クレジットカード審査難易度を解説!あなたが狙っているカードの難易度は?

クレジットカードの審査難易度はカード会社とカードランクによって違ってきます。 自分が取得しようと考えているカードの審査難易度を理解していないと、審査通過できない可能性もあります。

今回はクレジットカード審査難易度を11段階にわけて、ランク別に審査通過のポイントやカード取得の条件について解説していきたいと思います。

【目 次】
  1. クレジットカード審査難易度一覧
  2. クレジットカードの審査はどんなことをしているの?審査の流れと基礎知識
  3. クレジットカード審査に通りやすくするコツ
  4. クレジットカード審査に落ちた原因を解説!無駄に審査落ちしないために
  5. クレジットカード審査に落ちたときにやっておきたい5つの対策

クレジットカード審査難易度一覧

まずはクレジットカードの審査難易度を表にまとめていますのでご紹介します。

審査難易度 代表的なクレジットカード
SSS アメリカン・エキスプレス・センチュリオン
SS ダイナースクラブプレミアムカード
S JCB・ザ・クラス
AAA ・三井住友VISAプラチナカード
・スルガ銀行Visa Infiniteカード
・JCBプラチナ
AA ・ダイナースクラブカード
・アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
・SuMi TRUST CLUBプラチナカード
A JCBゴールド・ザ・プレミア
B ・MUFGカードプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
・三井住友VISAゴールドカード
・JCBゴールドカード
・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
C ・JCB一般カード
・三井住友VISAクラシックカード
・アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
D ・オリコカード・ザ・ポイント
・レックスカード
・ライフカード
・セディナカードクラシック
・セゾンカード
・ニコスカード
E ・楽天カード
・エポスカード
・イオンカード
・セブンカード
F アコムACマスターカード

クレジットカードはランクが高いほど審査難易度も上がります。ブラックカードが最も審査難易度が高く、次いでプラチナカード、ゴールドカードの順です。

  • SSS~A:ステイタス重視の方におすすめ
  • D~F:とりえずクレジットカードを一枚持ちたい方におすすめ

SSS~Aランクのクレジットカードは取得が難しいものばかりです。

特にブラックカードとプラチナカードは基本的にカード会社からインビテーション(招待)が来ない限り取得できない仕組みとなっています。

単に年収が高いだけではなく、カード会社から「このカードを持つに相応しい人」と評価される必要があります。

そのためには、高い年収はもちろんのこと、クレジットカードの利用実績も重要となってきます。

審査難易度:SSS

審査難易度SSSに唯一ランクインしたのが「アメリカン・エキスプレスセンチュリオンカード」です。

他にもブラックカードはいくつか存在しますが、最も審査難易度が高く取得するのが難しいクレジットカードです。

一般人は一生お目にかかれないクレジットカードです。

カード名 アメリカン・エキスプレスセンチュリオンカード
ステータス性 ブラックカード
種類 プロパー
年会費 378,000円

アメリカン・エキスプレスセンチュリオンカードを取得するにはアメリカン・エキスプレス・カードを保有していて、インビテーションを得ないといけません。

アメックスブラックカードの年会費は35万円(税別)とありえないほど高額です。

年会費を余裕で払えるほどの収入が必要なのはもちろんですが、単に年収が多ければインビテーションがくるわけでもありません。

年収だけでなく職業や利用実績、加えて高いステイタスが必要とされます。

会員数が決まっているため、現会員が退会しない限り会員になれないというのもアメックスセンチュリオンの取得が難しいと言われる理由です。

アメックスブラックカードのインビテーションを得る流れ

アメックスからインビテーションを得るための具体的な流れをご紹介します。

  • ①アメリカン・エキスプレス・ゴールドの会員になる
  • ②アメリカン・エキスプレス・ゴールドで継続的に決済する
  • ③アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーションを得てプラチナ会員になる
  • ④アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードで継続的に決済する
  • ⑤アメリカン・エキスプレスセンチュリオンカードのインビテーションを得る

重要なのはアメックスカードで決済し利用実績を積み上げることです。

いくら年収が高くても、アメックスカードを全然利用しなければアメリカン・エキスプレスから「ブラックカードを持つにふさわしい」と判断されず、インビテーションは来ません。

また、一度に高額な決済をするよりも毎月継続的に決済していくほうが実績として認められやすいです。

たとえば、今月は100万円以上決済しても来月は10万円程度しか決済しないよりも、毎月50万円の決済を継続していくほうが有効です。

実際にアメックスセンチュリオンカードを保有されている方の決済状況を調べると、毎月50万円~100万円くらいの決済を継続していたとのこと。

年間で600万円以上~1200万円以上をアメックスカードで決済していることになります。

高額なのは間違いないですが、毎月の支払いをアメックスカード1つにまとめている人であれば、不可能ではありません。

アメックスをどれぐらい利用すればいいのか?

