クレジットカード審査まとめ.com > アコムACマスターカードの口コミ評判を徹底解説 > Q1.ACマスターカードに再申し込みしても審査に落ちないでしょうか?

Q1.ACマスターカードに再申し込みしても審査に落ちないでしょうか?

ACマスターカードの審査に落ちたのですが、再申し込みを考えています。でも、一度審査落ちしているカードなので、また同じように審査に落ちないか不安です。別のクレジットカードに申し込んだほうが良いでしょうか?

A1-1.再申し込みはいつでもできますが・・・

審査に落ちたクレカでも、再申し込みはいつでも可能。

審査落ちしたクレジットカードでも、再申し込みはいつでもできます。これに決まりは特にありません。

ただし、再申し込みしてもまた審査落ちになる可能性はあるので無闇やたらに申し込むのは止めたほうが良いです。

A1-2.ACマスターカードの再申し込みは最低でも半年以上あけてから

ACマスターカードの審査では、個人信用情報機関へ照会を行います。この機関には、過去半年間のクレジットカードの申込情報が記録されます。

申込情報にはクレジットカードやカードローン、スマホの分割購入も記録され、半年間にどのようなカードやローンを申し込んだかがひと目でわかるようになっています。

審査通過した場合、成約情報も登録されますが、これがないと審査落ちしたことを意味します。

信用情報は各カード会社で共有されており、どのカードに申し込んだとしても知られることになります。申込情報があるのに成約情報がないということは何かしらの原因があり支払い能力に問題があるということを意味します。

申込情報だけが残っている限り、ACマスターカードに申し込んでも審査通過は難しいです。

カード会社によっては申し込み履歴だけがある人は、システムによって自動で審査落ちにしています。

つまり、再申し込みするなら申し込み履歴が消えたからのほうが良いということです。最後にカード申し込みした日から半年後には消えますので、そのタイミングでACマスターカードに再申し込みしてみてはどうでしょうか。

信用情報と審査との関係の詳細は、個人の信用情報の開示や照会は審査に影響を及ぼすか?に書いてありますので参考にしてください。

A1-3.審査が落ちないための対策はあります

いくら半年経って申し込み履歴が消えたと言っても、そもそも審査落ちの原因を解決できないまま申し込んでも結果は同じです。

ACマスターカードを確実に手に入れるためには、再申し込みのタイミングだけでなく審査落ちの原因を知り、解決することが重要です。

  • ① 個人信用情報機関に開示請求して確認する
  • ② 異動情報があるなら対策を取る
  • ③ 異動情報が消えるのを待って再申し込みする

詳しくは次で解説します。

A1-4.審査落ちの原因の大半は信用情報にあります

カード会社の大半は信用情報を確認する。

アコムが審査するうえで、最も注視しているのが支払能力の有無です。

カードを発行する会社は、お金を貸すわけですからカードの利用代金を確実に支払ってくれる人にクレカを発行したいのです。

そのためにも、申し込み者の信用情報を確認します。

信用情報には過去2年間のクレジットカードやローンの利用と入金履歴が記録されます。また延滞や未払い情報、債務整理などの異動情報も記録されます。

審査落ちの原因で最も多いのが延滞や未払いなどの異動情報です。いわゆるブラック情報です。過去にローンなどで長期滞納をしたことがある人は、ブラック情報が記録されていることを疑いましょう。

見覚えがないという人の中には、スマホの分割購入を延滞しているケースもありえます。スマホ端末を分割で購入した場合も信用情報に記録されます。

携帯電話料金を滞納すれば、分割払いを滞納したことも同然です。意外にも、このケースで異動情報が載ってしまう人が少なくないです。

信用情報は自分で開示請求して確認できますので、一度やってみてください。

信用情報を確認してクレジットカードを申し込めるかについては、信用情報を確認してカードを作れるかを調べる方法で解説しているので参考にしてください。

A1-5.ブラック情報があればACマスターカードの審査には通りません

結論を言えば、ブラック情報がある人はACマスターカードの審査には通りません。アコムにとって理想の顧客は、クレジットカードを定期的に利用してくれて毎月遅滞なく支払いしてくれる人だからです。

