クレジットカード審査まとめ.com > 審査にまつわる疑問やお悩みをわかりやすく解説 > 病院代をクレジットカードで支払いたい!医療費をカードで支払うメリットと審査通過のコツ

病院代をクレジットカードで支払いたい!医療費をカードで支払うメリットと審査通過のコツ

急な怪我や病気の場合、一刻も早く病院やクリニックで診察・治療が必要です。
しかし、そうしたとき気になるのが病院代です。「手持ちの現金が足らず会計時に困った」という経験をされた方もいるのではないでしょうか?
病院代を現金で払えないからと言う理由で、診察や治療を諦めるようなことはしたくないもの。

実は、近頃クレジットカード払いができる医療機関も多くなってきているのをご存知でしょうか?万が一、現金では払えないような医療費がかかってしまってもクレジットカードで支払いできるなら安心ですよね。
今回は病院代をクレジットカードで払うメリットと、万が一に備えてクレジットカードを作ろうかと検討している方のための審査通過のコツについて解説していきます。

病院でクレジットカードは使えるのか

病院の診療費など、クレジットカードで支払うことができる。

病院での医療費の支払いはクレジットカードも可能です。現金が不足していたり、医療費が高額な場合にカード支払いができるのはありがたいことです。

しかし、すべての医療機関がクレジットカードに対応しているわけではありません。クレジットカード支払いが可能な病院は普及が遅れていてまだまだ少ないです。

クレジットカード支払いが普及しない理由は「病院側が一定の手数料を支払わないといけないから」です。クレジットカードを導入するにも経営的な負担がかかるということです。

本来得られるはずの履歴が減ってしまうため、なかなか積極的に導入できない病院が多いのです。

クレジットカードが使える病院と使えない病院がある

クレジットカードが使える病院があれば、その逆もあります。主にどのような病院だとクレジットカードが使えるのでしょうか?

病院の種類 クレジットカード払い 備考
大学病院・大規模
の病院
ほとんどのところで利用可能。VISA・MasterCard・JCBなど大手の国際ブランドのカードでないと対応していないケースもあるので注意が必要。
市民病院・中規模
の病院
病院によって使えないところもあるが、以前よりもクレジットカード払いの普及率があがってきている。あらかじめ使用可能な病院なのか確かめてから来院すると良い。
小規模の病院 基本的に現金払いのみ。ある程度の現金を用意して来院するのがベスト。
クリニック・診療所 産婦人科や歯科医院などはカーボ払に積極的な姿勢を見せており、以前よりも使用可能なところが多い。

大学病院や規模の大きい病院では、クレジットカード払いがほぼ完備されています。こういった病院は高額医療を提供しているのでクレジットカードが使えないことはまずありません。

市民病院や中規模の病院も普及してきてはいますが、使えない病院のほうがまだまだ多いです。都市部であればカード払いに対応してくれますが、地方では現金払いのみのほうが圧倒的に多いです。

クリニックや診療所もクレジットカード払いできないところもまだ多いですが、産婦人科や歯科医での導入は積極的です。産婦人科は出産費用が高額ですし、歯科医は自由診療となるインプラント手術などが理由としてあげられます。

ただし、クレジットカード払い可能な病院でもすべての医療費に使えるわけではなく、たとえば「出産費用・自由診療のみOK」など条件付きで導入しているケースもあるので注意が必要です。

どの病院でクレジットカード払いが可能なのかは、各病院の公式ホームページを調べるか電話で直接問い合わせるしかありません。本当はクレジットカードが使えるのに、会計の場所にはそのことを明記していない病院も少なくありません。

支払い方法は一括払いのみ?

医療費をクレジットカード払いにした場合、気になるのが支払い方法かと思います。費用が高額な場合、そのときは乗り切れても、翌月の請求書を見て愕然なんてことも考えられます。

そういった事にならないためにも、分割払いに対応してくれると有り難いところです。

基本的に医療費は一括払いとなります。ただし、これもカードによって変わってくるので事前に調べておく必要があります。一括払いでも問題ない方は良いかも知れませんが、分割払いにしたい場合は、後からでも支払い方法が変更可能なクレジットカードを利用するようにしましょう。