アメックスをどれぐらい利用すればセンチュリオンのインビテーションを保有することができるのか、かかる期間は人それぞれです。

アメックスゴールドからプラチナになるまで3年以上かかったという人もいれば1年で取得できたという人もいます。

ただ、平均するとゴールドからプラチナになるまでに3年、プラチナからセンチュリオンになるまで3年~4年かかる傾向にあります。

特別の中の特別なカードと言うだけあり、取得には時間がかかるものだと思ったほうがいいでしょう。

審査難易度:SS

SSクラスにランクインしたのは「ダイナースクラブプレミアムカード」です。アメックスセンチュリオン同様に一般人には作るのが難しいブラックカードです。

カード名 ダイナースクラブプレミアムカード
ステータス性 ブラックカード
種類 プロパー
年会費 140,400円

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカードもアメックスセンチュリオン同様にインビテーション制です。

自分から申し込んで取得することはできません。
インビテーションを得るにはダイナースクラブカードを保有し、利用実績を磨くことです。

利用実績が良好であればインビテーションが来ますし、あまり良くなければ連絡が入らないということです。

そのためにはまずダイナースクラブカードに入会しなければいけません。

ダイナースクラブカードはノーマルカードであっても審査難易度は高く、27歳以上、年収500万円以上ないと申し込みできません。

ノーマルカードでも条件が厳しいですから、ワンランク上のダイナースクラブプレミアムカードは更に取得が難しいということです。

ダイナースクラブプレミアムカードを取得するにはダイナースクラブ側に「この人はダイナースクラブカードをメインカードとして使ってくれる」と思わせなければいけません。

カード決済ができるところはコンビニだろうとスーパーだろうとダイナースクラブカードを利用するようにしましょう。

絶対にやってはいけないのが支払い遅延とリバ払い・分割払いです。

これをやってしまうとお金を持っていない人と思われてしまうからです。

審査難易度:S

SクラスにランクインしたのはJCBが誇る最高峰のクレジットカード「JCB・ザ・クラス」です。

カード名 JCB・ザ・クラス
ステータス性 ブラックカード
種類 プロパー
年会費 54,000円

ブラックカードの中では年会費が比較的安いですが、こちらも招待制で選ばれた人しか所有できず、サービス内容は他に引けをとりません。

JCB・ザ・クラスを取得するには?

JCB・ザ・クラスを取得するにはJCBからインビテーションを受けなければいけません。

  • ①JCBゴールドカード会員になる
  • ②JCBゴールドカードで利用実績を作る
  • ③JCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションを受け会員になる
  • ④JCBゴールド・ザ・プレミアで利用実績を作る
  • ⑤JCB・ザ・クラスのインビテーションを受ける

上記がこれまでのJCB・ザ・クラスを取得するためのルートでした。

しかし、2017年10月よりJCBプラチナカードが誕生し、最短ルートでJCB・ザ・クラスを取得できるようになりました。

JCBプラチナカードは申し込み可能なプラチナカードですので、JCBゴールドカードで利用実績を積まずに取得することもできます。

申し込み可能と言っても決して取得が簡単なわけではありません。

初めからプラチナカードを取得するのは審査ハードルがかなり高いですから、不安な人はJCBゴールドカードから始めるのがいいでしょう。

審査難易度:AAA

審査難易度AAAにランクインしたのは次の3枚です。

カード名 JCBプラチナカード
ステータス性 プラチナカード
種類 プロパー
年会費 27,000円

カード名 三井住友VISAプラチナカード
ステータス性 プラチナカード
種類 銀行
年会費 54,000円

カード名 スルガ銀行Visa Infiniteカード
ステータス性 プラチナカード
種類 銀行
年会費 129,600円

JCBプラチナカード

JCBプラチナカードは、25歳以上で本人に安定継続収入のある方が取得できます。

JCBプラチナカードのサービスを余すことなく活用するということも考えると、年収は最低でも500万円は必要です。

年収が低いのに無理して取得してもメリットが無いからです。公務員や正社員、経営者でないと取得するのは難しいでしょう。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードです。

プラチナカードはインビテーション制のカードが多い中、三井住友VISAプラチナカードはインビテーションを待たずに自分がほしいと思ったタイミングで申し込んで取得することもできます。

2010年頃まではインビテーション制でしたが、方針転換し現在も申込可能となっています。

新規申込みでも取得可能になったことを考えると、インビテーション制のときと比べると取得しやすくなっている可能性が高いです。

ただ、三井住友カードの最高峰カードであることから、取得するのが難しいのは間違いありません。

実際取得できるのは会社経営者や公務員、士業、会社役員、正社員などでしょう。

パート・アルバイトや派遣社員などの方は基本的に取得できないクレジットカードと思っていただいてOKです。

取得するための条件としては年齢30歳以上、年収500万円以上です。勤続年数が長ければなお良いです。

20代でも取得することは可能ですが、新規申込で取得することはできません。

まずは三井住友VISAプライムゴールドカードを取得して、そのカードで利用実績を積み上げていくようにしましょう。

スルガ銀行Visa Infiniteカード

スルガ銀行が発行するVISAのブラックカードです。スルガ銀行経由でのみ取得できるクレジットカードですので、スルガ銀行の上顧客にならないといけません。

そのためにはスルガ銀行をメインバンクとして使用し、インビテーションを受けることがポイントとなります。

スルガ銀行Visa Infiniteカードの国内発行枚数は100枚程度とかなり少ない激レアカードです。このことからも審査難易度が厳しいのが伺えます。

審査難易度:AA

審査難易度AAにランクインしたのは次の3枚です。

カード名 ダイナースクラブカード
ステータス性 一般カード
種類 プロパー
年会費 23,760円

カード名 アメリカン・エキスプレスプラチナカード
ステータス性 プラチナカード
種類 プロパー
年会費 140,400円

カード名 SuMi TRUST CLUBプラチナカード
ステータス性 プラチナカード
種類 銀行
年会費 37,800円

ここで初めてノーマルカードがランクインしていますが、ダイナースクラブカードはレギュラーカードでも審査が厳しく取得が困難な一枚です。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードはレギュラーカードという位置づけでありながらも、一般的なゴールドカードよりも審査基準が厳しいとされています。

ダイナースクラブカードの審査を通過するには下記の条件を満たしていないと厳しいです。

    • 年齢:27歳以上
    • 年収:500万円以上、800万円以上あれば安定
    • 職業:安定した職業
  • 勤続年数:3年~5年
  • クレヒス:遅延なし(スーパーホワイトは問題外)

