クレジットカード審査まとめ.com > 審査にまつわる疑問やお悩みをわかりやすく解説 > クレジットカードをグレードアップするには?審査通過のコツやインビテーションの条件を解説

クレジットカードをグレードアップするには?審査通過のコツやインビテーションの条件を解説

今持っているクレジットカードに満足できる、ゴールドカードやプラチナカードを持ちたいという人もいるでしょう。実は、既存のカードはワンランク上のカードへグレードアップすることもできます。

多くのクレジットカードは、上級カードが用意されていますので審査を受けてグレードアップしてみてはいかがでしょうか?
今回はクレジットカードのグレードアップについて解説していきたいと思います。

一般クレジットカードをゴールドカードにグレードアップするための審査とインビテーションの条件

まずは、一般のクレジットカードからゴールドカードへグレードアップする場合の審査とインビテーションの条件について見ていきましょう。

かつてのゴールドカードは、

  • 年齢30歳以上
  • 年収500万円以上
  • 勤続年数5年~10年以上
  • 医者、弁護士、一流企業勤め

このような条件をクリアしている人だけが取得できるとされていました。

しかし今はゴールドカードも種類が多くなり、若い方や年収が高くない方でも取得できるほど審査ハードルは下がってきています。

ゴールドカード審査通過に必要な年収は?

ゴールドカードは簡単に取得できる?

ゴールドカードの審査を受けるうえで多くの人が気になっているのが、必要年収ではないでしょうか?

一般カードとは違って年会費もかかりますし、ステータス性も上がるので年収が多くないとゴールドカードの審査には通らないと思っていることでしょう。

前述したように昔はゴールドカードの審査を通過するには最低でも年収は500万円以上必要とされていましたが、現在のゴールドカード取得に必要な年収条件は大きく3つにわけられます。

必要年収の目安 代表的なカード
20代向けゴールドカード 200万円程度 ・三井住友VISAプライムゴールドカード
・JCB GOLD EXTAGE
・UCカードヤングゴールドカード
格安のゴールドカード 200万円以上 ・MUFGゴールドカード
・オリコカードザポイントプレミアムゴールド
・エポスゴールドカード
銀行系ゴールドカード 400万円~500万円以上 ・ダイナースクラブカード
・アメリカンエキスプレスゴールドカード
・三井住友VISAゴールドカード
・JCBゴールド

年収はあくまでも目安です。また、ゴールドカードの審査を通過できるかどうかは年収だけで決まるものではありません。仮に上記の年収条件をクリアできていても審査落ちしてしまうこともあります。

ゴールドカードは年収200万円台でも審査通過できるのはなぜ?

今は年収200万円台でも入会できるゴールドカードがありますが、なぜ低年収でもゴールドカードの審査を通過できるのでしょうか?

理由は2つあり、まず1つ目に年収200万円でも取得できるゴールドカードがあること。

もう1つが、ゴールドカードの審査基準には年収以外の要素も重要だということです。

  • 居住形態(持ち家or賃貸)
  • 住宅ローンまたは家賃の支払いは順調か
  • 安定した職業に就いているか
  • 勤続年数はどれぐらいか
  • 家族構成は?
  • 過去現在のクレジットカードなどの信用取引の状況は?

上記のような条件から、申し込み者の属性を点数つけして総合的に評価していくのがゴールドカードの審査です。

たとえば、住宅ローンや家賃の支払いがない人は可処分所得が多いので、審査に有利になる可能性が高いです。

クレジットカードを利用しているのであれば、これまでに一度も遅延することなく信用情報に問題がなければ、立派な信用力となり審査に有利になります。

このようにゴールドカードの審査に重要な要素はいくつもあり、決して年収だけで決まるわけではないということです。

年収500万円でも審査に落ちるのはなぜ?

年収500万はないとゴールドは無理?

かつてのゴールドカードは、入会するのに年収500万円以上ないと厳しいとされていましたが、今では年収200万円台でも入会が可能です。

審査基準が下がり年収以外の要素も重要ですが、それでも年収が高いほうが審査に有利であることに変わりはありません。

しかし、年収が500万円以上あったとしても審査落ちすることはあります。

前述した通り、ゴールドカードの審査は年収だけで決まるものではありません。何が原因で年収500万円以上でも審査落ちするのか、その理由はクレヒスに問題があるからです。

クレヒスとは簡単に言えばクレジットカードの使用履歴のことです。

私達がクレジットカードやローンに申し込む、契約する、利用する(決済・借り入れ)、返済するといった情報はすべて個人信用情報機関というところに登録されます。

一定期間経過すると古い情報は消えますが、カード会社は審査時に個人信用情報機関にアクセスして申し込み者のクレヒスをチェックするのです。

そして、クレヒスに問題があればどんなに年収が高くてもゴールドカードの審査には通りません。

あなたのクレヒスは大丈夫?