患者側が決済手数料を負担するケースもある

一部、病院ではクレカ手数料を上乗せしてくる場合も…。

一部の病院やクリニックでは、クレジットカード払いすると手数料を上乗せして代金請求してるケースがあります。

通常、クレジットカードに対応している病院側が手数料を負担するのですが、一部の病院では手数料を負担したくないがために患者に負担させているのです。

手数料を払うとならば、その分儲けが減ってしまうからという魂胆です。注意してください。

医療費をクレジットカードで払うメリット

医療費をクレジットカードで払うメリットは次の4つです。

医療費にもポイントがつく

医療費をクレジットカードで払う最大のメリットとも言えるのが、金額に応じてポイントが付与されることです。

ポイント還元率はクレジットカードによって異なりますが、たとえば還元率1.0%のクレカで医療費1万円を支払いすれば100円分のポイントがつきます。通院されている方や薬を処方されている方なら、その都度カードで支払うだけでポイントを獲得できます。

手元に現金がなくても診察を受けられる

クレジットカード払いができる病院なら、手元に現金がないときや現金を引き出すことができないときでも診察を受けることができます。深夜や土日祝日でもカードさえあれば安心です。

大金を持ち歩かなくて済む

入院費や手術費を現金で払うとなれば、大金を持ち歩くことになります。盗まれたりなくしたりしても全て自己責任ですから、大金を持ち歩くのは大金リスクが伴います。

クレジットカードならば、仮になくしたり盗られても保険適用があるので、リスクなく大金の支払いができます。

医療費の支払いを後に回せる

クレジットカードの決済方法は後払い方式です。カードの利用代金は、翌月または翌々月に銀行口座からの引き落としとなります。

現金支払いだと、その場で全額支払わなければいけないので払った分はそのままなくなります。クレジットカードなら、現金支払いを先延ばしにすることができます。

また、クレジットカードは一括払いだけでなく分割払いやリボ払い、ボーナス払いといった方法を利用することができます。支払いを月々の分割払いにすることで経済的負担を分散させられます。

ただし、その場合は所定の手数料がかかるのでできるだけ支払いを先延ばしすぎないよう注意してください。

病院代のためにクレジットカードを作りたい人必見!審査を有利に進めるポイント

医療費が高いので、クレジットカードに頼る場合も。

近々、高額な医療費の支払いがあるためクレジットカードを作りたいと考えている人もいるでしょう。

しかし、クレジットカードを作るうえで不安なのが「審査」ではないでしょうか?審査通過しなければ、カード発行されませんし、そうなれば医療費の支払いもできません。

ここでは、クレジットカード審査を有利に進めるためのポイントについて見ていきましょう。

まずはスコアリング審査を突破すること

クレジットカード申し込み書にはさまざまな項目を入力しなければいけません。

例)

・名前 ・住所 ・電話番号 ・職業 ・年収 ・預貯金
・家賃または住宅ローンの支払い ・家族構成 ・居住形態 ・居住年数

以上の中で審査に大きく影響するのは次の項目です。

  • 職業
  • 年収
  • 預貯金
  • 家賃または住宅ローンの支払い
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 居住年数

審査では各項目に点数つけします。これをスコアリングと言います。

たとえば、職業はいくつか用意された選択肢の中から自分に当てはまるものを選びます。

例)

  • 公務員
  • 会社員
  • 派遣社員
  • 個人事業主
  • パート・アルバイト

これらの情報にはすべて点数が決まっており、点数が高いほど審査に有利です。

例)職業 例)家族構成
医師:7点
弁護士:7点
公務員:6点
民間企業にお勤めの方:5点
個人事業主:3点
派遣社員:3点
パート・アルバイト:2点
無職:1点
学生:1点
既婚・子供なし:5点
既婚・子供なし:4点
独身・親と同居:3点
独身・親と別居:1点

以上のように、各項目ごとに点数をつけてその合計点がカード会社の定める基準を超えていれば第1段階は突破となります。たとえば、基準点が20点なら点数の合計が20点を超えていればOKという具合です。

この点数の基準はカード会社によって異なり、一般的には銀行系は基準の点数が高め、流通系や消費者金融系は低めの傾向にあります。つまり、流通系や消費者金融系のほうが審査通過は難しくないということです。