ダイナースクラブカードに申し込めるのは27歳以上の人です。26歳未満の人は申し込めません。この時点で審査基準が厳しいと言えます。

審査に通過するために必要な年収は500万円以上が目安です。中には年収400万円台でも取得できたという人もいますが、年収は500万円以上ある方が安全圏でしょう。

安定した職業は医師・弁護士・公認会計士・公務員・大企業の正社員・経営者・会社役員などが挙げられます。

収入が安定している上に社会的地位が高い人ほど審査に有利です。信用情報に傷がついていると審査落ちは間違いないでしょう。

また傷がつくほどの延滞でなくても(数日程度の延滞)それだけで審査落ちしてしまうこともあります。逆に信用情報が良好であれば審査に有利です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは直接申し込みで取得できません。取得するにはアメリカン・エキスプレス社よりインビテーションを受ける必要があります。

インビテーションを受けるにはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの会員となり利用実績を積み上げることが条件となります。

公共料金等の毎月の支払いはもちろん、普段の買い物時の支払いにもアメックスカードで決済しアメックス側にアピールするようにしましょう。

年間どれぐらい利用すればインビテーションを受けられるのか、その基準はアメックス側が公開していませんのでハッキリとは言えません。

ただ、実際に取得した人の情報によれば年間100万円程度の利用でインビテーションをもらえたという人も少なくないです。

SuMi TRUST CLUBプラチナカード

SuMi TRUST CLUBプラチナカードは三井住友トラストクラブの中で最高峰のクレジットカードです。SuMi TRUST CLUBプラチナカードは直接申し込みで取得が可能です。

取得するための条件は年齢25歳以上、年収400万円以上です。仮に年収が1,000万円以上でも年齢が25歳に満たなければ申し込みできません。

また25歳以上、年収400万円以上というのはあくまでも最低ラインです。これをクリアしていれば必ず取得できるわけではありません。

直接申し込みする地震がない方は、まずはSuMi TRUST CLUBゴールド・カードに入会して利用実績を積み上げていくようにしましょう。

インビテーションでSuMi TRUST CLUBプラチナカードを取得することも可能です。

審査難易度:A

審査難易度Aにランクインしたのは「JCBゴールド・ザ・プレミア」です。

カード名 JCBゴールド・ザ・プレミア
ステータス性 準プラチナカード
種類 プロパー
年会費 16,200円

JCBゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドカードの上位にあたるクレジットカードです。JCBゴールドカード保有者で一定条件をクリアした方にのみインビテーションが届き取得することができます。

直接申し込みはできません。インビテーションの条件は、次の3つをクリアすることです。

  • JCBオリジナルシリーズを持っている
  • 2年連続でショッピング利用金額が100万円以上
  • MyJCBにEメールアドレスの登録

ハードルがそこまで高いわけではありませんが、取得にはやや時間がかかるカードだということは覚えておきましょう。

審査難易度:B

審査難易度Bにランクインしたのは次の4枚です。

カード名 MUFGプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
ステータス性 プラチナカード
種類 銀行
年会費 21,600円

カード名 三井住友VISAゴールドカード
ステータス性 ゴールドカード
種類 銀行
年会費 10,800円

カード名 JCBゴールド
ステータス性 ゴールドカード
種類 プロパー
年会費 10,800円

カード名 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
ステータス性 ゴールドカード
種類 プロパー
年会費 31,320円

MUFGカードプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費2万円で作れるお得なプラチナカードです。申込みで取得でき、20歳以上で安定した収入があれば申込可能です。

プラチナカードなのに20歳以上という設定なので、通常のプラチナカードよりも審査は緩めと推測できます。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは、満30歳以上で本人に安定継続収入のある方が取得可能です。

30歳未満の方は取得できませんので諦めましょう。ただし、30歳以上ならどんな職業でも取得できるというわけではありません。

不安定な職業&収入な方は取得は難しいです。経営者や正社員、士業の方であれば問題なく取得できますが、派遣社員やパート・アルバイトだと難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

JCBゴールドカード

株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーのゴールドカードです。取得方法はインビテーションと新規申込みの2通りあります。

JCBのプロパークレジットカードを毎月適度に利用していればインビテーションが届きます。この場合、審査ハードルは高くありませんので取得できる可能性が高いです。

しかし、JCBカードの利用実績がなく新規申し込みする場合、審査ハードルは高めです。年収300万円台であれば、別のゴールドカードを検討するほうがいいでしょう。

いきなりJCBゴールドカードに挑戦するなら年収は500万円以上で役職についているほうが無難です。

また年収以外の属性が悪い場合も審査通過は難しいです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ゴールドカードの中でも比較的取得しやすいゴールドカードです。

同順位にランクインしている三井住友VISAゴールド・カードやJCBゴールドカードのほうが審査難易度は高いと言っても過言ではありません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの取得がそれほど難しくない理由は、アメックスゴールドが最高峰のクレジットカードではないからです。

