クレジットカード審査まとめ.com > カード会社の審査基準をわかりやすく解説 > クレジットカード申し込み審査に通るコツ!審査に通らない理由と対策

クレジットカード申し込み審査に通るコツ!審査に通らない理由と対策

「審査に通るコツを知りたい」「なぜ審査に通らないのか理由がわからない」
クレジットカードに申し込みを考えているけど審査に通るか不安という人は少なくないと思います。

クレジットカードの審査に通らないのには理由があり、その対策もあります。それを知ることで、あなたはクレジットカードの審査に対して不安になることはなくなるでしょう。

今回はクレジットカード審査に通るコツ、審査に通らない理由と対策について解説していきます。

なぜクレジットカードが作れないのか?審査に通らない理由

クレジットカードは審査に通らないと作ることができません。

これからクレジットカードに申し込もうと考えているけど、審査に通らないかもしれないと悩んでいる人のために、審査に通らない理由をご紹介します。

理由1.過去に返済遅延してブラックリスト登録されている

カード会社は、申込者の過去のカード履歴を確認する。

クレジットカード会社は、カード申込者の過去のクレジットカード利用実績を確認します。

カード利用者の実績は個人信用情報機関というところで記録・保持されています。

クレジットカード会社はこの機関に加盟することで、各個人のカード利用実績を見ることができるようになっています。

個人信用情報機関に記録されているカード利用実績には、個人情報だけでなく過去のカード申し込み履歴・利用履歴・返済状況などが含まれており、これを「信用情報」と言います。

自分の信用情報に「金融事故を起こした」という情報が記録されていると、クレジットカード審査に落ちる可能性が高いです。いわゆるブラックリストに載ったということになります。

金融事故の情報が登録される原因として、特に多いのが2~3ヶ月以上の支払い遅延・延滞です。

クレジットカード、カードローン、スマホの分割購入、奨学金など、これらの支払いを長期間にわたり滞納したことがあるという人は、自分の信用情報に金融事故情報が記録されている可能性が高いでしょう。

他にはカードを強制解約された、保証会社に代わりに支払いしてもらった、弁護士や司法書士に依頼して債務整理したという場合も金融事故情報は記録されます。

自分がブラックリストに載っているかどうかは、個人信用情報機関に信用情報開示請求の手続きすれば見ることができます。

理由2.クレジットカードやローンを利用したことがない

クレカ・カードローンは未経験…審査に落ちる可能性あり。

これまで一度もクレジットカードやローンを利用したことがないという人は、クレジットカード審査に落ちる可能性が高いので注意が必要です。

クレジットカードなどを全く利用したことがなければ信用情報には何も記録がありません。このような状態を「スーパーホワイト」と言います。

スーパーホワイトがクレジットカード審査に通らない理由は、「ブラックリストに載ったことがあり5年~10年程度でその情報が信用情報から消えた人」と同じ状態に見えてしまうからです。

つまり、カード会社からは「この人は過去に大きな問題を起こしたことがあるのかもしれない」と警戒されてしまうのです。

理由3.他社クレジットカードで多額の借り入れをしている

カード会社に「支払能力がない」と判断されてしまうと、クレジットカードを作ることができません。

すでにクレジットカードを利用していて多額の借り入れがある人、支払能力を超える借り入れをしている人は審査に通らない可能性が高いです。

理由4.カードの発行基準を満たしていない

クレジットカード審査では、年齢、年収、勤続年数、雇用形態、居住年数といった属性情報から、自社が定めるカード発行基準を満たしているかどうかをチェクします。カードの発行基準を満たしていなければ審査に通りません。

それぞれの属性情報に点数をつけて、その合計点数で申込者に支払能力があるかどうかを評価しています。これをスコアリングと言います。

たとえば、Aカード会社のカード発行の基準が90点だとして、申し込み者Bさんの属性情報の合計点数が80点ならば基準を満たしていないからスコアリング審査に落ちるということです。