初めてクレジットカードを申し込む人やパート・アルバイトなど高収入でない人は、流通系や消費者金融系のクレジットカードに申し込みを検討するといいでしょう。

ちなみに、各カード会社で定期的に行っているキャンペーンは入会促進のため、点数の基準を下げることもあります。キャンペーンを狙って申込むのも一つの手です。

スコアリング審査に通りやすい人と通りにくい人の特徴

ここではスコアリング審査に通りやすい人と通りにくい人の特徴について見ていきましょう。

有利 不利
職業 医師、歯科医師、弁護士、税理士、裁判官、議員、民間企業に勤めている方、公務員、教職 自営業、契約社員、派遣社員、主婦、年金受給者、パート、アルバイト、学生、無職
勤続年数 長い(3年以上) 短い(1年未満)
会社の規模 ・資本金が大きい
・従業員数が多い
・資本金が少ない
・従業員数が少ない
年収 高い 低い
家族構成 既婚・子供なし 独身・親と別居
居住形態 ・持ち家(本人名義)
・持ち家(家族名義)
・賃貸(アパート・マンション・一戸建て)
居住年数 長い 短い

職業はやはり医師や公務員が有利です。パート・アルバイトだからといってカードを作れないわけではないですが、発行会社によってはパート・アルバイトを無職扱いにするところもあるのでそういったところに申し込まないよう気をつけてください。

勤続年数は3年以上あると有利です。逆に1年未満はかなり不利です。特にパート・アルバイトで勤続年数が1年未満だと審査落ちの可能性が高くなります。

年収は高くなるほど有利です。クレジットカード審査の場合、収入証明書の提出は原則不要ですが、明らかにおかしな数字で申告するとカード会社は疑い、収入証明書の提出を要求してきます。虚偽申告は絶対やめましょう。

【要注意】こんな人はマニュアル審査になる

スコアリング審査はコンピューターが自動で行いますが、下記に該当する方はマニュアル審査になる可能性が高いです。

  • 他社借入が年収3分の1以上ある
  • 定収入なのにキャッシング枠を希望している
  • 年収などで虚偽をしていると疑わしい人
  • リボ払い残高が高い人
  • 信用情報が真っ白な人

マニュアル審査は収入証明書などをもとに人の手によって行われます。コンピューターによる審査に比べて時間がかかるうえに、厳しくチェックされるので審査落ちの可能性が高くなります。

スコアリング審査の後は信用情報がチェックされる

本人確認書類等を元に、信用情報の審査を行う。

スコアリング審査をクリアすると、審査担当者が審査を行います。

この段階では、申込み内容の他に、本人確認書類をもとに行う属性審査や信用情報の審査が行われます。

これらの審査をクリアすると、申告した勤務先に本当に勤めているのか確認する在籍確認の電話を行います。ここまですべてクリアできれば審査可決となり、カード発行の手続きへと移ります。

ここでの審査で重要となるのが信用情報の審査です。信用情報とは、過去・現在のクレジットカードやローンの利用履歴のことです。

これらを利用していても滞りなく支払いや返済をできていれば「この人は信用できる」と評価され審査に有利になります。逆に、毎回のように支払いが遅れている、滞納しているとなると「この人は信用できない」と思われ審査落ちになってしまいます。

スコアリング審査でどんなに高得点を叩き出しても、信用情報に問題ありと判断されてしまうと審査に通ることはできません。

クレジットカード審査を通過するための最低基準

クレジットカード審査を通過する基準はカード会社ごとに異なりますが、最低でも下記に定める基準はクリアしておきたいところです。

  • 信用情報に延滞などの金融事故情報の登録がない
  • 安定収入がある(毎月収入を得ている、月ごとに波がない)
  • 勤続年数1年以上

特に注意したいのが信用情報です。延滞などの金融事故情報があると、それだけで審査落ちの可能性が高まります。

数日程度の軽い延滞を1,2回程度やってしまったというのであれば問題になりませんが、2ヶ月以上だったり何回も支払いが遅れたことがあるという場合は、審査落ちを覚悟したほうがいいでしょう。

収入は多くないと審査に通らないと思っている人も多いですが、よほどステータスが高いカードでない限り高収入でなくても審査通過は十分可能です。年収200万円以下であれば、審査基準が厳しくない流通系や消費者金融系に絞って申込むのがいいでしょう。