アメックスカードの最高峰はアメックスブラック、次いでアメックスプラチナです。そのおかげで審査難易度は引き下げられているのです。

アメックスゴールドはお金持ちしか持てないカードというイメージが未だに強いかもしれませんが、30代以上の正社員であれば取得は難しくありません。

もちろん他社借入がなくクレヒスがキレイであることが前提条件ですが、現状のアメックスゴールドの審査ハードルは高くありません。

審査難易度:C

審査難易度Cのクレジットカードは次の3枚です。

カード名 アメリカン・エキスプレス・カード
ステータス性 一般カード
種類 プロパー
年会費 12,960円

カード名 JCBカード
ステータス性 一般カード
種類 プロパー
年会費 1,250円

カード名 三井住友VISAクラシックカード
ステータス性 一般カード
種類 銀行
年会費 1,350円

ここまでくると、審査難易度はそこまで高くありません。

ただ、ステイタスはしっかりしていますので、取得は難しくないけどステイタスは重視したい人におすすめのカードです。

アメリカン・エキスプレス・カードは一般カードですが、サービスやステイタスはゴールド・カード並です。

過去の利用実績が若干悪くても、現在の収入が安定していれば取得可能なカードです。

JCB一般カードと三井住友VISAクラシックカードはどちらも一般カードですが、国際ブランドが発行するカード、銀行が発行するカードということで他の一般カードに比べて敷居は高めです。

ただ、過去に返済トラブルを起こしていなくて安定収入があれば十分に狙えるカードです。

審査難易度:D

審査難易度Dには信販系クレジットカードがランクインしています。代表的なカードは次のとおりです。

  • オリコカード・ザ・ポイント
  • レックスカード
  • ライフカード
  • セディナカードクラシック
  • セゾンカード
  • ニコスカード

信販系クレジットカードは銀行系クレジットカードに比べると審査ハードルは低めです。

カード発行スピードが早く、当日中に発行可能なものもあります。手軽にクレジットカードを取得したい方に信販系クレジットカードはおすすめです。

ただし、過去に返済延滞があるとさすがに審査通過は難しくなるので注意しましょう。

審査難易度:E

審査難易度Eにランクインしたのは流通系クレジットカードです。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • イオンカード
  • セブンカード

流通系クレジットカードは、発行会社で利用すると割引や特典がつく生活密着型という特徴があります。

特に主婦層や若年層に人気のカードで、パート主婦やフリーターでも比較的作りやすいです。

審査難易度:F

審査難易度Fにランクインしたのは消費者金融系のクレジットカードです。

カード名 アコムACマスターカード
ステータス性 一般カード
種類 消費者金融
年会費 無料

文字通り消費者金融が発行するクレジットカードで、現在はアコムのみが発行しています。

消費者金融系は申込みの門戸が広く、パート・アルバイトでも毎月安定収入を確保できていれば取得は難しくないです。

一般的なクレジットカードはクレヒスを重用視しますが、アコムACマスターカードは消費者金融系ということもあり審査基準が異なり、返済能力があるかどうかに重点を置いています。

クレヒスがなくても現在の収入状況次第で審査通過も十分可能ということです。

(参考)クレジットカード審査に落ちる2つの理由と対策

クレジットカードの審査はどんなことをしているの?審査の流れと基礎知識

クレジットカードに入会するには必ずカード会社の審査を通らなければいけません。

クレジットカード利用時の代金支払いはカード会社が立て替えており、後できちんと支払いしてくれる信用の高い人であるかどうかを見定める必要があるからです。

では、どのようにして申し込み者の信用度を審査で判断するのでしょうか。

クレジットカード審査で重要なのは返済能力の有無

クレジットカード審査で最も重要となる条件が「返済能力の有無」です。

申し込み者に返済能力があるかどうかを見極めるにあたり、カード会社は3つの査定基準を設けています。

Capacity
(支払能力)
申し込み者が安定して支払いを継続できるだけの収入を得ているかをチェックします。カード審査において支払能力は最も重要視されます。
Character
(本人の性格)
信用情報から返済日に遅れることなく返済できるかを判断します。きちんと返済できる人格であると判断されないと審査落ちになる可能性が高い。
Capital
(資産、財産)
申し込み者が所有する資産や財産をチェックします。資産や財産を所有していると審査に有利です。

カード会社は信用できる人にカード発行したいわけですが、ただ単に年収が高いだけでは信用に値する人ということにはなりません。

そこで上記3つの査定基準を用いて、申し込み者が信用に値する人なのかを判断します

Capacity(支払能力)

申し込み者に支払能力があるかどうかは次の項目から判断されます。

  • 年齢
  • 職業
  • 会社の規模
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 他社借入額

クレジットカードは基本的に18歳以上から申込み可能ですが、カード会社やカードのランクによっては申込可能な年齢の条件が異なります。

そのため、申し込み時の年齢が条件とあっているかチェックします。

また、信用情報から30過ぎてもカードの利用履歴がない場合不利になる、逆に未成年は将来性が見込めるので有利になるなど、他の項目と絡めて評価することもあります。

職業や雇用形態は、たとえば年会費無料のクレジットカードならば非正社員でも問題なく利用できますが、ゴールドカードなど年会費が高額なクレジットカードでは年会費も無理なく支払える公務員や大企業の正社員のほうが有利です。

勤続年数は長いほど高評価です。勤続年数が短いとすぐに辞めてしまい、安定した収入が得られないかもしれないと思われてしまいます。

年収は他社借入額とセットで返済能力の有無を判断されます。

年収が高くても他社借入が多く、無理のある借り入れをしていれば返済能力に不安があると判断されてしまいます。

クレジットカードの申し込みでは年収は自己申告となっていますが、くれぐれも嘘はつかないことです。

勤務先の規模、雇用形態、勤続年数などからおおよその年収額は判断ができますし、キャッシング枠を希望すれば収入証明書の提出を求められることもあるので、嘘はばれます。

クレジットカード審査において嘘が発覚すれば信用は著しく下がり審査落ちとなります。

知っておきたい年収の書き方

年収の計算方法は申し込み者の属性により異なります。

給与所得者(パート・アルバイトも含む):税金や保険料などが差し引かれる前の年収
個人事業主:経費を差し引いた所得
学生、主婦(年収がない場合)※:同居家族の年収

自分の年収がわからない場合は「勤務先で前年度の源泉徴収票を発行してもらう」「市区町村役場で所得証明書をもらう」「最新の確定申告書で確認する」と言った方法で調べることができます。

