回答2.】

信販会社が審査・発行するクレジットカードと同じくショッピング枠は割賦販売法の対象商品となります。

またキャッシング枠は、貸金業法対象商品として申込みしたとみなされます。

アコムは、CICとJICCそれぞれの個人信用情報機関の加盟企業ですが、どちらかと言うとクレジットカードの審査というよりかはカードローンやキャッシングの審査と考えていただければ良いと思います。

もちろん、過去の個人信用情報機関に債務整理や延滞情報さらに金融ブラック(金融事故)などの照会を行い審査基準に満たしていればカードが発行されます。


審査落ちしたくない人のための1枚

ACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!

【相談3.】

ACマスターカードの審査難易度は?

【回答3.】

クレジットカードの審査難易度としては、銀行系・独立系>信販系>小売・流通系>消費者金融系となります。

アコムACマスターカードは消費者金融系に属しますので、審査は相当簡素です。さらに、このカードはキャッシングやリボ払いメインですので比較的簡素な審査です。

なお、個人信用情報機関に異動情報(延滞等)があれば、まず銀行系カードの審査ではほぼ100%落ちますが、例えばアコムACマスターカードの審査基準に異動情報(ブラック情報)があっても延滞が解消されているのであればカード発行に至る可能性があります。

従って、過去多重債務者となってしまい自己破産歴のある人で、個人信用情報機関のネガティブな情報(事故情報)が消えた人でクレジットカードの利用実績が無い(クレジットヒストリーやクレヒスと呼びます)人は、審査通過率も良いと思いますので喪明けの1枚としてもお勧めです。

申込み資格として、「20歳~69歳で派遣社員、学生、パート、アルバイトでも安定した収入と返済能力があれば問題なく発行されるでしょう。(年会費無料)」

ただし、このホームページで何度も言及していますが、カードを発行するか?否か?はカード会社次第ですので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【相談4.】

ACマスターカードは学生やフリーターでも作れますか?

【回答4.】

ACマスターカードは安定した収入があれば申込み可能です。

従って、大学生や専門学生であってもアルバイト収入があればOK。もちろんフリーターでも問題ありません。

【相談5.】

ACマスターカードの審査に必要な書類は何ですか?

【回答5.】

審査に必要な書類は運転免許証1点でOKです。

ただし、運転免許証がない場合は、個人番号カードまたは健康保険証等が必要で、証明書に顔写真がない場合や記載住所が現住所と異なる場合は別途住民票や公共料金の領収書等が必要になります。

また、アコムで50万円以上の契約をする場合、またはアコムと他消費者金融業者とあわせて100万円以上の借り入れとなる場合は、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要です。

【相談6.】

ACマスターカードの審査では在籍確認はありますか?

【回答6.】

在籍確認はあります。

在籍確認は、アコム担当者が申込者の職場へ電話をして「本人が申告通りに在籍しているかどうか」を確認します。

「アコム」ということは名乗らず、担当者の個人名で連絡があるため、勤務先にバレることは一切ありません。

また、事前に相談をしておくことで、指定の時間帯に在籍確認をお願いすることも可能です。
ただし、在籍確認なしにすることはできません。

上記に1つでも該当する方は、ACマスターカードに申込みしても審査に落ちる可能性があります。その場合は、キャッシング専用のACカードを申込みするようにしてください。

なぜ、キャッシング専用のACカードを推奨するのでしょうか?

クレジットカードの審査方法

皆さんは、クレジットカードの審査を行う際、審査担当者はどのような視点で審査を行っているかご存知ですか?

まず、WEB上から申込みが入るとスコアリングと言って申込み者の属性を点数化します。例えば給与の支払形態を挙げますと

固定給 45点
年俸 40点
歩合給 35点
週給 20点
日給 15点
時給 10点
その他 5点

などのようにカード会社によって評点を付けます。上記以外でも年齢、電話の有無(固定or携帯)、住居年数、職業、住居の種類、年収、加入保険、勤務先の資本金や従業員数、勤続年数、借入状況などがありこれらの評点が高い人ほど、カード会社の審査基準を満たすため発行される可能性が高くなります。

逆に評点の低い人は、足きりとなり審査に落ちます。また、スコアリングによって審査基準に通過できた人でも、CIC、JICC、KSCなどの個人信用情報機関で延滞等の異動情報があると審査に落ちます。

ここまでは、コンピューターによる自動審査となり、その後、人的審査(申込書の記入項目の精査や勤務先への在籍確認)を経て、承認or拒否の判定が行われます。

さらに承認後は、ショッピング枠は割賦販売法によって支払可能見込額をベースに枠が決まり、キャッシング枠は貸金業法によって年収の3分の1までを上限に利用限度額が決まります。

