クレジットカード審査まとめ.com > クレジットカード別の取得難易度とは? > ソラチカクレジットカードの審査に落ちるのは何が原因?意外と審査は厳し目

ソラチカクレジットカードの審査に落ちるのは何が原因?意外と審査は厳し目

ソラチカカードは全日空・東京メトロ・JCBが提携している交通系クレジットカードです。正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。マイルを貯めることができることで人気が高い1枚ですが、JCBブランドということで審査落ちてしまう人が多いカードでもあります。

なぜソラチカカードの審査に落ちてしまうのか、審査を通過するにはどうすればいいのか?今回はソラチカクレジットカードの審査について解説していきます。

ソラチカカードの審査に落ちたなら要チェック!あなたがクレジットカード審査落ちした原因を解説

まずは、ソラチカカードに申込んだけど審査落ちしてしまったという方のために、なぜ審査落ちになったのか原因について解説していきます。

ソラチカクレジットカードはクレヒスがない人に審査が厳しい!

ソラチカカードの審査を行うJCBは、クレヒスがない人に厳しい審査をします。

クレヒスがないと「信用して良いのか」わからない

各カード会社では、必ず信用情報機関にて申込者を調査する。

どのクレジットカード会社でも、審査時に加盟する指定信用情報機関に照会をかけて申し込み者のクレヒスをチェックします。

JCBの場合は、CICとJICCに加盟しているので両方に照会をかけます。

信用情報機関には信用取引に関する経歴が登録されています。

カード申し込みしてきた人の、これまでのお金の付き合い方がどうだったのか、その情報をカード会社に提供することでカード会社はカード発行したほうが良いのか、発行するなら利用限度枠はいくらまで設定すれば良いのか判断します。

クレジットカードは、担保も保証人も不要の信用取引です。もしも、支払い不能になってもカード会社は誰にも請求することができません。

カード発行してもきちんと利用料金を支払いしてくれるのか審査するには、個人信用情報機関に登録されているクレヒスを判断材料にしなければなりません。

しかし、個人信用情報機関に照会をかけても申し込み者のクレヒスがまったく登録のない状態だとどうでしょうか?

カード会社は「この人に本当にカード発行しても大丈夫かな?」「収入は多いけど、期日までに支払いしてくれる人なのか信じられない」など、申し込み者のお金の付き合い方が全くわからないのはカード会社にとって困りものです。

判断に困ると、カード会社としてもうかつにカード発行することができなくなってしまいます。

特に厳しいのは30代以上です

30代以上でクレヒスがない場合は要注意。

10代、20代の若い方がクレヒスがないのは全く問題ありません。これから初めてクレジットカードを作るという人が多い世代ですから、クレヒスがないのはむしろ当たり前です。

カード会社もそのことは周知の事実ですから、20代前半の方でクレヒスがないからソラチカカードを諦める必要はありません。

むしろ若い世代の方がクレジットカードは作りやすいですから、今のうちにソラチカカードを作っておくことをおすすめします。

問題なのは30代以上です。30過ぎてクレジットカードなどの信用取引を行ったことがまったくないと、逆に怪しいと疑われてしまうのです。

30代以上でクレヒスが真っ白な理由は主に2種類にわかれます。

  • 現金主義で信用取引を行ったことがない
  • 過去に金融事故を起こしたことがあり喪明け※したばかり

本当に現金主義で、支払いには絶対現金を使用する人は当然ながらクレヒスは真っ白ですが、実は過去に金融事故を起こしてクレヒスが真っ黒だった人(ブラックリスト入り)も一定期間経過後は真っ白な状態になります。

つまり、両者のクレヒスの状態は同じということです。

30代以上のクレヒスホワイトは、カード会社は嫌悪する。

カード会社は30代以上でクレヒスが真っ白な人に対して「本当に現金主義なのか」「過去にブラックリストいりしていた人なのか」判断することができず、警戒します。

20代でクレヒスが真っ白なのとはわけが違います。

だからこそ、30代以上でクレヒスがない人はソラチカカードの審査を通過するのは難しいのです。

※喪明けとは、長期延滞や債務整理などにより登録された異動情報が消滅した後の状態のことです。

クレヒスがあっても傷がついていればソラチカカードは審査落ちする

クレヒスが真っ白だと審査落ちの可能性が高いと説明しましたが、クレヒスに情報が登録されていれば大丈夫というわけでもありません。

過去5年以内に滞納を起こしている、または現在滞納中

クレヒスにも良いクレヒスと悪いクレヒスがあります。当然、悪いクレヒスだとソラチカカードの審査には通りません。

では、具体的にどのような状態が悪いクレヒスなのでしょうか?