※本人の収入を記載するように指定がある場合は「0」と記入してください。年収0円でも取得可能なクレジットカードはあります。

カード会社で審査基準が異なるのはスコアリングシステムが関係している

クレジットカード審査ではスコアリングシステムを採用しています。

各審査項目を点数化して申し込み者の返済能力を判定する方式のことです。

たとえば「公務員なら○点、パートなら○点」と言った具合に、カード会社が決めた基準に基づきそれぞれの項目を点数化していきます。

審査項目全てを点数化すると、合計点数がはじき出され「合計点数が○点以上なら可決、それ以下なら否決」という流れで可否の判定を決定しているのです。

クレジットカードの審査内容は、どの会社もほぼ同じです。異なるのはスコアリングの基準です。

項目ごとの点数の基準や合格ラインとなる点数が違うということです。

項目 申し込み者情報 A社 B社
年齢 30歳 20点 15点
年収 500万円 7点 5点
勤務先 上場企業 10点 10点
雇用形態 会社員 6点 5点
勤続年数 4年 6点 4点
既婚・未婚 未婚 10点 6点
家族構成 一人暮らし 4点 2点
住宅状況 賃貸 5点 3点
居住年数 5年 5点 3点
他社借入件数 1社 7点 4点
他社借入額 20万円 7点 4点
合計点数 87点 61点

※上記のスコアリングは一例です

このようにカード会社によって点数の基準は異なります。結果を言えばA社のほうが審査通過しやすいスコアリング基準となります。

属性が同じでも、カード会社ごとに審査通過の確率は異なります。B社の審査に落ちたけどA社の審査には通ったということも十分にありえるということです。

またカードのランクが上がると採点基準は厳し目に設定されます。カード会社が同じでも一般カードは取得できてもゴールドカードは落ちたということもあり得るわけです。

信用情報はクレジットカード審査の結果を大きく左右する重要な情報

スコアリング審査を通過すると、カード会社は申し込み者の信用情報を確認するために個人信用情報機関に照会します。

クレジットカードやローンを利用すると、その利用履歴が個人信用情報機関に情報として登録されます。これが信用情報です。

日本にある個人信用情報機関は次の3つです。

CIC クレジットカード会社が多く加盟している信用情報機関
JICC 消費者金融系が多く加盟している信用情報機関
全国銀行
個人信用情報センター
銀行系が多く加盟している信用情報機関

申し込み者の信用情報から、きちんと支払いできているか、貸し倒れや自己破産などの事故情報がないかどうかをチェックします。

信用情報に事故情報があるとクレジットカード審査には通りません。

事故情報の種類と登録期間

事故情報が登録されることをブラックリスト入りすると言います。事故情報の種類と登録期間は次のとおりです。

事故情報の種類 CIC JICC 全銀協
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年
任意整理 5年 5年 5年
個人再生 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 5年 5年

事故情報は共有されている

個人信用情報機関は互いに「FINE」「CRIN」という2つのシステムで情報共有を行なっています。通常の信用情報は共有されず事故情報のみが共有されています。

たとえば、JICCでは61日以上の延滞は1年間しか記録が残りませんが、CICと情報共有しているので、5年間はクレジットカード審査に通りません。

信用情報は信用度のアピールになる

信用情報はクレジットカードやローンの利用履歴が記録されるため、審査ではマイナスなイメージを強く持たれるかもしれません。

しかし、信用情報というのはあくまでその人がどのようにクレジットカードやローンを使ってきたのかという記録です。

事故情報があれば当然マイナス評価ですが、逆にきちんと支払いできていて実績を積み上げていれば信用度の高い人をアピールでき、審査に有利になります。

クレジットカード審査に通りやすくするコツ

クレジットカード審査が不安という方は、申し込みする前に審査通過するための対策を立てましょう。

嘘は絶対つかない

クレジットカード審査において嘘を付くことは評価を大きく下げる行為です。下手すれば一発審査落ちです。

ばれないと思って申込む方もいるようですが、個人信用情報機関やクレジットカード会社の調査能力は優秀です。

大抵の嘘はばれますので嘘は絶対に止めましょう。また記入ミスや入力ミスでも虚偽申告として扱われますので申込時は十分注意しましょう。

キャッシング枠を付けず審査通過率をアップさせる

クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法に基づき審査され、キャッシング枠は貸金業法に基づいて審査されます。