こんな人は即時審査落ちになる可能性が高い

私の経験上、以下のどれかに該当する方は、属性のうち重要項目の最低点を定め、この最低点をクリアしていない場合、即時審査落ち(足きり)となる可能性が高いです。

  • 30代~40代以上でクレジットヒストリーが無い方
  • CIC、JICCなどの個人信用情報機関に金融事故などの事故情報がある方
  • 多重債務、破産免責を受けた方
  • 自営、日雇い、風俗、水商売、ラブホテルなどの従業員の方
  • 勤続年数が数ヶ月で転職して間もない方
  • 年収が120万~200万円程度

従って、これらに該当する方は属性を大きく変えない限り否決される可能性が高くなります。

とは言うものの現実問題として、すぐには変えられない方がほとんどだと思いますので、そんな方はACカード(アコムカード)をお勧めします。

ACカードなら取得のハードルが低い

ACカードとは、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが発行するキャッシング専用のカードです。

クレジットカードではありませんが、ACカードの実績を作ることで、半年後デスクに電話することで、ACマスターカードに切り替えることが可能になります。

クレジットカードのサイトなのにどうして、キャッシング専用カードなの?と思われるかも知れませんが、ACマスターカードを発行するアコムもクレジットカード会社であることに変わりはありません。

カード発行を行う際、割賦販売法、貸金業法の法律を遵守する必要がありますが、ACカードの場合は貸金業法さえ遵守すれば問題ないので非常に取得しやすいのが特徴です。

カードフェイスもキャッシング機能付きですので、クレジットカードと同様の使い方も可能ですし、何よりクレカと違い有効期限がありません。

ではACカードはどんな審査基準で実施されるのでしょうか?

ACカードの審査基準はいたってシンプルです。

審査の際、この申込者は「返済能力」があるか?だけを見ています。

返済能力がある人は、どんな属性の人かと言いますと、「無職ではない人」となります。

ACカードの審査に通過しますか?というご相談をよくいただきます。

その際に、ご回答する内容としては、「無職でなければどなたでも審査に通過しますよ。」と回答しています。

実際にACカードを取得できた方の職業や属性

参考までに過去ご相談いただいた方でACカードを取得できた方の職業ならびに属性です。

  • 新聞店の配達員、勤続2.5ヶ月、見込み年収135万円
  • 日雇いの土木作業員、日給9,000円、CICとJICCへの異動情報あり(異動情報の原因となった延滞は解消済み)
  • 派遣型のデリヘル嬢、60分8,000円(一日2~3名)、月収換算で35万円
  • 古紙回収業の自営、営業歴6ヶ月、見込年収180万円、
  • 温泉旅館住み込みの仲居、多重債務(3社から180万円の借入れあり)、勤続10年、年収240万円

その他、信用情報に異動情報があるものの、既に完済した方や延滞等を解消された方、さらに異動情報でも破産宣告を受けた。

また、終了状況が本人以外弁済(保証会社や保証人が代わりに返済)を受けた人も取得できています。

理由はアコム独自の審査基準だからです。銀行系、信販系のクレジットカード会社や銀行系カードローンに落ちた人もACカードであれば問題なく取得できています。

アコムが考える「返済能力がある」人とは?

信販会社や銀行は、審査時に過去の履歴や属性を非常に重視していますが、アコムは過去の履歴はあまり重視せず「返済能力」があるか?この1点のみを重視しているからです。

「返済能力」があるとは、キャッシング等の借り入れを行った際に、ちゃんと期日までに約定通り返済できるか?を指します。

約定通りに返済するためには、「何かしらの収入」を得ている必要があります。

当然のことながら、無職では「返済能力」があるとは見なされません。

なお、無職ではありませんが、年収少ないですが大丈夫でしょうか?というご質問をいただくことがありますが、多い少ないは関係ありません。

クレジットカードにおいては、足きりとなる年収120万~200万の方でも問題なく取得できています。さらに、30代~40代以上の高齢クレヒス無しの方も問題なく取得できています。

クレカへのランクアップを図るためにも最適な1枚

数あるキャッシング会社の中で、なぜACカードをお勧めするかと言いますと、将来的にアコムACマスターカードの取得が容易だからです。

このサイトで何度も解説していますが、クレジットカードの取得難易度として、銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となっており消費者金融系が最も難易度が低くなります。