属性情報は特に勤務先、雇用形態、勤続年数、年収の4つが重視されます。安定した職に就いていればカード会社の信用は高く、逆にパート・アルバイトや派遣社員などの人は不安定な職とされ審査に通るのが厳しくなる可能性が高いです。

クレジットカード会社が審査で重視しているポイント

ここでは、クレジットカード会社が審査で重視しているポイントをご紹介します。

ポイント1.社内のブラックリストに載っていないか

カード支払いを延滞すると、個人信用情報機関に事故登録される。

クレジットカードの支払いを延滞するなどの問題を起こすと、個人信用情報機関に金融事故情報が記録されます。

金融事故情報は一定期間(5年~10年)過ぎると個人信用情報機関から消えます。

たとえ、金融事故情報が記録されたとしても、その情報が消えれば新たにクレジットカードを作ることはできます。

しかし、問題を起こしたカード会社の社内情報からは消えません。

どのカード会社も、申し込みしてきた人が社内のブラックリストに載っていないかチェックします。

ポイント2.毎月の支払いがきちんとできるか

クレジットカード会社は、申し込み者がどのような職業に就いているか、勤続年数はどれぐらいか、どの程度の年収があるのか踏まえ、毎月カードの利用代金を支払うことができるのかを判断しています。

たとえば、収入が不安定なフリーターよりも社員として勤務している人のほうが、支払能力は高いとみなされ審査に通りやすいです。

勤続年数1年の人よりも、勤続年数10年の人のほうが収入は安定しているから審査に通りやすいと判断されるでしょう。

クレジットカード会社は、このように申し込み者の雇用形態や勤続年数から、支払能力があるかどうかを判断しています。

ポイント3.支払日に遅れることなく支払いしてくれるか

カード利用代金の支払日にきちんと支払いできるかどうかを見ています。

信用情報を見れば、申し込み者が支払日にきちんと支払いできる人か、信頼できる人なのかを判断することができます。一度も遅れることなく支払いしていれば審査に通る可能性は高くなります。

ポイント4.短期間にたくさんのカード申し込みをしていないか

短期間(直近半年以内)にたくさんのカード申し込みをしていないかどうかも重視されます。

クレジットカードに申し込むと、個人信用情報機関にカード申し込み履歴が記録されます。そのため、クレジットカード会社は審査時にカードの申込み回数を知ることができます。

短期間にたくさんカード申し込みしていると、「多重申込みしてるからカードを悪用するのかもしれない」「特典目当て申し込み」などと思われてしまい、審査に通りづらくなります。

クレジットカード審査に通るための対策

ここでは、クレジットカード審査に通るための対策をご紹介します。

対策1.良いクレヒスを積む

カード会社から信頼を得るには、クレヒスを磨くこと。

クレジットカードを作るには信用第一です。

クレジットカード会社から信用されるには、良いクレヒスを積むしかありません。

絶対に支払い遅延しないことです。利用金額は小さくても良いので、毎月の支払日に遅れず支払いして良いクレヒスを育てましょう。

対策2.長く勤めて収入を安定させる

支払能力を高めることも重要です。年収を上げるのは簡単なことではありませんので長く勤めることを意識しましょう。

勤務先の規模に関わらず長く勤めることで収入が安定してカード会社からの評価は高くなります。

対策3.同じ場所に長く住んで回収不能のリスクを抑える

クレジットカード会社が恐れているのは、夜逃げされるなどしてカード利用代金が回収不能になることです。そこで、クレジットカード審査では居住年数が重要となります。

居住形態は持ち家が高評価ですが、たとえ賃貸でも長く住めば評価されます。最低でも同じ場所に1年以上住むようにしましょう。長く住むことでカード会社は「夜逃げされる可能性は低い」と判断します。