  • 現在進行形で滞納中で入金履歴に「P」や「A」マークが登録されている
  • 過去5年以内に長期滞納して異動情報が登録されている

現在進行系で滞納しているとNG

ソラチカカードの審査ではCICに登録されているクレヒスがチェックされます。CICでは直近2年間のカード支払い状況を見ることができます。

この項目を見ることで、カードの利用料金をきちんと支払いできているか、遅れたり一部しか支払っていないかなどを知ることができるようになっています。

支払い状況には$、P、Aといった記号が記録されます。

  • $:請求どおり支払いがあった
  • P:請求額の一部が支払いされた
  • A:約束の日に支払いがなかった(未入金)

おわかりのとおり、ベストなのは$マークが記録されることです。

PやAマークは正常に支払いできておらず滞納していることを意味しますので、これらが1つでも記録されているとカード会社からは信用してもらえなくなります。

ブラックリストいりしているとクレジットカード審査にはとおりません。

短期間の滞納ではブラックリスト入りする可能性は低いですが、この場合でも審査落ちする可能性は十分ありますし、ソラチカカードの場合はたった1回の遅延でも審査落ちするので十分注意してください。

異動情報がある人はソラチカカードは諦めたほうが良い

過去にクレジットカードやキャッシングを利用して、それらの支払いができず次のいずれかの金融事故を起こしてしまったという人は、当面の間ソラチカカードは諦めたほうが良いです。

  • 長期滞納(61日以上または3ヶ月以上)
  • 任意整理、個人再生、自己破産
  • カードの強制解約
  • 代位弁済

これらの金融事故を起こすと、個人信用情報機関に「異動」という情報が登録され、いわゆるブラックリスト入りとなります。

ブラックリスト入りすると持っているクレジットカードを使えなくなるだけでなく、新規でクレジットカードを作ることができなくなります。

ブラックリスト入りするということは、お金にだらしなく信用できない人ということを証明するものです。

一度でもブラックリスト入りすると永久にクレジットカードを作れなくなるわけではないですが、最低でも5年経つまでは個人信用情報機関から異動情報は消えませんのでソラチカカードを作ることは当面の間諦めましょう。

年収が低い人やカードの使い方に問題がある人もソラチカカードは作れません

ソラチカカードの審査に落ちるのはクレヒスに問題がある人だけではありません。

  • 年収が低すぎる
  • 与信枠を圧迫している
  • 過去にJCBに迷惑をかけたことがある
  • リボ払いを利用している

上記いずれかに該当する場合も、ソラチカカードの審査に通るのは難しいので注意してください。

年収100万円未満は審査通過が難しい

ソラチカカードの申し込み資格は、

  • 18歳以上
  • 原則として本人または配偶者に安定継続収入のある方

となっています。

ソラチカカードはまず安定した収入が必要となる。

クレジットカードの中には申込資格について収入の有無を特に問わないものもありますが、ソラチカカードでは安定継続収入がないと審査通過はできません。

年収が高いと、その分、使用した分のお金を払ってもらえる可能性が高く滞納する可能性が低いとカード会社は考えます。

年収だけで審査通過できるかどうか決まるわけではありませんが、高いことは審査において大きなプラスになります。

逆に年収が低いと審査に不利になります。特に、ソラチカカードの場合は申し込み資格に安定継続収入があることを設けているので、年収が極端に少ない人は審査通過は難しいです。

ソラチカカードは18歳以上から申し込み可能ですが、年収が100万円未満だと審査に落ちる可能性が高いです。

また年収は多いだけでなく安定していることも重要です。

たとえば、毎月20万円の給与があり年収240万円の人と、不定期に50万円から70万円もらえての年収240万円では意味が全く違います。

年収額自体は同じでも不定期だと支払いが不安定になる可能性があるため、カード会社では毎月きちんと収入がある人のほうが安心と判断します。

年収が100万円未満の人、収入が不定期の人はソラチカカードの審査にはとおりませんので覚えておいてください。

利用可能枠が与信枠を圧迫しているのもNG

カードを沢山もっていると、カード会社の審査は厳しくなる。

クレジットカードを複数枚所持していると、カード会社から「使ってもらえないかもしれない」と警戒して審査を厳しくする傾向にあります。

また、ソラチカカードの審査では与信枠を決める際に、すでに持っているクレジットカードの利用可能枠が与信枠を圧迫していないかをチェックしています。

もし、申し込み時点で利用可能枠が与信枠を圧迫しているようであれば、カード発行はされません。

与信枠とは「この人を信用していくらまで貸付できるか」という枠のことで、他社クレジットカードの利用可能枠も加味して決定されます。

たとえば、与信枠300万円の人が、所持しているクレジットカードの利用可能枠の合計が290万円だった場合、残りの与信枠は10万円ということになります。

利用限度額が10万円以下だと基本的にカード発行されません。カード会社としても、利用額が少ないと旨味がないので発行しても意味がないと判断し、審査落ちにしてしまいます。