現在、消費者金融系でクレジットカードを発行しているのは、アコムのみとなっています。

前述の通り、クレジットカード会社は割賦販売法、貸金業法の規制を受けます。これはアコムも例外ではありません。

アコムはクレジットカードの中では、最も取得難易度が低い1枚ですが、審査時で足きりになってしまう人も少なからず存在します。

足きりになると、CICなどの個人信用情報機関に半年間記録が残ります。

その間、他のカード会社や銀行系カードローンに申し込んでもほぼ確実に審査に落ちます。

また、アコムと言えど、一度クレジットカードの審査に落ちた人を再度自社の顧客とするか?は正直疑問です。

従って、特にスコアリングの足きりに引っかかりやすい属性の人は、先にACカードを取得して、実績を積み重ねてからACマスターカードを申請するのがベストな選択です。

実績と言っても非常に簡単です。毎月数万円でも良いので、提携ATM(セブンイレブンやローソンのATM、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行等の各金融機関のATM)からお金をおろしてショッピング等を行い、約定日に返済するだけです。(※2015年3月23日現在)

これを半年でも行ってコールセンターへ連絡すれば、十分な取引実績となります。これによってACマスターカードが簡単に取得できます。

なお、申請時のタイミングですが基本的に異動情報が消えるのを待つ必要はありません。アコムとの取引実績があるだけで問題ありません。

  1. まずACカードを取得して半年間で良いので取引実績を作る。
  2. 実績ができたらセンターへ連絡してACマスターカードを申請する。

この順番さえ間違わなければ、収入のある人であれば、問題なくクレジットカードを取得することができます。

また、この2段階をお勧めする理由は、①と②を行うことで、CICやJICCにクレジットヒストリー(信用歴)として記録されることになります。

これによって、完全に異動情報が消えた段階で、他のクレジットカードを申し込めば審査通過の可能性が極めて高くなります。

過去に私のところへ相談に来られた方で、この2段階手法で取得できたカード会社は、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナース、三井住友VISAカード、ジャックス、オリコ、楽天etc主要カード会社の審査にほぼ通過しています。

実はクレカと同様の使い方が可能です。

また、ACカードをお勧めする理由としては、結婚、医療、住宅などのようにあらかじめ利用目的が決まっているものではないため、クレジットカードと同じ使い方ができることです。

お店を利用した際には、クレジットカードの場合はカード決済、カードローンはATMでお金をおろしてから決済します。

支払い方法が少し異なりますが、提携ATM(ローソン、セブンイレブン、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、他の地銀etc)でお金をおろして支払うだけです。(※2015年3月23日現在)

クレジットカードで代金を支払うか?現金で代金を支払うか?の違いだけです。

ネット通販等の決済が必要であれば、デビットカードを1枚持っていれば困らないはずです。しかし、デビットカードは、クレジットヒストリーの実績が作れませんので、ご注意ください。

ACカードの審査にまつわるQ&Aに回答します。

最近、アコムが発行するACカードに関する審査について非常に多くの質問をいただきますので、解説したいと思います。

【相談1.】

ACカードに落ちない方法はありますか?

【回答1.】

返済能力のある方であれば、どなたでも利用可能です。申込み時の注意点としては、ACカードは限度額が500万円となりますが、貸金業法の規制は受けます。

これによって、年収の3分の1を超える限度額の枠を希望しても発行不可となります。

また、希望のキャッシング枠が50万円を超える場合と他社との利用残高が100万円を超える場合は、収入証明の提出が必要です。


【相談2.】

いきなりACマスターカードに申込みするのはだめなのでしょうか?

【回答2.】

クレジットカード会社の足きりにかからない方であれば、問題ありませんが、前述の属性に該当する方は、ACカードで半年間実績を作ってからACマスターカードの申請を行うようにしてください。

ACカードの利用だけでも立派なクレジットヒストリーの実績になります。クレカと違い有効期限が無いので、私の知人などはこのカードのみを愛用しています。


【相談3.】

ACカードはどんな審査基準ですか?

【回答3.】

返済能力のある方であれば、どなたでも取得可能なカードです。

私が知り得る限りで審査に落ちた方は、定職に就いていない無職の方のみです。


【相談4.】

ACカードの審査に落ちた人は他もダメでしょうか?

【回答4.】

前述の通り、私が知り得る限りで審査に落ちた方は、無職の方のみですので、アルバイトでも何でも結構ですので、収入を得てから再度申込みしてみてください。

【相談5.】

ACカードはブラックでも作れますか?

