クレジットカード審査まとめ.com > 審査にまつわる疑問やお悩みをわかりやすく解説 > ブラックでもクレジットカード審査に通るというブログがありますが本当ですか?

ブラックでもクレジットカード審査に通るというブログがありますが本当ですか?

Q1: ブログで「ブラックでもクレジットカード審査に通ることは可能」と紹介されていましたが本当なのでしょうか?

ブラックでもカードは持てるの?

クレジットカードに関するブログをいくつか見ていると「ブラックでも審査通過は可能」「ブラックでも持てるクレジットカード」と言ったように、ブラックリスト入りしていてもクレジットカード審査に通ることは可能と紹介していました。

ブラックだと審査は絶対に通らないはずですが、この情報は本当なのでしょうか?

A1-1:自分はブラックだと思いこんでいる人が意外と多いです

ご質問者様の言う通り、ネット上ではブラックでも審査に通るクレジットカードを紹介しているブログは多く見かけますし、ブラックだけど審査に通ったと言う投稿者もいます。

しかし、実際は「自分はブラックだと勘違いしている」人が多いです。

ブラックリスト入りする条件は次のいずれかに該当する場合です。

  • カード利用代金(キャッシングも含む)を61日以上または3ヶ月以上滞納している
  • 5年以内に債務整理を行った
  • カード会社から強制的に解約された
  • 保証会社が代位弁済した

もし、上記のどれにも当てはまらない場合はブラックリスト入りになっていないはずです。

「消費者金融からお金を借りている」「クレジットカードの代金を数日ほど遅れてしまった」という場合ではブラックリスト入りすることはありません。

A1-2:短期間の延滞はブラックリスト入りしませんが審査で不利になります。

2,3日程度クレジットカードの支払が遅れてしまった、口座残高が足りなくて引き落としされなかったなどうっかり支払いを忘れてしまったというミスは、すぐにブラックリストに登録されません。

クレジット情報を管理する個人信用情報機関では、61日以上もしくは3ヶ月以上の延滞が合った場合に異動情報(ブラック情報)を登録します。逆に言えば延滞が61日未満ならブラックリストの登録にならないということです。

ただし、数日程度の延滞でも個人信用情報機関には延滞したという事実が登録されることはあります。

ブラックリストに載るわけではないですが、クレジットカード審査に悪影響を及ぼすことは確かです。

A1-3:現在進行系のブラックでなければカード作成の可能性は0ではない

現状ブラックでなければ、審査通過の望みはある。

個人信用情報機関に「異動」が登録されている状態がブラックリスト入りです。

]基本的には、この異動が消えないとクレジットカード審査に通ることはできません。

ただし、現在進行系のブラックでない場合はクレジットカード審査に通る可能性は0ではありません。

どういうことかと言うと、異動の原因を解消して完済すると個人信用情報機関には「完了」と登録されます。

異動情報は5年経たないと消えませんが、完了の記録がついている状態なら審査通過の可能性があるクレジットカードが存在します。

それがアコムACマスターカードとアメリカン・エキスプレス・カードです。この2枚は、異動の記録があるにもかかわらず可決実績があるクレジットカードです。

ACマスターカードは一般的なクレジットカードとは違って、信用情報よりも現在の返済能力を重視してカード発行の判断を下します。

アメリカン・エキスプレス・カードは外資系として独自の審査基準があり、年収・勤続年数・勤務先企業の規模などを重視する傾向にあります。

上記2枚のクレカは決して審査が甘いわけではなく、独特な審査をするに過ぎませんのでその点は勘違いしないでください。

A1-4:紹介しているカードが実はクレジットカードではないというケースも

「ブラックでも作れるクレジットカード」と謳いつつも紹介しているカードは、実はクレジットカードではないというケースも考えられます。

実際に該当するブログを見ていただきたいのですが、恐らく紹介しているカードはクレジットカードではなく「デビットカード」ではないでしょうか?

デビットカードにもいくつか種類があり代表的なところで言うと「三菱UFJ-VISAデビット」「楽天銀行デビットカード」などがあります。これらもカード決済が可能ですが、クレジットカードではありません。

デビットカードというのは、決済と同時に紐づけしている銀行口座から利用代金が自動的に引き落とされる仕組みです。要するに即時決済です。使える金額は、口座残高分であり、仮に口座の残高が0円ならカード決済することはできないということです。

デビットカードはクレジットカードのように後払いではないので、審査不要でカード発行してもらえるのです。審査が要らないということは個人信用情報機関に照会もしませんので、ブラックでも作れるわけです。

Q2:「多重申込みはクレジットカード審査に通らない」というブログを見ましたがどういうことでしょうか?なぜ通らないのですか?

クレカを複数申し込んでいたら審査に落ちた…。

クレジットカードに5枚ほど申し込みしたのですが、立て続けに審査落ちしました。

正社員で働いているし延滞は一切したことないのですが、一度にたくさんカード申し込みすると審査に落ちるってブログに書いてあったのですがどういうことでしょうか?