使っていないカードがあるなら解約してからソラチカカードに申込みましょう。

過去にJCBに迷惑をかけた人も審査落ちする

JCBに社内ブラックが存在している場合は審査通過の望みは薄い。

JCBに社内ブラックが残っていると、ソラチカカードの審査に通る可能性は低いです。社内ブラックとは、クレジットカード会社が社内情報として保持しているブラックリストのことです。

通常、ブラックリスト入りしても5年~10年経過することで個人信用情報機関から事故情報は消滅します。その後は、クレジットカードを作ることも可能となります。

しかし、社内情報はその会社が潰れない限り半永久的に残るものが一般的です。

カード会社は個人信用情報機関に照会して事故情報がないかを調べるのとは別に社内ブラックになっていないかも調べて、もし社内ブラックだった場合は審査落ちになります。

ただし、JCBは社内ブラックに寛容という噂もあり、絶対に審査落ちになるかと言えばそうでもないです。

実際にJCBに迷惑をかけたけど、期間をあけてから申し込んだら審査に通ったという口コミも見かけます。

その場合でも「10年近く期間が空いてから申込んだ」「事故後8年で可決」など、かなり長い期間経ってからでないと社内ブラックで審査通過するのは難しいと思ったほうが良いでしょう。

最低でも個人信用情報機関からブラック情報が消えるのを待ってから申し込むのが無難です。

「リボ払いは審査上優遇される」は嘘!リボ払いを利用している人は要注意!

リボ払いを軽視すると、後で痛い目に…。

「リボ払いはカード会社の収益源だから利用していると優遇される」こんな勘違いをされている方がいますが、実際はそんなことはありません。

確かにカード会社にとってはおいしい顧客ですが、審査においてはネガティブ情報となります。

特に審査をするジェーシービーではリボ払いを利用している方に厳しい審査をする傾向にありますので要注意です。

リボ払いを利用していると必ず審査落ちするわけではないですが、目安としては利用可能枠の3分の1以上をリボ残高が占めていると審査に悪影響を及ぼすと言っていいでしょう。

ソラチカクレジットカードの審査に通過するには

ソラチカクレジットカードの審査に通過するためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは審査通過のためにできることをご紹介します。

ソラチカカードの審査難易度はやや高い

クレヒスが無い、異動情報がある方は審査は難しい…。

ソラチカカードはいわゆる航空系クレジットカードに分類されます。

クレジットカードは銀行系が最も厳しく、流通系と消費者金融系が最も審査通過しやすいです。

航空系カードは銀行系の次ぐらいに取得が難しいです。加えて審査するのはジェーシービーですから、ソラチカカードの審査を通過するのは簡単ではありません。

すでに審査落ちの原因で説明しましたが、クレヒスがない人、異動情報がある人、未入金を示すマークがある人は瞬殺の可能性が高いので、該当する人は審査落ちの原因を解決してからソラチカカードに申込むようにしてください。

クレヒスがない人は実績を作ってから申し込むこと

ソラチカカードはクレヒスがない人に対してはかなり厳しく審査します。

20代前半でクレヒスがない人は特に問題ないですが、30代以上でクレヒスがない人は実績を作ってからソラチカカードに挑戦してください。

クレヒスは最低でも6ヶ月分の実績を作ってから申し込みしましょう。

理想は1年ですが、半年分のクレヒスでもソラチカカードの審査に通ったという人も多いです。まずは最低半年分のクレヒスを育てることに集中しましょう。

属性が変化するのを待ってから申し込む

クレヒスは問題ないけど属性が原因で審査に落ちてしまうかもしれないという人は、属性に良い変化があってから申し込むほうが審査通過の可能性が高くなります。

  • 勤続年数が1年以上になった
  • 年収が上がった
  • マイホームを購入した
  • 正社員になった

属性に良い変化があれば、それだけでスコアリングの点数が上がりますので審査通過の可能性がでてきます。

JCBは自社クレヒスを優遇する!?

ソラチカカードの審査はジェーシービーが行ないますが、このジェーシービーという会社は社内クレヒスを重視する傾向にあります。

現在進行系はもちろん、過去にJCB関連のクレジットカードを使っていて順調に支払いできていたという人はソラチカカードの審査に有利になる可能性が高いです。

逆に、JCBカードで遅延しているなど自社クレヒスに傷がついているような人は審査落ちする可能性が高いということでもありますので、その点は注意してください。

ソラチカクレジットカード審査に関する疑問

ここではソラチカカードの審査に関する疑問や悩みについてお答えしていきます。

Q:ANA JCBカードを持っているとソラチカカードの審査に通らないって本当ですか?

