クレジットカード審査まとめ.com > クレジットカード別の取得難易度とは? > もみじ銀行クレジットカード審査を解説。年収は少なくても審査通過できる?

もみじ銀行クレジットカード審査を解説。年収は少なくても審査通過できる?

もみじ銀行とJCBが提携発行するクレジットカード「ワイエムカード」は、嬉しい特典がいっぱいあり、いざというときでも安心の1枚です。もみじ銀行をメインバンクとして使っている方であればワイエムカードに興味を持たれていることでしょう。

しかし、クレジットカードを持つには審査を通過しなければいけません。今回はもみじ銀行クレジットカードの審査について解説していきます。

もみじ銀行のクレジットカード審査に通るには年収はどれぐらい必要?年収は重要じゃないって本当?

もみじ銀行のクレジットカードに申し込みするとき、必ず記入するのが年収です。

恐らく多くの方が、年収が高い=審査に通りやすいと思っていることでしょう。自分の年収が少ないから、もみじ銀行のクレジットカードに申し込むのは諦めようとしている人も多いのではないでしょうか。

もみじ銀行クレジットカードの審査には年収は大きく影響するのか解説していきます。

年収はあくまでも目安程度に扱われる?

年収が少なくても大丈夫。

結論を言えば、もみじ銀行クレジットカードの審査では、年収の多い少ないはそれほど影響しません。

その理由は簡単なことで、年収が自己申告可能な数値だからです。

たとえば、年収200万円の人が「年収1000万円だ」と申告しても、カード会社はそれが本当なのか確かめる手段がありません。

中にはカード会社が勤め先に電話して「○○さんの年収はいくらでしょうか?」と聞くのではないかと思っている人もいるようですが、決してそんなことはしませんし、国税庁を通していくらの税金を抑えめているかをチェックすることもできません。

キャッシングやローンを利用する際は、自分の年収を証明する公的書類を提出する必要がありますが、クレジットカードの場合は申し込み時に記入した年収には証明義務がありません。

収入証明書 解説
ショッピング枠のみ申し込み 不要 クレジットカードのショッピング枠のみを希望する場合は、収入証明書の提出は不要。カード会社は申告された年収が正しいか確かめる手段がない。
キャッシング枠も申し込み 必要な場合もある キャッシング枠を希望しなおかつ枠が大きい場合は収入証明書の提出が必要。給与明細書や源泉徴収票を用意しなければいけない

上記のとおり、もみじ銀行クレジットカードではショッピング枠のみを希望する場合、またはキャッシング枠を希望しても少額の場合は収入証明書の提出は不要となります。

もみじ銀行では申し込み者の年収額の裏付けはできないということです。

このことから言えるのは、もみじ銀行のクレジットカードでは年収をそこまで重要視していないことがわかります。

年収は推測されている!

とは言え、もみじ銀行クレジットカード審査で年収を嘘つくのは止めたほうがいいです。

これはもみじ銀行クレジットカードに限ったことではなく、どのカード会社でも申し込み者の年収を予測しているからです。

たとえば、

  • 「大手商社に10年勤務している正社員なら年収は1000万円前後だろう」
  • 「地方公務員の30歳なら年収は600万円ぐらいが妥当だろう」

といった推測はカード会社で十分に推測できます。

逆に、

  • 「コンビニのアルバイトで年収600万円はおかしい」
  • 「入社したばかりで年収1000万円もあるはずがない」

といったようにチェックしています。

クレジットカード会社は年収そのものよりも、職業や雇用形態、勤務実績を重要視しています。極端なことを言ってしまえば、年収0円であってもクレジットカードは作れてしまうということです。

もみじ銀行クレジットカードでは「安定収入があること」が申し込み条件となっているので収入がない人は申し込めませんが、自分の収入では審査通過は難しいかもしれないという場合は、安定収入を必須としていないカードを選ぶのも一つの手です。

ただし年収100万円未満は審査落ちの傾向が強い

アルバイト、パートでも大丈夫なのだろうか?