そのため、アコムは過去に支払で問題を起こしてその記録がある人にはカード発行しません。

ブラック情報が載る理由は、

  • 3ヶ月以上の支払い遅延
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)した
  • 保証会社に代位弁済された
  • カードを強制解約された

等が挙げられます。

A1-6.ブラック情報は消すことができます

一度記録されたブラック情報は永遠ではありません。

一定期間が過ぎたら削除されます。信用情報の保存期間は定められているからです。

日本には個人信用情報機関が3つあり、ブラック情報の保存期間が若干異なりますので注意してください。

CIC

  • 延滞:5年
  • 自己破産:5年

JICC

  • 延滞:1年
  • 任意整理:5年
  • 自己破産:5年

全銀協

  • 延滞:5年
  • 任意整理:5年
  • 自己破産:10年

上記の期間を過ぎればブラック情報は消えます。もっとも支払いの滞っている分を清算しないと、いつまで経ってもブラック情報は消えませんので注意してください。

これブラック情報の重要性については、クレジットヒストリーの重要性で解説しています。

A1-7.延滞情報がある場合の消し方

延滞情報がある場合の消し方は3ステップです。

  • 1. 未払金の清算
  • 2. 異動情報が消えるのを待つ
  • 3. クレジットカードの再申し込み

延滞によってブラック情報が記録された場合は、延滞している分の未払金を支払わないと延滞の記録が残り続けてしまいます。まずは、未払い分を清算しましょう。

未払いの延滞分を清算した後は、5年の経過を待つ。

清算したら、異動情報が消えるのを待ちます。延滞の場合は、未払い分を清算してから5年間で消えます。5年待ちましょう。

5年経過して、ブラック情報が消えたらACマスターカードに再申し込みしましょう。ここで欲張って銀行系カードやステータスの高いクレジットカードに申し込んではいけません。間違いなく審査に通らないからです。

銀行系などステータスの高いクレジットカードを通るには良好なクレヒスが必要です。ブラック情報が消えた後の信用情報には何の記録もないので審査で不利です。

ACマスターカードのような信用情報よりも安定収入があることを重視するクレカに申し込むのが無難です。

A1-8.債務整理情報がある場合の消し方

債務整理または代位弁済がある場合は、延滞よりも新規カードの作成は難しくなります。

  • 1. 異動情報が消えるのを待つ
  • 2. クレジットカードの再申し込み

延滞同様に、異動情報が消えるのをひたすら待ちます。ただし、債務整理の場合は5年~10年待たなければいけないので気長に待つしかありません。

保存期間が過ぎて異動情報が消えたらクレジットカードに申し込みしますが、ここで注意したいのが過去に問題を起こしたカード会社とそのグループ会社のカードには申し込まないことです。社内情報として問題を起こしたという事実が残っている可能性が高いからです。

Q2.税金滞納でACマスターカードの審査落ちないでしょうか?

お恥ずかしながら住民税を滞納しているのですが、ACマスターカードの審査に落ちないか心配です。税金関連の支払も審査でチェックされるのでしょうか?

A2-1.税金滞納がACマスターカードの審査に影響するケースをご紹介します

個人情報機関において、税金や公共料金の支払い情報は記録されない。

ACマスターカードの審査では個人信用情報機関に照会して、申し込み者の信用情報を確認しますが、税金や公共料金の支払いについては記録されません。

というのも、都道府県や市区町村などの自治体、年金機構は個人信用情報機関に加盟していないからです。よって基本的には税金滞納してもACマスターカードの審査に影響することはないです。

ただし、税金や公共料金をクレジットカードで支払っていて、それを延滞した場合は別です。この場合は、クレジットカードの延滞として信用情報に記録されてしまうのでACマスターカードの審査に悪影響を及ぼします。

A2-2.携帯電話や奨学金の滞納は要注意です

スマホ端末を分割で購入した人や、大学時代に奨学金(日本学生支援機構)を借りていた人も要注意です。

個人信用情報機関に登録されるのはクレジットなどによる支払い記録ですので、携帯電話の料金の支払履歴は登録されません。もし延滞してしまってもブラック情報がつくこともないです。