A2-1:多重申込みはリスクが高い人と見られます

結論から言えば、クレジットカードは連続して何枚も申し込まないほうがいいです。申込回数が多いほど、審査に悪影響を及ぼし否決の可能性が高くなります。

多重申し込みが審査落ちの原因なのは、「金銭的に困っている」「借り逃げするかもしれない」と思われるからです。

クレジットカードの申し込み件数は、個人信用情報機関に登録されています。そのため、審査するクレジット会社には申し込み者が何件のカード申し込みをしているのかがバレてしまいます。

更に、申し込み後の成約情報を見ることで、そのカードの審査に通ったのか・通らなかったのかまで知ることができます。

特に決まりはありませんが、半年に4社以上カード申し込みすると審査落ちする可能性が高くなります。

A2-2:申し込み履歴は半年で消えます

申込件数は個人信用情報機関に登録されますが、永久的に残るわけではありません。申し込みから半年経つと消えます。

ですので、すでに多重申込みで審査に落ちてしまうというのであれば、半年経つのを待ってからクレジットカードに申し込むようにしましょう。

Q3: 2chでクレジットカード審査の難易度ランキングを見ましたがカードによって審査に通りやすいとかあるのですか?

カードを初めて作るけど、どのカードがお勧め?

今度、クレジットカードを作ろうかと思ってますが、初めてなので正直どのカードにすればよいのかわかりません。

よく見る2chでクレジットカードのランキングスレがたっていたので見たのですが、ランキングって言うからてっきり人気ランキングかと思ったら審査難易度でした。クレジットカードってどれも審査の内容は同じではないのですか?

私みたいなクレジットカードを作ったことがない場合は、どのカードを選べばよいですか?

A3-1:ステータス性や希少性が高いカードは審査が厳しいです

カード会社は審査内容を明確に公表しているわけではないので、審査基準を決めたりランキングで正確な位置づけをすることができません。

ただ、クレジットカードは種類と特徴ごとに分別することができ、それによって審査難易度をある程度決めることはできます。

クレジットカードはランク分けすることができ、審査難易度の高い順に並べると次のようになります。

  • ブラックカード>プラチナカード>ゴールドカード>一般カード

更にカード発行会社の系統によっても難易度は異なります。

  • 銀行系>交通系・航空系>信販系>IT系>流通系>消費者金融系

カード会社によって欲しているターゲット層が異なるため、審査難易度が異なっています。たとえば、スーパーやショッピングモールなどの流通系は、主婦をターゲットとしています。

主婦は会社員に比べると収入が少ないため、それをターゲットとしている流通系カードは審査難易度が低めになっています。

A3-2:はじめてクレカに申し込むなら狙い目は流通系・消費者金融系です

カード審査は、過去のカード利用履歴もチェックする。

クレジットカードの審査では、過去のクレジットカード利用履歴が必ずチェックされます。

利用履歴は個人信用情報機関というところに登録されており、カード会社はこの利用履歴から申し込み者が「きちんとカード利用代金を払ってくれるか?」「カード発行しても問題ないか?」を判断しています。

しかし、これまでクレジットカードを持ったことがないとなると個人信用情報機関には何の情報も登録されていませんので、カード会社は申し込み者が信用できる人物なのか判断ができません。

カード会社としてはできる限りリスクは避けたいですから、利用履歴がない人は否決にしてしまう傾向が強いです。特に上記で紹介している審査難易度が高いカードほどその傾向が強いです。

はじめてクレジットカードを作るならば、利用履歴をあまり重視しない流通系や消費者金融系のクレジットカードを選ぶのが無難でしょう。

下手に審査難易度の高いクレジットカードに申し込んで審査落ちしてしまうと、それ以降、他のカードに申し込んでも立て続けに否決にされてしまう恐れがあります。

まずは審査難易度が低いクレジットカードから始めてみてはどうでしょうか。

A3-3:ゴールドカードやプラチナカードを作るには属性とクレヒスが重要です

ゴールドカードやプラチナカードも一般カード同様に、自分から申し込んで入会することができます。

ただし、ワンランク上のクレジットカードとなると審査するうえで属性とクレジットヒストリーが非常に重要となってきます。

まず属性ですが、極端に収入が少ない、転職を頻繁にしているなど収入に安定性がないと審査通過は難しいです。加えて消費者金融等カードローンで借金していると低評価となります。

ゴールドカード以上の審査ではクレジットカードやローンの利用履歴であるクレヒスが重要です。

カードを定期的に利用して一度も遅れることなく支払いを済ませている優良なクレヒスを持っているとゴールドカード以上の審査で優遇されます。

属性やカードの利用履歴が良好でも、重度の遅延や債務整理を経験しているとブラックリスト入りしているため、ゴールドカード以上のクレカ審査に通ることはできません。

もし、ブラック入りしているなら最低5年間はカード作成を諦めるしかありません。

ページのトップへ