クレジットカードの使用履歴は、ゴールドカードの審査を通過するために欠かせません。下記いずれか一つでも当てはまる人は要注意です。

  • 借入残高が多い
  • 支払いの遅延がある
  • 入金が遅れがち
  • 直近半年以内でのカード申し込みが多い

借入残高が多いと、返済不能のリスクが高いと判断されるため審査に不利です。リボ払いで返済している方もいるかもしれませんが、リボ払いも借金と見なされますので、借入残高は常に確認しておくようにしましょう。

ただし、リボ払い設定にしていても一括払いになるように限度額を設定している場合、借入残高は0円なので審査に不利になることはありません。

ゴールドカードにはクレジットヒストリーは重要。

クレヒスが全くない場合もゴールドカード審査に不利になるので注意してください。

クレジットカードを持ったことがない、カードは持っているけど使ったことがないという人はクレヒスがないためカード会社も「この人は信用できるのかわからない」と信用力の判断に困ってしまいます。

取得しやすいクレカを作ってクレヒスを積み上げよう

クレヒスがない人がゴールドカードに入会するのは難しいです。まずは、取得しやすい流通系や消費者金融系のクレジットカードを作って、毎月使うようにすればクレヒスが積み上がっていきます。

楽天カード、ライフカード、アコムACマスターカードなどは作りやすいのでおすすめです。

ゴールドカードの審査は今も厳しいの?

前述した通り、昔に比べてゴールドカードの審査は甘くなりました。30歳以上、年収500万円以上、勤続年数5年以上は必須条件なんて過去の話です。

ゴールドカードは与信枠が高いため、それに見合った審査が必要でした。これこそがゴールドカードの審査が厳しいと言われる一番の理由です。

クレジットカードのグレードアップではなく審査基準が低めのゴールドカードを狙うのも手

ゴールドカードの中には与信枠が低いものもあります。

審査基準は一般カードと大差がないので、審査が不安という方は、一般カードからのグレードアップを待たず審査基準が低めのゴールドカードを狙ってみるといいでしょう。

クレジットカードをグレードアップ!審査通過する3つのコツ

一般クレジットカードからゴールドカードへグレードアップする場合も審査があります。

「グレードアップしたいけど審査落ちするのはイヤ」という方のために、ゴールドカードへグレードアップするための審査通過のコツを伝授します。

1. 同じ系列の一般クレジットカードに入会する
2. 支払いは一括払いで利用する
3. グレードアップの申請をする

1.同じ系列の一般クレジットカードに入会する

いきなりゴールドカードへ申し込みするよりも、同じ系列の一般クレジットカードに入会して一定期間利用するほうが、ゴールドカードへのグレードアップがしやすくなります。この場合も審査はありますが、いきなり新規申し込みするよりも審査はゆるくなります。

たとえば、JCBゴールドに入会したいならJCB一般カードに入会するといった形です。

2.支払いは一括払いで利用する

基本支払いは一括払いが好感触。

同じ系列の一般クレジットカードに入会しても、支払い方法をリボ払いや分割払いにしていると借入残高が増えてしまいマイナス評価になってしまいます。

支払い方法は一括払いで利用するようにしましょう。

ただし、支払い遅延すればそれもマイナス評価につながります。無理のない範囲で構いませんので、毎月コンスタントに一括払いで利用するのがコツです。

また、カード会社から優良顧客と思われることも大切です。カードに入会しても全く使わないのでは意味がありません。カードを使わなければ、カード会社に利益が入りませんので優良顧客にはなり得ませんのでNGです。

3.グレードアップの申請をする

同系列の一般クレジットカードで利用実績を積んで信用力を高めた後、ゴールドカードへのグレードアップ審査をします。

しかし、何の考えもなしにグレードアップ申請するのは危険です。グレードアップ申請するのにもコツとタイミングがあります。無駄に審査落ちにならないためにも、次の2つのポイントを抑えておきましょう。