ブラックリストに載っているなら記録が消えるまで待つ

この記事を読んでいる段階で、ブラックリストに載っているという人は残念ながらクレジットカード審査には通りません。どんなにあがいても一定期間経過するまでは信用情報からブラックリストの情報は消えてくれません。

現在進行系でブラックリストに載っているなら、消えるまで待つしかないでしょう。

審査に通りやすいクレジットカードがある!?審査難易度は系統によって変わる

カード発行会社の運営や業態により、多種に分類される。

クレジットカードは、発行会社の運営母体・業態によっていくつかの系統に分類できます。

実は系統によって審査難易度が異なり、審査が通りにくい系統のカードもあれば審査に通りやすい系統のカードもあります。

クレジットカードの審査が不安という人は、系統別の審査難易度を知っておくことがカード選びするうえで大変重要だと言えます。

系統によって審査の厳しさが違う

クレジットカードは系統によって審査の厳しさが違います。

審査が厳しい順に発行元を並べると次のようになります。

審査難易度 系統 代表的なクレジットカード
難易度 高
↑↓
難易度 低
銀行系カード ・三井住友カード
・みずほクラブカード
航空系カード ・ANAカード
・JALカード
交通系カード ・VIEWカード
・To Me CARD
信販系カード ・ジャックスカード
・JCBカード
・ライフカード
自動車系カード ・日産カード
・TOYOTA TS CUBIカード
IT系カード ・楽天カード
・Yahoo!JAPANカード
石油系カード ・コスモ・ザ・カード
・出光カード
流通系カード ・イオンカード
・エポスカード
消費者金融系カード アコムACマスターカード

銀行系クレジットカードは審査難易度が高く、流通系や消費者金融系クレジットカードは審査難易度が低いです。

なお、クレジットカードにはランクがあり、これによっても審査の難易度は違います。審査難易度が厳しい順に並べると下記のようになります。

  • ブラックカード>プラチナカード>ゴールドカード>普通カード>年会費無料カード

はじめてクレジットカードを作るというのであれば、普通カードもしくは年会費無料カードから始めるのがいいでしょう。

ズバリ審査に通りやすい系統のクレジットカードは?

審査通過が望みやすいクレカは、流通系と消費者金融系。

審査に通りやすいクレジットカードの系統は、流通系と消費者金融系です。

流通系は、デパートやコンビニが発行するクレジットカードです。自社サービスの顧客を増やすことが目的なので、ターゲット層が幅広く審査に通りやすいです。

消費者金融系は、融資事業を中心としている消費者金融が発行するクレジットカードです。

通常のクレジットカードは、審査において申込者の過去のカード利用実績を重視しますが、消費者金融系は現在の返済能力を重視します。

そのため、現在働いて安定的に収入を得ていればカードの利用実績が乏しくても審査に通る可能性が高いです。

クレジットカードの申し込み審査では何が必要なの?

クレジットカードの申し込み審査では何が必要になるのかご紹介します。

申込時に必要なものは3つ

クレジットカードの申し込みに必要なのは次の3つです。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • カード代金の引き落とし口座
  • 引き落とし口座の銀行印

キャッシング枠を希望する場合は、源泉徴収票や給与明細など収入を証明できる書類も提出しますので注意してください。

審査中に必要になるものもある

クレジットカードの審査中は、カード会社から電話がかかってくることもあります。自分の携帯電話だけでなく勤務先にも電話をかけることもあるので、申込書には電話番号を正確に記入しましょう。

電話番号を記入ミスしてしまい連絡が取れないと審査に落ちてしまうこともあるので注意してください。

審査後に必要なもの

クレジットカード審査が終わるとカード発行されますが、その際はカードを受け取る住所が必要です。

クレジットカードが「本人限定受取郵便」や「受取人確認サポート」で送られてきた場合は、本人確認書類を提示しないとカードを受け取ることができません。カード到着予定日には運転免許証や健康保険証など本人確認できる書類をあらかじめ用意しておきましょう。

PAGE
TOP