【回答5.】

ブラックの方でも過去の債務整理先にアコムが含まれていた方やアコムへ過払い金を請求した方は、取得が難しいと考えます。

理由は、自社に対して何かしらの不利益を与えた利用者とは取引するとは思えないからです。会社内部の社内ブラック情報に半永久的に残るはずです。

みんなの口コミ、評判に私が回答します。

【相談1.】

消費者金融のカードなので少し抵抗があります。所持していることで不利益を被ることはありますか?

【回答1.】

このカードを持っていると住宅ローンの審査に不利になるなどのネット上の書き込みがありますが、約定通り返済していれば不利益を被ることはありません。

住宅ローンが組めないこともありません。

延滞が無くても中小の消費者金融を利用しているだけで審査上、不利益を被ることはありますが、アコムは、三菱東京UFJ銀行が親会社の東証一部上場の大企業です。銀行系消費者金融といったところでしょうか?何の問題もありません。

私は以前、住宅ローン審査の与信に携わっていた経験がありますが、融資条件として現在の借入を完済できれば、承認していました。

これは、キャッシングに限らず自動車ローンなどの扱いも同様です。


【相談2.】

クレジットの審査が通らないので、ACマスターカードなら取得しやすいと聞いたのですが、属性が良くないので、まずはACカードからチャレンジしたいと思います。

しかし、このカードを持つと消費者金融の登録履歴が残って心配です。

【回答2.】

キャッシングの利用によって他のローン審査に影響が出る場合もありますが、これはアコムに限らずキャッシング機能が付いているカードであればどこも同じです。

期日までにしっかりと返済していれば何の問題もありません。

上述の住宅ローンの審査時には、年収に占める返済率を計算する際に、自動車ローン、ブライダルローンなどと合算して計算されます。

年収に占める返済が35%に満たなければ、問題ありませんが35%を超える場合、これらのローン完済が条件で融資承認されます。


【相談3.】

リボ払いを希望しておりACカードの利用を検討しています。

発行元が消費者金融なので金利が他社よりも高かったり、さらに金利が何の前触れもなく高くなったりしないか?凄く心配です。

【回答3.】

確かに消費者金融系カードは、現在アコムのみですので、不安やあまりいいイメージを持たれていないのもわかりますが先の回答例にも言及している通り、三菱東京UFJ銀行系列の大手企業ですし、上場企業ですので安心してください。

もう一度おさらいACマスターカードの3秒診断(仮審査)~本審査で失敗しない方法

最後に、ACマスターカードの仮審査から本審査・契約までの流れをおさらいしておきましょう。
しっかりと頭に入れておくことで、本番失敗することなく、スムーズにカードを手に入れることができます。

①3秒診断(仮審査)

まずは3秒診断で申込み資格があるかどうかをチェックします。入力するのは「年齢」「性別・既婚」「他社の借り入れ状況」の3点だけ。

3点を入力して【診断開始】ボタンを押すとすぐに結果が表示されます。

入力情報が申込み資格に該当すると【ご融資可能と思われます】の文字が表示されるので、
そのままWEB申込みに進みます。

②アコムから申込み確認の連絡

申込み画面に入力した情報をアコムで確認ができたら、メールまたは電話で申し込み確認の連絡があります。電話連絡の場合は、アコム担当者の個人名でかかってくるため他の人にバレることはありません。

③自動契約機「むじんくん」で本人確認

本人確認書類を持って近くの「むじんくん」に行きます。本人確認書類の提出をしたら本審査がスタートします。

④本審査

本審査では勤務先や年収、借り入れ状況や資金使途などをアコム担当者が詳しく確認します。「むじんくん」の画面表示に従い、審査に必要な項目を入力していきます。

途中、オペレータと会話することもあります。

質問事項には正確に答えましょう。内容にあいまいな点があったり、虚偽の申告をしたりした場合は、審査時間がかかる原因となり、最悪の場合審査落ちすることもあります。

通常の審査時間は約30分です。

⑤契約

審査に無事通過することができたら、暗証番号や郵送先の入力を行い、契約書にサインをしたら手続きは完了しカードが発行されます。

ACマスターカードを即日手にしたいと思ったら、このようにまずはWEB申込みをしてから「むじんくん」に行くのが最短コースです。

本人確認書類がなければ審査はできませんので、必ず事前に本人確認書類を準備しておきましょう。

審査が不安…でも今日中にカードが欲しい。

最短30分!そんなあなたに頼れる1枚
ACマスターカード

  • 当サイトからの申込みNo1
  • 最短、今日中に取得可能
  • 年会費永久無料
  • 通常のクレカとは別の審査基準
  • 国際ブランドのマスターカードだから世界中で使える

カード発行可能か3秒診断できます。

※公式サイトへ移動します

よく読まれている人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