キャッシング枠を付けるとなると、2つの法律が適用されることとなり審査基準がその分厳しくなってしまいます。

少しでも審査通過の可能性を高めたいのであれば、キャッシング枠はつけないようにしましょう。

返済遅延は絶対にしない!期日を守って支払いすること

良好なクレヒスを積み上げることで上位カード取得の確率を高めます。支払い遅延をしてしまえばクレヒスは汚れてしまい、審査に悪影響を及ぼしますので注意してください。

良好なクレヒスを育て上げるためにも遅延は絶対しないことです。

使いすぎが不安なら減額する

クレジットカード審査に置いて延滞は致命的です。クレジットカードを使いすぎてしまい代金を支払えないというケースは珍しくありません。

このような事態を招かないためにも、あらかじめ利用できる金額を低めに制限しておくことをおすすめします。

ショッピング枠の上限は審査で決定されますが、使いすぎてしまわないか心配という場合は、上限金額を下げることも可能です。

ショッピング枠の減額は会員ページやカードデスクへ電話することでできます。

クレヒスがない人はスマホの分割購入

20代でクレヒスがまったくなくても問題視される可能性は低いですが、30代以降でクレヒスがないとクレジットカード審査にかなり不利です。

過去に大きな返済トラブルを起こしたんではないかと警戒されます。

クレヒスを作りたいけど審査に通らないがためにクレヒスを作れないという人は、スマホの分割購入がおすすめです。

電化製品の分割払いでも良いでしょう。これらの支払いを毎月遅れることなく行えば、立派なクレヒスとなります。

公共料金の支払いをカード決済にする

2枚目のクレジットカードを狙っている方は、良好なクレヒスは必須条件となります。

毎月確実にクレヒスの実績を積み上げたいのであれば、公共料金のような毎月必ず支払いするものをカード決済にするようにしましょう。

カード決済なら支払い忘れも防止できるので一石二鳥です。

審査がどうしても不安なら消費者金融系のクレジットカードがおすすめ

クレジットカードは銀行系が最も取得するのが難しく消費者金融系が最も取得しやすいです。

審査が甘いわけではないですが、消費者金融系のクレジットカードはクレヒスがなくても安定収入があれば取得できる可能性が十分あります。

お目当てのクレジットカードの審査難易度が高いのであれば、まずは取得しやすい消費者金融系クレジットカードに入会して十分な実績を積み上げてから挑戦するのが良いでしょう。

クレジットカード審査に落ちた原因を解説!無駄に審査落ちしないために

クレジットカード審査に落ちる原因を理解せず、申し込みするのは余計に審査落ちの可能性を高めてしまうだけです。

すでに審査落ちしている方、これからクレジットカードに申込を考えている方、まずは審査落ちする原因をきちんと理解しておきましょう。

属性に原因がある

属性に原因があってクレジットカード審査に落ちる人は多いです。どのような属性だと審査落ちしやすいのか紹介します。

仕事が不安定な職業

クレジットカード審査に置いて安定した職業に就いている、収入を得ていることは重要です。

無職・無収入はもちろんアウトですが、パート・アルバイトや派遣社員、期間工の方は審査でマイナス評価になる可能性が高いです。

審査に有利 審査に不利
・公務員
・大企業の正社員
・アルバイト
・パート勤務
・派遣社員
・契約社員
・期間工

また、正社員なら絶対有利というわけでもありません。大企業の正社員ならまだしも零細企業の正社員だとアルバイト並みの評価をされることも少なくないです。

収入

収入は安定していると評価されると審査通過しやすいです。年収が100万円台でも、毎月収入を得ていると審査通過の可能性があります。

ただし、一般カードは取得できてもゴールドカード以上の上位カードでは年収は相応の額が必要になります。

クレジットカードのランク 必要な年収
年会費無料の
一般カード
年収300万円以上あると安心
ヤングゴールドカード 年収400万円以上あると安心
ゴールドカード 年収500万円以上あると安心
プラチナカード 年収800万円以上あると安心
ブラックカード 年収1,000万円以上必要

ゴールドカード以上になると「年収○○万円以上」といった条件を設けているカードが多いです。一定以上の年収がないと取得は難しいということは覚えておきましょう。

年齢

ゴールドカード以上の上位カードの中には、年齢制限を設けているものもあります。年齢が満たないという理由で審査に通らないこともザラにあります。

年齢 狙えるクレジットカードのランク
18歳~20歳 年会費無料の一般カード
21歳~25歳 せいぜいヤングゴールドカード
26歳~30歳 一部のステータスカード以外
30歳以上 すべてのランクのカードに申込み可能

年齢が30歳以上であれば大抵のクレジットカードは申込み可能になります。

年齢は高ければいいってものもありません。高すぎても逆に審査通過が難しくなりますので注意してください。特に60歳を過ぎると途端に審査は厳しくなります。

勤続年数

1つの職場に長く勤めていると審査に有利です。逆に勤め始めたばかりの人や転職しまくっている人は審査落ちになる可能性が極めて高いです。

勤続年数から「今後も継続して収入を得られるかどうか」を判断しています。その結果、勤続年数が短いと収入が不安定と評価され審査落ちしてしまう傾向にあります。

正社員であっても勤続年数が1年未満だと不利になりやすいです。

居住年数

カード会社が恐れるのは夜逃げされることです。住んでから日が浅い人は、すぐにまた引っ越しするのではないか?と疑われやすいです。

居住形態

居住形態は「持ち家>実家住まい>賃貸」の順で有利です。持ち家や実家住まいだと夜逃げしにくい、逆に賃貸だと夜逃げしやすいと評価されるからです。

ただし、賃貸だと劇的に審査に不利になるかと言うと実際はそんなこともないです。

居住形態が理由で審査に落とされることはまず無いですから。多少不利になるぐらいに思っていてください。

クレジットカードやローンの利用歴に原因がある

クレジットカード審査では過去のクレジットカードやローンの利用歴もチェックされます。

借入が多すぎる

カードローンやクレジットカードで多額の借り入れをしている人は、それだけで審査に不利になります。

特にクレジットカード会社はカードローンの利用を嫌う傾向が強いです。

3社以上のカードローンを利用している人は、どのクレジットカードの審査にも通らないと思ったほうがいいくらいです。

「住宅ローン組んでたら不利なの?」「マイカローンは大丈夫なの?」確かにこれらのローンは金額が大きいですが、クレジットカード審査に悪影響を及ぼすことはありません。

年収に適した借入額であれば問題視されません。もちろん、明らかに無理な借入だと不利になりますが、持ち家だと評価されます。

リボ払い

カードローンやクレジットカードのキャッシングで現金の借り入れをしていなくても、リボ払いを使っていると審査に不利になります。

特にリボ払い残高が目一杯担っている人は要注意です。その理由は「リボ払いを使っている人=お金に困っている」と評価されるからです。

カード会社としても「この人にクレジットカード発行するのは危険」と警戒され、結果として審査落ちします。

過去に長期間返済を延滞した

過去にクレジットカードやカードローンの返済を延滞した経験がある人は、それだけでクレジットカード審査に落ちる可能性大です。

延滞すると信用情報に「金融事故情報」として記録されてしまいます。いわゆるブラックリスト入りです。

どれぐらいの期間遅延すると延滞の記録がつくのか基準は各金融期間で異なりますが、一般的には61日以上または3ヶ月以上返済を延滞していると金融事故情報が記録される可能性が高いです。