審査の厳しさを見分ける方法

クレジットカードは審査が厳しいものもあれば甘いものもあります。審査に自信がない人は、できるだけ審査通過しやすいカードを選ぶのがいいです。

審査の厳しさを見分けるポイントは2つあります。

1. 発行会社

カード発行会社によって審査基準は大きく異なります。発行会社は主に5つの系統に分けられ、厳しい順に並べると下記のようになります。

審査難易度 発行元 代表的なカード
高い

低い

銀行系 ・三井住友VISAカード
・JCBカード
交通系 ・ANAカード、JALカード
・ビューカード
信販系 ・オリコカード
・セディナカード
流通系 ・イオンカード
・楽天カード
・エポスカード
消費者金融系 ACマスターカード

繰り返しになりますが、やはり狙い目は流通系と消費者金融系カードです。流通系は一般消費者や女性をターゲットにしている会社が多く、その分審査通過しやすいです。初めてクレジットカードを作る人でも審査に通る可能性が高いので心配せず申し込んでみるといいでしょう。

消費者金融系はキャッシングをメインとしているため、他のクレジットカードとは審査基準が異なり難易度も低いです。ポイントがつかない、リボ払いのみといったデメリットもあるのでその点は注意してください。

2. 申し込み資格
申込資格もきちんと確認しておきましょう。当然ながら、申込み資格を満たしていない人がカード申し込みしても審査に通りません。

一般的な申込み資格は「18歳以上、本人または配偶者に安定収入がある方」です。年齢はもちろんですが、安定した収入がないと審査に通らないというもの。パートやアルバイトでもいいので、毎月きちんとした収入がないとダメです。

次に「18歳以上で、本人または配偶者に安定収入がある方。高校生を除く18歳以上で学生の方」です。この場合、あえて学生と明記しているので、学生でも申し込めることが伺えます。

他には「18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生)。高校生は除く」というのもあります。上記2つとは違って、安定収入が条件に含まれていないことからも、審査基準がそれほど厳しくないことが伺えます。また、パート・アルバイトとあえて明記しているので、そういった方にも作りやすいカードだということがわかります。

申込み資格はどのカード会社でも設定していますので、そこからある程度の審査基準を推測することができます。

医療費が高額になりそうなら一時増枠で対応!クレジットカードの増枠審査について

今の限度額で支払えない場合は、増枠申請を試みる。

医療費が高額で、手持ちのクレジットカードの利用限度額では支払えないという場合は一時増枠を検討するといいでしょう。

利用限度額を増枠するにはカード会社に増枠申請をする必要があります。

申請すればすんなり増枠してくれるわけではなく、審査を受けなければいけません。審査の結果、通過できれば晴れて利用限度額が一時的に増枠されるということです。

キャッシングの増枠は厳し目

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類あります。どちらを増枠する場合でも審査がありますが、キャッシング枠は総量規制という法律の影響で増枠が難しい傾向にあります。

医療費をクレジットカードで決済できるのであれば、キャッシング枠を増枠して現金を借りるのではなくショッピング枠を増枠して支払うほうがいいでしょう。

仮にキャッシング枠が増枠可能でも、年収証明書を提出するなど面倒な手続きが発生します。医療費の支払いをキャッシング枠の増枠で乗り切るのはおすすめできません。

一時増枠の申請は時間に余裕を持って行う

一時増枠するにも審査があります。

申込み方法はカード会社によって異なりますが、大抵はインターネットの会員専用ページまたは電話で申し込めます。

一時的とは言え、利用金額が多くなるのでカード会社からすれば申し込みしてきた人全てに審査なしで増枠するのはリスクが大きすぎます。お金に関することですからきちんとした審査が必要となり、信用が低ければ増枠はされません。

一時増枠と聞くとすぐに審査が終わるイメージもありますが、申し込みから3営業日程度かかります。利用実績が良好な人は半日で終るケースもありますが、平均して3営業日程度はかかると思ったほうがいいです。

審査状況次第ではそれ以上かかることもあるので、時間に余裕を持って一時増枠の申し込みをしましょう。

一時増枠には「信用」と「利用実績」が重要になる

一時増枠の審査を通過するために重要となるのが、

  • 信用
  • 利用実績

上記2点です。

審査では個人信用情報機関に登録されている利用者の信用情報をもとに信用できる人なのか判断されます。個人信用情報機関には、他社クレジットカードや銀行、消費者金融の利用状況などが登録されており、きちんと支払いや返済ができているかを知ることができます。