ANAJCBを所持しているとソラチカカードは無理?

以前までは、ANA JCBカードも持っている人がソラチカカードに申し込んだ場合、自動で切り替え手続きが行われてしまい2枚持ちはできないとされていました。

しかし、2015年4月よりANA JCBカードと重複して保有することが可能となっていますので安心してください。

このことについて公式サイトでも説明がありますのでご参照ください。

ちなみに、ANA JCBカードを持っているから審査に通らないということはまずありません。

特定のカードを持っていることが審査に直接影響することはないので、その点は勘違いされないように。

もし、ANA JCBカードを持っていてソラチカカードの審査に落ちたという場合は、自分の支払能力や信用力に問題がありますので原因を突き止め解決してから、再申し込みしましょう。

Q:クレカ審査に4回連続で否決になりましたが、この状態でソラチカカードに申込んでも大丈夫でしょうか?

ソラチカカードの申し込みが2枚目程度であれば、1枚目の結果が可決であろうと否決であろうと審査にさほど影響することはありません。

しかし、申し込み件数が増えると審査には影響を与えます。加えて、いずれも否決となればソラチカカードの審査落ちの可能性は徐々に高まると思っていいでしょう。

クレジットカードの申込み履歴は、個人信用情報機関に半年間残りますので、できればすべての申し込み履歴が消えるのを待ってからソラチカカードに申し込むのがいいでしょう。

Q:ソラチカカードの審査に落ちたら再申し込みはどれぐらいの期間をあけたほうがいいのですか?

審査落ち後の、申し込みはいつからしたほうが良い?

まず、クレジットカード会社は審査のときに必ず個人信用情報機関に照会して、申し込み者の信用情報を確認します。

信用情報には、カード申し込みしたという履歴が記録され半年間残ります。

申し込み履歴だけがある状態だとカード会社は審査に落ちたと判断しますので、信用情報には審査落ちしたという直接的な記録がなくてもわかってしまいます。

前回審査落ちしている状態で再度申し込みしても即審査落ちになる可能性が高いです。

というのも、属性やクレヒスは、半年程度ではほとんど変化がないからです。そのため、カード会社も瞬殺にすると思っていいでしょう。

半年経てば個人信用情報機関から申し込み履歴は消えますが、実際は1年ぐらい待ってから申し込むほうが安全です。

期間をあけずに再申し込みした場合、システムによって自動で審査落ちにする会社もあるからです。

中には半年経過で申し込みして可決された方もいますので絶対ではありませんが、より確実に審査通過したいのであれば1年ぐらい待ってからソラチカカードに再申し込みするのがいいでしょう。

Q: ANA VISA SUICAカードを持っているのにソラチカカードは審査落ちしました、なぜですか?

ANA VISA SUICA持ちは審査に落ちる?

ソラチカカードの正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。ご質問者様は同じANAカードということで、ANA VISA SUICAカードの審査に撮っているからソラチカカードも審査通過できると思ったのでしょう?

しかし、ANA VISA SUICAカードを審査するのは三井住友カードです。対してソラチカカードはジェーシービーが審査しています。

つまり、審査する会社は全く違うということになります。恐らくご質問者様の属性や信用力がジェーシービーの審査基準に合致していなかったために否決になったのだと思います。

Q:勤め先が固定電話をすべて廃止にしました。連絡先は個人携帯直通ですが問題ないでしょうか?

クレジットカードの審査では在籍確認のために勤務先へ電話をかけます。これはソラチカカードに限ったことではなく、どのカードでもそうです。

しかし、個人携帯直通となると本当に在籍しているか確認できないので、この点はマイナスになることは間違いないでしょう。

ソラチカカードはネット申し込みがメインですが、備考欄がないのでそういった事情をカード会社に伝えられないのがネックです。

ご質問者様のようにワケありの場合は、店頭申し込みで事情を伝えるほうがいいでしょう。

もしくは、ネット申し込みする場合でも一度コールセンターに電話して事情を説明してから申込んでみてはどうでしょうか。

Q:昔、JCBで金融事故を起こしてしまったのですがソラチカカード入会は諦めたほうが良いですか?

JCBの社内ブラック情報が残っている可能性が高いので、審査通過の可能性は極めて低いと言っていいでしょう。

ただ、中には過去にJCBに迷惑をかけたけど発行してもらえたという事例もあるので、どうしても欲しいという場合はチャレンジしてみるといいでしょう。

ただし、個人信用情報機関にブラック情報が残っている場合は社内ブラックに関係なくソラチカカードの審査には通りません。

最低でもブラック情報が消えるのを待ってから申し込みしてください。

ページのトップへ