一度ブラックリストイリすると当面の間はクレジットカードを作れないと思ったほうがいいでしょう。支払いをしてくれない可能性がある相手にお金を貸したくないのは当然といえば当然です。

過去に債務整理した

延滞同様に、過去に債務整理の経験がある人はクレジットカード審査に通りません。債務整理は大きく分けて任意整理、個人再生、自己破産の3種類ですがいずれも金融事故情報として記録されます。

これらの情報は5年間(自己破産は10年間)は信用情報から、消えることはありません。

たくさん申し込みしている

1ヶ月に何社もクレジットカード申し込みしている人も、審査通過は厳しくなります。短期間に何社も申込んでいるとカード会社から「お金に困っている」と判断されてしまうからです。

お金に困っている人にカード発行するのはカード会社側からすればリスクが大きいですから、当然審査落ちしやすくなります。

クレジットカード審査に落ちたときにやっておきたい5つの対策

この記事を読んでいる人の中には、すでにクレジットカード審査に落ちてしまったという人もいるかもしれません。

クレジットカード審査に落ちるのにも理由があります。その理由を理解しきちんと対処しなければまた同じ過ちを繰り返してしまいます。

ここでは、クレジットカード審査に落ちたときにやっておくべき5つの対策をご紹介します。

申し込みブラックなら半年待つ

クレジットカードに申し込みすると、その事実が個人信用情報機関に登録され半年間は残ります。

カード会社は個人信用情報機関に照会することで申し込み履歴を確認できます。

短期間にいくつもクレジットカードやカードローンに申し込みすると、カード会社は「お金に困っているのかもしれない」と判断します。

これを申し込みブラックと言います。申し込みブラックと判断されると審査落ちしやすくなります。

もし、直近でたくさんのクレジットカードやカードローンに申し込みしたという人は、半年間は申し込みを控えて記録が消えるのを待つようにしましょう。

申し込みは何件までなら大丈夫なの?

申し込みブラックの明確な基準はありません。個人信用情報には申込情報以外にもさまざまな情報が記録されるので、それらの情報も踏まえて総合的に判断されます。

ただ、半年間に何十件と申し込み記録があるのはさすがに異常です。クレジットカードがなかなか作れなくても、1ヶ月に何枚も申込んでしまうと審査落ちの可能性大です。

時間を明けて申し込みするようにしましょう。

審査に不利な状況がないか確認する

クレジットカード審査では返済能力が重要です。特に安定していることはどのカード会社でも求めている条件と言っても過言ではありません。

安定した仕事に就いていれば返済能力が高いと評価され審査に有利です。逆に無収入に近い状況だとクレジットカード審査に通るのは厳しいです。

パートやアルバイトでも取得可能なカードもあるものの、それでも厳しい判断をするカード会社は多いです。

ゴールドカード以上になると正社員でも勤続年数が短ければ審査に落とすと言った判断を下すカード会社も少なくないです。

勤続年数は時間が解決してくれますので、ある程度年数が経過してから申し込むようにしましょう。

カード審査は無職だと基本的に審査通過は無理ですが専業主婦は、配偶者の収入などで判断されますので取得も可能です。

不要なクレジットカードは解約する

クレジットカードを複数枚持っている人は、その中に不要なカードがあれば解約することをおすすめします。

個人信用情報機関では、現在有効であるクレジットカード契約の情報が記録されており、審査するカード会社に開示されています。

2,3枚程度なら問題ないですが、何十枚もクレジットカードを持っているとカード会社も発行に慎重になります。その理由は2つあります。

  • 利用限度額の問題
  • カードを使ってくれないのではないか?と警戒される

カードホルダーは設定された限度額の範囲内でカードショッピングが可能です。

沢山カードを持っていれば、利用限度額の合計も大きくなるわけですからカード会社は慎重にならざるを得ません。

またカードをたくさん持っていても使用するのにも限界があります。所有するカード全てを使うのは難しいでしょう。

カード会社は、せっかく発行したのに使われないまま終わってしまうのでは?という疑念を持ってしまいます。

個人信用情報機関にはカードの決済状況も記録されるので、使っていないカードが多いと審査に不利になる可能性があります。

不要なクレジットカードは解約して枚数を減らすようにしましょう。

上位カードはクレヒスを積んでから申し込むこと

ゴールドカード以上の上位カードは、一般カードに比べて審査が厳しいです。属性だけでなく、それまでの自社の利用履歴を重視するカード会社が多いです。

つまり、いきなりゴールドカード以上の上位カードを取得するのは難しく、まずは1つレベルを落として一般カードを取得することです。

一般カードできちんと利用実績を作ることが重要です。「毎月カード決済する」「支払いに遅れないようにする」この2つを守るだけです。

決済金額が大きいほうが有利ですが、公共料金や携帯電話料金のような毎月必ず発生する支払いをクレジットカード決済に設定しておけば高評価です。

特にプラチナカード以上の上位カードでは実績を作らないと取得は困難ですから、実績作りを怠らないようにしましょう。

信用情報に傷がついていないか確認する

クレジットカード審査に落ちる原因で特に多いのが信用情報の傷です。あなたはクレジットカードやローンの支払いを長期滞納したことはないでしょうか?