しかし、スマホ端末を分割で購入している場合はNGです。スマホの分割購入はクレジット契約に当たるので、携帯電話の料金を延滞すれば個人信用情報機関に登録されてしまうのです。

奨学金の場合は日本学生支援機構のみが個人信用情報機関に加盟しているので、もし日本学生支援機構の奨学金で延滞している場合はブラック情報は登録されてしまいます。

Q3.住宅ローンが原因でACマスターカードの審査が落ちないか気になります

ACマスターカードでマイホームローン。

私は3年前に35年ローンでマイホームを購入したのですが、今度クレジットカードを作ろうかなと考えていて、色々検討した結果、とりあえず通りやすそうなACマスターカードに決めました。

正社員として5年ほど働いていて、年収は600万円ほどなのですが、住宅ローンを組んでいてもACマスターカードの審査は通るのでしょうか?

A3-1.住宅ローンの利用は審査に大きく影響しません

基本的に住宅ローンを組んでいてもACマスターカードの審査にさほど影響することはないです。

住宅ローンの審査では、ローンを組んでも生活していくのに影響しない場合のみ融資します。そこにはクレジットカードを利用できるだけの余裕があることも含まれているのです。

ただし、基本的にはと言っている以上影響がまったくないわけではありません。収入と住宅ローンの金額のバランスが取れていなければ、ACマスターカードの発行は却下になる可能性が高いです。

A3-2.金融事故情報は共有されています

多くのクレジットカード会社は全銀協には加盟していませんが、金融事故情報はCRIN(クリン)というシステムによって情報共有されています。

住宅ローンを長期滞納すると、銀行は保証会社に一括で支払うように請求することができ、これを代位弁済と言います。

代位弁済の情報も共有されるので、どのクレジットカード会社でも認識できます。実は代位弁済もブラック情報となりますので、この場合はACマスターカードの審査に通りません。

住宅ローンと他のローンとの違いについては、クレジットカードと自動車ローンや住宅ローンの違いは?を参考にしてください。

Q4.ACマスターカードの更新時の審査で落ちることってあるんですか?

もうそろそろでACマスターカードの更新時期なのですが、ここでも審査があるって聞きましたが本当ですか?審査があるってことは、落ちる可能性もあるってことですよね。不安です。

A.更新時の審査は利用者のカードの使い方をチェックしています

カードの更新審査は、利用者の使い方をチェックする。

更新時の審査では利用者のクレジットカードの使い方をチェックしています。主に社内データと信用情報が使用されます。

契約時と登録内容に変更なしならば、勤務先へ在籍確認はしません。

信用情報を見れば勤務先情報も記録されているので、それを見れば変更がないかどうかはわかりますし、わざわざ在籍確認の電話をする意味がないからです。

普通にカードを使っていれば更新審査で落とされることはないですが、次のケースに該当すると危ういです。

カードを利用していない

カード会社は、発行したカードを使ってもらわないことには儲けを得られません。カードを発行するだけでもコストがかかっていますので、会員が全くカードを使わないのであれば維持費だけがかかりデメリットしかないです

頻繁に延滞している

延滞が3か月以上続けば異動情報に登録されるが…。

3ヶ月以上延滞していれば異動情報が登録されますが、短期の延滞の場合は入金状況に傷がつくものの異動情報の登録はされません。

しかし、短期の延滞でも頻繁に繰り返している場合は、入金状況の項目は未払いの履歴が増えていきます。異動が登録されなくても、頻繁に延滞している人はリスクが高いと判断し更新してくれない可能性が高いです。

他社カードで延滞している

仮にACマスターカードの支払いはきちんとできていても、他社のクレカで延滞していれば更新されない可能性があります。更新審査時も個人信用情報機関は照会するので、他社カードの支払状況は知ることができるのです。

職業が変わった、年収が減った

信用情報に全く問題がなくても、属性が変わったことで更新されないケースもあります。例えば、職業が変わった、年収が減った場合などです。特に無職になったり、収入が減ってしまうとカードの利用代金を支払えなくなるリスクが高くなるので、カード会社も慎重になります。

審査を確実に通過させたい方は、審査が不安…でも今日中にカードが欲しいを熟読するとよいかと思います。

ページのトップへ