年収はそこまで重要視されないと言っても、アルバイトやパートは「年収が少ないけど本当に大丈夫?」と不安になることでしょう。

「年収○○万円以上ないとクレジットカードは作れない」といった明確な基準はなく、結局カード会社の判断によりますので一概には言えません。

ただし、実際にもみじ銀行クレジットカードに申し込みしたけど審査通過した人の多くは年収200万円以上が一つの目安となっています。

もちろん、年収200万円以下でももみじ銀行クレジットカードを持っている方もいますが、年収が100万円未満だとさすがに審査通過は厳しいです。

毎月収入があっても年収自体が少ないという人は審査ハードルが低い流通系や消費者金融系のクレジットカードを検討するのがいいでしょう。

収入がなくても持てるのは学生と専業主婦だけなので要注意

もみじ銀行のクレジットカードは学生や専業主婦でも申込み可能となっています。

どちらも収入がないのになぜ?と思うかもしれませんが、専業主婦の場合は配偶者を、学生の場合は親権者の支払能力や信用力をもとに審査します。そのため、申し込み者本人に収入がなくてもOKとしているのです。

年収の記載方法に注意

年収とは給与総額のこと。

多くの人が意外と勘違いされているのが、年収を手取り年収のことだと思っていることです。年収は手取りではなく給与総額のことです。

給与明細には、税金や保険料など費用が天引きされた額が支給されてるのがわかります。これが手取り額です。

たとえば、「毎月の手取りが30万円だから年収は360万円だ」と思っている方も、実際は総支給額が年収400万円以上あるというケースも多いです。

更に、ボーナスを貰っている場合はそれも年収に加えて記入してしまって構いません。

年末に会社から配布される源泉徴収票には1年間の総支給額が記載されているはずなので、自分の年収を確認してみましょう。

就職したばかりの人、最近転職したばかりの人は年収をどう記入すれば良いのかわからないかと思います。この場合は、今後1年間にもらえる収入の見込額を記入すればOKです。

自分の給与額が20万円であれば、20万円×12ヶ月=240万円と算出すれば良いのです。

個人事業主は年収が重要になる

カード会社は申し込み者の年収を推測しますが、あくまでも推測に過ぎず、記入された年収額についてはもちろん考慮しています。

年収額が重要となるのは会社員よりも個人事業主や会社経営者です。

これらの職業は会社員とは違って年収を推測することができませんので、記入された年収額でどれぐらいお金に余裕があるのか?という点をチェックするしかありません。

個人事業主の方は年収は重要となるということは覚えておきましょう。そしてウソを付くことなく正確に自分の年収を記入してください。

具体的な年収の確認はなくても、勤務先へ在籍確認の電話はある

もみじ銀行クレジットカードの審査において、年収額はおおよそを記入すればよく収入証明書を提出することはありません。

ただし、本当に仕事をしているかを確認するために申し込み者の職場に電話をかけることはあります。申し込み者どんな仕事で収入を得ているかは、カード会社にとって重要な情報となります。

勤務先の情報は正確に記入する

勤務先に電話をかけると言っても、もみじ銀行の場合、会社名を名乗らず担当者の個人名で電話してくれるプライバシーに配慮した対応です。

在籍確認するのは、勤務先と勤続年数がはっきりと分かれば申し込み者の収入額がわかるからです。

中には電話してほしくないからと勤務先の情報を記入しない人もいますが、きちんと記入しておかないと在籍確認できず嘘をついていることがばれてしまいます。

また、勤務先の電話番号を自分の携帯電話で申告する人もいますが、固定電話がない職場だとカード会社から信用されにくく審査落ちの可能性が高くなります。職場に電話がかかってくることに抵抗はあるかもしれませんが、正直に申告しましょう。

キャッシング枠を希望する場合の注意点

キャッシング枠を追加可能なので、お金を借りることができる。

もみじ銀行クレジットカードは、キャッシング枠をつけることで現金を借りることもできるようになります。

いざというときには便利なサービスですが、キャッシング枠をつける際は自分の年収や他社カードとの取引状況も考慮して記入しなければいけません。

年収3分の1以上の借り入れは禁止

クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法が適用されますが、キャッシングの場合は貸金業法が適用されます。

貸金業法によれば、個人の借入総額は年収3分の1を超えることはできません。年収300万円の人ならば最高でも100万円までしか借りられないということです。

既に他社のクレジットカードでキャッシングを利用している場合は、その金額を差し引いた額がキャッシング利用可能限度額となりますので覚えておきましょう。

キャッシング枠を付ける場合は収入証明書の提出が必要になることも

もみじ銀行クレジットカードにキャッシング枠を付ける場合、カード会社は申し込み者に返済能力があるかを確かめるために、給与明細書などの収入を正確に確認できる書類の提出を求めます。