一般カードの与信枠はいくらなのか確認する

一般クレジットカードの利用限度額がいくらかによって、ゴールドカードへグレードアップ申請しても良いか目安をつけることができます。

ゴールドカードの最低利用枠に一般カードの利用枠が到達していればOKです。

たとえば、

  • 一般カード:現在の利用可能枠60万円
  • ゴールドカードの最低利用枠:50万円

この場合、一般カードの利用可能枠がゴールドカードの最低利用枠に達しているのでグレードアップの申請をしてみるといいでしょう。

支払い遅延やリボ払いをしていないなどの問題がなければ審査に通る可能性が高いです。

増枠申請をする

ゴールドの最低利用枠に達していないなら、審査は諦めること。

もし、現時点で一般カードの利用枠がゴールドカードの最低利用枠に到達していない場合は、グレードアップの申請をしても審査には通らない可能性が高いです。

その場合は、一般カードを増枠しましょう。

クレジットカードの利用実績を積めばカード会社から増額の案内がきますし、自分から増枠申請して利用枠を増やすことも可能です。

増枠申請したにも関わらず審査に通らなければ、ゴールドカードのグレードアップの審査も通りません。

増枠申請には、

  • 一時増枠
  • 恒久増枠

この2種類がありますが、申請するのは恒久増枠ですので間違えないように注意してください。

もし増枠申請を通過して、一般カードの利用枠がゴールドカードの最低利用枠に達した場合は、時間を置かずにゴールドカードへグレードアップ申請してみてください。

「ゴールドカードにはゴールドカードの審査基準があります」これはカード会社の公式サイトや申込書に記載されていることです。

すでに割り当てられている利用枠がカード会社からの信用度ですから、利用枠が決まった時点であなたに対する信用度はでているようなものです。

ゴールドカードへグレードアップするのに利用枠が足りない人は、増枠申請してみて審査に通るのか冷静に判断してください。

クレジットカードのグレードアップ審査は厳しくない

クレジットカードをグレードアップする際の審査は厳しいのか気になるところかと思います。

ワンランク上のカードということで気構えてしまう方も多いかもしれませんが、実際はそこまで厳しいものではありません。

新規発行よりも厳しくない

利用額が少なくても、毎月一定利用していれば審査通過の可能性も。

基本的に、既存カード会員で遅れることなく支払いしている人はカード会社から見て優良顧客となります。

利用額が多くなくても、毎月コンスタントに利用して一切延滞していなければ、審査通過の可能性は高いです。

既存のクレジットカードを利用していることが審査を有利に働かせてくれるので、むしろ新規発行時の審査のほうが厳しいと言ってもいいくらいです。

もちろん、何度か延滞している場合は別です。これによって審査落ちしている場合は、既存のクレジットカードの使い方を見直すべきです。

否決されたら再挑戦できない?

グレードアップの審査が否決になったとしても、再度申請することは可能です。

ただし、期間をあけずに申請しても審査通過する可能性は極めて低いです。できれば1年程度あけてから申請してください。

最低でも審査落ちしてから半年以上あけてから再申請するのがいいでしょう。もちろん、その間もカードは継続的に利用し、遅延することなく支払いしましょう。

グレードアップにリスクは有る?

リスクはないといえばないが、利用停止には注意。

グレードアップの審査が否決になったことで、何かリスクはあるのか?と言えば、実際の所ありません。

否決になったからと言って、既存カードが利用停止になったり利用枠を減らされるといったことは基本的にありません。

ただし、いつカードが利用停止になってもおかしくない状態の人は別です。

グレードアップの審査でも、個人信用情報機関に照会をかけるので、そのときにクレヒスに傷がついていることが判明すれば否決になるだけでなく、利用停止の措置を取られる可能性があります。

そのようなことに無縁の人にとっては、リスクなしでグレードアップ審査を受けることができるでしょう。

インビテーションでクレジットカードをグレードアップ!審査はなし?

クレジットカードを使っていると、カード会社からグレードアップのインビテーション(招待)がくることもあります。

「ゴールドカードにしませんか?」
「あなたならプラチナカードにできるかもしれませんよ」

インビテーションとは、カードのグレードアップ招待のこと。

カード会社から上級カードへグレードアップへ招待してくれることをインビテーションといいます。

自分で申請するのと、インビテーションでグレードアップするのでは違いがあるカードもあります。

たとえば、エポスカードはインビテーションでゴールドカードにグレードアップした場合、通常5,000円の年会費が永年無料になります。

すべてのカードがインビテーションでお得になるわけではありませんが、中にはインビテーションでグレードアップするほうがお得になるものもあります。

そもそも、インビテーション以外ではグレードアップできないカードもあります。プラチナカードやブラックカードといったハイステータスのカードは、インビテーションがないと入会できないものがほとんどです。

クレジットカードをインビテーションでグレードアップするには?

