クレジットカード審査まとめ.com > カード会社の審査基準をわかりやすく解説 > 結婚はクレジットカードの審査に影響するのか?

結婚はクレジットカードの審査に影響するのか?

結婚や離婚によって名前が変わると、様々な手続きが発生するので大変ですよね。このようなときに忘れてはいけないのがクレジットカードの名義変更です。しかし、クレジットカードの名義変更をすると、その後のクレジットカードの審査やすでに持っているクレジットカードに影響するのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、結婚や離婚によって名前が変わったときに、クレジットカードの名義変更手続きをしたら審査やすでに持っているクレジットカードにどのような影響があるのかについて解説していきます。クレジットカードの名義変更手続きをしたいけれど不安だという方や、すでに名義変更の手続きを下けれども何か影響がないか不安だという方はぜひチェックしてみてください。

結婚して姓が変わるとその後のクレジットカードの審査に影響するのか?

クレジットカードの審査では信用情報機関に登録されている信用情報が重要視されているということはご存知の方も多いと思います。

そして、その信用情報は個人の名前をキーにして本人を特定しているという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。名前をキーにして本人を特定するということは、結婚によって名前が変わると本人が特定できなくなるのでしょうか?

姓が変わっても信用情報は引き継がれます

信用情報機関は、氏名の一致だけで判断はしていない。

信用情報機関では、氏名が一致しているというだけで過去の情報と照らし合わせて本人を特定しているわけではありません。

生年月日はもちろん、電話番号や運転免許証の番号まで検索のキーになっています。

さらにクレジットカード会社が加盟しているCIC(シーアイシー)という信用情報機関では、氏名を姓と名に分けて、「姓のみ一致」「名のみ一致」などの詳細なパターンで本人を特定します。

そのため、姓が変わったからと言って過去の信用情報が引き継がれないということはありません。

結婚して姓が変わるとブラック情報がなくなるのですか?という質問をたまに受けますが、そのようなことはありません。反対に、これまで蓄積したクレジットヒストリー(クレヒス)がなくなってしまうこともありません。

配偶者がブラックだったとしても問題ありません

配偶者がブラックだった!

結婚した配偶者がブラックだった場合、それが自分のクレジットカードの審査に影響するのではないかと心配されている方もいるのではないでしょうか。

しかし、配偶者の信用情報がクレジットカードの審査に影響を与えることはありません。信用情報機関に情報を登録するためには、本人の同意が必要です。

通常クレジットカードの申し込みの際は本人の同意は取得しますが、その配偶者の同意を取得することはありません。このことからも、クレジットカードの審査で配偶者の信用情報が参照されないことがわかります。

結婚後にクレジットカード会社に変更手続きを依頼すると再審査されるのか?

結婚して名前が変わると、すでに持っているクレジットカードの発行会社に届け出が必要です。

登録情報の変更は、変更があった際に速やかに届け出るのが原則ですが、変更を届け出ることで再審査があるのではないかと不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

変更手続きの際に再審査はありません

カードの登録情報を変更しても、再度の審査はない。

クレジットカードの登録情報を変更しても、そのタイミングで再審査されることはありません。

変更を届け出るのを躊躇している方は、申し込みのときよりも年収が下がった、勤務先がより小規模な会社に変わったなどネガティブな要素を懸念されているのだと思います。

しかし、変更したときに申し込みのときと状況が変わっていたとしても、利用代金の延滞さえしていなければ変更のタイミングで急に利用停止になったり強制退会になることはありません。

変更を躊躇して属性が変わってから変更までのタイムラグができてしまうよりも、ネガティブな変更だったとしても変化があったときにすぐに変更しておく方が、万が一滞納などが原因でトラブルになってしまった場合などに有利です。

変更することでクレジットカードの審査に不利になることはないので、何か変化があったら早めに届け出ておきましょう。

カード会社では定期的に途上与信が行われます

カード会社は定期的に、信用情報の確認をする。

クレジットカードの登録情報を変更したタイミングでは審査は行われないと解説しましたが、カード会社では定期的に会員の信用情報を参照し、問題がないかチェックしています。

これを途上与信と言います。途上与信のタイミングはカード会社によって様々ですが、必ず審査があるのがカードの更新のタイミングです。

途上与信のときに新しく自己破産情報や延滞情報などの金融事故情報が登録されていることがわかると、利用停止になる可能性が高いです。

途上与信では信用情報機関に登録されている情報を参照しますが、このときに改姓の変更手続きをしていない場合でも、もし新しい名前で信用情報機関に情報が登録されていたら、その情報が参照されます。

結婚して姓が変わったので、金融事故を起こしてしまってもすでに持っているクレジットカードには影響しないだろうと思われている方もいるかもしれませんが、これは影響がありますので注意が必要です。

ページのトップへ