もし、申込書に嘘の年収を記入すれば、収入証明書の金額とズレが生じ、嘘をついていることがカード会社にばれてしまいます。

カード会社は、利用代金をきちんと払ってくれるだろうと信じてカード発行します。そのため、万が一、嘘の申告をした場合はカード会社からの信用を損なうことになります。

また、収入証明書の提出が必要になる分、審査が厳しくなることも覚悟したほうが良いです。審査に自信がない人、確実に審査通過したいという人はキャッシング枠は希望しないほうが無難です。

もみじ銀行クレジットカードの審査で行う個人信用情報の確認ポイント

カード会社は申込者の、個人信用情報機関を照会する。

もみじ銀行クレジットカードに申し込みすると、カード会社は審査を行いますが、そのときに必ず行うのが申し込み者の個人信用情報の確認です。カード会社は、個人信用情報機関に照会をかけて信用情報を確認するのです。

では、もみじ銀行クレジットカードでは信用情報のどこを見ているのでしょうか?

過去にブラックリスト入りしていないか?

もみじ銀行クレジットカードでまず重要なのが、過去にブラックリストいりしていないか、支払いや返済で問題を起こしていないかという確認です。

支払いの長期延滞や自己破産をすると信用情報には「異動」の記録が付きます。これをブラックリストと言います。

ブラックリスト入りしている状態だと、即審査落ちになると思ったほうが良いでしょう。

信用情報がゼロでも危ない!?

ブラックリストの次に問題なのが何の情報もない真っ白な状態です。これをホワイトといいますが、特に30過ぎても信用情報がまったくないとカード会社は「過去に何か問題を起こしたのかもしれない」と疑います。

個人信用情報機関に登録される情報は法律によって5年間と定められています。5年経てば、悪い情報も消えてしまいます。

社会人になったばかりの若い人であれば、信用情報が真っ白でも何の問題もありません。しかし、30代以降で信用情報が真っ白だと、ブラック情報が消えるのを待ってから申し込んだのかもしれないと思われてしまうのです。

実際にブラックリスト入りしていなくても、信用情報が真っ白というだけで審査に不利になってしまうのです。

過去2年間の入金状況

もみじ銀行クレジットカードの審査ではCICに照会をかけます。CICには過去2年間の入金状況の履歴が記録されています。

カード会社はきちんと、利用者の支払い状況を確認している。

カード会社の請求に対しきちんと入金できていることを毎月記録されている場合と、一部入金や未入金など遅延を意味する記録がありますが、当然ながら毎月きちんと入金できている記録が並んでいる方が高評価です。

きちんと入金できている情報は記録されているとカード会社は「クレジットカードを利用して、ちゃんと支払いできる人」と判断され審査に有利です。逆に、遅延が多い人は「お金にだらしない人だな」と見なされ、審査に不利になります。

通常、1回程度の遅延であればうっかり忘れていたのだろうと思われ、遅延の記録はされないことが多いですが、繰り返ししていると延滞の記録がされてしまいます。くれぐれも支払日に遅れないようにしましょう。

クレジットカードを何枚持っているか?

個人信用情報を見れば、申し込み者がクレジットカードを何枚持っているかもわかります。

社会人で3枚程度のクレカを持っているのは普通です。カード会社からは適正な枚数と思われますし、きちんと支払いできていればプラス評価となります。

その理由は、遅延を繰り返しているなど正しく利用できていない人は、カード更新できなかったり強制解約されるなどで長期間保有できないからです。

ただし、あまりにも枚数が多いと「これ以上カードを持ってもうちのカードは使ってもらないだろうな・・・」とマイナスになる場合もあるので注意が必要です。不要なクレジットカードが有る場合は解約して保有枚数を減らしたほうがいいでしょう。

直近6ヶ月間のカード申し込み件数

カード会社は、申込者の利用状況を確認し、リスキーかどうか判断する。

直近6ヶ月間にカード申し込みした件数も申し込み履歴として記録されます。

カード会社は、申し込み履歴を見てたくさんカード申し込みしている人は「お金に困っている」「リスクが高い」と警戒され、審査に悪影響を与えてしまいます。

実際にお金に困っているわけではなくても、たくさん申し込みしている人は警戒されがちですので注意が必要です。

信用情報にはカード審査に落ちたという記録はされませんが、成約情報は記録されます。つまり申し込み履歴だけが残っていて成約情報がなければ審査落ちしたということはいとも簡単にわかってしまう仕組みなのです。