一時増枠は恒常的な増枠とは違い審査通過のハードルはそこまで高くないですが、遅延や長期滞納があると審査には通りません。

一時増枠の審査ではそれまでの利用実績も重要です。ほとんど利用してこなかったクレジットカードを一時増枠しようと思っても、カード会社は警戒し増枠に応じてくれない可能性が高いです。もし、クレジットカードを複数枚持っているのであれば、最も利用しているカードで一時増枠をお願いするのがいいでしょう。

一時増枠の目的を明確に伝えること

増枠は、利用内容を明確に伝えることが重要。

一時増枠する際、カード会社からなぜ増枠するのか理由を聞かれます。明確に伝えるようにしましょう。

たとえば、高額な医療費を支払うためと伝えたのに、家電購入などに利用してしまえば虚偽申告となり信用を失います。

医療費の支払いを目的としているならば、必ずその旨を伝え、それ以外のことには利用しないことです。

一時増枠の申込みがきっかけで減額や利用停止になることもある

一時増枠に申込むと、増枠できるかどうかだけの審査をしているわけではありません。あくまでも総合的な判断の上で増枠するに過ぎません。

そのため、結果次第では減額されたり利用停止にされてしまうこともあります。特に、カード発行が容易なクレジットカードは要注意です。代表的なところで言えば楽天カードです。

気軽に増枠申し込みしたら利用停止になったという人が多数いらっしゃいます。

一時増枠は便利ですし、信用を高めることもできますが、減額や利用停止のリスクもあるということは頭に入れておきましょう。もっとも、延滞などカード会社の心証を悪くするような使い方をしていなければそのような目に合うことはまずありません。

リボ払いを目一杯利用していると増枠は難しい

クレジットカードの支払い方法をリボ払いにしていて、なおかつ限度額いっぱいまで利用している人は一時増枠できない可能性が高いです。

リボ払いを利用すると高い手数料を払わなければいけないので、カード会社にとっては上客ですが、大抵の人はお金に困っているので信用は低いです。

信用の低い人に増枠すると利用代金を回収できないリスクが高くなるので審査に通ることはありません。下手すれば利用停止になる可能性もあります

一時的な増枠に最適な「アコムACマスターカード」とは

クレジットカードで高額な医療費を支払うなら、限度額が高額なカードが最適です。

数あるクレジットカードの中でもキャッシングとショッピングの利用合計の上限が800万円まで設定可能なクレジットカード「アコムACマスターカード」があります。

年会費 ショッピング限度額
無料 10万円~300万円
カード発行スピード 申込み資格
・最短即日発行
・土日祝日も可
・20歳以上69歳以下
・安定した収入と返済能力を有する方でアコムの基準を満たす方

ACマスターカードは国際ブランドのMasterCardと提携しているので、クレジットカード払いに対応している病院なら問題なく使用できます。

発行スピードが早いのも特徴です。ACマスターカードは最短即日でカード受け取りも可能です。専用の無人契約機で手続きすれば、その場でカードを発行してもらうことができます。緊急で医療費の支払いをしなければいけないとなった場合でも即対応できるのは非常に有り難いところです。無人契約機は8時~22時まで平日・土日祝日問わず営業しています。

もう一枚クレジットカードを持つにもACマスターカードはおすすめ

増枠する場合は、返済実績があれば有利に。

すでに持っているクレジットカードを増枠したいとなったとき、返済実績を積んでいると審査に有利です。こういった場合は、増枠や一時増枠もスムーズにできるでしょう。

逆に、充分な返済実績を積んでいない場合や、限度額が上限に達していれば増枠は難しいです。そこでおすすめなのがもう一枚クレジットカードを作って事実上の限度額の増枠です。

これならば一枚のクレジットカードで無理に増枠しなくても、利用限度額を増やすことが可能です。ただし、月々の支払額が増えるので支払いきれず逆効果になる可能性もあるので、きちんと計画を立てたうえでカード申し込みしましょう。

既にクレジットカードを持っている状態で新たに別のカードに申込む場合、審査が厳しくなることが予想されます。そこでおすすめなのがACマスターカードです。

ACマスターカードを発行するのは消費者金融であるアコムです。銀行系や信販系のカード会社よりも柔軟な審査をしてくれるので、既にクレジットカードを持っていても可決される可能性が高いです。

ページのトップへ