インビテーションで手持ちのカードをグレードアップしたいのであれば、次の3点はクリアできるようにしましょう。

  • 1. インビテーションがあるクレカを使用する
  • 2. 優良なクレヒスを積み上げる
  • 3. 最低でも1年以上使う

1.インビテーションがあるクレカを使用する

全てのカードに、インビテーションがあるということはない。

どのクレジットカードでもグレードアップのインビテーションがくるわけではありません。

自社発行のクレジットカードであればインビテーションが来る可能性があるので、自分から申請せずグレードアップしたいという場合は、インビテーションがある自社発行の一般カードを選びましょう。

たとえば、JCB一般カードとJCBゴールドカードは、インビテーションによって最上級であるTHE・クラスへ入会することができます。

他にもダイナースクラブカードはワンランク上のダイナースプレミアムカードのインビテーションが来る可能性があります。これに対し、ANA提携のANAダイナースカードはインビテーションがきません。

このようにクレジットカードの中にもインビテーションがくるものとこないものがあるので覚えておきましょう。

2.優良なクレヒスを積み上げる

インビテーションをもらうには、優良なクレヒスを積み上げる必要があります。

カードの利用代金を期日までに支払うのはもちろんのことですが、支払い方法が分割払いやリボ払いでは意味がありません。

またクレジットカードのキャッシング枠を使用するのもNGです。支払いは一括払いでカードを利用するようにして、年間の利用額を上げることを意識してください。

3.最低でも1年以上使う

カードをグレードアップしたいなら、時間をかけることも重要。

クレジットカードをちょっと使っただけではインビテーションはきません。グレードアップするには多少の時間がかかるものです。

インビテーションがくるタイミングは人それぞれです。数ヶ月で来る人もいれば、3年越しでやっと来たという人もいます。

大切なのは着実に利用実績を積み上げて信用を築くことです。

そんなに待ってられないという人は、インビテーションなしで申し込みできるゴールドカード・プラチナカードを選ぶといいでしょう。

年間でいくらぐらい利用すればいいの?

カードによりインビテーション基準は違う。

インビテーションを得るには、どれぐらいの利用実績が必要なのか?これはグレードアップするカードによって基準が異なるので、一概には言えません。

ゴールドカードの場合は年間で50万円~100万円の利用実績を作ったところでインビテーションがくることが多いです。

一般カードからゴールドカードへのグレードアップはそこまで大変なものではありません。

ゴールドカードからプラチナカードへグレードアップするためのインビテーションは、ショッピング利用が年間で100万円以上が目安です。ゴールドカードとあまり変わりませんが、プラチナカードの場合は利用年数も重要です。

たとえば、JCBカードの最上級にあたる「JCB THE CLASS」は、年間で100万円以上の利用を3年~5年以上続けていないとインビテーションは来ない可能性が高いです。

ゴールドカードへのグレードアップは1年程度利用していればインビテーションが来る可能性が高いですが、プラチナカードへグレードアップするとなると3年近くかかるケースが多いです。

中には、1年程度でプラチナカードへのインビテーションが来たという人もいますが、年間で300万円以上利用していたという実績があります。

プラチナカードのインビテーションを早く得るには、年間利用額を上げる必要があるということです。

これがあるとグレードアップのインビテーションは無理!やってはいけない3つのこと

自分で申請するにしろ、インビテーションを狙うにしろ、クレジットカードをグレードアップするうえで絶対にやってはいけないことが3つあります。

  • 入金の遅れ
  • 一括払い以外での支払い
  • キャッシングの利用

ゴールドカードやプラチナカードは、生活に余裕があり年間の使用額が多い人、つまり優良顧客にしかカード会社は発行してくれません。一般カードよりも与信枠が大きくなるので当然ですね。

ゴールドやプラチナの上位カードは信用が大事。

当たり前のことですが、支払いの遅延をしているような人にはグレードアップすることはできません。

ゴールドカードやプラチナカードは信用力が何よりも大切です。

期日を守れないような人には絶対カード会社はグレードアップしてくれません。頻繁に遅延していれば、最悪の場合カード会社から強制解約される恐れすらあります。

すでに説明しているように、支払い方法は一括払いを推奨します。グレードアップを狙ううえでなぜリボ払いや分割払いがダメなのか、その理由は「生活に余裕がなさそう」と思われてしまうからです。

カード会社としてはそんな人にゴールドカードやプラチナカードを発行するわけにはいかないのです。

同様にキャッシングの利用もNGです。わざわざカード会社から借り入れするということは、お金に余裕がない証拠ですからグレードアップすることは困難となります。

インビテーションがくれば必ずグレードアップできるわけではない

カード会社からインビテーションが届けば必ずクレジットカードグレードアップできるのかと言えば、実はそうでもありません。

中にはインビテーションが来たけど審査落ちした人もいらっしゃいます。

カード会社は、顧客のこれまので利用実績から判断して先にインビテーションを送付し、顧客がグレードアップの希望を受けてからクレヒスをチェックする可能性が高いです。

このとき、信用情報に傷がついていれば審査落ちも十分ありえます。

ページのトップへ