たくさんカード申し込みした結果、いずれも審査落ちしていれば「この人にカード発行するのは危険」と思われ、もみじ銀行クレジットカードの審査も落ちてしまうでしょう。

申し込み履歴は半年経てば消えますので、たくさん申し込みしている人は半年間待ってからもみじ銀行クレジットカードに申込みましょう。

もみじ銀行クレジットカード審査における信用情報は重要!自分で確認しよう

もみじ銀行クレジットカードの審査の可否は信用情報だけで決まるわけではないですが、かなり重要であることは確か。カード会社に警戒されるようなマイナス要素がある場合、審査落ちの可能性が高いです。

なかなか審査に通らない人は、自分の信用情報がどのように記録されているか確認することをおすすめします。

開示請求することで、自分の信用情報を知ることができますし、記録内容を知っておけば対策を立てることができます。中には誤った情報が記録されていることがあるので、確認するだけでも意味があります。

開示請求したからと言って審査に不利に働くことは一切ありませんので、安心して開示請求してください。

もみじ銀行クレジットカード審査通過のために気をつけたいこと

もみじ銀行クレジットカード審査を通過するためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

審査通過のための明確な基準はありませんが、注意すべき点はあるので順に解説していきます。

申込資格をクリアしているか?

まぜ、前提となるのが申込資格をクリアできているかどうかです。

クレジットカードの申し込み資格には「18歳以上」「学生不可」「専業主婦可」「安定した収入がある」など限定したものがあります。

もちろんもみじ銀行クレジットカードにも申込資格があり、カードの種類によって異なります。

年会費 申込資格
一般カード 1,350円 ・18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある方
・18歳以上で学生の方
エクステージ 5年間年会費無料 ・18歳以上29歳以下で本人または配偶者に安定収入がある方
・18歳以上29歳以下の学生の方
ゴールドカード 10,800円 ・20歳以上の安定した収入のある方
・学生不可
ゴールドエクステージ 3,240円 ・20歳以上29歳以下で安定した収入のある方
・学生不可

意外と多いですが、申込資格を見落としてしまいがちです。申込資格をクリアしていなければ申し込んでも審査落ちになってしまいます。

まずは、申し込みしたいカードの申込資格をクリアしているか確認しましょう。

申込書をきちんと記入できているか?

重要視することは、申込内容を正しく書く事。

次に重要なのが申込書に正しく記入すること。

最近のクレジットカードはオンラインで入力するタイプなので、間違えしにくくなっています。しかし、もみじ銀行クレジットカードの場合は、申込書に手書きで記入するタイプなので間違えしやすいので注意が必要です。

もみじ銀行クレジットカードの審査には「スコアリングシステム」が採用されています。

これは、申し込み者の属性を点数付けして、その合計点によって審査の可否を判断しています。

基本的にコンピューターが自動で点数付けしていきますが、記入がなければ0点ですので点数が増えていきません。

項目によっては任意と記載されているものもありますが、記入項目が設けられているということはカード会社が審査に利用する情報だということです。

記入できる項目はすべて埋める。これは審査通過するために大切なコツです。たとえ、任意とされていても、埋められるのであれば記入しましょう。

クレヒスを育てることも大切

クレヒスとは、先述した信用情報のことです。クレジットカードを利用してきちんと支払いできていれば良好なクレヒスとなり、審査にプラス評価です。カード会社としてもこのような人にカード発行したいと考えています。

利用金額は高くなくても問題ありません。重要なのは「使った分をきちんと支払いできていること」。クレヒスを育てるのはたったこれだけです。

クレヒスは何もクレジットカードの利用履歴だけではありません。家電のショッピングローンやスマホの分割購入でもきちんと支払いできていれば、十分なクレヒスとなります。

不要なクレジットカードは解約する。限度額を引き下げる

必要のないカードは即、解約すること。

個人信用情報機関に照会をかければ、現在のカード契約の情報をカード会社は知ることができます。

既にたくさんのクレジットカードを持っていればその情報が見られてしまうわけです。

数枚程度であれば良いですが、数十枚ものカードを持っていると、カード会社も発行には慎重になります。

カードの保有枚数が多ければ、それだけ与信の合計が大きくなるのでカード会社も警戒します。

またたくさんカードを持っていると言っても、使用するのに限界があります。

すべてのカードを使うことはできませんから、保有枚数が多いと「自社カードを発行しても使われず眠ったままの状態になるのでは?」と疑念を持ちます。個人信用情報を見れば、それぞれのカードの利用状況もわかりますので、使っていないカードが多いと審査で不利になります。

不要なクレジットカードがあるならば解約して枚数を減らしましょう。

ページのトップへ