もし、経験済みならば信用情報に傷がついているかもしれません。いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

信用情報に傷がついているとクレジットカード審査に通ることはまずないです。

稀に他人の情報が間違って登録されていることもありますので、クレジットカードに申し込みする前に一度自分の信用情報を確認してみることをおすすめします。

もし、ブラックリストになった記録が間違いでないならば、信用情報から消えるのを待つしか方法はありません。

一般的にブラックリストは問題解消してから5年で消えます。その間は申し込みするのをグッと堪えましょう。

審査落ちしたけど決済が必要な人はデビットカードという手も

デビットカードは銀行口座から即時決済されるカードです。JCBやVISA加盟店で利用できます。

以前まではネット銀行中心に発行されていましたが、近年は都市銀行や地方銀行でも発行が増加しています。デビットカードは利用限度額は銀行預金の残高の範囲内となります。

たとえば、口座残高が10万円なら10万円までカード決済に使用できるということです。逆に残高が0円なら決済には使用できません。

デビットカードには「番号」もあるのでネットショッピングにも利用可能です。残高の範囲内でしか利用できないためクレジットカードのような審査はありません。

高校生以上の15歳以上であれば誰でも作れます。審査がないのでブラックの人でも問題ありません。

クレジットカード審査のQ&A

クレジットカード審査に関する疑問にQ&A形式で答えていきます。

家族がブラックだとカード審査に通りませんか

家族がブラックリスト入りしていても、クレジットカード審査に与える影響はありません。

申し込み者本人の信用情報に傷がついていなければ審査通過も可能です。

クレジットカード審査では家族や配偶者の個人信用情報までチェックされることはないので安心してください。

承諾を受けていない人の信用情報も閲覧することは目的外利用にあたるため法律に触れる行為となります。

そのため、カード会社は申し込み者本人以外の信用情報を閲覧することはないです。

家族が問題を起こしたクレジットカードに申し込むのは避けたほうがいい

家族が問題を起こしたクレジットカードに関しては多少審査に影響する可能性があるので注意してください。

家族の信用情報を閲覧することはできなくても、社内情報として支払い遅延などの履歴が残っているため、それを照会されて審査に不利になることもあります。

念の為、家族が問題を起こしたクレジットカードに申し込むのは避けましょう。

在籍確認がないクレジットカードはありますか?

クレジットカード審査において在籍確認がないということはまずありません。

場合によっては在籍確認を省略するカード会社もありますが、パート・アルバイトなど信用力が乏しい人ほど在籍確認が実施される可能性は高いです。

公共料金の延滞はクレジットカード審査に影響するのですか?

公共料金や国民健康保険を滞納しても個人信用情報機関に記録されませんのでクレジットカード審査とは無関係です。

ただし、これらの支払いをクレジットカードで行なっていれば「クレジットカードの滞納」となるので、信用情報に傷が付きます。

下記の支払いを延滞すると個人信用情報機関に金融事故情報が記録されますので注意してください。

  • クレジットカードの延滞
  • カードローン、キャッシングの延滞
  • 家賃の延滞(保証会社を利用している場合)
  • 携帯料金の延滞
  • 住宅ローンの延滞
  • マイカローンの延滞
  • 奨学金の延滞

自己破産したらクレジットカード審査は絶対に通りませんか?

自己破産すると個人信用情報機関にその事実が記録されます。

ただし、事故情報は永久的に残るわけではありません。自己破産の場合は最長10年間です。

つまり10年経過すれば事故情報は消えるということです。以降は新たにクレジットカードを取得することも可能となります。

ただし、事故情報が消えた後は信用情報が真っ白な状態(スーパーホワイト)ですので、クレジットカード審査ではかなり不利です。

流通系や消費者金融系など審査が厳しくないクレジットカードから挑戦するのがいいでしょう。

結婚してクレジットカード審査に申込むのは不利ですか?

結婚して性が変わっても、旧姓の情報がわかればその情報をもとに審査が可能です。

結婚したからと言って審査に不利になることはありません。

学生ですがクレジットカード審査に落ちました?なぜでしょうか?

バイトをしておらず無収入の学生の場合、審査の対象は親です。つまり親の信用情報に問題があったと考えられます。

カード会社にとって学生は最高の顧客ですから、獲得意欲が強い傾向にあります。親の信用情報が問題で審査に通らない場合は、20歳になってから申込むといいでしょう。

20歳以上なら親の同意不要で申込可能なクレジットカードもあるので、そちらに申込んでみましょう。

クレヒスに問題ないはずなのにクレジットカード審査に落ちました

信用情報に傷がついていると基本的にクレジットカード審査は通りませんが、実は何の情報も記録されていない場合も、審査に不利になることがあります。

20代前半であればクレヒスがまったくなくてもカード会社は問題視しません。

しかし、30過ぎてもクレヒスが真っ白だと「過去に大きな返済トラブルを起こしたのかもしれない」と疑いの目で見られ警戒されてしまうのです。

しかもスーパーホワイトが原因で審査落ちすれば、その履歴は信用情報に残りますのでさらに審査通過が困難となります。

このような悪循環から抜け出すには「取得しやすいクレジットカードを作る」か「スマホの割賦払いで実績を作る」のがおすすめです。

クレジットカード審査に落ちたのですが理由は教えてもらえるのですか?

審査落ちの理由をカード会社に問い合わせても教えてはくれません。

クレジットカード審査に落ちる原因で多いのは信用情報の傷です。思い当たる節があるならば、一度自分の信用情報を確認してみるといいでしょう。

ページのトップへ